メグ ザ モンスター 2。 超ネタバレ!ザ・メグのリー・ビンビン(スーイン)のネタバレとメガロドンの登場シーン | 早朝の貴公子

MEG ザ・モンスター

メグ ザ モンスター 2

*U-NEXT無料お試しで最新映画1作が視聴できます サメ映画「メグザモンスター」 ジェイソン・ステイサム主演ということで話題になり、日本公開でも好スタートを切りました! こんなサメ映画、ジェイソンステイサムが見たかった!という展開もりだくさんで、飽きることなく楽しめました サメ映画の面白さを再認識できましたね ということで、このページでは映画「メグザモンスター」のネタバレあらすじ、感想、キャストを紹介します! 作品情報 タイトル メグザモンスター 原題 THE MEG 上映時間 114分 公開年 2018年 製作国 アメリカ オススメ度 [jinstar4. 責任を問われ、ジョナスはタイで飲んだくれとなる そして現代 海洋研究所のクルーたちが、海底探査に出る だがそこで巨大なサメに遭遇して、地上に帰還できなくなる こんな時頼れる男はジョナスしかない… ジョナスはクルー1人を犠牲にしてしまうが、残りを助ける だが悲劇は終わらない… 巨大サメ メグが海に放たれてしまった! 海洋研究所が襲われたので、ジョナスは討伐に出る やっとこさサメを倒して、船にあげるが、それはメグではなくただの大きいサメだった!! これ以上犠牲者を出さない為に、生き残ったクルーとジョナスはたちがある! メグザモンスターのラスト(結末) ジョナスは宇宙船のような船でメグの腹を引き裂き、生身の身体でモリを目に刺す! メグの身体からは大量の血が流れ、 他のサメたちがメグに群がる こうしてメグは死に絶え、ジョナスは劇中いい雰囲気になった女性と結ばれる 残ったクルーたちもハッピー気分に浸るのだった メグ ザモンスターの感想 サメ映画あるあるが沢山詰まっている、斬新なサメ映画だった! B級サメ映画によくある展開が盛りだくさん。 それなのに新らしさもあって、めちゃくちゃ面白い映画に仕上がっていました これが見たかったんだよ!という展開ばかりなので、最後まで飽きずに視聴できたのが良かったです 本作メグザモンスターには、あのジェイソン・ステイサムが出演しています ステイサムは誰もが知る最強男ですが、本作でも安定して最強パワーを見せてくれます 例えば、仲間が海に落ちたらすぐに救出する、生身の身体でサメに挑むなどなど でも ポイントはメグも超最強であること! ステイサムが最強すぎると映画の面白さがなくなってしまいますが、本作では巨大サメも強いのでパワーバランスがうまく取れています またステイサム演じるジョナスは、メグをちゃんと脅威として認識しています 他の人は「サメで金儲け」しようとしますが、ジョナスだけがメグの力を認め、そして仲間のために命がけでサメ退治に挑みます 人類最強とサメ界最強がぶつかり合う様は見ごたえバツグン! ドキドキハラハラしながら対決を楽しめました! しかしステイサム以外に魅力的な人物がいないというわけではありません! タトゥーだらけの設計士は超可愛くてクールだし、ジョナスと確執のあった医者はイケメンな死に方だし、序盤で仲間を救うため犠牲になるマシオカさんなんかもう特攻魂って感じで好きでした わたし 洋画の中で自ら犠牲になる日本人が結構好きなんですよ SF映画「ライフ」に登場する真田広之さんとか。 今回のマシオカさんも、仲間のために自ら犠牲になるシーンが印象的で良かったです メグに単にやられるキャラにすることもできたのに、そうではなくて もちろん本作にはメグに単にやられるキャラも登場します! ノリがいい太っちょです 捕獲した大きいサメと記念写真を撮って…、バクリ!とやられるシーンはサメ映画の王道を行っています 逆に直ぐに死にそうなラップ大好きな黒人DJが、最後まで生き残ったり… 悲しいシーン、笑えるギャグ、メグの脅威、ジェイソンステイサムのかっこ良さが上手く バランスよく楽しめる映画でした まあ個人的にはジョナスとリービンビン演じるスーインの恋は必要ないと思いましたけどね。 しかも元妻の前でいちゃいちゃしちゃって。 とはいえ、恋愛シーンも丁寧にかかれていましたし、そこまで違和感はなかったです B級サメ映画によくある「出会って3秒で恋に落ちて5秒後に死ぬ!」的な展開じゃなかったです 興行収入も伸びに伸びて、 ジョーズを抜いてサメ映画史上最高額を達成しているようですし、日本でも大ヒット間違いなしですねこれは! メグザモンスターのキャスト• ジョナス・テイラー — ジェイソン・ステイサム ムキムキでサメを撃退!• スーイン・ザン — リー・ビンビン 猪突猛進な海洋博士。 ラストはジョナスと結ばれる• ジャック・モリス — レイン・ウィルソン 金儲け主義の男• ヘラー博士に命を救われる• ミンウェイ・ザン博士 — ウィンストン・チャオ スーインの父親。 最後まで生き残る• DJ — ペイジ・ケネディ ラップ大好き!場を盛り上げてくれる• トシ — マシ・オカ 序盤で死ぬが、ラストでも名前が出るなど好かれているキャラクター まとめ メグザモンスターはサメのCGもリアルで、ジェイソンステイサムの裸も楽しめるサメ映画でした!! 未視聴のかたはぜひ劇場で見てみてくださいね 序盤は面白くないかもしれませんが、中盤メグが登場してから格段に面白さがあがりますよ!.

次の

映画「MEGザモンスター 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

メグ ザ モンスター 2

解説 未知の深海で生き延びていた太古の巨大ザメ「メガロドン」に襲われる人々のサバイバルを描いた海洋パニックアクション。 「エクスペンダブルズ」「ワイルド・スピード」シリーズなどでおなじみの人気アクション俳優ジェイソン・ステイサムが主演し、「ナショナル・トレジャー」シリーズのジョン・タートルトーブ監督がメガホンをとった。 人類未踏とされるマリアナ海溝をさらに超える深海が発見され、沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で調査に乗り出す。 幻想的な未知の生物が生きる深海の世界を発見し、心躍らせる一同だったが、その時、巨大な「何か」が襲いかかってくる。 レスキューダイバーのジョナス・テイラーは、深海で身動きがとれなくなった探査チームの救助に向かうが、そこで200万年前に絶滅したとされる、体長23メートル、体重20トンにも及ぶ巨大ザメのメガロドンに遭遇する。 2018年製作/113分/G/アメリカ 原題:The Meg 配給:ワーナー・ブラザース映画 スタッフ・キャスト ジェイソン・ステイサムは強い。 その強さのイメージが彼の魅力だが、同時にこういうパニック映画では懸念点になる。 主人公が強すぎては観客に安心感を与えすぎてスリルがなくなる。 その懸念は当たっていたが、克服する方法もあった。 4DX鑑賞だ。 4DXは観客により没入的な体感を与えてくれるので、自分の潜水艦に乗り込んでいるような気分にさせてくれる。 ステイサムは強すぎて死なないだろうなと思っても、一緒に乗ってる自分は死ぬかもしれないというスリルが生まれる。 本作はぜひ4DXで鑑賞してほしい。 気楽に観られる娯楽映画の教科書みたいな作品だが、少し考えるのは海底探査の最前線が中国主導で行われていることだ。 理由は中国資本の作品だからだけではないだろう。 実際に中国の科学技術の進歩は目覚ましい。 米国資本で中国の技術で未知の世界を探索する。 時代をストレートに反映している。 今や50歳のジェイソン・ステイサム。 体型は相変わらず格好いいが、そろそろ格闘技がメインの活劇は厳しくなってきたのか、本作で戦う相手は基本CGで描かれたクリーチャーなので正直物足りない。 やはりスピーディーな肉体アクションで魅せてほしい。 でもまあ、年上のリーアム・ニーソンやキアヌ・リーブスだって頑張っているし、企画と演出次第でステイサムだってまだまだいけるはず。 さて、肝心の超巨大ザメ・メガロドンは、米中合作で潤沢な予算のおかげもあってリアルなCG描画で迫力満点。 ストーリーと演出もシリアスに振り切らず、サスペンス、ホラー、コメディの良いとこどりでいかにも娯楽大作の構えだ。 その分、キャラクター造形の深みや、人物の言動のリアリティは後回しにされた印象。 まあ、深く考えずにアトラクションのように派手な映像を楽しむのが適切な鑑賞姿勢というものだろう。 C 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. , GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

ガチのあらすじ!MEG/メグ・ザ・モンスターが2匹いたあらすじ! | 早朝の貴公子

メグ ザ モンスター 2

解説 未知の深海で生き延びていた太古の巨大ザメ「メガロドン」に襲われる人々のサバイバルを描いた海洋パニックアクション。 「エクスペンダブルズ」「ワイルド・スピード」シリーズなどでおなじみの人気アクション俳優ジェイソン・ステイサムが主演し、「ナショナル・トレジャー」シリーズのジョン・タートルトーブ監督がメガホンをとった。 人類未踏とされるマリアナ海溝をさらに超える深海が発見され、沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で調査に乗り出す。 幻想的な未知の生物が生きる深海の世界を発見し、心躍らせる一同だったが、その時、巨大な「何か」が襲いかかってくる。 レスキューダイバーのジョナス・テイラーは、深海で身動きがとれなくなった探査チームの救助に向かうが、そこで200万年前に絶滅したとされる、体長23メートル、体重20トンにも及ぶ巨大ザメのメガロドンに遭遇する。 2018年製作/113分/G/アメリカ 原題:The Meg 配給:ワーナー・ブラザース映画 スタッフ・キャスト ジェイソン・ステイサムは強い。 その強さのイメージが彼の魅力だが、同時にこういうパニック映画では懸念点になる。 主人公が強すぎては観客に安心感を与えすぎてスリルがなくなる。 その懸念は当たっていたが、克服する方法もあった。 4DX鑑賞だ。 4DXは観客により没入的な体感を与えてくれるので、自分の潜水艦に乗り込んでいるような気分にさせてくれる。 ステイサムは強すぎて死なないだろうなと思っても、一緒に乗ってる自分は死ぬかもしれないというスリルが生まれる。 本作はぜひ4DXで鑑賞してほしい。 気楽に観られる娯楽映画の教科書みたいな作品だが、少し考えるのは海底探査の最前線が中国主導で行われていることだ。 理由は中国資本の作品だからだけではないだろう。 実際に中国の科学技術の進歩は目覚ましい。 米国資本で中国の技術で未知の世界を探索する。 時代をストレートに反映している。 今や50歳のジェイソン・ステイサム。 体型は相変わらず格好いいが、そろそろ格闘技がメインの活劇は厳しくなってきたのか、本作で戦う相手は基本CGで描かれたクリーチャーなので正直物足りない。 やはりスピーディーな肉体アクションで魅せてほしい。 でもまあ、年上のリーアム・ニーソンやキアヌ・リーブスだって頑張っているし、企画と演出次第でステイサムだってまだまだいけるはず。 さて、肝心の超巨大ザメ・メガロドンは、米中合作で潤沢な予算のおかげもあってリアルなCG描画で迫力満点。 ストーリーと演出もシリアスに振り切らず、サスペンス、ホラー、コメディの良いとこどりでいかにも娯楽大作の構えだ。 その分、キャラクター造形の深みや、人物の言動のリアリティは後回しにされた印象。 まあ、深く考えずにアトラクションのように派手な映像を楽しむのが適切な鑑賞姿勢というものだろう。 C 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. , GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の