ボカロ ランキング 2019。 ランク順のボカロP一覧(1ページ目)

ランク順のボカロP一覧(1ページ目)

ボカロ ランキング 2019

作詞:西沢さんP 作曲:西沢さんP 編曲:西沢さんP 温かみのある恋愛感情をロックなテイストで作り上げる人気のボカロPさんです。 代表曲は「夜もすがら君想ふ」「君色に染まる」。 ボカロ楽曲の他に、歌い手さんとのコラボをおこなうなど、幅広く活動しています。 道無き道を行け!! 9. アノニマスファンフアレ 作詞:ツミキ 作曲:ツミキ 編曲:ツミキ 「ボカロっぽい曲が好き」という人は絶対にドはまりすること間違いなしの、ボカロっぽさ全開の楽曲。 アノニマスファンフアレはツミキさんの5作目のオリジナルで、「安定の紙」「駆け上がる感じがたまらない!!」「ボカロの将来を担うボカロPだ」とネットでも大注目されています。 ライハーズノット 作詞:末代まで雨季にしてやる。 作曲:末代まで雨季にしてやる。 編曲:末代まで雨季にしてやる。 一年ぶりに発表された末代雨季さんの新曲です!待ってた!!という人も多いのでは!?夏の爽やかな空気感もありつつ、不気味さも含まれている不思議な楽曲。 聴く回数を重ねるたびに鳥肌が立ちます。 ドストライクだ!という人は末代雨季さんの「各駅停車」もぜひ聴いてみてください。 再会 作詞:はるまきごはん 作曲:はるまきごはん 編曲:はるまきごはん こちらは楽曲に注目してもらいたいのはもちろんですが、映像もしっかり見てもらいたいですね。 なんと、はるまきごはんさんを中心としたアニメーション制作スタジオ「スタジオごはん」で制作されているのです!耳も目も両方楽しめる楽曲となっています。 曼珠沙華.

次の

【涙腺大爆発!】2019年版!感動ボカロ曲15選!オススメの歌い手とともに紹介

ボカロ ランキング 2019

JOYSOUNDが発表した2019年上半期ランキングの1位は米津玄師「Lemon」、次いで2位があいみょん「マリーゴールド」、そして3位はバルーン「シャルル」であった。 その後に中島みゆき「糸」やMONGOL800「小さな恋のうた」といった曲が続いていく。 カラオケの定番曲に最近のヒットソングや今旬のアーティストの楽曲が入り込む形の結果だ。 一方で、2019年発売曲で総合30位までにランクインしたのがback number「HAPPY BIRTHDAY」のみだったというのは少々物足りない気はするが、カラオケランキングはその特性上、遅れて結果に表れる(すでに世間的に認知されている作品が選曲されやすい)ため、新曲のランクインは下半期に期待しよう。 ちなみに、ここで少し下半期の予想をしておくと、今現在サブスクリプションサービス上でチャートを席巻しているOfficial髭男dism「Pretender」は今後伸びてくるだろう。 King Gnu「白日」やあいみょん「ハルノヒ」といった楽曲も確実に上位に食い込むはず。 また、サカナクション「忘れられないの」も充分なポテンシャルを持っている。 アーティストランキングに目を向けると、1位の米津からあいみょん、back number、Mr. Children、嵐、RADWIMPS、中島みゆき、サザンオールスターズ、星野源、西野カナ……の順でランキングが構成されている。 こちらも同様に、J-POPを代表とする歌手たちを抑えて現在人気の米津やあいみょんが強さを発揮している。 ただ、この中でひときわ目を引くのがバルーンの健闘である。 昨年の総合ランキングでも14位であった「シャルル」は、今回3位まで上昇し、時が経つに連れてその存在感をより一層強めている(「シャルル」は2016年発表)。 アーティストランキングでも上記の面々に続いて11位と見事な成績を収めている。 シャルル/バルーン self cover カラオケからも広がるボカロ楽曲 バルーン『Corridor』 バルーンは2013年より活動開始したボカロP。 今年の1月に須田景凪名義でもメジャーデビューしている注目のアーティストだ。 独特の世界観を持った歌詞や緻密なアニメーションの施されたMVが人気を博し、自身が歌った「シャルル」のYouTube上での再生回数は3,000万回を超える。 キャッチーで歌いやすいメロディも人気のひとつだ。 他にも総合ランキングには、みきとP feat. 鏡音リン「ロキ」がランクイン。 ボカロPによる楽曲が総合的な指標でも強さを示していることがうかがえる。 そもそも米津玄師もハチ名義でボカロ作品を投稿していたことを考えれば、ボカロPとして活動を始めたクリエイターが日本中で歌われる名曲を生み出すアーティストへと成長していく流れはもはや珍しいことではないだろう。

次の

2019ボカロ人気おすすめ曲ランキング決定版はこちら!ミリオン連発!

ボカロ ランキング 2019

基本的には無料と有料の両方の楽譜を紹介しています。 無料のものは独自のアレンジが入っているものが多く、原曲と雰囲気がガラッと変わってしまっているものがあります。 その中でも完成度の高いものを選んで紹介していますが、有料のものがやはり十分満足のいく完成度のものが多いです。 無料楽譜のリンク先で楽譜が再生できるようになっているものもありますので、一度聞いてから選んでもいいですね。 本当に好きな曲であれば質の高い有料版を買って、初級からじっくりとマスターすることをおすすめします。 よく知らない曲などはまずは 無料の楽譜からから始めて慣れてきたら有料のものを買ってもいいと思います。 楽譜の画像をクリックするとリンク先で詳細を見ることが出来ます。 もちろんどちらもタブレットで楽譜を見るだけでなく、 印刷やダウンロードが可能です。 IA 曲紹介 Orangestarさんは1997年生まれの若きプロデューサーです。 私より一回り若い方がこんなに活躍しているのを見ると、「年をとったなぁ」と感じてしまいます。。。。 諸事情により2018年現在は活動休止中とのことです。 パーカッション系の音が小さめに抑えられていて、高音が目立つように作られていますね。 MVは非常に美しく、個人的には今回のランキングに入っているなかで最も好きな画です。 春のランキングから4つ順位を落として10位です。 ・・・すごい数ですね。 また、作られたのも2017年ということで、数あるトップボカロソングのなかでもかなり新しい曲です。 カラオケでも、youtubeでも非常に人気の高いこの曲ですが、まだ新しい曲からか楽譜はあまり出回っていません。 無料サイトではもちろんのこと、有料の楽譜サイトさんでもあまり多くありません。 一応数少ない楽譜の中から、完成度の高いものを紹介しています。 個人的にはサビの「nanana・・・」の箇所がとても気に入ってます。 春のランキングから変わらず5位です。 鏡音リン 曲紹介 栄えある1位に輝いたのは、ボーカロイドの「鏡音リン」と作曲者である「みきとP」さんがデュエットしている「ロキ」です。 人間とボーカロイドのデュエットとして初めて成功した曲と言えるのではないでしょうか。 初めて聞いた時は歌詞が呪文のようで意味がわからなかったのですが、それでも歌いたくなるような音程とリズムがすぐにクセになりました。 なんとネット楽譜大手のプリント楽譜さんからも見つかりませんでした。 (見落としてたらすみません) かろうじて、1つだけピアノの無料楽譜を見つけることが出来ましたので紹介します。 春のランキングから変わらず2位です。

次の