木星人マイナス 性格。 六星占術・木星人マイナス(-)の2020年(令和2年)の運勢と月運を完全紹介

【六星占術】木星人マイナスを徹底解説!性格・相性・2019年運勢も!

木星人マイナス 性格

index• 木星人マイナスの性格や持って生まれた運命 木星人マイナスの性格は基本や伝統を大切にし、いきなり大きな成果を求めず、少しずつコツコツ積み重ねる性格です。 パッと見は地味な印象を受けますが、負ける勝負をせず 綿密に計画を立てて確実に勝てることを少しずつ積み重ねて成果をあげていきます。 努力や我慢というのが基本の性格にあるので、偶然や奇跡を望むような考えや行動は自制することが出来ます。 そのため他の人が途中で投げ出してしまうことも、こなしていきそれを積み重ねた結果で大きな成果につなげたり、信用を勝ち取る生き方をします。 ただその木星人マイナスが持つ性格を利用されることも多く、貧乏くじを引いたり、だまされることもあります。 そのため自分に原因がなくても不幸なことから抜け出せない運命になることもありますが、性格や人柄が認められる状況であれば多くの人から認められ不安の少ない運命です。 [恋愛]良縁を引き寄せる木星人マイナスの魅力 木星人マイナスは一見地味で控えめな人柄に見えるため、異性から派手にモテるということは少なくなります。 また自分からアクションを起こし、思いを寄せる異性に近づいたり食事やデートに誘うといった具体的な行動が苦手です。 異性に対してはオクテな木星人マイナスですので、気がつくと意中の異性が他の人の元に、といったことも多くなります。 そのため好意がない異性が近づいてきた場合にはどう対処してよいかわからず、納得しないままお付き合いを始めてしまうようなこともで出てきます。 しかし男性であれば多くの女性に声をかけるような軽い性格ではなく、女性であれば古き良き大和撫子の性格です。 ですので一度お付き合いを始めれば、男性も女性もパートナーと真面目にお付き合いをし、そのような人柄が周りからはとても魅力的に映ります。 木星人マイナスは人に尽くしたり、人を幸せにしてそれを自分の幸せと感じる性格ですので家庭も大事にします。 結婚生活においても家事や子育てをしっかり取り組み、何よりも家族の絆や生活を一番に考え行動できる性格です。 そういったことからその性格や人柄が異性から魅力的に感じられて、生涯を共にする良縁を引き寄せることができます。 男性も女性も派手さはありませんが、伝統的で真面目な人柄がトラブルやネガティブな要素を避け、幸せな人生を歩んでいくことができるのです。 木星人マイナスに秘められた[仕事]の才能 規律や伝統を重んじる誠実な木星人マイナスは、仕事の面でもミスやトラブルが少ない周りから信用される根が真面目な人です。 そのためそれが悪い面に出ると若い時には芽が出にくく、とんとん拍子の出世や驚くような大きな成果をあげることは期待できません。 特に若年期には自己主張が少ない控えめな性格を利用され、雑用や成果の少ないような仕事ばかりを押し付けられることもあります。 性格上成績には結びつかない理不尽なことも耐え忍んで行ってしまったり、他人の尻拭いをさせられたりといったことも多くなります。 しかしそのような理不尽なことや、すぐに結果が出ないことにも我慢強く耐えてこなすことが出来るのが木星人マイナスの強みです。 そのような行動は成果として人から見えにくいため若年期には認められにくいですが、晩年にはその功績が認められ一気に評価を集め信用を勝ち取ることができます。 そのような性格、性質を持つ木星人マイナスは裏方的な仕事が向いていて、代えの利かない才能を持っています。 地味で忍耐といった役回りとなりますが、それをしっかりと受け止め参謀役に徹した時は、たくさんの力を発揮して多くの結果を得たり評価を得たりするようになります。 乗り越えないと大成できない?木星人マイナスの苦手な領域 コツコツと積み上げ基本に誠実な生き方をする木星人マイナスは、慎重で堅実が故に大きな結果を得にくいという事があります。 人生において時には、大勝負を打つような場面が少なからず出てきますが、そのたびに慎重になりすぎたり、結果を恐れて躊躇するとそれだけでチャンスを逃すこともあるのです。 地道な努力を重ね、確実にものに出来ることを積み重ねていくのは、良い面もありますがその反面で良くない部分も出てきます。 特に木星人マイナスは、真面目な性格と人間性が邪魔をして、自分が本当に思う考えや願望を表現することが苦手です。 しかしこの部分を見極めて要所で自分の本当の気持ちや衝動を表現したり、行動出来るようになると大成できるチャンスになります。 木星人マイナスは普段はその堅実さで人からの信用は高いので、万が一失敗や結果がでなくても対処を行えば信用を失うことはありません。 むしろ普段の人間性の評価は高い傾向があるので、かえって評価や信用をされるようになります。 木星人マイナスが大成するためには、あまり偏った自分の考えや思想にとらわれず、必要な時には思い切った行動をするとその堅実な人間性に新たな魅力がプラスされ、さらに大きな結果を引き寄せることが出来るのです。 [仕事運]適性・適職を診断!今年のテーマは? 新しい扉が開く年になりそうです。 心の準備はできていますか。 新しいあなたに生まれ変わる時が訪れます。 輝かしい未来が待っていることでしょう。 果敢な挑戦が実を結びやすくなります。 怯んだり臆することなく、前向きに自信を持って一歩一歩進んでいきましょう。 突き進むあなたを、大きなラッキーが待ち受けています。 チャンスがきたら、しっかりと両手で掴んでくださいね。 同じ夢や目標、志を持っている人と過ごすことで更なる成長が期待できます。 自分自身の心に問いかけて、素直な気持ちを確認してください。 その気持ちを積極的に人に話すようにしましょう。 [金運・財運]どこまで稼げる運勢?ターニングポイントをココ! 普段は冷静で思慮深い性格のあなたですが、今年は自分から積極的に動いた方が良い年です。 自分の気持ちに素直に向き合って、思いのままに行動してみましょう。 また、直感を信じて行動することで、あなた自身の価値観が大きく変わります。 思いもよらない物事に大きな価値を見いだすかもしれません。 戸惑うことなく、変化を楽しんで受け止めてください。 気持ちに余裕が生まれ、今後のあなたの人生を豊かにすることでしょう。 これまでの人生よりも彩り豊かになり、あなたの元にはたくさんの幸せが訪れます。 そのためには変化を恐れないことが大事です。 【相性占い】木星人マイナスと他の星人との相性はどう? 木星人マイナスと金星人プラスとの相性 木星人マイナスと金星人プラスは、どんな時も離れず、気持ちを通じ合わせながら愛を感じられる相性です。 相手の事を強く思い続けていくことにより、強い絆が結ばれていくでしょう。 気を通い合わせて、困ったときには支えられるようになれば、一生涯のパートナーとして連れ添うことが出来るのです。 自分に足りない面を相手から学び取っていくと成長にも繋げられます。 お互いに大人な考え方が備わるので、一緒にいる時間が長くなる程深い理解に支えられた関係に深化していきます。 日常の中で、愛情の受け渡しを丁寧にしていくことが大事です。 木星人マイナスと火星人プラスとの相性 木星人マイナスと火星人プラスとの相性は、互いの理知的な面に支えられて良好に状態になれる特長があります。 理性と知性が備わった二人であれば、短絡的な行動・考え方に支配されることなく、相性の良さが随所に感じられるでしょう。 冷静に考えて、その場に最も相応しい行動を選択出来る点でも、一緒に居て安心感が抱けるのです。 他者のためになる行動として、ボランティアなどの精神面を充実させられる活動をすれば、さらに関係を深められます。 どんな時でも自分勝手にならず、相手の事を考えて、アプローチする術を身につけられるでしょう。 木星人マイナスと土星人プラスとの相性 木星人マイナスと土星人プラスとの相性は、初めのうちは少しギクシャクしてしまう傾向があります。 土星人が生れ育った環境が大きく影響してしまう関係なので、互いの考え方の違いに始めは戸惑ってしまうでしょう。 なるべく二人だけの時間を確保して、一緒に過ごすことが大切です。 生活習慣や、行動パターンの違いが、どういった理由で生じているのか一つ一つ確認して、納得出来る状態にしておくことがポイントとなります。 木星人から歩み寄って、無理のない範囲で受け入れていく姿勢が、関係の深化には欠かせないのです。 同じ時間を共有する中で、隔たりを埋めていく努力が必要です。 木星人マイナスと天王星人プラスとの相性 木星人マイナスと天王星人プラスとの相性は、互いが積極的なアプローチをすることで良好な状態にしていける特長があります。 引っ込み思案にならず、お互いが冒険心をもって前に進めるようになっていく相性なのです。 少しルーズなところがある天王星人に対して、一つ一つ計画を立てて順序良く取り組んでいく姿勢を木星人が持たせられると良いでしょう。 集中力さえ高まれば、実力以上の結果を出せる天王星人が、モチベーションを高められるよう上手にに導いてあげることが大切なのです。 一緒に新しい挑戦をしていく際には、気持ちを高めていけるようなビジョンを描くことが求められます。 木星人マイナスと木星人プラスとの相性 木星人マイナスと木星人プラスとの相性は、気持ちを一つにして努力し続けられる点で良好であると言えます。 あうんの呼吸が生まれやすく、お互いの持てる力を同じタイミングで発揮することが出来る相性なのです。 どちらかが窮地に陥ったときには、自然と手を差し伸べて救い出すことが出来るでしょう。 恋愛を続けていく上でも、仕事上の関係でも一致団結しやすいのです。 お互いが妥協できる点をじっくり時間をかけて見つけることが大事になります。 自分の意見を通そうと気張らず、息の合った連携プレーが出来ることを第一に考えると良いでしょう。 木星人マイナスと水星人プラスとの相性 木星人マイナスと水星人プラスとの相性は、互いに理解を深めていく中で信頼を育んでいくことが求められることが特徴です。 水星人は、木星人の考え方や行動の仕方に染まりやすく、どんな時も尽くしてくれます。 相手のことを大切に思い、大事にしながらも、自分の思いを明確に伝えることが大事になってきます。 将来的にどんな関係を目指したいか、お互いが共通に意識を持てれば良いでしょう。 水星人が我慢し過ぎず、自分の意思を持って、木星人と共に関係を深めようとすれば、どんな困難にも打ち勝つことが出来ます。 丁度良い匙加減で意見を伝え合うことが肝心です。 木星人マイナスと金星人マイナスとの相性 木星人マイナスと金星人マイナスとの相性は、長い年月を共に過ごしていくのに適しています。 いつまでも続く幸せな時間を、2人だけで楽しめる相性なのです。 長い期間がかかるほど、お互いの理解が深まって、愛が成熟しやすくなっていきます。 以心伝心の関係が出来上がるにつれて、心と心の繋がりが一層強いものになります。 お互いに足りない部分があれば、自然と補い合って、満たされることが出来るでしょう。 辛いときには支え合い、同じ感動や感覚を共有して、幸せを分かち合えるのです。 双方ともにマイペースに愛を育めるタイプであることもプラスに作用するでしょう。 木星人マイナスと火星人マイナスとの相性 木星人マイナスと火星人マイナスとの相性は、根気強く向き合っていく中で深まって行く傾向があります。 恋を深めるには、時間をかけてお互いを知ることが求められるでしょう。 心から信頼し合える関係を求めるのなら、長丁場になる可能性が高いのです。 お互いが包容力をもって、相手と付き合う姿勢を表に出すと心を通わせやすくなります。 相手の悪い部分を指摘せず、良い部分を褒めていくことが木星人マイナスに求められます。 火星人マイナスは少し傷つきやすい面があるので、出来るだけ自信を持たせてあげるような気遣いをすれば良好な関係が育まれるでしょう。 木星人マイナスと土星人マイナスとの相性 木星人マイナスと土星人マイナスとの相性は、協力関係を気付きやすく、とても良いです。 共通の目標を見つけた場合、計画的に物事を前に進められる木星人の力と、現状打破に強みのある土星人の力が相乗効果を生み出すでしょう。 互いが長所を引き出して、一人では成し遂げられないことにも、果敢に挑めるようになるのです。 考え方の違いが見えてきた際に、土星人が譲り合いの気持ちを持てるかどうかが、協力関係を強固なものにしていくための鍵となります。 信頼できるパートナーとしてお互いが認め合う中で、常に意気投合出来るよう努力する必要があるのです。 木星人マイナスと天王星人マイナスとの相性 木星人マイナスと天王星人マイナスとの相性は、長いスパンで見て良好なものであると言えます。 互いに心の奥で深い結びつきを感じられるようになっていく相性なのです。 木星人は、後ろからそっと肩を押して、時には守ってあげるように天王星人を支えらえる関係を作れると良いでしょう。 常にお互いの存在に安心感を抱きながら、自分の成すべきことにしっかり向き合っていけるのです。 困ったときには支え合うことで、前を向いて進んでいけるよう気持ちを一つにすることが出来ます。 その中でも、少し弱い心が表に出やすい天王星人を、木星人の愛情で優しく包み込んであげることが大切です。 木星人マイナスと木星人マイナスとの相性 木星人マイナスと木星人マイナスとの相性は良好で、常に穏やかな気持ちでいられるものです。 互いに思いやりを持って接することが出来るため、一生のパートナーとして尊重し合いながら付き合うことが多い相性なのです。 あまり自分の気持ちばかりを表に出さず、相手に配慮すると良い関係がいつまでも続いていくでしょう。 必要な場面では自己主張をしつつ、相手が何を考えているか想像力を膨らませることが肝心です。 お互いが納得した上で、将来を見据えた行動を選択することがカギとなります。 同じ気持ちで一緒に人生を歩んでいく意識付けが求められるでしょう。 木星人マイナスと水星人マイナスとの相性 木星人マイナスと水星人マイナスとの相性はとても良好です。 お互いの性格や行動上で、足りない部分をしっかりフォローしあえる関係が築けるのです。 木星人は、少し引っ込み思案なところがある水星人を引っ張って前に出つつ、相手の気持ちや考えに配慮することが大切になってきます。 長所を引き出しながら、お互いの強みが生かせるように工夫していくことも求められるのです。 時間をかけてゆっくりと信頼関係を育んでいければ、決して揺らぐことの無い安心感が維持出来るでしょう。 思いやりの気持ちをもって、どんなに苦しい時も協力し合える相性なのです。 基本は努力家で慎重ですが、何かやりたいことが見つかると、とことんその道を突き詰めるような性格や特徴です。 恋愛においても、好きな人や運命の出会いと感じた時には、周りや状況など気にせず突っ走る傾向が出てきます。 しかし持ち前の明るさで人気はあるのですが、プライドがやや高い傾向にあるので、若い時にはこの部分がネックになり本気の恋愛に発展しにくい場合もあります。 木星人マイナスと金星人の性格や特徴の二面性に、上手く折り合いをつけることができると魅力的人になるはずです。 努力や我慢は木星人マイナスの得意分野なので、プラス金星人が持つカリスマ性を上手くコントロールすると、独自の結果を出したり素晴らしい作品を世に出す存在になります。 【2019年運勢】木星人マイナスの今年の運勢は? 2018年の乱気(中殺界)を抜けて2019年は「再開」になりこれまでの停滞していた運気が上昇する一年になるでしょう。 昨年の何だかわからないけどネガティブになるという感情や、意図しないトラブルなどは陰を潜め、気持ちが前向きになったり吉報が多くやってくる1年になります。 恋愛関係においてもとても良い流れになるので、現在相手のいない方は積極的に行動すると良い結果が出ます。 相手がいる方もとても良好な関係を築ける流れになって行くので、普段から気持ちを言葉にしたり形にすると今後さらにかけがえのない関係になっていくので積極的な行動を心がけて下さい。 仕事面も同じく上昇運気になっているので、普段から努力していることはきちんと評価され、更なる結果となって返ってきます。 さらに運気を上げるためには、以前何らかの理由で止めていた仕事やプロジェクト、しばらく会っていない人や取引先などにも幸運があるので改めて見直して下さい。 木星人マイナスの2019年「再開」は改めて再出発や再スタートをするには適した飛躍への第一歩となる年です。 以前に躊躇したことや、失敗して断念したことなど、心に残っているのであれば思い切って再チャレンジしたり、最近会ってない気になる人に会うのも吉となります。 [達成]自然と幸運が引き寄せられる!運気が上がる月 木星人マイナスの2019年の月運は9月に「達成」を迎え10月の中殺界をはさみ、さらに翌年に向けて運気が良くなります。 年運も良い運気に入っているので、思いがけない良い知らせや、今まで努力してきたことが結果に繋がります。 せっかくの良い運気を最大限に活かすために、5月から7月の時期には積極的な行動を心がけて下さい。 8月は「健弱」で小殺界になっていて、小さなミスや健康に気をつけることが大切になるので、良い運気を生かすためにもストレスや睡眠不足、食事には十分に注意するとさらに良い運気が訪れます。 木星人マイナスは真面目に地道な努力を積み重ねるのは得意ですが、自分を表現したり積極的に自ら動いていくのが苦手なことが多いです。 自分の良さを生かすためにも、さらなる運気の良さを活用して積極的な行動をしていくと自然と幸運が引き寄せられるはずです。 木星人マイナスの2019年の月運の中で、2月「陰影」・3月「停止」4月「減退」とこの3ヶ月間は大殺界を迎えます。 年運では運気の上昇があるなか、この時期は健康面や事故などに注意が必要になり、また自分以外からの影響でネガティブなことがおきやすくなります。 せっかくの良い運気を邪魔されるような形になり、心身共に消耗しやすくなりますが、落ち着いて対処して下さい。 またこの時期は気持ちが落ち込んだり、ストレスが溜まりやすいことが多くなり、それが原因で体調を崩すことも出てきます。 また8月は「健弱」で小殺界になりこの時期も特に健康面で注意が必要な月になるので、体に無理がかかる事は避けることが大切です。 木星人マイナスの真面目が故にという性格は、限界以上に無理をかけてしまうという側面があるので精神面含めて気をつけることが大切です。 大殺界など運気が低迷したり、ネガティブなことが起こるのは誰にでも訪れますが、どう乗り越えるかでその後が大きく変わります。 堅実で努力家の木星人マイナスですが、真面目が故に、必要以上に良くない出来事を受け止めてしまい自分を責めてしまうことがあります。 状況によっては我慢や忍耐は必要なことですが、自分に起こる悪い出来事を全て背負い込むには限界があるのです。 特に流れの悪い時期に起こったネガティブな出来事を全て自分で対処するのではなく、シンプルに他人の意見を参考にしたり違った見方をすると運気は良い流れになるでしょう。 大殺界など運気の低迷を乗り越えることは、木星人マイナスの短所を見つめ長所を伸ばせる良い時期にもなります。 努力家で堅実であり真面目なという人々から信頼される魅力をもつ木星人マイナスが短所を上手く乗り越えれば、さらに幸運が舞い込み明るい未来が見えるはずです。

次の

六星占術・木星人マイナス(-)の2020年(令和2年)の運勢と月運を完全紹介

木星人マイナス 性格

興味のあるところから読んでね• 木星人マイナス - とは? 六星占術における運命星の分類のひとつが、木星人マイナス - といいます。 生まれたときから決まっているといわれる人の性格や運勢を、六星占術では、土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星ごとに分けて考えます。 その星に当てはまる人を土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人とよびます。 特別な条件がそろった場合は、霊合星人(れいごうせいじん)という分類になります。 また、運命星にはプラス(+)とマイナス(-)があり、干支によってどちらになるかが決まります。 木星人マイナス - の基本性格の特徴5つ 1. 計画的 木星人マイナス - の人がノープランで旅行することはありえません。 事前にきっちりと計画を立てておかなければ、落ち着くことができないのです。 そんな木星人マイナス - を堅苦しく感じる人もいますが、安心して頼りっきりになってしまう人がほとんどでしょう。 木星人マイナス - も頼られることを嫌いません。 ボランティア精神が旺盛 社会的評価を気にする木星人マイナス - は、慈善活動に力を入れる人が多いです。 そこまで大きな行動をしなかったとしても、日常的にだれかの手助けをし、感謝されることを好みます。 素直になれない 自分の感情を素直に表現することが苦手な木星人マイナス - は、ときに真逆のことを言ってしまいます。 つまり、可愛げに欠けるところがあるのです。 そんな木星人マイナス - のことを理解してかわいがってくれる相手であればいいのですが、それを理解できない人には距離を置かれてしまいます。 プライドが高い 日々努力を怠らない木星人マイナス - は、その努力を絶対に否定されたくありません。 逆に、その場のノリで生きているような人を、下にみている節があります。 贅沢に無頓着 木星人マイナス - は派手な生活を好まず、ミニマリストである人も多いです。 木星人マイナス - はこだわりがないわけではないのですが、ムリに飾り立てたり、贅沢な生活を送ったりして、自己顕示をしようとは思いません。 木星人マイナス - の結婚・家庭・恋愛の特徴3つ 1. 家庭運に恵まれる 結婚すれば、家庭を第一に考えるのが木星人マイナス - の人です。 よき妻・よき夫、よき母親・よき父親であろうとします。 ただそれが過剰になると、束縛が激しくなったり、過保護になったりしますが、基本的にはあたたかい家庭を築くことができます。 浮気や不倫はしない よき妻・よき夫、よき母親・よき父親であろうとする木星人マイナス - であるため、当然、よき恋人であろうともします。 自分がよき妻であろうとするなら、夫もよき夫でなくてはなりません。 もちろん不倫などしていたなら、よき夫でもよき妻でもないため、絶対に浮気や不倫はしないし、許しません。 奥手 「絶対にいける」と確認をもつまで、自分から告白することはありません。 それゆえ、木星人マイナス - はチャンスを逃すことがよくあります。 また、はっきりしない関係を続けてしまうこともあるでしょう。 頑固 木星人マイナス - には、その人にとって譲れないものがいくつかあります。 その譲れないものを揺るがすなにかがあれば、意見を譲ることはしません。 相手が折れるまで闘い続けるため、ケンカをすれば長引きます。 木星人マイナス - の才能・適職 木星人マイナス - は器用に立ち回ることができないため、上司からの信頼を得るのに時間がかかります。 お世辞などもいえないため、接客業や販売業などには向きません。 木星人マイナス - には、黙々とこなせる仕事が向いています。 木星人マイナス - は正義感が強いため、弁護士を志す人が多いです。 木星人マイナス - とほかの運命星の相性 1. 土星人との相性 ふたりでいる分には、性格が似ていて過ごしやすいはずですが、ふたりのあいだに親や子供など、第三者が介入してくるとバランスが崩れます。 意識的にふたりで過ごす時間を定期的につくることで、良好な関係を続けることができるでしょう。 どちらかというと土星人と木星人マイナス - は安定した関係です。 新鮮味や刺激的といったことからは離れた関係となります。 金星人との相性 木星人マイナス - と金星人は真逆の関係となり、相性がすこぶる悪いです。 家庭に入り、根をおろしたい木星人マイナス - と、できる限り独身のように自由に振る舞いたい金星人とがうまくいくことはめったにありません。 ただ、金星人と木星人マイナス - は、子宝に恵まれる運勢ではあります。 天王星人との相性 積極的で社交的な天王星人と動きたいのにうまく立ち回ることができない木星人マイナス - は、いっしょにいるとうまくいきます。 木星人マイナス - のできないことを天王星人がしっかりとフォローしてくれるからです。 かわりに、木星人マイナス - は天王星人に対して、堅実でいることの大切さを説くことができます。 おたがいに足りない面を補完できる、最良の相性です。 火星人との相性 規則や社会的評価を守りたがる火星人と木星人マイナス - の相性はよく、安定した関係を築くことができます。 真面目で面白くないなどといわれがちな木星人マイナス - のよいところを、火星人は理解してくれます。 ただ、たがいに安心感がありすぎて、向上心というものを忘れそうになる関係です。 木星人との相性 木星人同士が結婚すると安定はしますが、暗い雰囲気につねに包まれることになります。 覇気が足りないのです。 どちらも家庭を大事にしたいという気持ちは強いのですが、それゆえに心の余裕がなくなってしまうでしょう。 水星人との相性 淡白な水星人は、いくら家族だとしても自分に不都合なことをする人を大切にはしません。 そんな水星人を木星人マイナス - は、どうしても理解することができません。 木星人マイナス - の2018年の運勢 2018年の木星人マイナス - は中殺界の「乱気」に入るため、思うようにいかない年となるでしょう。 昨年までは順調に進んでいた分、その落差にがっかりしてしまうかもしれません。 ですが、うまくいかなくなったことに対して、躍起になって取り組まないほうがいいでしょう。 今はいちど距離を置くときです。 その意識をもって行動してください。 木星人マイナス - にとって2018年は、なにをしても空回り、手応えがない、むしろ状況が悪くなるようなときですから、ストレスがたまります。 これを機会に、自分のメンタルをコントロールする習慣を身につけるといいでしょう。 運動をする、いつもより凝った料理をつくるなど、ひとりでできることがオススメです。 まとめ 木星人マイナス - の基本性格や相性、運勢について紹介しました。 真面目で頑固な木星人マイナス - は、ひとりでなんでもやり遂げようとしてしまうところがあります。 確かにそうすることができるだけの能力を木星人マイナス - は兼ね備えていますが、どうしてもうまくいかないときは、周りをみるべきです。 人には得意な分野もあれば、苦手な分野もあります。 木星人マイナス - のあなたは、自分の苦手なところを認めたがらない傾向にありますが、そこを素直に認めて、得意な人に協力を求めたほうがいいでしょう。 そうすることであなたの肩の荷がおりて、もっといい結果を手に入れることができます。

次の

六星占術で「木星人マイナス(-、陰)」のあなたの性格や運勢を徹底解説!

木星人マイナス 性格

2020年(令和2年)木星人マイナス(-)の運勢(総合運)は? 2020年(令和2年)木星人マイナス(-)の運勢は「財成」。 収穫の多い時期で、特にあなたの元に目に見える形で何かを手に入れることができる幸運期です。 行動がすぐに結果と結びつき、成功を得やすい運気なので、大きく稼いだり、ポジションが向上することも可能です。 どのようなことも必ず結果に結びつき、いろいろな意味で財産を得ることができます。 金銭的な面では特に良い結果を得ることができるでしょう。 また財産だけではなく、かけがえのない人とのご縁が与えられたり、揺るぎない愛情を得ることも大きな意味での財産と言えるでしょう。 しかし、「財成」の年は親しい人との別れも起きやすい時期でもあります。 別れがあるからこそ、新しい出会いもあり、相互のバランスが重要になる一年になります。 しかし大きく捉えて、この時期をしっかりと過ごすことで飛躍的に向上し、着実にスキルアップやステップアップに繋がります。 これまで人知れず努力を重ねてきたことに関しては大きな実りを得ることができるでしょう。 運気の良い流れが到来しているので、何か興味を持っていること、気になることなどにも視野を広げて実際にチャレンジしてみることで素晴らしい結果を手にすることが可能です。 全力投球しながらも適度に息抜きしたり、一休みをしながら続けることで、充実した素晴らしい一年になるでしょう。 恋愛運は、ご縁のある人とのピンポイントの出会いが与えられます。 多くの人と出会うことよりも一人のかけがえのない相手と出会う経験をするでしょう。 思わぬところに恋愛の出会いがありますので、普段とは違った場所にご縁があるので積極的に出かけて行動すると良いでしょう。 また、これまでなあなあで付き合ってきた相手や悪縁がある場合には、別れを経験するかもしれません。 別れが辛いものであったとしても、それはこれからのあなたには必要のないものとして捉え直しをすることが大切です。 別れるからこそ、素晴らしい出会いが与えられるということを心から信じると良いでしょう。 すでにパートナーがいる人はとても穏やかで大きなトラブルもなく、順調で幸せに満ち溢れる時期になります。 結婚のための準備期間でもあり、着実に関係が進展していくでしょう。 仕事運は、とても安定した運気で、穏やかな気持ちで仕事に取り組むことができます。 自分の仕事の評価そのものが高くなることで昇進や収入アップにつながります。 トラブルなどはほとんど起こらないため、集中して自分のすべき事柄に取り組むことができるでしょう。 しかし転職や独立を考えている場合は、この時期に事柄を動かすのは得策ではありません。 今やるべきことにしっかりと取り組むこと、また長期的に自分の仕事を引き継いでいく準備をすることを心がけることが大切です。 金運は、かなり良い運気が到来します。 まず大きな突然の出費が少ないこと、そして収入はアップすることに期待できるでしょう。 もともと衝動買いなどをすることも少ないので、分相応で自分の身の丈にあった生活をしていれば、金銭的に困ることはなく、物質面でも余裕のある生活を営むことができるでしょう。 また自分の好きなものやインテリアなどには買い換えることで精神的にも余裕が生まれ、豊かな気持ちで生活することができます。 ゆとりが生まれれば、さらに金運が向上し、両方にとってとても相乗効果の高い運気を得ることができるでしょう。 健康運は、病気や怪我など大きな不調を感じることはほとんどなく、心身共にバランスのとれた力みなぎる運勢の中歩んでいくことができるでしょう。 ある程度、頑張りが聞くので多少の無理をしたとしても疲れを感じることも少なく、活動的に過ごすことができます。 小さな風邪などを引いたとしてもすぐに回復することができます。 普段の体力作りが健康運をさらに向上させるので、ジョギングやエアロビクス、ダンスや水泳などの有酸素運動を心がけるといいでしょう。 人間関係運は、今までの人間関係がさらに充実して発展していくでしょう。 ワイワイと賑やかな関係よりも少人数でじっくりと語り合うような深みのある人間関係を形成し、さらにお互いの理解が深まり、信頼を感じる人間関係を営むことができるでしょう。 広く浅い関係より、狭く深い関係があなたにとって安らぎを得ることもできます。 同じ趣味を持っている仲間とはさらに親睦を深めたり、ともに食事をする機会を持つことでさらに良い情報などを提供し合え、刺激的で楽しい関係を形成できます。 仕事の仲間とも適度な距離感を保ちながら、良いコミュニケーションをすることで、仲間意識がさらに高まります。 2020年(令和2年)木星人マイナス(-)の月運 それでは月ごとの運勢を見ていきましょう。 2020年(令和2年)1月の月運「安定」 穏やかな気持ちで新しいスタートを切ることができるでしょう。 内面の魅力がオーラとなって外見の雰囲気に出てきやすくなり、自然とあなたの周りに人が集まってくるでしょう。 様々な場面であなたの発言や意見が人から受け入れられやすい時期です。 少し華やかな色のファッションがさらに幸運を招くでしょう。 春を先取りしたような明るい色の服や小物などを身につけると良いでしょう。 2020年(令和2年)2月の月運「陰影(大殺界)」 心の中で「このままではいけない」という危機感を覚えるかもしれません。 自分の中で何か滞っていることや、保留にしていたことなどに焦点があたり、自分の言動を省みるような機会が与えられるかもしれません。 そのままにしておくとどんどん宿題が増えてしまったり、乗り越えるばき壁が高くなってしまうこともありそうです。 自分なりの価値観を大切に行動しましょう。 2020年(令和2年)3月の月運「停止(大殺界)」 やや勇み足になりやすく、それが元で失敗をしてしまう可能性が高くなります。 勢いやタイミングだけで判断するのではなく、努めて冷静に物事を見極める判断をすることを心がけましょう。 何か新しい発想が浮かんだとしても、今はそれを形にするべき時ではありません。 じっくりと自分の中でそれを温めて、熟成させることが開運の秘訣です。 また自分のアイデアはたとえ信頼がある人にもシェアしないこと。 2020年(令和2年)4月の月運「減退(大殺界)」 出会いと別れの両方が訪れる時期です。 環境そのものが変わる可能性が高いので、それに伴い人間関係も変化が訪れるようです。 慣れるのに時間がかかったり、無意識にも人に気を使ってしまうので、かなりストレスを感じやすい時期です。 恋愛面では少し注意が必要で、うまくいかなかったり、倦怠期を感じている場合は別れの危機が訪れやすい傾向があります。 売り言葉に買い言葉というような感情的なやりとりに注意しましょう。 2020年(令和2年)5月の月運「種子」 仕事に集中できる時期ですが、のめり込みすぎたり、深入りしすぎてしまうことでいやになってしまうこともありそうです。 よくも悪くも仕事運に変動があり、不満なども出てくるかもしれませんが、転職を考えたとしても今はぐっとこらえることが大切です。 やがてあなたにとって有利な方向に物事が動き出しますので、それまでは無理せずにやるべきことだけに集中すること。 プライベートでは楽しい仲間との交流を楽しむことができるでしょう。 2020年(令和2年)6月の月運「緑生」 周囲の人とのコミュニケーションが円滑になり、職場でも上司や同僚との信頼関係がさらに構築されるでしょう。 上下関係とわず人間関係に悩まされることがほとんどなくなり、楽しんで仕事に取り組むことができるでしょう。 行動的、積極的になることであなたのリーダーシップ性が開花されます。 出しゃばり過ぎないことを心がければ全ては順調に動いていきます。 時期的にゆとりも生まれるので色々なことに挑戦すると良い結果を得ることができう火が付くでしょう。 2020年(令和2年)7月の月運「立花」 血の繋がりのある誰かからちょっとしたお金を受け取ることもあれば、親しい友人に奢ってもらうなど自分の懐が少し潤うような時期です。 あなたに対して何かしてあげたいという気持ちがあるので、それを拒むのではなく喜んで感謝しつつ享受することを意識しましょう。 またどのような形でも良いので何か恩返しをすることでさらに運気は向上していきます。 昇給や臨時収入の兆しがあるので少し高額な買い物をすることもできそうです。 2020年(令和2年)8月の月運「健弱(小殺界)」 大きな変化を期待するよりは、自分を成長させるための土台作りにしっかりと精を出す時期です。 少し運勢的に停滞感があるので、マンネリ感を感じてしまうことがあるかもしれませんが、刺激を求めるよりは、安定思考でゆったりと構える姿勢が大切です。 自分から何か新しいことをするよりはこの時期は受け身でいることを心がけるといいでしょう。 2020年(令和2年)9月の月運「達成」 登り坂の運勢で、努力を怠らず積み重ねることにより確かな実りを手にすることができるでしょう。 恋愛も仕事も絶好のチャンスが訪れ、それを積極的にモノにすれば、自分が望む幸せを手に入れることが可能です。 常に広い視野を持ち、いろいろなことに目を向けて見出すことで自分をより成長させることができるでしょう。 2020年(令和2年)10月の月運「乱気(中殺界)」 少し運気自体が小休止になるので今まで情熱を燃やしてきた事柄に対して、自分の気持ちが消極的になったり、急に自信がなくなってしまうこともありそうです。 ふと立ち止まってみると、自分がよくわからないということや、全てがどうでもいいと感じてしまうこともありそうです。 やる気とやりがいを見失うとナーバスな気分が続いてしまうので、自分を高めてくれ、刺激を与えてくれるような友人との会話をして良いものを自分に吸収すると良いでしょう。 2020年(令和2年)11月の月運「再会」 気力、体力とも充実し、高いモチベーションを維持して積極的に行動することができます。 そのため恋愛も仕事も公私の全てにおいて良い結果が与えられるでしょう。 待つよりも自分から動いて行くという態度が運気を向上させていきます。 この時期に出会い、また親しくなる相手とは生涯のご縁が与えられるので、丁寧なやりとりをすることを心がけましょう。 2020年(令和2年)12月の月運「財成」 昇級の可能性やボーナスなどにより懐が温まります。 計画的な出費ならば、高額なものを購入しても問題はありません。 しかし金運がいいからといってギャンブルに手を出してしまうと散財してしまう可能性があるので、最初からやらないことが大切です。 資産運用などもきちんと情報を調べたり、その道に詳しい人から確かな情報を得ることが何よりも大切です。 良いものがあなたにたくさん与えられるわ? でも受け取るだけではなく、感謝の気持ちを忘れないこと、どんな形でもいいからそれを返すことね。 運気は水の流れと同じで、滞ってしまうと腐ってしまうのよ。 なので循環させて常に新鮮な動きがあれば、運気もアップするのね。 受け取るからこそ、与えることができる この時期はとても受け取ることが多くなります。 それは金銭や物品という形のあるものだけではなく、愛情や友情などの目に見えないものかもしれません。 なんにせよ、受け取ったならそれを良い形で還元すること、お返しすることが大切です。 もらった人だけには止まらず、違う誰かに対して与えることができたなら、それはまた良いご縁としてあなたに返ってくるでしょう。

次の