いただき もの 漢字。 「いただきます」の本来の意味は?【まとめ】漢字や英語、語源・由来は?

「頂く」と「戴く」の違い!不自然にならない使い分け方法とは?

いただき もの 漢字

「いただく」の敬語としての意味 「いただく」は「もらう」の意味の謙譲語 「いただく」は自分が「もらう」という意味の謙譲語です。 誰々さんから何かをもらった場合、「いただきました」と表現します。 特に、自分から頼んで物をもらった場合に使われれる謙譲語です。 以前から頼んでいたものをもらえた時に、「お願いしていた本をお渡しいただいて、ありがとうございました」のように使えます。 「食べる」「飲む」の意味の謙譲語 「いただく」のもう一つの意味は、「食べる」や「飲む」の意味の謙譲語です。 「お菓子をいただく」や「お茶をいただく」のように使います。 「いただく」と「くださる」の違い 「いただく」と「くださる」の違いは視点 「いただく」と「くださる」では物をやりとりするという意味では同じですが、視点が違います。 「いただく」は自分が主体の謙譲語ですが、「くださる」は「くれる」の尊敬語です。 目上の人から自分が物をもらうと表現したければ「いただく」を使い、目上の人が「くれる」のであれば「くださる」を使います。 例えばお金の受け渡しの場合、次のような言い方になります。 「いただく」と「くださる」の使い分け 使い分けが少々複雑な「いただく」と「くださる」ですが、自分が相手にリクエストしてやってもらったことについては「いただく」を使うと理解しておくと整理しやすいでしょう。 お礼には両方とも使える ただし「いただく」と「くださる」の両方とも使えるケースがあります。 それは相手の行為に感謝をする場合です。 ご来店いただきましてありがとうございます• ご来店くださいましてありがとうございます どちらの文も語の用法として正しいです。 ただ意味合いが少し変わり、「ご来店いただく」といえば、相手への尊敬の念が表れています。 一方「ご来店くださる」というと、自分が提供してるサービスを受けてもらったので相手を敬い、感謝を伝えた表現になります。 「いただく」「頂く」「戴く」の漢字の違いと使い方 ひらがなの「いただく」は補助動詞 「お越しいただく」や「ご覧いただく」のように「いただく」を補助動詞として使う場合は、ひらがなで書きます。 補助動詞とは、「いただく」の場合は「いただく」本来の「もらう」という意味がなくなり、別の動詞の後について補助的に使われる動詞のことです。 「頂く」は本動詞として使用 「いただく」を「食べる」「飲む」のように本動詞として使われるときに、「頂く」と表記することができます。 ただしいつでも「頂く」と書く必要はありません。 小学校の教科書などではひらがなで書くことを推奨していますので、使い勝手で「頂く」か「いただく」を使い分けることができます。 「戴く」は相手への尊敬度が高い 広辞苑では「頂く」と「戴く」は同じ意味として紹介されていますが、実際には使い分けがされています。 物をもらい受ける相手が目上の人で、特に敬意を表すべき相手の場合、「戴く」と表記します。 「お金を頂く」=「お金をもらう」という謙譲表現。 「お金を戴く」=「お金をありがたく受け取る」という意味合いが含まれる。 「いただく」と「賜る」「承る」の違い 「賜る」のほうが個人的 「いただく」を補助動詞として使う場合、別の言い方として「賜る(たまわる)」があります。 「いただく」は「~してもらう」という行為が自分またはそのほかの人が含まれますが、「賜る」の場合、相手の行為が自分のみだと強調する場合に使われます。 「承る」は命令などの強い意志が伝えらえる 「承る(うけたまわる)」は権力のある者から命令を「受ける」「いただく」という意味のときに使われれます。 ですから相手は自分よりも力関係でいえば上であり、その相手から下される指示や命令を受けて「承る」が使われます。 注意!間違った「いただく」表現に気を付けて 「~させていただく」の間違った使い方 「ご連絡させていただきます」「伺わせていただきます」などビジネスシーンでよく聞きますが、これは間違った敬語表現です。 許可を得るという意味合いが含まれる「いただく」をこの場合には使えません。 「次回の会議に出席させていただきます」 「体調がよくないので、退席させていただいてよろしいでしょうか」 「いただくことは可能でしょうか」の正しい言い換え 「いただくことは可能でしょうか」や「いただくことができますでしょうか」というまどろっこしい言い方も聞きますが、文法的には間違っていないもの自然な日本語とは言えません。 適切な敬語表現は、「いただけますか」です。 より丁寧な表現を求めるのなら、「いただきまうようお願い申し上げます」があり、簡潔な言葉遣いを心がけましょう。 まとめ 「いただく」は頻繁に使われる言葉ですが、相手から物をもらった時、または「していただく」のように相手からしてもらったことに行為に感謝をしたときに使われます。 特にビジネスシーンでは相手への敬意を表することを忘れずに、「いただく」を使うようにしましょう。

次の

挨拶の意味を教えたいときは、漢字で書いてみよう!

いただき もの 漢字

おはようございます、こんにちは、いただきます、さようなら・・・。 挨拶をする習慣は、大人も子どもも関係なく大切なものですね。 子どもの頃、「挨拶は基本だからきちんとしなさい」と叱られたことがあります。 そのときは「なんだか面倒くさいなあ」と思ったのですが、社会人になると挨拶は大切だと実感する場面も増え、親となった今では、子どもにはきちんと挨拶のできる人になってほしいと思うようになりました。 何とも身勝手なものです。 子どもに挨拶の大切さを伝えるときに、それぞれの挨拶の言葉の意味を伝えられれば、その場面で挨拶の言葉を述べることの意義もより伝わります。 そんなときにおススメなのが、挨拶を漢字で書いてみるという方法です。 実は、挨拶で使う言葉を漢字で書くと、その意味がわかりやすくなるのです。 そのいくつかを漢検ホームページの豆知識コーナーよりご紹介します。 先に来ていた人に対して初めて会ったときに使える挨拶だが、朝の挨拶として「おはよう」を使えるのは11時頃までが目安とされる。 「仕事を終える」「気持ちがおさまる」「満足する」という意味を持つ動詞「済む」に丁寧の助動詞「ます」をつけ、否定した形。 この程度の謝罪では「自分の気が済まない(=気持ちがおさまらない、満足しない)」という意味を表す。 感謝の場合は、「大したお礼もできず、気持ちがおさまらない」という気持ちが込められている。 最近は「すみませんが~してください」と何か頼むときや、単に「すみません」と人に呼びかけるときにも使われるようになった。 平安時代の随想『枕草子』では、「ありがたきもの」と題して「姑に褒められる嫁」「上司の悪口を言わない部下」「欠点のない人」など、言葉通りに「存在しがたいもの」として挙げられている。 中世に仏教思想が広まるとともに神仏による奇跡(めったに起こらない貴重な出来事)への感謝の言葉になり、近世以降、一般的なお礼の言葉として使われるようになったとされる。 そこからさらに、食べ始める前の言葉として「いただきます」が使われるようになったといわれる。 漢検ホームページの豆知識コーナーでは、他の挨拶についても紹介されていますので、ぜひ読んでみてください。 〔記事を読む〕 (公財)日本漢字能力検定協会 漢検ホームページ•

次の

「いただく」と漢字「頂く」「戴く」の意味の違いと使い分け

いただき もの 漢字

ここでは、「いただきます」について• 「いただきます」の返答の仕方• 子供への教え方• 英語でどういうのか?• 海外でも言うのか? など、「いただきます」について色々とまとめて紹介しています。 「いただきます」を言う、言わないは別として、まずは、「いただきます」についての理解を深めてみてはいかがでしょうか? 「いただきます」を漢字で書くと? 「いただきます」を漢字で書くと• 頂きます• 戴きます の2種類の漢字が使われています。 漢和辞典、国語辞典で調べると、特に使い分けはされていないようです。 常用漢字を優先するという場合は、「頂きます」を使うほうが望ましいのかな?と思います。 漢字の意味を考えて使い分ける 「 頂く」という漢字は、「山頂」「頂点」「絶頂」と言った感じで、「高い所」の意味があり、上下の概念があることが分かります。 「 戴く」は、「戴冠(たいかん:王冠を頭にのせる)」「推戴(すいたい:団体の長として上に立つ)」「戴天(たいてん:天をいただくこと)」と言うことで、上にかぶさるような意味合いがあることが分かります。 この為、食事の時の「いただきます」は、「頂」という感じを使った方が意味的に合う気がします。 (詳細は、下記の「いただきます」の語源を読むと分かります) [ads1] 「いただきます」の語源・由来 「いただきます」の語源、由来とは、何なのでしょうか?まずは、「いただきます」の語源を見ていきたいと思います。 山の高いところを「頂き(いただき)」と言いうように、「いただきます」の「いただき」は、高い所をあらわしています。 この「頂く」の元となった言葉は、• 神様にお供えしたものをいただく• 位の高い人からモノを受け取る といったように、神様や位の高い人など、自分より上のモノ(高いモノ)から受け取る時の、頭上に載せる意味も持つようになります。 具体的な頭上に載せて受け取る様子は、「神社で御祈祷をする時のお供え物を頂くときの神主の動作」「時代劇でお殿様から褒美の品を受け取る家来」などをイメージすると分かりやすいと思います。 この 神仏へのお供えモノや上位の者から貰うことが、「頂く(いただく)」という言葉の語源になっています。 さらに、 頂いたものを食べる時の謙譲語(自分がへりくだった言い方)として、「いただきます」という言葉になったようです。 「いただきます」の意味 食事をする時の「いただきます」の意味には、いくつかの説がありますが、ここでは主要な2つの説を紹介します。 1つ目:食事に携わった人への感謝 食事に携わっている人への感謝を• 食事を作ってくれた人• 栽培をしてくれた人• お米や野菜を作ってくれた人• 魚をとってくれた人• 家畜を育ててくれた人• 料理をしてくれた人 など、食事に携わっている人々への感謝の心をあらわします。 2つ目:命への感謝 私たち人間は、生きていく食べには食事をする必要があります。 食事で食べる物は、すべて、肉や魚、野菜、果物などの生きているモノの命を頂くということです。 この為、食事のまえに「いただきます」ということで、• 「牛の命を私の命にさせて頂きます」• 「サンマの命を私の命にさせて頂きます」• 「卵」の命を私の命にさせて頂きます」• 人間は、食事をとる事で生きています。 この食事で食べる物の命に感謝するという意味が「いただきます」の本来の意味だと言う人もいます。 私たちは、色々な「命」に支えられて生かされていることが分かります。 [ads2] 「いただき ます」を言わない人が増えている 近年、核家族化などが進むにつれて、日本の習慣が子供に引き継がれなくなり、「いただきます」の本来の意味を知らない親が増える事で、• 学校で給食費を払っているので言わなくていい• お金を払っているので、お店では言わなくていい といったことを言う親が増えているようです。 「いただきます」の本来の意味や由来を知り、「食事」に関する全てに感謝する気持ちが生まれれば、自然と「いただきます」と言った言葉がでてくるのではないかと思いまうs。 「ごちそうさま」の意味と語源 「ごちそうさま」は、漢字で書くと「御馳走様」になります。 「馳走(ちそう)」とは、「走り回る」の意味です。 昔は、食事をとるのも大変で、来客が来た場合に、食材を揃えるために走り回って食材を集め、食事を用意していました。 この馳走に江戸時代以降に、「御」という丁寧語を付けることで「御馳走」が、「もてなす」意味になり、「御馳走=贅沢な料理」をさすようになりました。 さらに、色々と走り回って、大変な思いをして食事を準備してくれた人に感謝をこめて「様」を付けるようになり、「御馳走様」「御馳走様でした」という様になりました。 [ads3] 「いただきます」の時に、手を合わせる(合唱)のは、地域によりけり・・・ 「いただきます」を言うときに、私の住んでいる地域では、「手を合わせて、合唱して」言っていました。 だから、「いただきます」を言うときは、合唱するのが当たり前と思っていました。 しかし、2015年2月24日から3月16日の21日間に渡って、Jタウンネットにより行われた「手を合わせていただきます」を普段からするのか?と言った調査によると• 合唱して「いただきます」という:64%• 「いただきます」と言うが、合唱しない:28.8%• 合唱するが「いただきます」はいわない:1%• どちらもしない:6.3% という結果になっています。 三重県、鳥取県、島根県、高知県、長崎県の5県は、「合唱していただきますと言う」人が100%でした。 これに対して、岩手県では「いただきます、と言うが合唱しない」という人が75%でした。 また、愛媛県では「どちらもしない」という人が100%と言った様に地域によって様々のようです。 「いただきます」は、なぜ手を合わせるのか?その理由は? 日本では、「いただきます」を言うときに手を合わせて、合唱する人の割合は、64%程度です。 必ず、手を合わせるわけではありませんが、なぜ、手を合わせるのか?その理由を考えてみました。 そもそも、合唱(手を合わせる)とは? 手を合わせる「合唱」とは、インド古来の礼法で、仏教徒が顔や胸の前で手の掌や指を合わせる行為です。 この合唱は、仏様や菩薩様などを拝む意ことを意味したものが、仏教を通じて日本に持ち込まれました。 基本的に、合唱は、アジア諸国においては挨拶の習慣として使われています。 日本では、お寺や神社などに参拝する時に、何気なく合唱する人がおおく、これはインドの元来の合唱と同じだと思います。 食事の「合唱(手を合わせる)」とは? 日本では、お寺や神社以外にも、食事のときの「いただきます」「ごちそうさま」や「ありがとうを言うとき」「お願いをするとき」などなどにも合唱をします。 これは日本独自の合唱であるようです。 お寺や神社で、目に見えない力の働きへの畏敬の念が加わり発展したのが日本独自の合唱であり、その思いは「尊さ」「感謝」などをあらわすようになったのではないでしょうか? そんな「感謝」や「尊さ」の思いが、自然と、食事のときの「いただきます」「ごちそうさま」の感謝とつながって、自然と合唱する人が増えたのではないかと思います。 「いただきます」の意味を子供が実感しにくい・・・ 現代では、食べる物は、スーパーやコンビニなどで気軽に買うことができます。 しかも、肉や魚など、生き物の命を頂いていると実感できる食材は、加工されて、元の形が分からないものも多いです。 この為、子供達が、命を頂いていると実感できる鶏を自分たちで締めて調理させる課外授業に参加したり、生きた魚を釣ってきて、さばいて調理するなど、生きているモノを殺して食材にしているということが実感できる経験を積むことで、食育として、子供の貴重な経験をすることで、「いただきます」の本当の意味を理解できるようになるのではいかと思います。 [ads4] 子供への教え方 子供に「いただきます」を言ってもらいたいと思う、お母さん、お父さんは多いと思います。 ここでは、子供が「いただきます」をいう様になるための教え方を紹介します。 基本的に、子供が「いただきます」を教えるためには、• お父さん、お母さんも「いただきます」を必ず言う• 「いただきます」を何度も見せ続ける というのが基本になります。 子供は、親の姿を見て育ちますので、まずは、親がキチンと「いただきます」を言って、見せるのが大切です。 ただし、「いただきます」を言わないからといって、食事をあげない、と言うことはしないでくださいね。 さらに効果的な方法 子供が赤ちゃんなどの小さな子の場合は、さらに、効果的に、「いただきます」を教える方法としては、ひと口食べるたびに、「いただきます」を言ってみます。 これを繰り返すと、なんとなく、「いただきます」の意味を理解してもらえる気がします。 子供に、食事の前の「いただきます」をする理由を聞かれたら? 特に、無意識に行っている食事の前の「いただきます」の挨拶ですが、子供によっては、「なぜ、言わないといけないのか?」といった疑問に感じる子供もいると思います。 一般的にありがちな答えとしては、• マナーだから• 皆やっているから• そういう決まりだから といった、ありきたりな回答では子供は納得できません。 このように、簡単な答えで返すのではなく、子供がせっかく疑問に感じたのなら、この機会に「いただきます」の言葉の意味を教えながら、子供に「命の尊さ」や「食事への感謝」を教えるいい機会だと思います。 具体的に子供へ教える回答としては、• お肉やお魚、お野菜たちは、あなたのカラダになるために命をくれたのよ• お米やお野菜を育ててくれた人への感謝 といった感じの、このページの「いただきます」の意味、を踏まえて説明をしつつ、 「 他の命によって、自分が生かされていることを理解し、食べ物を粗末にしない」 といったことが子供に通じればと思います。 小学生など、ある程度の年齢の子供の場合は、釣りなどに行き、生きた魚をさばいて調理しているところを子供に見せると、命を頂いている実感がわきやすいと思います。 課外授業などで、食育として、鶏を絞めて調理する体験をさせているところもありますが、子供によってはショックが大きくなるので注意が必要です。 とは言っても、体験しながら学べると、「いただきます」の意味が子供に理解しやすいと思います。 「いただきます」の返答は?何というべきか? 食事のときに子供が「いただきます」と言った後に、何と返答するべきか?これは、必ずコレと言った決まりはないと思いますが、一般的に、どのような言葉で返答しているのか?参考になるモノを載せておきますので、参考にしてください。 「いただきます」の返答としては、• 召し上がれ• どうぞ召し上がれ• 同じように「いただきます」• はい、どうぞ• はーい (はい)• おあがりなさい• どうぞ といったような言葉があるようです。 「召し上がれ」が一番、多いのではないかと感じました。 この他にも、子供に対しては、「いっぱい食べてね」「よく噛んでね」「こぼさないでね」と言ったような返答もあるようです。 「いただきます」の類義語・同義語はあるのか? 「いただきます」の類義語、同義語があるか調べてみました。 基本的に「いただきます」については、• 頂戴します• ゴチになります といった類義語、同義語があるようです。 [ads5] 「いただきます」って意味の英語ってあるの? 日本で使われている食事の前の「いただきます」は、「動物や植物の命を頂きます」や「食材、食事を作ってくれた人への感謝」といった意味合いがあります。 このような日本的な「いただきます」は、英語など海外では、同じような意味の言葉はなく、「いただきます」は日本だけの文化だとも言われています。 海外の場合は、日本の「いただきます」とは違い、食事の前に「祈りをささげる」といった行為は存在するようです。 「いただきます」を英語で言うと・・・? 「いただきます」をあえてアメリカやイギリスなどで使われている英語で言うと、、• I take your life(命を奪う) といった感じになります。 その他の外国語での「いただきます」 ここでは、イギリスやアメリカなどの英語以外の外国語で「いただきます」を言うと、どうなるのでしょうか?全て深い意味も交えて調べるのは大変なので、Googleの翻訳で「いただきます」を訳した内容を一覧で紹介します。 まとめ 「いただきます」で検索をされる人は、• 子供に教える• 外国人に教える といったことで、まずは、自分で、「いただきます」の意味を調べている人が多いのではないかと思います。 ここで説明した、「いただきます」の• 神様のお供え物、位の上の人からのもらい物を受け取る時の「いただく」という意味• 食事や食材を作ってくれた人への感謝• お肉や魚、野菜、果物などの命をいただく と言った語源や由来、意味を理解することで、自分なりにも説明がしやすくなったのではないかと思います。

次の