プロパー クレジット。 JCBプラチナの審査基準|落ちる原因は職業・年収?通すコツを解説|金融Lab.

プロパーカードとは?提携カードとの違いやメリット・デメリット

プロパー クレジット

クレジットカードの種類 クレジットカードは大きく分けると「プロパーカード」と「提携カード」の2つに分類されます。 ただし、最近はプロパーという言葉の解釈が変わったせいで、どちらにも分類されるカードが存在します。 項目 主なカード プロパーカード JCBが発行するカード アメリカン・エキスプレスが発行するカード ダイナースクラブが発行するカード プロパーカードとも 提携カードとも 呼ばれているカード 三井住友カード セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス R ・カード アコムACマスターカード 楽天カード 提携カード ANAカード Amazon Mastercard 楽天ANAマイレージクラブカード プロパーカード プロパーカードとは、国際ブランドが直接発行するクレジットカードのことです。 一般的なクレジットカードは発行会社(イシュア)と国際ブランド(アワイクラー)の協力によって作られています。 しかし、 プロパーカードは、JCBやアメリカン・エキスプレスなどの国際ブランドが、カードの発行会社と提携せず直接発行します。 プロパーカードは年会費有料であることが多く、高いステータス性や補償金額の多い旅行保険など、利用者に満足感と安心を与えるサービスが充実しています。 おもなプロパーカードの付帯特典 特典内容 国内・海外旅行傷害保険 国内・海外で病気やケガをした場合、医療費をカード会社が負担する (海外の医療費は高額なため、海外旅行や海外出張、留学の際は海外旅行傷害保険が必須) ショッピング保険 カードを利用して購入した商品が、不慮の事故による破損や盗難などの被害に遭った際、購入代金をカード会社が負担する オンライン不正利用保険 カード番号が流出し、ネットショッピングなどで不正に利用された場合、被害額をカード会社が負担する ポイントプログラム カード利用額に応じて、商品や他社ポイントに交換可能なポイントを獲得できる。 一般的なプロパーカードのポイント還元率は0. 現在、プロパーカードを発行しているのは、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの3ブランドのみです。 VISA、Mastercardなどの国際ブランドはプロパーカードを発行していません。 広い意味でのプロパーカード 最近はプロパーという言葉の解釈に変化があり、やや異なる意味のプロパーカードが存在します。 狭い意味のプロパーカード(厳密な定義)は、前述の3ブランドが直接発行するカードのことですが、 広い意味のプロパーカード(曖昧な定義)とは「カード会社が、国際ブランド以外の第三者的な企業と提携せず発行するカード」のことを指します。 例えば、三井住友カードは、プロパーカードであると解釈されることがあります。 三井住友カードは、発行元の三井住友カード社が、どの第三者的企業とも提携せずに発行しているカードだからです。 対して、ANAカードは、三井住友カードと同じ三井住友カード社が発行するカードですが、プロパーカードと解釈されることはありません。 これは、ANAカードの発行にあたり、三井住友カード社と全日本空輸(ANA)社が提携しているからです。 提携カード 提携カードとは、クレジットカード会社と国際ブランドに加え、第三者的な企業が提携して発行するクレジットカードです。 上記のANAカードやAmazon Mastercardなどは提携カードであるといえます。 広い意味でのプロパーカードのうち、国際ブランドが直接発行するカード以外は全て提携カードであるとも解釈できます。 三井住友カードや、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス R ・カード、アコムACマスターカードなどは、プロパーカードであり提携カードでもあるともいえます。 基本的には 「JCBオリジナルシリーズのカード、アメリカン・エキスプレスカード、ダイナースクラブカード以外は全て提携カード」と考えていただいて結構です。 提携カードは「提携する企業のサービス利用者を増やす」「提携する企業のサービス利用回数を増やす」「提携企業の知名度を上げる」「提携企業が加盟店手数料を得る」ことなどを目的に発行されているため、プロパーカードにはない提携企業独自の特典を付帯しています。 年会費無料もしくは少額のカードも多く、初心者も容易に入手できます。 例えば、楽天カードは「年会費永年無料」「楽天市場の支払いに利用した場合はポイント2倍」などの特典が備わっています。 おもな提携カードの特典は、以下の通りです。 一部の年会費有料カードは、下記特典に加えプロパーカードのように手厚い補償を付帯する場合もあります。 おもな提携カードの付帯特典 特典内容 ポイントプログラム カード利用額に応じて、商品や他社ポイントに交換可能なポイントを獲得できる。 一般的なプロパーカードのマイル還元率は1. プロパーカードは提携カードよりも審査が厳しい プロパーカードは、提携カードに比べ、審査が厳しい傾向にあります。 プロパーカードのメリットである高いステータス性を保持するためです。 例えば、アメリカン・エキスプレスのプロパーカードであるアメリカン・エキスプレス・グリーン・カードの申し込み基準は「日本国内在住していること、満20歳以上であること、定職のあること」です。 未成年の方や、パートやアルバイトで生活するフリーターの方などは、カードに申し込むことができません。 提携カードの審査難易度はカードによって異なる プロパーカードの審査がおおむね厳しいのに対し、提携カードの審査はカードによって差があります。 提携カードの中でも最もステータス性の高いカードのひとつであるSBIワールドマスターカードの申し込み条件は「日本国内の定住所に在住していること、満25歳以上であること、年収500万円以上であること、SBIプラチナカードを持ち、インビテーションを受けていること」です。 対して、同じ提携カードのひとつであるアコムACマスターカードの申し込み条件は「満20歳以上であること、何らかの収入があること」のみです。 フリーターの方はもちろん、日雇いアルバイトやギャンブルなど、一般的なクレジットカードでは安定収入と見なされない職業の方でも申し込みが可能です。 提携カードの審査が有利になる属性 提携カードの種類や申込者の属性によっては、審査基準が大幅に引き下げられる場合があります。 例えば、イオンカードは、収入のない方が申し込んでも審査に通過することができません。 しかし、女性が申込んだ場合は、本人に収入がなくても審査通過する場合があります。 これは、イオンカードが、イオンやマックスバリュなどのスーパーを利用する女性向けに作られているからです。 申込者に十分に支払いを行う信用力がない場合も、イオンやマックスバリュなどの店舗を頻繁に利用する顧客であると判断できた場合は、カードを発行するメリットありとして審査に通過することができます。 提携カードの審査が有利になる利用履歴 提携カードを発行する企業のサービスを利用している方は、その企業の提携カードの審査において優遇される傾向にあります。 例えば、dカードの審査においては、docomoのサービスを利用している方は審査で優遇される傾向にあります。 これは、dカードの発行元がdocomoであるためです。 docomoで優良な利用履歴がある方は、dカードの支払いにおいても遅延なく支払いをすると推測できます。 インビテーション クレジットカードを利用していると、カード利用内容を評価され、カード会社から上位カードのインビテーション(招待状)が届く場合があります。 インビテーションを受け取った方は「ほぼ無審査」「年会費無料」などの優待条件でゴールドカードやプラチナカードなどの上位カードを持つことが可能です。 プロパーカード・提携カード共に、多くの上位カードはインビテーションを受けた方しか発行を申し込むことができません。 そのため、 将来的に「JCB The Class」や「World MasterCard」「三井住友カードプラチナ」などのステータス性が高いカードを持ちたいと思っている方は、インビテーションを受け取ることが重要になります。 ただし、受け取ることが可能なインビテーションは、利用するカードの種類によって異なります。 提携カードを利用してもプロパーカードのインビテーションを受けることはできない 提携カードを利用しても、プロパーカードのインビテーションが届くことはありません。 例えば、アメリカン・エキスプレスの提携カードであるセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス R ・カードをいくら利用しても、プロパーカードであるアメリカン・エキスプレス・プラチナカードのインビテーションが届くことはありません。 上位プロパーカードのインビテーションを受けるためには、下位プロパーカードの利用履歴を積む必要があります。 アメリカン・エキスプレス・プラチナカードのインビテーションが欲しい方は、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを利用しましょう。 プロパーカードのインビテーション受け取るためには、下位カードを積極的に利用する必要があります。 条件はカードによって異なりますが、いずれのカードも最低年間100~500万円程度利用する必要があります。 プロパーカードを利用しても提携カードのインビテーションを受けることはできない プロパーカードを利用して、提携カードのインビテーションを受けることはできません。 上位提携カードのインビテーションを受けるためには、下位提携カードの利用履歴を積む必要があります。 提携カードのインビテーションを受け取る条件は、プロパーカードよりも多岐にわたっています。 プロパーカードと同様に、年間一定額以上カードを利用することが条件のカードがあれば、提携する銀行のローンの利用や、海外キャッシングサービスの利用が条件の場合など様々です。 プロパーカードと提携カードはそれぞれ1枚以上持つ プロパーカードと提携カードは、それぞれ1枚以上持つことをおすすめします。 プロパーカードと提携カードは特典内容が大きく異なるため、それぞれを持つことで、幅広いケースでカードを有効活用することが可能です。 例えば、海外旅行に行く際は、プロパーカードの付帯する海外旅行傷害保険が役に立ちます。 多くのプロパーカードは補償額の大きい海外旅行傷害保険を自動付帯しているため、別途保険会社の提供する海外旅行保険に加入する必要がありません。 また、海外では、ステータス性の高いプロパーカードは身分証代わりになります。 例えば、海外のホテルに宿泊した際、信頼性の高いクレジットカード持っていない方は、高額なデポジット(保証金)を求められることがあります。 対して、提携カードの多くは、支払いに利用した際に得られるポイントが多いことが魅力です。 ポイント還元率の高い提携カードを普段の生活に利用することで、大量にポイントを獲得し、生活費に充当して節約することが可能です。 また、キャッシュバックや割引などの特典を付帯しているカードも多々存在します。 2枚カードを持つことで、窃盗・紛失の被害に遭った際や利用限度額をオーバーした際などのリスクを軽減することも可能です。 それぞれのメリットを理解した上で、複数のカードを使い分けましょう。 おすすめプロパーカード.

次の

出すと恥ずかしいクレジットカードってあるの?クレジットカードとステータス

プロパー クレジット

クリックできる目次• プロパーカードはいらない?2つのデメリットを解説 プロパーカードは役に立たないカードなんてことはありませんし、むしろ一定以上の品質のカードと言えます。 しかし必須のカードではありません。 特にポイ活民にはあまりおすすめできない理由が2つあります。 年会費が高い プロパーカードで年会費無料はほとんどありません。 一般ランクでも大体2,000円以上の年会費が発生し、ゴールド以上になると1万円を超えます。 他のカードと比べて 全体的にやや高いです。 ポイント還元率が低い プロパーカードはポイント還元率が0. しかもゴールドなどの上位カードを選んでもポイント還元率が同じであることも少なくありません。 そのためポイントではなく保険や保証を手厚くしています。 それぞれ解説していきます。 プラチナ以上の上位カードのインビテーションを狙える 有名なプロパーカードの例としてJCBカードが挙げられます。 JCBカードはGOLD EXTAGEからGOLD、そこからGOLD THE PREMIER、そしてTHE CLASSと、利用していく中で上位カードへランクアップしていきます。 これらは インビテーション(招待状)が届いて、それを受けて入会する形で入手可能です。 中には直接申し込みできるものもありますが、インビテーションを受けて審査を受ける方が優遇されます。 こういった形式はプロパーカード以外ではほとんどありません。 優待サービスが比較的豪華 プロパーカードのデメリットとして、ポイント還元率と年会費を挙げました。 「年会費をとるのにポイントで還元してくれないなんてケチだ!!」 そう思った人もいるかもしれませんが、 プロパーカードの場合は還元をポイントより優待サービスで行っています。 そのため提携カードに比べて、豪華な優待サービスや保険を提供していることが多いです。 この傾向は上位カードになるほど顕著に表れます。 ステータスが高い プロパーカードはやはりステータス性が高いです。 例えば楽天プレミアムカードとJCB GOLDだったら、カードランクも年会費も同格なのに、ステータスは圧倒的にJCB GOLDが上です。 若い内はステータスなんて気にしなくても良いですが、30代以上の方はやはり少しは意識しておきたいものですね。 提携終了に伴うサービス打ち切りがない これはおまけ程度に思ってほしいメリットです。 提携カードだと何かの都合で提携が終了し、カードが利用できなくなる可能性があります。 プロパーカードであれば倒産でもしない限りそれはありません。 各国際ブランドのプロパーカードのメリット 先ほど紹介したメリット4つは、プロパーカード全体に言えることです。 なので今度はブランド別にプロパーカードのメリットを見ていきましょう。 アメックスのプロパーカードのメリット アメックスは ステータスの高さと無制限の限度額が魅力です。 年会費は高いですが、預けたデポジット分は無制限でカードを切れるというのは他にないメリットです。 ステータスが高いカードの代表格はアメックスですし、知名度も文句なく高いです。 プロパーカードの中では1番年会費が安く、提携カードとも大差ありません。 そして唯一の日本国内ブランドなので、日本で活躍する特典が多いです。 ただし他のプロパーカードに比べたらステータスはあまり高くないので注意してください。 ちなみにJCBカードの中でもプロパーカードには「JCBオリジナルシリーズ」という名称がついています。 ダイナースクラブのプロパーカードのメリット 日本だと知っている人も少ないかもしれませんが、ダイナースクラブと言えば富裕層御用達のクレジットカードです。 アメックスと並んでステータスの高いクレジットカードでもあります。 また良くも悪くもアメックスほどは普及していないので、 持っていると一目置かれやすい"通"なカードでもありますね。 またプロパーカードにしては珍しく、ポイント還元率も高めです。 例えば楽天カードであれば 「楽天カード株式会社」と「株式会社ジェーシービー(JCB)」 「楽天カード株式会社」と「ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(VISA)」 などといった具合です。 カード会社単体でカードを作っても、お店で使うことはできず、国際ブランドと提携することで色々なお店で使えるようになります。 プロパーカードの場合 プロパーカードの場合、提携がありません。 なぜなら国際ブランド会社がカードを発行するからです。 なので例えばJCBのプロパーカードであれば、JCB加盟店であれば当然利用できます。 むしろ発行しているのは3社だけで、 JCB・American Express・ダイナースクラブだけです。 他のブランド会社も発行しようとすればできますが、今の所、発行予定はなさそうです。 三井住友VISAカードはVISAのプロパーカードではない たまに誤解している人がいますが、 三井住友VISAカードはプロパーカードではありません。 三井住友とVISAは別会社ですからね。 ただしこの2社には強いつながりがあることもあり、プロパーカードのように思われています。 プロパーカードに絶対的な必要性はない 提携カードとプロパーカードの2種類があるのは、私たち利用者に特別な意味があるのではなく、言ってしまえばカード業界の都合でしかありません。 なのであまり気にしなくてOKです。 持っていても持っていなくても、そんなに大きな損得はありません。 提携カードとの2枚持ちが賢い使い方 絶対的な必要性はありませんが、提携カードとプロパーカードでは長所や短所が違うので 両方持っておくのがおすすめです。 例えば普段使いはポイント還元率の高い提携カード、人に見られる場で使うのはプロパーカードといった使い分けは賢いですね。 プロパーカード同士での2枚持ちは基本NG 1つのブランド会社のプロパーカードを2枚持つことは基本的にできません。 例えば「JCBのプロパーカードとアメックスのプロパーカードを1枚ずつ」ならOK。 ただし例外的に2枚持てるケースもあることはあるので、申し込み時に公式HPの記載を確認してみましょう。 プロパーカードの審査 クレジットカードの審査基準はカードごとに決まっています。 なので「プロパーカードの審査」とひとくくりにするのも良くないですが、似た傾向はあるのでその点だけ解説します。 審査難易度は高い 提携カードと違って「審査は余裕・楽勝」といったプロパーカードはほぼありません。 一般ランクを含め、全体的に審査が厳しめです。 特に上位カードの審査難易度は高いので要注意です。 利用実績を重視されやすい 自社プロパーカードの利用実績を重視した審査が行われます。 支払いの滞納経験がある等は論外ですが、毎月毎月問題なく利用し続けている実績があれば高く評価され、審査を有利に進められます。 なのでいずれゴールド以上のプロパーカードがほしいという人は、なるべく早くからそのブランドの一般ランクカードを使っておきましょう。 審査に時間がかかりやすい 提携カードの中には最短数分で審査が終わるようなものもあります。 しかしプロパーカードはどれも公式HPを見る限り最短3日程度は必要です。 厳し目の審査なので、時間もかかってしまうようですね。 デメリット• メリット• 必ず持つべきものでもありませんが、提携カードにはない魅力があるのも事実です。 上位カードに興味がある人は早めに一般カードを手に入れておきましょう。

次の

プロパーカードと提携カードはどちらがお得?特徴の違いやメリット比較

プロパー クレジット

クレジットカードについて調べていると、 「国際ブランド」「カード発行会社」「提携会社」「加盟店」といった言葉を目にすることが多いはずだ。 これらの言葉は、クレジットカードの仕組みを理解する上で欠かせない。 仕組みを理解していなくてもクレジットカードを使うことはできるが、知識があったほうがより自分に合ったクレジットカードを選び、使うことができるのではないだろうか。 本記事では、クレジットカードに関してよく目にする上記の言葉について、それぞれの意味や仕組みを解説していく。 国際ブランドは、7大ブランドと呼ばれる7つがあり、特に 5大ブランドと呼ばれる VISA/Mater Card/American Express/JCB/Dinners Clubはなじみのあるものだ。 簡単に説明すると、これらの国際ブランドは クレジットカードの決済機能を提供している。 そして、 国際ブランドと契約を結んでカードを発行しているのがカード発行会社、 カード発行会社と契約して自社のカードを発行しているのが提携会社となる。 この中で、カード発行会社もしくは国際ブランドが直接発行しているカードが、 プロパーカードと呼ばれる。 また、国際ブランドと契約している 加盟店で、その国際ブランドのカードを使うことができる。 以上のような仕組みについて、記事中でさらに詳しく解説する。 他にも知っておきたい言葉なども紹介するので、ぜひチェックしてほしい。 ・ 国際ブランド/カード発行会社/提携会社の違い 国際ブランドとは クレジットカードで支払いをすることができるのは、その店舗が国際ブランドの 加盟店になっているからである。 国際ブランドは 「クレジットカードで支払うをすることができる機能(=決済機能)」を世界的に提供しているのだ。 国際ブランドには以下の7つがあり、 7大ブランドと呼ばれる。 7つのうち、特に世界的に普及している VISA/Mater Card/American Express/JCB/Dinners Clubを 5大ブランドと言う。 ・VISA(ビザ) ・Master Card(マスターカード) ・American Express(アメリカンエキスプレス) ・JCB(ジェーシービー) ・Dinners Club(ダイナースクラブ) ・Discover(ディスカバー) ・銀聯(ギンレン) 7大ブランドのうちVISA、Master Card、American Express、Diners Club、Discoverの5つは米国ブランドである。 JCBは唯一の日本ブランドで、銀聯は中国ブランドだ。 そして、カード発行会社は 国際ブランドとライセンス契約を結び、そのブランドのクレジットカードを発行する。 例外はあるものの、国際ブランドはあくまで決済機能を提供しており、実際のカード発行はカード発行会社が行っているのだ。 日本のカード発行会社には以下のような代表的な会社がある。 三菱UFJニコス株式会社• 三井住友カード株式会社• 株式会社ジェーシービー• 株式会社オリエントコーポレーション• 株式会社クレディセゾン• 株式会社セディナ 株式会社ジェーシービーは国際ブランドで紹介した「JCB」ブランドのカード発行会社である。 また、オリエントコーポレーションは 「オリコ」の名称で広く知られており、みずほ銀行系列のカード発行会社だ。 例えば、以下のカードを見てみよう。 ・Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) このカードの国際ブランドとカード発行会社は、それぞれ以下となる。 国際ブランド:Master Card• カード発行会社:株式会社オリエントコーポレーション 提携会社 提携会社とは カード発行会社を通して、自社のクレジットカードを発行している会社のことだ。 また、提携会社が関係しているクレジットカードを 「提携カード」と呼ぶ。 そもそも、クレジットカードの発行は、国際ブランドとライセンス契約を結んでいるカード発行会社以外には行うことができない仕組みになっている。 しかし、自社のサービスに特化したクレジットカードを発行したいと考える企業も多く、その場合にカード発行会社と提携することでクレジットカードの発行を可能にするのだ。 提携先の企業としては以下が代表的だ。 コンビニ(ファミリーマート、セブンイレブン など)• ショッピングセンター(イオン、パルコ など)• 家電量販店(ヤマダ電機、ビックカメラ など)• 航空系会社(ANA、JAL など)• 石油系会社(ENEOS、出光 など) 例えば、以下のカードを見てみよう。 ・出光カード このカードの国際ブランド、カード発行会社、提携会社は、それぞれ以下となる。 国際ブランド:JCB• カード発行会社:株式会社クレディセゾン• 提携会社:出光興産株式会社 プロパーカードとは プロパーカードとは 国際ブランドが直接発行しているクレジットカードのことだ。 ある意味、例外的なクレジットカードと言える。 プロパーカードを発行しているのは以下の3ブランドのみ。 ・American Express ・Diners Club ・JCB VISA、Master Card、Discover、銀聯は決済機能のみを提供しており、現在のところクレジットカードの発行は行っていない。 広義のプロパーカード 最近の日本ではカード発行会社が発行しているクレジットカードもプロパーカードと呼ぶことがある。 つまり、 提携カードの反対の意味としてプロパーカードという言葉を使うことがあるのだ。 例えば、以下のようなカードだ。 クレジットカードの関連サイトや雑誌ではこの表現がよく使われるため、どちらの意味で使用しているのかを見極める必要がある。 加盟店と加盟店管理会社 加盟店とは 加盟店とは 国際ブランドと加盟店契約を結んでいる店舗のことだ。 加盟店契約を結んでいる場合は、 そのブランドロゴが店舗のどこかに表示されているはずだ。 例えば、店舗でVISAとJCBのロゴが表示されていたら、VISAブランドとJCBブランドのカードが利用できるということになる。 日本ではカード発行会社と加盟店管理会社が同一のことが多く、海外では分かれていることが多い。 ちなみに、海外における加盟店管理会社は、そのほとんどが銀行である。 さらに、唯一の日本発の国際ブランドである JCBは、国際ブランド、カード発行会社、加盟店管理会社の側面をすべてあわせ持っているという、とても特徴的なブランドだ。 その他の関連会社 これまで紹介してきたクレジットカードに関連する主要な会社の他に、以下のような会社も存在する。 決済代行会社:加盟店管理会社と加盟店の間に入り、加盟店契約を仲介する会社• 債権管理回収会社:カード発行会社が回収できなかった債権を買取や委託によって代理で回収する会社 あまり聞きなれない言葉かもしれないが、クレジットカードの仕組みを影で支えている会社があることもぜひ知っておいてほしい。 仕組みが分かると安心 今回紹介したようなクレジットカードに関する仕組みを知らなくても、クレジットカードを使うことはできる。 しかし、こういった知識があるほうが、カードを選ぶ際に視野が広がり、自分により適したカードを選びやすくなる。 知識がないと、カードの説明や関連メディアの情報を見ても分からない部分が多いはずだ。 どの国際ブランドを選ぶかで加盟店の数は変わるし、カード会社や提携会社によって、カードの特徴や機能が異なる。 ステータス性という点でも、どの国際ブランド、カード会社、提携会社を選ぶかは重要だ。 また、仕組みを分からずに使っているよりも、仕組みを理解して使った方が安心してカードを使えるのではないだろうか。 ぜひ、今回紹介した知識を活かしてほしい。

次の