竹内 唯 人。 竹内唯人、ドラマ『鈍色の箱の中で』撮影現場を訪問

芸人との距離感に悩む南海放送・竹内愛希アナ!高橋真麻に楽屋での恥ずかしい話を暴露されて慌てるオードリー春日

竹内 唯 人

昨日の朝日新聞夕刊に,写真入り3段組みの大きなコラムとして「米沢唯」さんが紹介されていた。 「新国立劇場バレエ団の新鋭・米沢唯」「存在の深さ 踊りたい」と大きな活字が躍っている。 顔写真をみた瞬間にピンとくるものがあった。 そして,嬉しかった。 そう,故・竹内敏晴さんのお嬢さんである。 竹内さんが生きていらっしゃったら,どれほど喜ばれたことかとついつい涙腺がゆるむ。 母上の章子さんに似た美人で,竹内さんがいつも醸しだしていた懐の深さが,すでに滲み出ている。 まさに,旬の人らしく,じつにさわやかな笑顔が美しい。 ご生前の竹内さんは,プライバシーについてはほとんど語られることはなかったが,最晩年のころには,ちらりとお嬢さんのことを話されることがあった。 そのときの竹内さんの笑顔は,いつものそれとはまるで違う,とっておきの笑顔だった。 滅多にみることのない素朴な好々爺の素顔が全面に表出した「父親」のそれであった。 で,ついついわたしたちは惹きこまれ,お嬢さんのお話をもっと聴かせてもらおうと思って,遠慮がちにお伺いを立てる。 すると,さっとわれに戻られたかのように「まあまあ,これは個人的な話ですから」と仰って,さっと「普遍」につながる話題に切り替えられるのが,いつものパターンだった。 そのときの竹内さんのお話で記憶に残っていることを一つだけ。 たしか「からだ」というものは不思議なもので,無関心な人はいくら言っても,自分のからだと真っ正面から向き合おうとはしないものなんですよね,というような話の流れのなかでのことだった,と記憶する。 「うちの娘は,こどものころからバレエを習っているんですが,どうも根っから好きなようで,家にいるときでも暇さえあればストレッチをして,からだのすみずみまで丹念にチェックをしているんですよね」「だから,いつのまにかバレエをするからだになっていくんですよね」という具合である。 竹内さんが「バレエをするからだになっていく」というような言い方をされるときは,ことば面だけの意味ではなくて,もっともっと深い意味がこめられている(この話は,始めてしまうと,止まらなくなってしまうので,また,別の機会に)。 だから,娘さんの話はそのための導入の話なのだが,わたしたちは,滅多に聴くことのない娘さんの話なので,俗人そのまま興味本位の問いをしてしまう。 しかし,竹内さんは,けしてわたしたちの俗っぽい質問にまどわされることなく,さっと「普遍」の話題にもどっていかれる。 このときの話題の主が,米沢唯さんである。 唯さんにはまだお会いしたことはない。 しかし,『環』(藤原書店)という雑誌が「竹内敏晴さんと私」という小特集を組んだときに,唯さんが短いエッセイを寄せていらっしゃる。 それがまた,素晴らしい名文なのである。 まだ,二十歳を少し超えたばかりの若さで,大好きな父親を見送った深い悲哀を随所ににじませながらも,じつに抑制の効いたことばづかいでつづった,美しい文章だ。 わたしは,読み終わるまでに何回,嗚咽してしまったことだろうか。 そのとき以来,わたしはすっかり米沢唯さんのファンになっていた。 唯さんのこの名文は「父と私」というタイトルである。 この名文は『レッスンする人』竹内敏晴語り下ろし自伝(藤原書店,2010年)の巻末に転載されている。 わたしはこの本をとおして竹内さんの人生の前半生を初めて知った。 その巻末に唯さんの名文が載録されている。 いま,また,久しぶりにこの本をとりだしてきて唯さんの文章を読み,最初に読んだとき以上に,またまた嗚咽している自分がいる。 そして,切り抜いた新聞の唯さんの笑顔が目の前にある。 なんとさわやかな笑顔なんだろう,としみじみと眺めてしまう。 「存在の深さ 踊りたい」という大見出しが,ずっしりと重い。 この若さで,「存在の深さ」に触れていて,しかも,それを表現してみたいという。 ああ,やはり,竹内敏晴さんのお嬢さんだなぁ,とみずからを納得させるほかはない。 3月26日の公演には,ぜひ,でかけてみたいと考えている。 そして,一番うしろにいらっしゃるはずの竹内さんと並んで・・・・。 「黒い帽子に黒いコート」というわけにもいきませんが・・・・。 3月26日はわたしの73回目目の誕生日。 406• 351• 381• 377• 340• 164• 109• 114• 126• 284• 114• 322• 265• 117•

次の

竹内涼真、ほっこり家族ショット公開 両親の姿に「目元がソックリ」「お母さん若っ!」

竹内 唯 人

経歴 [ ] 演出家の娘として東京に生まれる。 両親はともに再婚で、「米沢」は母親の姓だった。 3歳のころ名古屋市に移り住み 、まもなく塚本洋子バレエスタジオで習い始めた。 2月、1年生のとき、の決勝に進出した。 入賞は逃したものの、このとき 『』 のを指導した は米沢の踊りについて、「日本人には難しい箇所を自由な表現で、演目に忠実にジゼルを解釈している」と評した。 翌2004年3月、第61回ジュニア1部1位。 この時の2位はであった。 同年7月、のジュニア部門で女性第1位となる。 帰国後は地元名古屋で企画のダンス公演に出演した。 2006年6月末、4年に1度開催されるのシニア部門で女性銅メダルを受賞。 これをきっかけに米国のと契約した。 サンノゼには2010年夏まで4年間在籍し、『』 やコンテンポラリー作品の 『September』 などで主役を踊った。 秋、監督下のバレエ団に移籍しソリストとして入団。 その理由について、「一挙手一頭足の表現を研ぎすませる厳しさに身を置きた」かったため と述べている。 2011年11月、ビントレーによる新制作 『パゴダの王子』 で主役さくら姫に抜擢される。 2012年秋からファースト・ソリスト。 2013年2月に 『』、同年6月に 『』で主役を踊り、シーズン終了後にプリンシパルに昇格した。 2017年3月、『ロメオとジュリエット』等での成果が評価され、第67回を受賞。 2020年3月、『ロメオとジュリエット』等での成果が評価され、第70回を受賞。 人物・芸風 [ ] 竹内の方針で実家にはテレビがなく、小学校に上がった頃は本の虫だった。 朝食時には茶碗を抱えながら本を読んでいたという。 小学6年生のときにはのほか、とも習っていた。 高校1年夏の時点でバレエの練習時間は週に16時間。 バレエ一筋となったのは2003年にローザンヌに出場した後で、当時は正月も休まず365日練習していたという。 踊りはしばしば「伸びやか」と形容される。 自身の目標については「技術で終わるのではなく、中から生きているダンサーになりたい」と話していた。 同じ役・相方での同一演目の出演は最初の年のみ記した。 注釈 [ ]• 幼少期から名古屋で過ごしたため、公式サイトなどでは「愛知県出身」と書かれている。 世界初演のみを問題とし、他のバレエ団や舞台で上演済みのいわゆる「バレエ団初演」は無印とする。 出典 [ ]• "", Ballet San Jose, Oct. 2010• 「」、新国立劇場バレエ団• 291-292)• アンジェラ加瀬 「第31回ローザンヌ国際バレエコンクール」(『バレリーナへの道』 No. 48、文園社、2003年5月、 、p. 76)• , 1時間15分30秒~。 なお米沢のクラシックVa. は10分56秒~で、フリーVa. は43分13秒~で見られる。 飯島岱 「第21回ヴァルナ国際バレエコンクール」 (『バレリーナへの道』 No. 56、文園社、2004年11月、 、p. 55)。 米沢は非競技者のI・コルネーエフと組んで出場。 なお、この年のジュニア男性第1位はダニール・シムキンだった。 Jennifer Dunning, "", The New York Times, 4 Jul. 2006• , Ballet San Jose• 関口紘一 「」、 Dance Cube、2011年9月11日• 「」、新国立劇場、2013年6月30日• 文化庁 2020年3月4日. 2020年6月6日閲覧。 竹内敏晴 『老いのイニシエーション』、1995年、岩波書店、 、p. 172。 竹内はこの本の中で米沢のことを「ゆり」という名前で書いている。 「青少年のためのバレエ・コンクール ジュニアB部門 第1位 米沢唯」(『クララ』 1998年11月号 〔通巻第1巻第6号〕、新書館)、p. 阿部由美 「6th バレエコンペティション21」(『バレリーナへの道』 No. 45、文園社、2002年11月、 、p. 77)• 守山美花 「」(Danza 第30号 2010年10・11月号、p. 52)• , alessiosilvestrin. com 参考文献 [ ]• 『レッスンする人』、2010年、藤原書店、 公式サイト [ ]• - 新国立劇場.

次の

竹内唯人、ドラマ『鈍色の箱の中で』撮影現場を訪問

竹内 唯 人

竹内唯人の出身中学・高校 竹内唯人さんの出身地は東京都町田だという情報はあります。 最寄りの駅はJR古淵駅だそうです。 出身中学は町田市立山崎中学校 竹内唯人さんが通う中学というのは直接的な情報はありませんでしたが、お兄さんの竹内涼真さんが地元の町田市立山崎中学校に通っていたという情報がありました。 JR古淵駅が最寄り駅で町田市内に住んでいるという情報もあります。 住んでいると言われる町田市山崎団地の近くにあるのが、この山崎中学校です。 お兄さんが通っていた公立中学校なので、同じ中学に通っていた可能性はかなり高いと言えるでしょう。 通っていた高校 通っていた高校の情報はありませんでした。 お兄さんの 竹内涼真さんが通っていたと言われる「聖学院高校」は、住んでいる町田からはかなり距離も遠く、同じ高校に言っていたというのは考えにくいと思われます。 しかし、通っていた高校についての情報はありませんでした。 こちらについては情報が入り次第、更新したいと思います! バイトしていたのは、地元で人気のラーメン店「ぎょうてん屋」 竹内唯人さんは過去にTwitterで自身がアルバイトとして働いてるラーメン店の宣伝のようなツイートをしていたことが有りました。 それが町田駅近くのラーメン屋の「ぎょうてん屋」です。 今度の土日暇な方いませんか? 一緒に行ってくれる方募集中です! 竹内涼真の弟がバイト先の売上貢献のために載せてた! お店の事思うなんて優しい! 駅からも近いのかな? 竹内涼真 竹内唯人 ぎょうてんや町田店 — みゆゆ abenami1 こってりとしたスープにボリュームのあるチャーシューがトッピングできることで有名なラーメン店で、お店自体もオープンしてから、かなりの年月が過ぎている人気店です。 高校生の頃にバイトしていたということですが、もうここではバイトしていないと思われます。 竹内唯人の彼女 これも高校生の頃の話ですが、「りんちゃん」と呼ばれる同世代の彼女がいました。 インスタなどでカップルでのライブ配信などもしていて、「ゆいりん」とカップルで呼ばれ人気を集めていました。 過去に唯人さんは、インスタやTwitterなどに彼女のことを載せたりもしていたようなのですが、今はその投稿は削除されてしまっています。 新たに恋愛リアリティ番組に出演するくらいなので、すでに別れてしまっているのではないかとネット界隈では言われています。

次の