フィギュア スケート ジュニア グランプリ シリーズ。 横井ゆは菜(よこいゆはな)のかわいいツイッター・インスタ画像まとめ(フィギュアスケート)

【RingOnIce】2020年06月フィギュアスケートテレビ放送予定

フィギュア スケート ジュニア グランプリ シリーズ

ジュニアグランプリシリーズ2019、鍵山優真・佐藤駿がともに初戦で優勝! 9月のジュニアグランプリシリーズでは初戦で鍵山優真選手が ジュニア世界最高得点で初優勝! 鍵山優真 選手がフリーで4回転トウループを2本成功!ジュニア世界最高得点でGPシリーズ初優勝を果たしました。 26💡 を跳んで154. 26点 SPフリーともに1位の合計234. 87点で2位Rakic CAN に34. 16点差の圧勝でした 日本男子のJrGP優勝は17年の 以来 — Masashi INOUE 井上将志 kyodonewsports つづく第2戦のアメリカ大会、佐藤駿選手が優勝! 第2戦アメリカ大会、男子は 選手がフリーで4回転トウループを成功!開幕戦の 選手に続いて見事優勝を飾りました。 この試合の模様は にて、9月22日(日)深夜1時から放送!ぜひご覧ください!! — テレビ朝日 フィギュアスケート figureskate5ch 関東の男子ジュニアはめちゃくちゃハイレベルで、これからが楽しみすぎますね。 ジュニアグランプリファイナル男子結果!佐藤駿 、ジュニア世界最高得点で優勝! 優勝!佐藤駿 FS 177. 86 total 255. 11 4位 鍵山優真 FS 155. 90 total 227. 09 佐藤選手、大技4回転ルッツを決めました!ほかのジャンプもミスなく素晴らしい演技でした! 終わった瞬間、おおきなガッツポーズ!技術点が98点を越しています!これはシニアでもトップレベル! キス&クライでは祈るように得点を待っていました。 フリーのジュニア世界最高得点です!やりました。 コーチも喜びを爆発させています。 総合でもジュニア世界最高得点を、ジュニアグランプリファイナルで出しました。 全日本ジュニアの涙、無念をここで晴らせましたね。 おめでとうございます! 4回転ルッツはきれいに決まって、GOE(出来栄え点)が2. 96点です。 日本人として、4回転ルッツを決めたのは、尊敬する羽生選手に続いて2人目。 4回転トゥループ+3回転のコンビネーションジャンプ、4回転トゥループも美しく決めました。 まったくマイナスのないきれいなプロトコル(採点詳細)です! 同郷で同じリンクの先輩でもある羽生選手からも優勝を讃えられています。 トリノでおこなわれたグランプリファイナルに出場していた羽生選手とおなじリンクで試合ができたこと、とても嬉しかったでしょうね。 鍵山優真、ジュニア世界最高得点!コーチは父、ふたりで夢を叶えるために 鍵山優真がジュニア世界最高得点251. 01点を出した! 11月の全日本ジュニアフィギュアスケート選手権で鍵山優真(かぎやまゆうま)選手は、会心の演技、ジュニア世界最高得点(ISU非公認)で優勝しました。 この試合は、ISU(国際スケート連盟)公認試合ではないため、参考記録となりますが、すごい! ちなみに、公認記録でも現在、鍵山選手は世界2位の得点をフランス大会(234. 87点)で出しています! 武器は表現力と高いスケーティング技術。 鍵山優真、めざすはオリンピック表彰台! ジュニアグランプリシリーズ2試合で、最高得点を得ている鍵山選手。 その目線の先にあるのは、北京オリンピック! 「父はオリンピックで表彰台に登れなかったので、僕が目標達成したい」と力強くかたります。 佐藤選手のところで紹介した番組では、9月のジュニアグランプリシリーズでは初戦で鍵山優真選手がジュニア世界最高得点で初優勝したときの記事もあります。 こちらもどうそ。 鍵山優真・佐藤駿、全日本ジュニアの結果は、1・2位フィニッシュ ノービス時代は、佐藤選手がノービス選手権4連覇を達成していましたが、今シーズンは鍵山選手を追いかける展開が続いています。 鍵山選手はジュニアにあがった今シーズン、取り入れた4回転トゥループは失敗ゼロを続け、成績を伸ばしています。 全日本ジュニアフィギュアスケート選手権、男子ショートプログラム、鍵山選手の得点は79. 92点でショート1位。 つづいて佐藤選手は74. 19点で3位。 全日本Jr. フィギュアスケート選手権、男子フリー、鍵山選手の演技。 得点は171. 09、総合得点は251. 01点。 全日本Jr. フィギュアスケート選手権、男子フリー、佐藤選手の演技。 得点は139. 01、総合得点は213. 20点。 4回転ルッツに挑戦しましたが、成功できず、悔しい2位でした。 全日本ジュニアフィギュアスケート選手権の試合後の表彰台でならぶふたり。 〈全日本ジュニア〉男子表彰式の模様です。 おめでとうございます! 1 星槎国際高等学校横浜)251. 01 2 (埼玉栄高校)213. 20 3 (綾羽高校スケート部)194. 次の舞台はジュニアグランプリファイナル。 いよいよジュニアの世界最高峰をめざして対戦です! 佐藤駿・鍵山優真、ジュニア史上最高峰のライバル対決 佐藤選手はインタビューで「とても良い刺激になっているのでこれからもふたり一緒に頑張っていきたいと思っています」などと語り、鍵山選手は「いろんな意味で重いです」などと語っています。 明るく踊りまくる鍵山選手に対して、寡黙で職人のように4回転ジャンプを飛ぶ佐藤選手、ふたりのキャラクターも正反対。 同級生同士のライバル対決は、表彰台の高みで切磋琢磨する2人の関係はこれからもずっと続いていくことでしょう。 全日本選手権へ男子シングルの推薦出場選手として決まったのは、鍵山優真・佐藤駿 選手をふくめて6名です。 このふたりなら、いきなりシニアで表彰台に上がるかも!?活躍が楽しみですね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

1998/1999 ISUジュニアグランプリシリーズ

フィギュア スケート ジュニア グランプリ シリーズ

*と共同開催になります。 ISUジュニアグランプリファイナル2019 日程 日時 現地時間 日本時間 種目 滑走時間表 12月5日 木 15:30 23:30 Jr. 男子シングルSP 16:35 翌00:35 Jr. ペアSP 17:50 翌01:50 Jr. 女子シングルSP 19:50 翌03:50 ペアSP 21:10 翌05:10 男子シングルSP 12月6日 金 15:00 23:00 Jr. アイスダンスRD 16:20 翌00:20 Jr. 女子シングルFS 18:30 翌02:30 アイスダンスRD 19:50 翌03:50 女子シングルSP 20:55 翌04:55 ペアFS 12月7日 土 13:00 21:00 男子シングルFS 14:20 22:20 Jr. ペアFS 15:45 23:45 Jr. 男子FS 18:00 翌02:00 Jr. 02 138. 45 207. 19 133. 46 204. 15 130. 22 200. 40 126. 17 195. 39 128. 99 194. 07 116. 30 184. 25 177. 86 255. 45 159. 03 241. 75 152. 44 230. 19 155. 90 227. 16 140. 46 212. 95 123. 71 195. 80 116. 43 185. 90 119. 47 184. 64 113. 04 179. 89 114. 67 178. 67 107. 86 172. 47 99. 75 159. 76 106. 14 174. 72 106. 02 174. 21 98. 01 164. 07 97. 96 163. 84 93. 42 156. 89 92. 32 152. コメント内容の信憑性や真意やトラブル等、管理者は責任を負いません。 コメント欄は誰にでもすぐに書き込め反映されるシステムになっています。 時には意図しない内容のコメントも第三者によって投稿されることもあることをあらかじめご承知おき下さい。 マナー、ルール、モラル、ネチケットを守って利用ください。 管理者が不適切と判断した場合、予告なく削除します。 ハンドルネームは、一記事に対して複数使用しないようにお願いします。 これらの行為に当てはまるコメントへ相手をした場合は、基本的に荒らし書き込みとともに削除します。 荒らし・煽り又は禁止事項に接触するコメントを見つけた場合、掲示板のよりURL(アドレス)・コメント番号・投稿日時等を明記してご報告ください。 内容を確認した上で、削除等など処置をいたしますのでご協力ください。 触法行為.

次の

2020

フィギュア スケート ジュニア グランプリ シリーズ

概要 [ ] 国際スケート連盟 ISU の定義するジュニアクラスのため世界選手権シリーズで、決勝大会を除き1選手につき2大会まで出場できる。 シリーズ各大会の成績上位者が決勝大会であるへ進む。 男子、女子シングル、、アイスダンス競技が行われる。 ISUが定めるジュニアクラスを対象とした世界選手権には、1975-1976年シーズンからも行われている。 歴史 [ ] 1997-1998年シーズンに6つの国際大会の成績上位者が決勝大会へ進むジュニアクラスのための ISUジュニアシリーズ(ISU Junior Series)が創設された。 翌1998-1999年シーズンより開催規模を拡大し、決勝大会を含め計9大会での開催となり、 ISUジュニアグランプリシリーズ(ISU Junior Grand Prix)と名称が改められた。 翌1999-2000年シーズンからは、シリーズを構成する大会が毎年変わるようになった。 ペア競技の参加者減少により、2006-2007年シーズンから一部大会でのみのペア競技開催となった。 2009-2010シーズンからは規模を縮小し7大会での開催となった。 出場資格 [ ] 各国・地域に対し、過年度シーズンのの結果に基づき出場枠が与えられ、出場選手は各国・地域の統括団体が決定する。 に出場する選手は当ISUジュニアグランプリに出場できない。 ISUジュニアグランプリファイナル [ ] 各大会の成績をポイント化し、総合ポイント上位6名(組)がと呼ばれる決勝大会に出場することができる。 このISUジュニアグランプリファイナルは、ジュニアクラスの国際大会としてはに次ぐ大会とされている。 [ ] ISUジュニアグランプリファイナルは、2008-2009年シーズンからと同時開催されている。 開催時期 [ ] 1997-1998年シーズンに創設されたISUジュニアシリーズでは、第1戦から第6戦までは1997年8月から11月にかけて行なわれ、ISUジュニアシリーズファイナルは翌1998年3月に実施された。 1998-1999年シーズンの開催日程も第1戦から第8戦までを1998年8月から11月にかけて行い、翌1999年3月にISUジュニアグランプリファイナルが行なわれたが、1999-2000年シーズン以降は、8月ころにスタートし12月のISUジュニアグランプリファイナルで終了する日程となった。 競技結果 [ ].

次の