性器ヘルペス 市販薬。 【医師監修】性器ヘルペスの薬の種類について

市販薬でヘルペスを治す飲み薬はある?薬局で買える薬や飲み薬

性器ヘルペス 市販薬

ページコンテンツ• 性器ヘルペスの女性は外用薬と内服薬で治療することになります。 有効成分のバラシクロビルは内服薬のバルトレックス グラクソ・スミスクライン社 しかありませんが、アシクロビルとビダラビンは塗り薬のゾビラックスクリームとアラセナAがあります。 どちらの外用薬も1日に4回ほど患部に塗布し、1週間ぐらい塗り続ける必要があります。 もし妊娠中にヘルペスが再発した場合や初めて感染し発症した場合には内服薬ではなく塗り薬で治療するよう提案されるはずです。 確かに塗り薬は皮膚の表面に浸透させるので、内服薬ほど影響は少ないと考えられています。 けれど外用薬は抗ウイルス薬と言っても症状を治す力がとても弱く、発症直後に使わないと効きません。 症状がでて48時間以内が鍵 病院でも説明されますが、外用薬は水疱や腫れができて48時間以内に塗布しないとほとんど効果がありません。 もし発症してすぐに塗布しても、炎症をこじらせない効果ぐらいしかありません。 治療の決定打にはならないので、外用薬より抗生物質やステロイドの方が処方されやすいかも知れません。 そもそも塗り薬も内服薬と同じように再発を防ぐ効果はありません。 とにかくヘルペスを再発させてはいけないカポジ水痘様発疹症などの病気もあり、予防のために外用薬は頼れません。 妊娠中の女性など絶対にヘルペスを再発させてはいけない状況の方は少なくありませんが、塗り薬は発症してから塗るものなので発症自体を防ぎたい目的には向いていません。 問題が多い治療法です。 塗るほどに性病感染率が上がる? 性器ヘルペスの塗り薬を「あまり効かないな」と思いながらも気休めで塗っている方も多いでしょう。 けれど塗り薬はできるだけ塗らないようご注意下さい。 塗り薬も内服薬と同じように耐性の問題を抱えています。 性器ヘルペスを何度も再発させていると、免疫機能が働きにくくなり他の性感染症にかかりやすくなります。 塗れば塗るほど他の病気の抵抗力が弱まってしまいます。 カンジダやクラミジア、尖圭コンジローマ、淋病、梅毒などの性病にも用心して下さい。 また、同じ単純ヘルペスウイルスが原因で起こる病気にかかった時、抗ウイルス薬に耐性がついていると使う治療薬の種類が制限されてしまいます。 発疹や痒みなど副作用も多く、外用薬なのに塗ったあと頭痛や吐き気を感じることもあります。 塗るだけで頭が痛くなり、気持ち悪くなることがあることからも、薬の作用が強いことがお分かり頂けるでしょう。 性器ヘルペスで病院に行きたくなくても 患部が陰部なので男性も女性もできれば病院に行きたくないと思いますよね。 病院に行かずに済むようアクチビア軟膏やヘルペシアクリームなど口唇ヘルペスの市販薬を買いに行こうと考えている方もいらっしゃるかも知れません。 そうだとしても口唇ヘルペスの市販薬を性器ヘルペスで使うのは絶対にやめて下さい。 第一類医薬品なので市販薬を購入する時には薬剤師さんからもあれこれ質問されます。 回答が怪しいと警戒されます。 口唇ヘルペスの市販薬自体FDAから警告がだされているぐらい微妙な存在です。 軟膏もクリームタイプもたいして効かないのに耐性がすぐにできます。 FDAも「使うべきではない」とはっきり否定しています。 特に初めて感染した時は他の性感染症にかかっている恐れもあります。 自己判断で治療するのは禁物です。 病院で検査を受けて医師に正確な病名を診断してもらう必要があります。 間違った治療法では治らないどころかもっと悪化させてしまいます。 個人輸入は薬が届く時間が問題 ジェネリックのバルシビルなどを個人輸入ルートで手に入れるのも気をつけて下さい。 本当にヘルペスウィルスの増殖が原因なのかどうかを最初に確かめてから服用しましょう。 個人輸入を使って自力で治すと病院ほど治療費がかかりませんが、似ている違う病気だったら大変なことになります。 症状も感染経路も似ている性感染症はかなりたくさんあるので思い込みは危険です。 内服薬も発症してすぐに服用しウイルスの増殖を食い止めるのが理想的ですが、海外から薬が到着するまでに1週間はかかります。 できるだけ早く治すためには病院で処方してもらった方が早いでしょう。 1週間も放置していると、下手するとパートナーにも感染させてしまいます。 製造工場が怪しいものや安全性が確立されていない薬も混ざっているところも個人輸入サイトで購入する時に心配になります。 リジンなら再発を防ぐことが可能なので、専用サプリを家庭に常備して家族の健康を守りましょう。 効果がなければ90日間以内に全額返金とあるので安心です。

次の

【医師監修】ヘルペスに効く市販薬はある?どうやって塗ったらいいの?

性器ヘルペス 市販薬

子どものヘルペスの場合でも、外用薬は大人と同じ薬を使用しても大丈夫です。 市販薬の種類 市販薬には、アラセナS・アクチビア・ヘルペシアクリーム・アラセナSクリームなどがあります。 全て ウイルスの増殖を抑える効果を持ちますが、それぞれの有効成分が異なります。 <それぞれの薬の有効成分>• アクアチビア・ヘルペシア…アシクロビル• アラセナSは…ビダラビン 良し悪しは個人の使い勝手、体質によって異なります。 ヘルペスウイルスを抑える働きはありません。 ヘルペスの市販薬の購入方法 ドラッグストアや最近ではオンラインでも購入が可能です。 値段は? 一本あたり800~1300円程度です。 値段の違いで治療効果が大きく違うことはありません。 メーカーの希望価格の差だといえます。

次の

性器ヘルペスは市販薬で治すことは可能?赤ちゃんに産道感染することもある!どんな症状が出るの?

性器ヘルペス 市販薬

性器ヘルペスになったけど病院に行くのは恥ずかしいし時間もない…市販薬で治療できないだろうか?と考える方もいます。 性器ヘルペスは市販薬で治療可能なのかどうかを見ていきます。 症状が出る場所は異なりますが、どちらもヘルペスということで、実は性器ヘルペスの軟膏と口唇ヘルペスの軟膏は成分などがほとんど同じです。 性器ヘルペス用の薬は市販されていませんが口唇ヘルペス用の薬は市販されているので、それを性器ヘルペスに使うという方もいるようです。 なお、経口薬の方は市販はありません。 自己診断だけで性器ヘルペスと決めつけてしまうのは早計かもしれません。 ほかの性感染症の疑いもあります。 自然治癒もしない病気ですので市販薬で対処するよりも一度病院へ行って、しっかりと治療した方が良いです。 性器ヘルペスの受診患者は年間7万人を超えています。 7万分の1だと思えばそれほど恥ずかしさはありませんし、それ以上にパートナーに性器ヘルペスを移すリスクを考えるべきです。 性病を診察することに医師も慣れているので、まずは病院へ行きましょう。 性器ヘルペスの軟膏と口唇ヘルペスの軟膏は成分は同じですが、市販薬で性器ヘルペスを解決するのはお勧めしません。 性器ヘルペスではない可能性もありますし、病院で治療を受けた方が的確な治療となります。 赤ちゃんに産道感染することもある!妊娠中のセックスで気をつけたい性器ヘルペスとは 妊娠中は避妊をしなくていいからコンドームを着けずにセックスしても大丈夫、だなんて思ってる人はいませんか?妊娠中に性感染症に感染してしまう事によって胎児に悪影響を及ぼすことがあります。 その一つに性器ヘルペスがあります。 性器ヘルペスとは 単純ヘルペスウイルスによる性感染症です。 水泡や潰瘍ができて強い痛みや発熱を伴います。 60~70%の人は無症状であると言われており、症状が無くても感染します。 一度感染すると体内で一生潜伏し続けます。 潜伏しているウイルスはストレスや疲労などで再発することが多々あります。 オーラルセックスによって口唇にできたヘルペスが性器に感染することがあります。 胎児への影響 奇形児が生まれたり流産することは無いと言われています。 また、胎盤を通して感染することもありません。 ヘルペスが問題となる場合 問題となるのは妊娠30~40週 出産前 の時期にヘルペスに感染した場合と、再発してヘルペス症状が出ている場合です。 この時期はヘルペスウイルスに対する免疫が十分に出来ていないために、分娩時に産道から胎児に感染する可能性があります。 新生児ヘルペスによって脳炎などの重い症状を起こすと、30%ほどが死亡すると言われています。 性器ヘルペスに感染している事が分かれば、産道感染を防ぐために帝王切開によって分娩します。 まとめ 症状が出ていなくてもヘルペスウイルスに感染していることがあるので、パートナーにも必ず検査を受けてもらいましょう。 また、コンドームを使用しても病変部位が広がっている場合には感染する可能性があります。 オーラルセックスからの感染もあります。 妊娠後期のセックスには十分に注意しましょう。 症状が無くても伝染ります!性器ヘルペス! 性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症です。 単純ヘルペスウイルスには、口唇ヘルペスなどの口唇や顔面に症状が出る1型、性器ヘルペスなどの下半身に症状が出る2型があります。 感染ルート 性行為によって感染します。 オーラルセックスによって口唇ヘルペスが性器に感染することやその逆もあるので注意が必要です。 症状が出ていなくても感染することがあります。 性器ヘルペスの症状 ヘルペスウイルスに感染しても60~70%の人は無症状だと言われています。 症状の出る場所としては、男性は亀頭や陰茎体部に、女子は外陰部や膣入り口が多くみられます。 ヘルペスは再発する ヘルペスは免疫力が低下することによって再発することが多々あります。 過労やストレス、セックスや他の疾患などが原因となります。 治療法 症状に対する対症療法とヘルペスウイルスの増殖を抑える薬剤による治療を行います。 症状が治まってもヘルペスウイルスは体内に潜伏し続けるので、医師の指示があるうちは再発抑制薬を服用します。 まとめ 性器ヘルペスは症状が出ていなくても感染することがあります。 また、病変部位が拡大している場合にはコンドームを着けていても感染することがあります。 たとえ治ったと思っても病院での診察を必ず受けましょう。 実は身近な感染症!性器ヘルペスはどんな症状が出るの? ウイルス感染症の一つ、性器ヘルペスは割と多くの方が体験すると言われています。 それほど珍しい感染症ではなく、身近な感染症だけにどんな症状が出るのかも知っておいた方が良いです。 性器ヘルペスにかかったとしても6割くらいの人は無症状と一般的にいわれています。 例えば感染したウイルスの量が少なかったり、以前性器ヘルペスにかかって免疫力を持っている場合は自覚症状はないことが多いのです。 ですがウイルス自体はいますので人に移してしまう可能性はあります。 例えば何もしていないのに性器が熱くなったような感じがあり、ジクジクとした痛みが続くなどです。 むず痒いような、落ち着かない感じがあるという方も非常に多いです。 また、性器付近 男性の場合は亀頭や包皮を中心に に水ぶくれが出来てそれが破れることでまた痛みを感じるという場合もあります。 排尿時に尿が性器から皮膚にしみるような痛みを覚えるという方が多いです。 女性は性器と尿道、尿の出口が非常に近いのでこのような症状が出ると考えられます。 性器ヘルペスは割とありふれた感染症のひとつで、感染しても6割は無症状で、知らないうちに人に移してしまう恐れもあります。 性器ヘルペスの症状にはジクジクとした痛み、水ぶくれなどがあります。 Photo by:.

次の