うんこ が 白っぽい。 子供の下痢が白っぽい!白いうんちの原因はなに?

子供の下痢が白っぽい!白いうんちの原因はなに?

うんこ が 白っぽい

健康なうんちの特徴• 黄色に近い黄土色 胆汁に含まれている成分によって黄色っぽくなります。 水っぽく柔らかいペースト状 ミルクや母乳を飲んでいるうちは柔らかいうんちをします。 臭いは無臭~少し酸っぱい 腸内のビフィズス菌の影響で臭いはほぼ無臭です。 白いカスやつぶつぶは、余分な脂肪やカルシウム。 健康には問題ありません。 正常なうんちは 黄色に近い黄土色をしています。 これは、胆汁に含まれているビリルビンという成分の影響を受けているから。 ビリルビンには黄色色素が含まれるので、黄色っぽいうんちになるんですよ。 健康なうんちの状態は? 母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんは 柔らかく水っぽいうんちをします。 状態は、柔らかいペースト状。 かぼちゃペーストのようなうんちですね。 初めて見るママは下痢なの?と心配になるような柔らかさですが、問題ありません。 離乳食が始まるまでは柔らかく水っぽいようなうんちが続きますよ。 母乳の方がミルクよりもややゆるく、やや黄色っぽいです。 健康なうんちの臭いは? 生まれたばかりの赤ちゃんのうんちは ほぼ無臭です。 これは、腸内のビフィズス菌の働きによるものです。 生まれたばかりの頃は、腸内をビフィズス菌が9割を占めているため赤ちゃんのうんちは無臭か少し酸っぱいような臭いなんです。 離乳食が始まるとだんだん臭うようになっていきます。 しかし、ミルクや母乳しか飲んでいないのに 腐敗臭がする場合は 腸内の菌のバランスが崩れている可能性があります。 赤ちゃんの機嫌が悪かったり熱があれば、早めに病院に行きましょう。 白いカスやつぶつぶは? 母乳やミルクのころに白いカスや白いつぶつぶが混じることもあります。 これは、 脂肪やカルシウムなどが消化されずに出てきたものです。 まったく心配はありませんので、安心してくださいね。 緑色のうんちは? 黄色っぽいうんちの他に見かける頻度の高い色が 緑色です。 緑色のうんちってびっくりしますが、赤ちゃんの 健康にはまったく問題ありません!安心してくださいね。 赤ちゃんが便秘気味でうんちがお腹の中に長くとどまると、ビリルビンが酸化して緑色になります。 他にも腸内の 細菌の変化やpHの違いなどで緑色になることもあります。 また、黄色いうんちとしてでても、外の空気で酸化して緑色になることもありますよ。 白、黒、赤のうんちは? 赤ちゃんのうんちの色で体調や健康状態を確認できます。 黄色っぽい黄土色や緑色のうんちのときは心配する必要はありません。 ただし、 白や黒、赤いうんちは病気や危険な症状の可能性があります。 ポイント 白、黒、赤のうんちが出た時は早急に対応が必要です。 白っぽいうんち ロタウイルスなどの細菌感染の可能性があります。 胆道閉鎖や胆道狭窄などの先天的な病気の可能性も。 黒いうんち 胃や十二指腸から出血している可能性があります。 胃炎や十二指腸潰瘍の可能性も。 赤いうんち 胃腸炎やサルモネラ菌などの細菌に感染している可能性があります。 腸重積症の危険も。 白、黒、赤のうんちが出た時は速やかに病院で判断を仰ぎましょう。 白っぽいうんち 白いうんちがでたときは、注意が必要です。 黄色いうんちが白っぽいときには問題ありませんが、クリーム色に近いような白さのときには ロタウイルスなどの細菌に感染している可能性があります。 ウィルスに感染している場合、うんちから 酸っぱいような臭いがします。 細菌に感染している場合、 脱水症状や 嘔吐、 高熱などの症状を引き起こしやすいので早めに病院で受診しましょう。 新生児期の真っ白なうんちの場合は 胆道閉鎖や 胆道狭窄の可能性があります。 これは胆管が塞がっていたり、狭かったりする先天的な病気です。 真っ白なうんちが続くときはすぐに病院に行きましょう。 黒いうんち 黒いタール状のうんちがでたときには、 胃や 十二指腸などで 出血している可能性があります。 肛門近くでうんちに混ざる血は赤いですが、 体の上の方の消化器官で出血すると胃酸と反応して黒くなることがあります。 それがうんちと混ざることで黒いうんちが出ます。 赤ちゃんが鼻血を飲み込んだときや、ママの乳首が切れて出た血を飲み込んだときなどにも黒いうんちがでることがあります。 この場合は一回のみ黒くなることが多く、心配はありません。 しかし、黒いうんちが何度も続くときは 胃潰瘍や 十二指腸潰瘍などの症状が疑われます。 速やかに医師に相談しましょう。 赤いうんち トマトを潰したような赤いうんちや いちごジャムのようなうんちが出た時には注意が必要です。 胃腸炎や サルモネラ菌などの細菌によって腸の中が傷つけられて 出血している可能性があります。 また、腸が腸に入り込んでしまう 腸重積症という病気の可能性もあります。 腸重積症はほっておくと入り込んだ腸が腐ってしまうことがあるので、早急に小児科で診断してもらいましょう。 うんちの色は黄色っぽいけれど、赤い血がポツポツと混ざっていることもあります。 これは、肛門近くが傷ついて出血しているためと考えられます。 便秘気味だったり、 水分が少ないとうんちが固くなり、排出時に肛門を傷つけてしまうのです。 その場合は、心配しなくても大丈夫。 ただし、 何度も繰り返し血が混ざる時には別の原因も考えられますので、医師に相談してくださいね。 うんちの色が心配なときは病院へ ポイント• 病院へ行くときはうんちのついたオムツを持参しましょう。 持参するのが難しい場合は、スマホやカメラで撮影しておきましょう。 ウンチの色と合わせて赤ちゃんの状態をチェックしましょう。 機嫌はよいか? 熱はないか? 食欲が普段と変わりないか? ぐったりしていないか? 自己判断せず、心配な場合はお医者さんで相談しましょう。 赤ちゃんのうんちの色で白や赤や黒が続くときには、 うんちのついたオムツを持って病院に行きましょう。 ビニール袋に入れて口をしっかり縛っておけば、臭いも気になりません。 病院に行くまでに時間がかかったりして、すぐに持参できないこともありますよね。 その場合は、 スマホやデジカメなどで写真を撮って病院で相談するとよいでしょう。 赤ちゃんの状態もよく観察しましょう うんちの色によって健康状態をチェックできますが、それだけでは判断できないこともあります。 ですので、うんちの色とともに普段の赤ちゃんの状態もよく観察しましょう。 機嫌はよいか? 熱はないか? 食欲が普段と変わりないか? ぐったりしていないか? うんちの色が健康でも、 赤ちゃんの機嫌が悪くぐずっていたり、ミルクや母乳の飲みが悪いなど普段と違う場合は別の病気も考えられます。 様子がいつもと違うと感じたら、お医者さんに相談しましょう。 うんちの色をよく観察しましょう 赤ちゃんのうんちの色はミルクや母乳、腸内細菌などでさまざまに変化します。 緑色のうんちなんて病気?!と思ってしまいますが健康なので心配いりません。 うんちの色にも個人差があるので赤ちゃんの元気なときのうんちの色をチェックしておくとよいでしょう。 ただし、白、黒、赤いうんちは病気の可能性があるので早急に対応してくださいね。

次の

インフルエンザ様症状, 下痢, 尿の症状, 白っぽい便

うんこ が 白っぽい

うんちやおしっこは体調のバロメーター。 毎日チェックをしていると体調管理に役立てることができるんです。 赤ちゃんも、同じようにオムツ替えのときにチェックしてあげるようにしましょう。 特にチェックしたいのが、うんちやおしっこの色。 白っぽいうんちが出るときは要注意です。 うんちやおしっこは、肝臓で作られた胆汁に含まれる「ビリルビン」という黄色の色素によって黄色や茶色になります。 しかし、なんらかの理由で肝臓で胆汁が作られなかったり、うまく排出されなかったりすると、白っぽいものや灰色のうんちやおしっこが出てきてしまいます。 うんちが白っぽいときは重大な病気が潜んでいる可能性が高く、すぐに病院受診が必要な場合もあります。 うんちが白っぽい原因は? 赤ちゃんが白っぽいうんちをするとき、考えられる原因はいくつかあります。 先天性胆道閉鎖症 生まれつき、もしくは生後間もなく胆汁の通り道である「胆道」が閉鎖してしまう「先天性胆道閉鎖症」によりとで、胆汁が排出されず、うんちが白っぽくなってしまう場合があります。 病気の原因はまだわかっていませんが、ウイルス感染などによって炎症が起き、胆道が閉塞してしまうものが多いと考えられています。 この病気では、生まれて数か月以内に白っぽいものや灰色のうんち、濃い黄色の尿が出たり、皮膚や白目が黄色くなる黄疸が出ることがあります。 胆汁が肝臓に溜まると、脂肪やビタミンの吸収障害や肝硬変などさまざまな症状を合併する危険があるので、すぐに専門医を受診してください。 また、胆石や胆のう炎などの病気で胆汁が排出されずに、うんちが白っぽくなったり、黄疸が出たりすることもあります。 うんちの色の異常や黄疸、腹痛や嘔吐などに気づいたときはすぐに病院を受診しましょう。 ウィルス感染 ウィルス感染によってうんちが白っぽくなる場合は、「ロタウィルス下痢症」などが考えられます。 生後6ヶ月〜2歳ごろまでにかかりやすい病気で、白っぽいものから灰色のうんちになり、激しい下痢や嘔吐、発熱を起こすことがあります。 ロタウイルスによる経口感染で激しい下痢が続くと、胆汁の生成が追いつかずにうんちが白っぽくなってしまいます。 激しい下痢によって、脱水症やお尻かぶれなどを起こすこともあるので、なるべく早く小児科を受診するようにしましょう。 消化不良 消化不良によって、下痢や軟便などに加えて、うんちが白っぽくなる場合があります。 離乳食を始めたタイミングや、食べ過ぎの場合に起こりやすく、食べたものが消化されないままうんちとして出てきてしまうことも。 また、ヨーグルトや牛乳などの乳製品、脂肪分の多い食べ物を摂取した場合にも起こりやすく、脂肪分が多いときは色に加えて脂っぽいうんちが出ることもあります。 乳製品や脂肪分の量を少なめにしたり、乳製品なら直接ではなく調理してから食べさせてあげるようにしてみましょう。 1~2日様子を見ても白いうんちや下痢が続く場合は、小児科を受診してください。 「乳糖不耐症」など乳製品に含まれる「乳糖」を分解しにくい病気や、脂肪分を分解しにくい原因が他にある場合もあります。 病院に行く前に準備したい3つのポイント 1. うんち以外の症状もチェック うんちが白っぽいときに驚いてしまうのは当たり前。 まずは落ち着いて、うんち以外に下記のような症状がないかチェックしてみましょう。 ・下痢や嘔吐 ・発熱 ・腹痛 ・黄疸 ・いつもよりも元気がない ・食欲がない このような症状があるときには、うんちの回数や状態とも一緒に医師に報告できるようにメモをして、すぐに病院を受診しましょう。 このような症状がないときは、消化不良などが原因である可能性もあります。 消化に良い食べ物を摂取するようにして、1~2日様子を見てみてください。 それでも症状が続く場合は病院を受診するようにしましょう。 うんちはオムツごと袋に入れて病院へ持っていく 病院を受診するときに、うんちのついたオムツを病院に持っていくと医師に説明しやすく、診断の助けになることがあります。 その際はビニール袋に入れてしっかり封をして、うんちを触った手はよく洗ってから病院に行くようにしましょう。 しかし、ウイルス性の感染症が疑われる場合は、感染拡大に繋がる可能性もあるのでオムツをそのまま持っていくのは避けましょう。 自分で判断するのは難しいので、事前に病院に連絡をして指示を受けるようにしてください。 写真を撮っておく うんちは時間が経つと変色したり、形が変わってしまうことがあります。 可能ならすぐに写真を撮っておくと、よりスムーズに医師への説明がしやすくなります。 まとめ:赤ちゃんのうんちは毎日チェックしよう.

次の

うんちの色編|赤ちゃん&子育てインフォ

うんこ が 白っぽい

下痢が白っぽい原因は? 下痢が白っぽい原因の多くは ロタウイルスという感染症です。 下痢以外にも、嘔吐、発熱などの症状が出たらロタウイルスに感染している可能性があります。 ロタウイルスの潜伏期間は1日~3日程度あり、感染力が強いです。 症状は3日~7日前後続きます。 特効薬はなく、菌をしっかりと排出しなければなりません。 便には2週間ほど菌がいる場合があるので、症状が落ち着いてきても排便の処理には注意が必要です。 病院に行く目安は? 子供が元気な場合には病院に行くか迷うところですが、 白っぽい便、 血便、 黒い便が見られる場合には早めに受診しましょう。 下痢が続くと脱水症状になってしまうこともあります。 脱水によく見られる症状は以下の通りです。 以下の症状が見られたら注意が必要です。 ぐったりしている• 機嫌が悪い• 尿の回数・量がすくない• 唇が乾燥している スポンサーリンク 消化不良でもうんちは白くなる!? 病気以外でもうんちが白くなる事はあるのでしょうか? 実は 消化不良により便が白くなることがあります。 例えば、脂肪が多いお肉や食べ物を食べすぎると、脂肪分の分解が間に合わないことがあり、その時にもうんちが白っぽくなることがあります。 この場合は、脂肪分が多い食べ物を控えることで元の便に戻ります。 また、乳製品の摂りすぎでも便が白くなることがあります。 乳製品には乳糖という成分が含まれており、これを消化する酵素の消化作用が追い付かないことにより便が白くなるのです。 乳製品は体に良いと言われていますが、摂り過ぎ注意です。 この場合も脂肪の多い食事と同じく、乳製品を控えると正常なうんちに戻ります。 体に良いとされているものもほどほどに、バランスの良い食事をすることが大事ですね! まとめ 子供の健康状態はうんちの色でわかることも多いので、色がいつもと違ったりすると心配になりますよね。 感染症が原因の下痢の場合は他の家族にうつってしまう可能性も高いので、日頃から親子で手洗い・うがいの習慣を身につけておきましましょう。 普段と違う症状が出た場合には、早めに病院を受診できると安心です。

次の