ソード アート オンライン アリシ ゼーション アンダー ワールド。 「ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス」で楽しめるフィールドワークやキャラクターエピソードを紹介!

『ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO 3期)』登場人物まとめ

ソード アート オンライン アリシ ゼーション アンダー ワールド

送料無料! PS4 R 用ソフト『ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス』初回限定生産版に、電撃屋限定特典が付いた電撃スペシャルパックが登場! 今作の電撃スペシャルパックではグッズセット2種からお選びいただけます! それぞれのグッズイラストは、順次公開予定。 続報をお待ちください。 アンダーワールド エディションにはabec氏描き下ろしイラストを使用したグッズが付属 abec氏が描き下ろすキリト・ユージオ・アリス・アスナのかわいいSD姿のアクキーをセットでお届けします。 もちろん早期購入特典も付属します。 ご了承ください。 あらかじめご了承ください。 描きおろし限定版収納BOX 2. スペシャルコンテンツBlu-rayディスク 4. オリジナルサウンドトラックCD 5. オリジナルドラマCD 6. ドラマCD用台本 7. 限定版用パッケージ 8. 特別小冊子(電撃NerveGear Vol. 実際に付属するものではございません。 プロダクトコードをご利用いただくには、ゲーム機本体をインターネットに接続する環境と、PlayStation TM Networkのアカウントが必要です。 SAOコインは発売日より使用可能となります。 SAOコインの有効期間は入手から90日間です。 有効期間はゲーム内で確認できます。 実際の製品とは異なる場合があります。 予めご了承ください。 sao-game. 今後変更される可能性があります。 発表後、予告なしに内容が変更されることがあります。 Xbox One、Steam版のお取扱いはありません。 販売時期、販売アイテム、価格は未定です。

次の

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld

ソード アート オンライン アリシ ゼーション アンダー ワールド

《最終負荷実験》という名の、アンダーワールド全土を巻き込んだ人界軍と闇の軍勢の戦争。 戦局は、《光の巫女》アリスの奪取を目論む《ダークテリトリー》軍ガブリエル一派と、アンダーワールドを守ろうとする《人界》軍アスナたちとの戦いへと様相を変えつつあった。 未だキリトが精神世界の奥深くで眠り続ける中、《闇神ベクタ》ことガブリエルは、現実世界から幾万もの米国プレイヤーたちをログインさせ、《人界》軍の一挙殲滅を狙う。 対するアスナたちは、アンダーワールド創世の神の名を冠する3つのスーパーアカウントで抗戦する。 《創世神ステイシア》のスーパーアカウントを得たアスナは、《人界》軍とともに米国プレイヤーと死闘を繰り広げ、《太陽神ソルス》のスーパーアカウントを得たシノンは、アリスを拉致したガブリエルを追う。 そして、《地神テラリア》のスーパーアカウントを得たリーファも、アンダーワールドへとたどり着く。 それだけではない。 リズベットの気迫こもった檄に応じた《ALO》のプレイヤーたちが、鍛えあげたキャラクターをコンバートし、《人界》軍側へ参戦する! この大戦はアンダーワールドの存続だけではない。 究極のAIであるボトムアップ型人工知能、さらには人類の未来をかけた戦いでもある。 《アリシゼーション》編 、ここに完結! 原作:川原 礫(「電撃文庫」刊) 原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec 監督:小野 学 助監督:佐久間貴史 キャラクターデザイン:足立慎吾 鈴木 豪 西口智也 山本由美子 戸谷賢都 総作画監督:鈴木 豪 山本由美子 戸谷賢都 プロップデザイン:早川麻美 伊藤公規 モンスターデザイン:河野敏弥 アクション作画監督:菅野芳弘 美術監督:小川友佳子 渡辺佳人 美術設定:森岡賢一 谷内優穂 色彩設計:中野尚美 撮影監督:脇 顯太朗 林 賢太 モーショングラフィックス:大城丈宗 CG監督:雲藤隆太 編集:近藤勇二 音響監督:岩浪美和 効果:小山恭正 音響制作:ソニルード 音楽:梶浦由記 プロデュース:EGG FIRM ストレートエッジ 制作:A-1 Pictures 製作:SAO-A Project 説明文 キリト、ユージオ、アリス。 二人の修剣士と一人の整合騎士が最高司祭・アドミニストレータを打ち破ってから半年が経った。 戦いを終え、故郷ルーリッド村で暮らすアリス。 その隣には、親友を失い、自らも腕と心を失ったキリトの姿があった。 彼を献身的に支えるアリスに、以前のような騎士としての心は残っていない。 「教えて、キリト……どうすればいいの……」しかし、アンダーワールド全土を悲劇へと誘う《最終負荷実験》へのカウントダウンは、容赦なく進む。 それと呼応するように、《ダークテリトリー》の深奥で、暗黒神ベクタが復活した。 闇の軍勢を率い、《光の巫女》を手に入れるべく、《人界》へと侵攻を開始する。 《人界》軍を指揮する整合騎士ベルクーリらは、《ダークテリトリー》軍とのかつてない大戦争になることを決意する。 だがその傍らに、いまだアリスは見当たらない。 『SAO』シリーズで最も長く、美しい戦い《アリシゼーション》編、その最終章がついに開幕!.

次の

「ソードアート・オンライン」最新章「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」PV

ソード アート オンライン アリシ ゼーション アンダー ワールド

キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞• アリス:茅野愛衣• アスナ(創世神ステイシア):戸松遥• シノン(太陽神ソルス):沢城みゆき• リズベット(篠崎里香):高垣彩陽• シリカ(綾野珪子):日高里菜• リーファ(桐ヶ谷直葉):竹達彩奈• ユイ:伊藤かな恵• クライン(壷井遼太郎):平田広明• エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ):安元洋貴• セルカ:前田佳織里• 菊岡誠二郎:森川智之• 比嘉タケル:野島健児• 神代凛子:小林沙苗• ティーゼ・シュトリーネン:石原夏織• ロニエ・アラベル:近藤玲奈• ソルティリーナ・セルルト:潘めぐみ• ゴルゴロッソ・バルトー:杉崎亮• ベルクーリ・シンセシス・ワン:諏訪部順一• ファナティオ・シンセシス・ツー:生天目仁美• デュソルバート・シンセシス・セブン:花田光• シェータ・シンセシス・トゥエルブ:Lynn• レンリ・シンセシス・トゥエニセブン:田村睦心• リネル・シンセシス・トゥエニエイト:木野日菜• フィゼル・シンセシス・トゥエニナイン:小原好美• エルドリエ・シンセシス・サーティワン:益山武明• ガブリエル・ミラー(暗黒神ベクタ):石田彰• ヴァサゴ・カザルス(暗黒騎士):小山剛志• クリッター:千葉一伸• イスカーン:八代拓• ディー・アイ・エル:甲斐田裕子• リルピリン:榎木淳弥• 原作:川原礫(「電撃文庫」刊)• 原作イラスト・ キャラクターデザイン原案:abec• 監督:小野学• 助監督:佐久間貴史• キャラクターデザイン:足立慎吾/鈴木豪/西口智也/山本由美子/戸谷賢都• 総作画監督:鈴木豪/山本由美子/戸谷賢都• プロップデザイン:早川麻美/伊藤公規• モンスターデザイン:河野敏弥• アクション作画監督:菅野芳弘• 美術監督:小川友佳子/渡辺佳人• 美術設定:森岡賢一/谷内優穂• 色彩設計:中野尚美• 撮影監督:脇顯太朗/林賢太• モーショングラフィックス:大城丈宗• CG監督:雲藤隆太• 編集:近藤勇二• 音響監督:岩浪美和• 効果:小山恭正• 音響制作:ソニルード• 音楽:梶浦由記• プロデュース:EGG FIRM/ストレートエッジ• 制作:A-1 Pictures• 製作:SAO-A Project 《最終負荷実験》という名の、 アンダーワールド全土を巻き込んだ 《人界》軍と闇の軍勢の戦争。 戦局は、《光の巫女》アリスの奪取を目論む 《ダークテリトリー》軍ガブリエル一派と、 アンダーワールドを守ろうとする 《人界》軍アスナたちとの戦いへと 様相を変えつつあった。 未だキリトが精神世界の奥深くで 眠り続ける中、《暗黒神ベクタ》こと ガブリエルは、現実世界から 幾万もの米国プレイヤーたちをログインさせ、 《人界》軍の一挙殲滅を狙う。 対するアスナたちは、 アンダーワールド創世の神の名を冠する 3つのスーパーアカウントで抗戦する。 《創世神ステイシア》の スーパーアカウントを得たアスナは、 《人界》軍とともに米国プレイヤーと 死闘を繰り広げ、《太陽神ソルス》の スーパーアカウントを得たシノンは、 アリスを拉致したガブリエルを追う。 そして、《地神テラリア》の スーパーアカウントを得たリーファも、 アンダーワールドへとたどり着く。 それだけではない。 リズベットの気迫こもった檄に応じた 《ALO》のプレイヤーたちが、 鍛えあげたキャラクターをコンバートし 《人界》軍側へ参戦する! この大戦はアンダーワールドの 存続だけではない。 究極のAIであるボトムアップ型人工知能、 さらには人類の未来をかけた戦いでもある。 《アリシゼーション》編 、ここに完結! アニピヨライターコメント ソードアートオンラインは1期から見ている作品であり好きな声優さんも多く出ている作品なので毎回見ており、毎回内容もグラフィックも圧倒されるような作品であるんでもう期待しかありません。 自分としてはまだユージオがまたいつかどこかで出てきてくれるのではないかと内心期待しているのでどこかで復帰してくれるようなことを楽しみにしています。 また登場人物がだんだん話数を重ねるごとに増えてきているのでそこら辺のいろいろなキャラクターごとの兼ね合いもまた楽しみです。 ここからキリトがどのように動いていくのか、そしてアリス、アスナの関係性も考えるだけでいろいろな描写が浮かび楽しみなので続編が出るのが本当に楽しみで待ち遠しいです。 20代男性 これまでのシリーズは当然、一話も逃すことなく視聴しています。 毎話の戦闘シーンはまるで劇場版を見ているかのようなハイクオリティであると分かります。 家でまったりと、しかもタダでこれだけ極上のものが見られるのは贅沢だと思います。 それだけのものなので、いくら待っても見る価値があると思います。 製作陣、出演する名優たちも仕事がしにくい現状を乗り越えて、いつかきっと新作を世にはなってほしいと思います。 SAOファンは辛抱強く待つので、あせらず、むしろこの期間を利用してもっとブラッシュアップをかけてほしいくらいに思います。 主人公キリトが沈黙から復活する流れ、敵につかまったアリスの運命が気になります。 新作ではそこのところが描かれることを楽しみに待っています。 30代男性 前回のラストで連れ去られたアリスと、アンダーワールド組の戦闘がどう描写されていくのか楽しみです。 前作では置物になっていたキリトさんが復活して戦闘に加わるのか、それともヒロイン組だけで戦ってキリトを助けるという今までとは逆の展開にしてくるのかどうか楽しみです。 今作ではおそらく、シノンや他のヒロインたちも登場機械が増えてくると思うので、別世界でもどのような戦闘シーンを繰り広げていくのか見どころだと思います。 全作通したヒロインが勢ぞろいするので凄く豪華になってくると思います。 これだけ多くのヒロインに愛されているとかやっぱり、キリト君は天然ジゴロなところがあるなと思います。 個人的には中盤くらいにはキリト君に復活してもらいたいと思います。 20代男性 年度はじめに景気よく名作を楽しみたいと大変期待し、首を長くしてまっていたのですが、こうも騒がしいコロナ問題が目の前にあっては延期も仕方ないとは思います。 しかし、その分クオリティをあげるための時間にまわしてくれるとよいと思います。 残念でしたが、キリトやアスナの冒険を最後まで見て、令和時代を過ごす頼れるお供にしようと思います。 前回シリーズでは、心身共に傷をおったことで、主人公のキリトが喋らないし、剣を握って振ることもしませんでした。 あんなキリトを見るのは心が痛みました。 このまま終わるのはつらいので、いつか再開する新シリーズでは、主人公キリトの完全復活が見たいです。 製作に関わる方々としても、はやく世にはなって評価を得たいと思っているだと思います。 ファンは辛抱強いので、頑張って放送にこぎつけてほしいです。 30代男性 仕方のないことですが、今期の春アニメで上位に入る程楽しみにしている作品でした。 キリトやアリス、2人と合流したアスナ達やその他全てのメンバーがこの後、どの様に立ち居振る舞うのか、ストーリーを早く見てみたいと思っていました。 中でも心神喪失したキリトはどのように復活するのか気になっており、復活したキリトはどのようにして事態を解決するのか、本来の肉体も復活するのか今でも楽しみにしています。 早く世の中的な事態が収束し夏に観ることが出来る様応援していますが、夏で本当に大丈夫なのか少し不安なところもあります。 完全な映像と音楽、声優さんの演技で観たいので、ゆっくり無理しないように制作して欲しいと心から願っております。 30代女性 延期の判断は難しいものだったと思いますが、英断だったと思います。 SAOを楽しみにしている人はたくさんいるので、スタッフを危険にさらして急いで作ったものよりも、安全が確保されたところで高いクオリティで作ってくれた方が私含めてみんな喜ぶと思います。 私は今回のSAOで最も楽しみにしているシーンは戦闘シーンです。 前クール以上に戦闘が激化すると思うので迫力のある戦闘シーンが楽しみです。 迫力のあるかっこいい戦闘シーンが見たいのでどれだけ時間がかかっても構いません。 7月の放送に間に合わなくても別に構わないと思っています。 放送時期はいつになってもいいので、この事態が収束して、スタッフが万全の体制でアニメを作れるようになったら最高のSAOが見られるのを期待しています。 20代男性 延期は残念ですが、楽しみなシーンがたくさんあるのでそのシーンを完全な形で見られる日が来るなら我慢するのも苦じゃありません。 1番楽しみにしているシーンは騎士長ベルクーリと皇帝ベクタの戦いです。 アンダーワールド最強の剣士とスーパーアカウント皇帝ベクタを使う敵の親玉。 ベクタの強さは前シーズンでも充分に分かっていますし、アカウントとしてチート級なのでベルクーリがどう立ち向かうのかが楽しみです。 ベルクーリはこれまでユージオと戦ったぐらいであまり戦闘シーンは描かれていませんでした。 ユージオ戦も本気ではなかった感じがしていたので最強の剣士の本気の戦いが早く見たいです。 放送が延期になってしまったのは残念ですが、7月の楽しみが増えたと思って待とうと思います。 20代男性 本当に楽しみにしていたので延期は残念です。 7月に完全な状態で見られるのを楽しみにしています。 前シーズンでは主人公のキリトが活躍するシーンがなかったのでそこが見所だと個人的には思っています。 心神喪失状態に陥っているキリトが、アンダーワールドやそこに生きる人達を救うために覚醒するところが早く見たくて仕方ないです。 予告映像でもキリトが復活することが宣言されていたのでどのような形でキリトが復活を遂げ、どのような活躍をするのか楽しみです。 キリトだけでなく、シノンとリーファの活躍にも期待しています。 キリトやアスナを助けるためにアンダーワールドにログインした2人がどう戦っていくのかが気になります。 スタッフの方も大変だとは思いますが、一視聴者として完全な形のSAOが見られる日を切望しています。 20代男性 今期一番楽しみにしていたアニメだったので延期の報せを聞いた時は正直残念でしたが、思い切って放送を延期したのは英断だったと思います。 長かったアリシゼーション編もいよいよクライマックスですし、せっかくなら最後まで一気に楽しみたいですよね。 ここで無理をおして放送し、その後にトラブルでも起きて中途半端なところで止まってしまう方が心配でした。 ここは冷静に状況を見て、この大事な最終クールがきちんと完成してから放送するのがファンにとっても製作者にとっても一番でしょう。 幸いにもSAOは既に放送済みの話がたくさんありますから、それを見ながら夏まででも秋まででも待っていられそうです。 いつか万全の態勢で放送されるのを楽しみにしています! 30代男性 SAO アリシゼーション War of Underworld -THE LAST SEASON-の放送延期は最初聞いた時はとても残念に思いました。 前シリーズの最期の回において絶対絶命の場面に神々しく救援が現れるシーンは息をのむばかりで、次回がが1秒でも早く見たいと思ったものでした。 それが放送延期となった事はやはり辛いものがありました。 しかし、なってしまったものは仕方ありません。 時節柄、番組の作成と放送が難しいことは十分に理解できます。 そして、当分の間はこの状況が続くのでしょう。 しかし、この期間が無駄になることは絶対にないと信じています。 元々、アリシゼーションシリーズは作画が大変すばらしく、動きも感動的でしたが、延期の間更に質が磨かれ きっとアニメ史上最高の作品になるのではないかと期待しています。 そして、同時に制作の皆様はくれぐれも健康に気を付けて欲しいです。 放送される日が楽しみです。 30代男性.

次の