あえば直道。 おりょう: あえば直道ファンブログ

ノート:あえば直道/過去ログ1

あえば直道

この節の参考文献は、 一次資料や記事主題の関係者による情報源に頼っています。 信頼できる第三者情報源とされるが求められています。 ( 2019年6月)• 1月5日 - で出生。 実家は弁護士。 4月 - (小学校)に入学。 以後慶應の付属校を経てへ進学。 時代は弓道で県代表として国体やインターハイに出場経験がある。 大学在学中は憲法学者教授のゼミナールに所属。 大学2年生の時に「末川杯争奪 法律討論会」に出場し優勝。 - に入会し、学生部・青年部の要職を経験。 3月 - を卒業。 4月 - 幸福の科学総合本部に入局、多数の要職・理事を経験。 5月 - 饗庭直道として幸福実現党・党首に就任。 2週間後、広報本部長に。 - 単身渡米。 - 幸福実現党広報本部長として全米税制改革協議会(ATR)が主催する「水曜会」に継続的に参加したと主張。 1月 - 全米委員会・顧問(担当)にとして初めて就任したとの取材に対して主張、「全面特集」として夕刊フジには「幸福実現党広報本部長」の肩書を添えられて掲載され、幸福実現党が記事全文を全面コピーして紹介した。 - 幸福実現党広報本部長から調査局長となる。 - 幸福実現党役員を退任。 一般社団法人JCUを設立。 専務理事に就任。 - について各メディアにてコメントしている。 CPAC2018で演説するあえば• 4月の全米税制改革協議会(ATR)が主催する「水曜会」で、「について、にお礼がしたい」とスピーチの機会を得る。 後のによる救援作戦への感謝と、減税政策が重要であると訴えた内容であった。 当日、あえば直道が参加していた共和党全米委員会共同議長のシャロン・デイの申し出より交流が始まる。 2011年5月、シャロン議長より共和党本部に招かれ、その後、共和党員と定期的に情報交換を行うようになると主張した。 2011年12月、シャロン議長の推挙により1月にはで唯一のメンバーとして、全米委員会・顧問に就任したと自ら主張した。 11月11日の広告記事で、共和党全国委員会共同議長シャロン・ディとの対談が掲載された。 には、共和党の支持母体である「全米保守連合」(ACU)の日本側のパートナーとなる一般社団法人JCUを設立。 また、とは、トランプがに出馬する前からの 知り合いで、 [ 要出典]メディアで泡沫候補扱いされていた頃から支持している。 3月5日、にて開催中の共和党系政治大会 CPAC 2016 メイン・ホールにおいて『新しい日米同盟のあり方』と題して演説を行った。 2016年6月から、共和党からの大統領選の情報を日本のメディアに出演してアメリカの現状を伝える。 2016年12月、トランプのの当選後は、新政権移行チームの日本窓口の1つとして活動している。 2017年1月、ドナルド・トランプの就任に合わせ、共和党全米委員会・顧問の役を退任したが、 新政権との連携活動は継続している。 [ 要出典]• 2017年2月25日、CPAC 2017 の3日目メイン・ホールにおいて演説を行った。 2018年2月23日にアメリカ合衆国副大統領と、24日にはアメリカ合衆国大統領と会談を行ったと自分のブログで主張し 、同日3年連続のCPAC 2018 の3日目メイン・ホールにおいて演説を行った。 経歴詐称疑惑 [編集 ]• 2016年11月5日、Web News『』が、アメリカ共和党顧問の肩書きに詐称があるのではないかと報じた。 あえば本人は「2011年の12月に正式にRNCの法務室の認可が下りた。 RNCの法務室か、共同議長秘書に問い合わせれば明確になる」と反論した。 反論を受けてBuzzFeedが再度取材したところは「あえば氏は共和党全米委員会 RNC で何の役職にも就いていません」と回答があったとされ(回答者名はオフィシャルな立場としながらも非公表)、一方、共和党の広報戦略を担当しているボブ・スパークスは、「あえば氏は、ディ共同議長の無報酬アドバイザーです」と違う肩書で回答した。 「アメリカ共和党顧問」の肩書であえばを紹介したことのある、、、に対して、肩書の確認法について質問したところ、朝日放送、フジテレビ、産経新聞は「答えられない」と回答し、唯一確認方法について回答した双葉社は「協議会に出席した動画や、共和党員と一緒に写っている写真で確認した」というものであった。 BuzzFeedは、「双葉社の確認方法は不十分であり顧問でなくても協議会に出席したり、共和党員と写真に写ることは可能だ」と論評した 著作 [編集 ] 単独著書 [編集 ]• 『トランプ革命』、2016年3月23日発行、ISBN 978-4575311181 共著 [編集 ]• 』矢内筆勝・黒川白雲 共著、、2010年5月27日発刊、ISBN 978-4863950429 書籍監修 [編集 ]• 『』著:ピーター・シュヴァイツァー、監修:あえば直道、発行:LUFTメディアコミュニケーション、2016年2月10日発行、ISBN 978-4906784417• 『大統領の風水』著:小林照弘、監修:あえば直道、発行:音羽出版、2017年1月、ISBN 978-4901007634• 1994年9月10日公開 - 映画『』1994年、劇場公開映画:東映(生まれ変わりのドーム・息子役)出演• 2009年9月18日発売 - 雑誌『』2009年10月号「学会との諍いとカルトの壁 幸福実現党元党首、敗戦の弁」掲載• 2010年1月22日発売『』1月23日号「いざ! 幸福維新」コラム連載開始、2010年9月まで連載• 2012年11月2日発売『夕刊フジ』11月3日号「激戦 11・6米国大統領選挙の舞台裏」 掲載• 2013年6月25日発売『月刊「」2013年8月号』アメリカ現地レポート「中韓ロビイ活動にこう対抗せよ」 掲載• 2013年12月20日発売『月刊「WiLL」2014年2月号』現地レポート「中国のアフリカ侵略を食い止めろ」 掲載• 2014年11月25日発売『月刊「WiLL」2015年1月号』「反日運動の黒幕『抗日連合会』に極秘潜入! 」 掲載• ~ニュースの裏側調査会』2015年(、 2局放送) レギュラー出演 、9月26日まで• 2015年9月10日発売『』2015年9月17日号「今は一介の信者に格が下がって「幸福実現党」初代党首が胸に秘める野望」 掲載。 2016年3月28日発売『2016年4月11日号』「トランプ大統領誕生で日本はどうなる!? ~米国共和党全米委員会アジア顧問が予見」掲載。 2016年4月11日発売『2016年4月22日号』「トランプと角栄の共通点に人の心を動かすスピーチ術」 掲載。 2016年5月29日放送 - フジテレビ系列『』出演「ドナルド・トランプ自身が『クリントン・キャッシュ』を取り上げている」• 2016年7月4日発売『2016年7月18日号』「「トランプが『トランプ革命』を持って勝利宣言!? 」掲載• 2016年7月9日放送 - TOKYO MXテレビほか『』 出演• 2016年7月21日放送 - フジテレビ系列『』 出演• 2016年10月2日放送 - テレビ朝日系列『坂上・美輪のニュースにダマされるな』出演• 2016年10月31日発売『』11月14日号「現地レポート、窮地のトランプ候補 大統領への秘策」掲載。 2016年11月4日発売 - の政治専門紙『The Hill 』「トランプ政権は『ならず者国家』と対峙する日本の力強い同盟国となりうる」掲載。 2016年11月11日放送 - TBSテレビ系列『白熱ライブビビット』「トランプ大統領の素顔について」出演• 2016年11月18日発売 - の政治専門紙『The Hill 』「アジアのパワー・バランスの舵取りを決める、トランプ氏による米日会談」掲載。 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ]• JCU 2018年10月27日. 2018-12-05T07:27:28Z閲覧。 一般社団法人JCU. 2017年12月27日閲覧。 産経新聞2014年11月11日• 産経新聞2014年11月11日• 2014年11月11日. 2016年12月31日閲覧。 - YouTube映像• - CPAC2016共和党大会演説者紹介 英文• - youtube映像• 2016年11月5日• 、英文• [ リンク切れ]• 外部リンク [編集 ]• (ブログ)• ultrajedi -•

次の

ノート:あえば直道/過去ログ1

あえば直道

2020年の大統領選挙、現職の立場で挑むと、なかなか候補者を一本化しにくいという構図が続いています。 そんな中、一般社団法人JCUの議長、として観察を続け、日米関係の発展に全力を注ぐのがあえば直道さんです。 2016年、からトランプ革命という本を出版します。 これが発売されたのは2016年3月、まだトランプ氏が有力候補になっておらず、まさかその年の終わりに大統領になっているとはカ国民も想像していない時期です。 そんな時期になぜそこまで踏み込んだ本を書けたのか、気になるところです。 カ、ACUが主催するイベントであるCPAC、関係者であるあえば直道さんも参加しており、一般社団法人JCUはPRブースを出展するなど、日本における伝統文化の紹介や保守運動などを紹介しています。 2016年に開催されたこのイベントで、あえば直道さんはメイン会場で日本同盟のあり方に関するスピーチを行いました。 このメイン会場は大統領選挙の候補者たちも演説を行い、2016年に開催された際にはトランプ氏も演説を行っていました。 なぜあえば直道さんはトランプ氏が大統領になると思ったのか、それはあえば直道さんが実際にカに行き、選挙戦の最中、肯定的な意見や批判的な意見すべてをひっくるめて、トランプ氏のことについて語る話を多く聞いたからでした。 また、2015年の時からトランプ氏は自由奔放な話を繰り返していたものの、実際にの党員たちを集めた演説会において、トランプ氏の話の時だけスタジアムの熱気が違っていたことにあえば直道さんは気付いていました。 そうしたものもあり、マークをし続け、2016年になり、トランプ氏が大統領になるという確信を持つようになります。 あえば直道さんは、トランプ氏の登場で、政治評論家や選挙のでも正確に予想することはできない、外し続けていると発言しており、トランプ氏の候補への道は手堅いと考えていました。 そして、トランプ氏はの候補となり、の氏を抑え、大方の予想を大きく裏切る形で当選しました。 あえば直道さんは当初からトランプ氏が活躍し、トランプ革命を起こすと予想しており、あえば直道さんが出したトランプ革命という本はまるで予想の書のような扱いを受けます。 その予想は決して適当なものではなく、あえば直道さんが実際に目にした光景を見て判断したことは明らかです。 これでますますとのパイプはより強固なものへとなっていきます。 aebajikidou.

次の

ノート:あえば直道/過去ログ1

あえば直道

幼い時は挫折を繰り返すも、使命が大事であることに気付き、その使命に基づいてここまで歩みを続けてきたあえば直道さんですが、日本のメディアからはあえば直道さんはどのように捉えられているのか、そのあたりをまとめました。 2016年、あえば直道さんは突如としてメディアに登場するようになります。 その肩書は全米委員会顧問で、地上波の番組に登場してはトランプ氏とはどのような人間か、その解説をテレビで行っていました。 ~ニュースの裏側調査会」というレギュラー番組に出演していました。 あえば直道さんが普段会わないような人が登場するなど、硬軟織り交ざった番組としても当時話題を集めます。 2016年という年はカ大統領選で日本も盛り上がった年であり、初の女性大統領を目指した氏の本を紹介するなど、カ大統領選を知る男として登場していました。 その後、メディアにあまり登場しなくなったあえば直道さんですが、時を同じくして全米委員会顧問を退任しています。 その代わり、一般社団法人JCUのチェアマン、としての活動をより強めることになります。 J-CPACが日本で開催されるようになったのは2017年からで、日本でも草の根を広げる活動をするべきではないかという提案を受け、以前からその準備をしてきました。 メディアに出ず、裏方として開催にこぎ着けたあえば直道さん、その議論は第1回から白熱し、初回にはスブ・バノン氏が登場し、会場は熱狂に包まれました。 もちろん、カの問題だけを語るのではなく、持続可能な開発目標、通称についてやマスコミについて、仮想通貨の問題やなど多岐にわたって語られ、2018年にはトランプ政権の中心にいるミック・マルバニー氏が参加しました。 ミック・マルバニー氏は2018年の大会に参加するために、初めて日本にやってきました。 2019年には問題、農業問題、消費の問題などを語った他、本来であれば参加予定だったの議員からのビデオメッセージが送られるなど、メディアも注目しています。 あえば直道さん自らがメディアに登場していては、これだけ濃厚な会議にはならなかったかもしれません。 そして、2020年を迎え、カ大統領選が既に幕を開けています。 はがそのまま出馬することが濃厚になっており、は複数の候補者がしのぎを削り、党大会の予備選などが行われていく予定です。 はこの数年で様々な報道があり、結局トランプ劇場が何年も続くなど、あえば直道さんが目にした、否定肯定に限らず、様々なトランプ氏に対する意見が飛び交って熱気に包まれた状況は今も変わっていません。 ただでさえ現職大統領が当選する可能性が高い中で、以外の人物が出てくるというのは考えにくいと言えます。 問題はその先で、の次はだれなのか、あえば直道さんならばそのあたりの目星はついていることでしょう。 カに単身渡り、一歩ずつ歩みを進めていったあえば直道さん。 その活動は誕生の予言をしたことで確実なものになり、日米関係を発展させていくかもしれない存在になりつつあります。 なかなかメディアに取り上げられる機会は少なくなってきましたが、その代わり、草の根の活動に専念しており、それが日本で成就する日もそう遠くはないでしょう。 aebajikidou.

次の