生理 痛 緩和 方法。 【医師が解説】生理痛を和らげる食べ物は?

生理痛が悪化する食べ物や飲み物がある?緩和する食べ物や飲み物は?

生理 痛 緩和 方法

スポンサーリンク 生理痛を緩和したいとき仕事中にできる方法は? 生理痛を緩和する方法で、会社で仕事をしているときでもできる方法は限られていますね。 私が試して効果があったのは、お腹を温めることです。 仕事中ではなく学生時代の話なんですけど、たしか部活中に急にお腹が痛くなってしまったことがあって。 保健室で先生がお湯を入れたペットボトルをタオルにくるんで渡してくれました。 半信半疑でしばらくペットボトルをお腹に当てていると不思議と生理痛がおさまったので、それ以来は必ずお腹を温めるようにしています。 オフィスだと、カイロを持ち歩いている場合はいいのですが、そうでないときは会社の自販機で温かい飲み物を買います。 缶コーヒーなどは熱いくらい温かいので、下着か洋服の上から当てています。 人目につかない更衣室やトイレでやっています それか、時間はかかりますが自分の手を当ててさすって温める方法もあります。 最初はひんやりしているお腹もしばらくさすっているとじんわりと熱を持ってくるので、落ち着いてきます。 カイロはコンビニでも売っているので、会社の近くにコンビニがあれば少し抜け出して行くのも手です。 女性の同僚がいれば、「今ちょっと月のものが来ててつらいから、コンビニにカイロ買いに行かせてもらえるかな?」とたずねてみましょう。 私の会社では仕事さえ終わっていれば好きに抜け出せるので楽な環境ですが、繁忙期は息つく暇もないくらい忙しいので、ポケットinカイロですが。 運よく「そんなにひどいの!? 早退しなくて大丈夫?」と言ってもらえればラッキーなのですが 笑 また、お腹が痛いときは腰の血行をよくするためにストレッチをするのも効果的です。 会社や出先のトイレや更衣室でできるストレッチは、立ったまま上半身を前に折るストレッチでしょうか。 手を足まで届かせるやつです お腹をさすりながらストレッチをすると二重に効果があるので、試してみてくださいね。 生理痛緩和で薬以外の方法で効果があるものは? 生理痛を緩和するために薬以外で効果があるのは、やはり温めることですね。 上で紹介したものの他にもお腹に腹巻きをしたり、腰を温めるために毛糸のパンツをはいたりすると痛みが起きにくくなります。 今すぐできる方法ではありませんが、生理痛を軽くするには低用量ピルを飲む方法が私には効果がありました。 以前、あまりにも腹痛がひどくて仕事を休んでしまったことがあって、それで一度病院へ行ってみました。 病院でピルを処方されて数か月飲んでいたらなんだか生理痛が軽くなったように思いました。 飲み始めてから数年ほどたちますが、その間仕事を休んだことは一度もありません。 個人差はありますが、一度病院で相談してみるのも手です。 もしかしたら子宮内膜症など病気の可能性もあるので、病気の場合は治療ができれば少しは楽になる可能性もあります。 もちろん、病気の場合は処方された薬をしっかり飲んでくださいね また、私は試してないんですけど、布ナプキンを使うと冷えにくくなって生理痛が緩和されるとのことです。 紙ナプキンだと肌に当たる面が冷えてしまうんですが、布ナプキンだと体温がじわっと伝わって自然に温まるとのことです。

次の

医師が教える生理痛を和らげる6つの方法 [オトナ女子の不調・カラダの悩み

生理 痛 緩和 方法

生理痛の原因にもなる冷えや血行不良。 つらい生理痛緩和のためにできることから対策しましょう 生理痛がひどくて日常生活に支障をきたす状態を「月経困難症」と言います。 子宮内膜症や子宮筋腫など何らかの病気が背景にある「器質性月経困難症」と、冷えや血行不良から痛みがひどくなる「機能性月経困難症」に分類され、生理痛がつらい方の7割は機能性月経困難症です。 機能性月経困難症の場合は、原因となっている冷えや血行不良を改善させることも症状の緩和につながるため、薬での「治療」以外にも生活改善が大切になってきます。 日常生活の中でできることから、上手に対策していきましょう。 足元や腰回りを冷やさないような服装を心がけ、毎日湯船に30分くらいゆっくりつかるようにしましょう。 入浴時に血行を良くするバスソルトやアロマオイルを活用するとなお効果的。 冬場の体が冷えやすい時期は、入浴時以外にも足浴などで足元だけを温めるのもおすすめです。 良質なたんぱく質をきちんと摂取して、適度な運動をすることで、筋肉量を保ち血行を良くすることが可能です。 すぐには効果がでにくいかもしれませんが、根本的な冷え対策として、ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を毎日行う習慣をつけるといいでしょう。 冷えの自覚がある場合、これらの食品はできるだけ避けるようにしましょう。 特に白い砂糖は非常に体を冷やしますので、生理の時期だけでも甘い物は完全に除去することをお勧めします。 逆に体を温める食べ物は、玄米や黒糖などの精製されていないものや発酵食品、土の中にできる根菜類や、寒い地方・時期にとれる食材です。 生姜は体を温める食材の代表例ですので、毎日の料理に活用したり、コーヒーの代わりに生姜湯を飲むなど、積極的に摂るといいでしょう。 「お血」の状態になっていると、目の下にクマができやすかったり唇や舌の色が黒ずんでいたり足の静脈が浮き出ていたりします。 「お血」は生理痛や生理不順の原因になりますので、お血を改善することも大切です。 ジャンクフードやいわゆるカタカナ食品(バターやチョコレートなど)はお血の原因となりますので、できるだけこれらの食品を避けることをお勧めします。 お血がひどい場合は、駆お血剤である漢方を試してみるのもいいでしょう。 生理痛の原因となるだけでなく、卵巣の働きそのものにも悪影響を及ぼしますので、ただちに禁煙しましょう。 できるだけリラックスする時間を作り、ストレスフルな状態が続かないようにリセットを心がけましょう。

次の

辛い生理痛・・・温めるべき場所はココ!

生理 痛 緩和 方法

生理直前や生理中、腹痛に加えて腰痛に悩まされることがあるのではないでしょうか。 その原因には「 プロスタグランジン」という物質が深く関係しています。 プロスタグランジンは、子宮収縮を促して経血の排出をスムーズにしてくれるホルモンですが、血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。 また、女性はストレスを感じると自律神経に影響を受けやすく、生理不順や生理痛に悩まされることが少なくありません。 加えて、冷え症やストレス、ホルモンバランスの乱れなども無視できません。 これらによる骨盤内うっ血も生理中の腰痛に影響を与えているのです。 とくに、長年の冷えから腎臓や消化器に負担がかかっていると、腰痛につながります。 生理痛や腰痛は、血液の流れが滞っているというシグナル。 日頃から冷え対策やストレス解消を心がけましょう。 腰痛を緩和する方法 ホルモンバランスの正常化にとって、ストレスは天敵です。 そのため、仕事とプライベートの兼ね合いを大切にしたり、余暇や趣味を楽しんだり、リラックスする時間を持つことが大切です。 たとえば、仕事の合間や通勤途中に、深い呼吸を取り入れてみるのもおすすめ。 息をゆっくりと吐くことで副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整えられ、内臓や汗腺の働きの正常化にも有効です。 また、 骨盤の開放をスムーズにするためのエクササイズや、骨盤と連動する胸部(肋骨から脇腹まで)をやわらかくするマッサージといったセルフケアを習慣づけるのもいいでしょう。 中には、子宮や卵巣、骨盤や内臓などに問題があって引き起こされる痛みもありますので、日常生活に支障が出るほどの痛みがある場合は早めに婦人科を受診してください。 他の症状も見てみる.

次の