カメラ いらすとや。 機械の目が見たセカイ

テレビ会議導入時にこれだけは準備する機材一覧

カメラ いらすとや

見出し• 快適でスムーズなテレビ会議を行うために必要なもの・環境とは? テレビ会議・Web会議は、インターネットにつながったパソコンなどの機器があれば、ほぼ全てのオフィスで導入できます。 ここでは、Web会議を始める前に揃えておきたい、必須アイテムをご紹介したいと思います。 WEB会議・テレビ会議で最初に必要な機器 必ず必要な器具は、以下の5つです。 ・パソコン• ・ネットワーク環境• ・カメラ• ・マイク(マイクスピーカー)• ・ヘッドセット(ヘッドホン、スピーカー等) 必要機器については、自社でご用意いただいても問題ありません。 弊社では、より快適に様々なオフィスや環境に合ったテレビ会議・Web会議ができるよう、 オリジナルの装置セット「Fresh Voice プレミアムパッケージ」をご用意しております。 Fresh Voice プレミアムパッケージセット内容• ・液晶モニター• ・テレビラック• ・デスクトップパソコン• ・10名用のマイクスピーカー• テレビラックには液晶モニターを配置できるボックス、デスクトップパソコンはワイヤレスのマウスとキーボードが付属しているので、すぐにご利用いただけます。 もちろんご自身でお揃え頂いても問題ありません。 【モニター】 ご使用いただくPCの出力と、ご購入いただくモニターの端子があっていることをご確認ください。 【マイクスピーカー】 出席している人がそれぞれヘッドセットを着用せずとも、ある程度の広さの場所に居る人の声を拾うマイクと、クリアに聞こえるスピーカーがセットになった機器です。 セットの10名用マイクスピーカーの場合、「1か所に参加者10名程度が集まる会議に対応可能なマイクスピーカー」とご理解ください。 社内で主に行う会議の参加人数、規模、用途に応じて最適なものをお選びください。 Fresh Voiceと、上記のような周辺機器を組み合わせることにより、さまざまな形の会議室も、快適で便利なテレビ会議ルームに変化させることが可能になります。 パソコンの必要スペック テレビ会議・Web会議において必要なパソコンのスペックは、下記の通りです。 【必要OS】• ・Windows10• ・Windows8• ・Windows7• ・Vista• ・XP 【必要CPU】 Windows7以上であればCore i3の2. 5GHz以上、メモリは2GB以上、HDD容量が100MB以上が必要となります。 基本は、OSの動作がスムーズに行えて、余裕のある環境が望ましいです。 導入の際には、他にも通信環境など様々な推奨環境があります。 弊社ではお客様のオフィス環境・用途に合わせて、最適なシステム構成をご提案し、サポートいたしますので、ご不明な点等あれば、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お客様の用途に合わせ、最適なテレビ会議環境を整えるサポートをいたします。 しかし、WEB会議のFresh Voiceをご利用いただく場合は高価な機材をそろえる必要はありません。 Fresh Voiceはサーバー型とASP型の2つの方式があります。 具体的には、サーバー型はテレビ会議を使用する本部の社内に専用のサーバーを置く方式、ASP型はサーバーなどのハードウェアを会社に設置せず、クラウド上のサーバーを用いてテレビ会議を導入する方式の2つです。 サーバー型はもちろん、ASP型でも非常に質の高いテレビ会議システムが構築出来るのが最大のメリットです。 参加はクライアントソフトをインストールするだけで完了 Fresh Voiceのテレビ会議に参加するときは、インターネット接続が済んでいるパソコンに、専用のクライアントソフトをインストールするだけで完了です。 また、会議の傍聴、内容の不正取得のような情報漏えいを防げるよう、専用のユーザーIDとパスワードを設定してから参加する必要があるので、セキュリティ面も安心してご利用いただけるようになっています。 クライアントソフトを導入するパソコンに必要なスペック 対応しているOSはVista、Windows7、Windows8,Windows10で、推奨スペックはCPUがIntel Core i5以上、メモリが4GBB以上、ハードディスク容量は100MB以上の容量が必要です。 基本的にはVista以降のOSが搭載されているデスクトップ、ノートパソコン問わず、一般的なパソコンであれば問題なく満たしているスペックかと思われます。 ちなみに、OSに関しては、XPのOSを搭載しているパソコンでもご利用出来ますが、開発元のマイクロソフトが2014年の4月9日をもってXPのサポートを終了したため、新たな脆弱性が見つかったとしてもアップデートプログラムの配布はされません。 このことから、XPはセキュリティ面で非常に不安が強いためVista、Windows7、Windows8、Windows10での利用を推奨しております。 webカメラ、スピーカー、ヘッドセット等について 現在発売されている一般的なノートパソコンには、webカメラ、スピーカー、マイクは内蔵されています。 ですので、それらを用いてFresh Voiceをご利用いただいて問題ありません。 ただ、デスクトップパソコンなど、これらの機能が内蔵されていない場合または、性能が十分でない場合には、市販されているwebカメラ、マイク、スピーカーやヘッドセットなどが必要になりますので、ご用意ください。 どのくらいが理想?テレビ会議に使うカメラのサイズや、最適なマイクスピーカー テレビ会議に使うカメラ。 理想のサイズは? テレビ会議を行いたいと考えた時、カメラのサイズが重要です。 Web会議で使うWebカメラであれば、口径1センチ程度のものでも構いません。 ですが、テレビ会議を大画面で行いたいと考えた場合はどうでしょうか。 最低でも口径5センチ程度のレンズを持つ大きなカメラを使っていただきたいと思います。 ただ、「ノートパソコンのカメラでいいのでは?」と思うかもしれません。 たしかに、個人ユースでSkypeなどを使いながら、最低限のザラザラ画像がみえれば、それでいいという考え方もあります。 しかし大切なのはビジネスユースです。 仕事で使うのであれば、ノートパソコンに付いている小さなカメラではなく、専用のカメラを使うことが大切です。 それほど高くないですし、口径は5センチほしいところです。 大きなカメラを使うことのメリット テレビ会議に大きなカメラを使うことによって、画角を広く取り、大勢の人を同時に写すことができます。 小さなカメラは、一般的に画角も小さく、写せる範囲が狭くなり、同時に写せる人数が少なくなってしまいます。 小さなノートパソコン専用のカメラは、正面にすわったひとりしか映すことができません。 その点、大きなカメラは、広角が広い為、部屋中が見渡せるので、会議のWeb会議に最適です。 つまり、小さなカメラだと、1対相手というふうに、個人でしか話せないのが、広角カメラを使えばとても大勢で話せるようになります。 専用カメラを使えば、ズーム操作も可能 専用カメラを使うのであれば、リモコンで上下左右のズーム操作を行って、大勢の人を写すこともできます。 リモコンがない小さなカメラでしたら、いちいちパソコン本体やカメラそのものを動かさなくてはなりません。 これは大きな違いではないでしょうか。 リモコンで操作することができるので、席に座ったまま、操作も可能です。 カメラ操作のためにいちいち動き、会議が中断されるということがありません。 よって、会議を余計な作業でさまたげないので、こうした点だけでも、カメラにお金を費やすことはメリットがあります。 小さなカメラを使うことのメリット 一方、小さなカメラを使うことのメリットもあります。 それは、持ち運びが簡単で、ノートパソコンにも最初から搭載されているなど、携帯性に優れているということです。 また、参加人数が、こちら側はひとりだったり、というケースもあるので、そんなときはひとり用のノートパソコンのWebカメラでも十分、ことたりるケースは多いのではないでしょうか。 しかし、資料を見せたいときにささっと見せるなど、解像度が高ければ利用用途は幅広いので、いいカメラを買っておくにこしたことはありません。 まとめ:大きなカメラを使おう! 本稿のオススメとしては、解像度の高い画角の大きなカメラをおすすめします。 カメラが大きい方が何かと有利だからです。 画面に書類を写しても高解像度で映像データを転送することができます。 大人数を大きく捉えるのには広角のカメラが断然有利です。 テレビ会議を通じてプレゼンのようなものをするのにも、サイズの大きなカメラはオススメです。 顔の表情まで細かく写りますので、テレビ会議が初対面の相手でも。 名前と顔を覚えてもらうことができます。 大きなカメラを使うと、準備するのにお金がかかりますし、いちいちセッティングの手間もかかります。 ですが、大勢の人数を高解像度で写すことができるため、テレビ会議では口径5センチ程度のレンズを持ったカメラがオススメです。 エクセル比較表ダウンロード テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に役立つWeb会議システムを比較したエクセル比較表をダウンロードできます。 部署内での共有でも役立ちます。 関連コンテンツ• 様々な企業においてWeb会議やテレビ会議の導入が増えていますが、両システムはどの点が違うのかよく分からない人も多いでしょう。 Web会議とテレビ会議では、資料共有機能に関して違いがあります。 Web会議を使えば、インターネットにつながっている国々を介して、web会議でいつでも打ち合わせを行うことができます。 時差の問題さえクリアすれば、いつでも国際会議が可能になるのです。 最近では、ヨーロッパならEUで、アジア間ならASEANで国際会議を行うことも増えてきました。 WEB会議、購入?レンタル?ASP?一体どれが企業にとってお得なのでしょう?その全部を解説します。 導入のしやすさの観点から、Web会議選びのポイントをご紹介します。 FreshVoiceの大きな特徴は、クライアントがソフトウェアインストール型であることです。 ブラウザの違いを意識することなく、最も簡単に安定した会議を開催することができます。 アメリカは、日本以上にテレワーク化が行われいる国です。 特にWeb会議システムは広く利用され、営業活動にも活用されています。 こうした営業手法はインサイドセールスと呼ばれています。 ネット会議の基本的な機能が備わっているFreshVoiceを参考に、Web会議の録音・録画、デスクトップやドキュメントの共有などの機能と充実したサポート体制について紹介します。

次の

日本のカメラも多数!世界中の監視カメラの映像をライブで確認できるサイトが話題

カメラ いらすとや

赤外線カメラで衣服がスケスケ 赤外線カメラを利用すると、女性の衣服がスケスケになるのが透視撮影。 夏の昼間は太陽光線が強く、赤外線成分も特盛り状態です。 女性も薄着なので、夏は赤外線撮影のシーズン本番! 赤外線カメラの撮影画像は色のないモノクロの世界ですが、可視光線の下でモノクロ撮影した画像とは光の反射が異なるため、独自の仕上がりになります。 波長による光の反射の違いを利用したのがスケスケ画像です。 可視光線は衣服で反射しますが、なんと赤外線は衣服を透過し、身体で反射。 そのため衣服が透けて、下着のラインが浮かび上がり、裸のように見えてしまうのです。 赤外線カメラで暗視撮影も可能 また、目に見えない赤外線を利用すれば暗視撮影も可能です。 夜間、赤外線投光機で被写体に赤外線を当てて、周囲を明るくします。 明るくするといっても赤外線は人の目にほとんど見えないので、被写体にはまず気づかれません。 このため赤外線カメラで暗がりにいる男女が何をしているのか、バッチリ写せるわけです。 なお、被写体の承諾なしに透視撮影をしたり、公共の場で暗視撮影をすると法律や条例に抵触する恐れがあります。 赤外線カメラ撮影は同意の上で行って下さい。

次の

機械の目が見たセカイ

カメラ いらすとや

今回から複数回にわたって、カメラを用いた3次元計測手法について紹介します。 今回は、全体像について説明します。 ステレオ法• Shape from X• ToF Time of Flight ステレオ法 2台のカメラを用いるパッシブステレオ法 ステレオカメラ と、スリット光やパターン光を投影するアクティブステレオ法があります。 SubaruのEyeSightは、前者のパッシブステレオ法を採用しています。 Microsoftの第一世代のKinectは後者のアクティブステレオ法です。 パッシブステレオ法 ステレオカメラ ステレオカメラでは、図1に示すとおり視点の異なる2台 または3台以上 を用いて、三角測量の原理で距離を求めます。 たとえば、実空間中の3次元点PをカメラAとカメラBで撮影すると、カメラAの画像平面上の撮像された点の座標PAと、カメラBの画像平面上の撮像された点の座標PBにズレが生じます。 この見え方の差 視差 から距離を計測する手法です。 また、スリット光以外のパターン光を用いる手法もあります。 Microsoftの第一世代のKinectでは、目に見えない近赤外線のドットパターンを投影して、それをカメラで撮影してドットパターンのずれを求め、距離を計測します。 第一世代のKinectについては、の記事が参考になります。 Xは、動き Motion 、輪郭 Silhouette 、陰影 Shading などがあります。 Structure from Motion Visual SLAM Shape from Motionは、一般的にはStructure from Motion、あるいはVisual SLAM Simultaneous Localization and Mapping と呼ばれています。 Structure from Motionは複数の視点から撮影した複数の画像から3次元形状を計測する技術です。 下記の動画は、ECCV2014で発表されたLSD-SLAMと呼ばれる手法です。 カメラを動かし、さまざまな視点から撮影することで3次元形状を計測している様子がわかるかと思います。 Shape from Shading 物体の表面の陰影から形状を復元する手法です。 たとえば、球体に光があたると真正面から光が当たった部分が最も明るく、そこから遠ざかるにつれて徐々に暗くなっていきます。 Shape from Shadingでは、この明るさの変化から物体の形状を復元するわけです。 材質や表面のテクスチャの影響を大きく受けるというデメリットがあります。 ToF Time of Flight Microsoftの第二世代のKinectではこの手法が採用されています。 原理を簡単に説明すると、光を照射し、その光が物体に当たって反射して戻ってくるまでの時間をもとに距離を計測する手法です。 Kinectについては、で詳しく解説されていますので、興味のある方は読んでみてください。 著者プロフィール 樋口未来 ひぐち・みらい 日立製作所 日立研究所に入社後、自動車向けステレオカメラ、監視カメラの研究開発に従事。 2011年から1年間、米国カーネギーメロン大学にて客員研究員としてカメラキャリブレーション技術の研究に携わる。 現在は、日立製作所を退職し、東京大学大学院博士課程に在学中。 一人称視点映像 First-person vision, Egocentric vision の解析に関する研究を行っている。 具体的には、頭部に装着したカメラで撮影した一人称視点映像を用いて、人と人のインタラクション時の非言語コミュニケーション うなずき等 を観測し、機械学習の枠組みでカメラ装着者がどのような人物かを推定する技術の研究に取り組んでいる。 また、大学院での研究の傍ら、フリーランスとしてコンピュータビジョン技術の研究開発に従事している。 予めご了承ください。 連載一覧 第8回 第7回 第6回 第5回 第4回.

次の