京都市 認知症。 京都市丸太町・烏丸御池のたて内科クリニック

京都認知症総合センタークリニック|京都認知症総合センター

京都市 認知症

耕された畑に水をまく鈴木貴美江さん(9日、京都市左京区岩倉) 2月下旬、連日続く各地のイベント自粛の報道をテレビで見ていた鈴木貴美江さん(81)=京都市左京区=は夜に眠れなくなり、明け方まで「これからどうなるの?」と同じ質問を繰り返すようになった。 それまで一人でバスに乗って通院できたのに、敬老乗車券や診察券を自分で用意することもできなくなった。 長女の佑三古さん(55)は「10日間ほどで認知症に伴う症状が急に進んだ」と感じた。 本人や家族、住民が定期的に楽しいひとときを過ごす「認知症カフェ」などが中止になり、貴美江さんは外出する機会がなくなった。 楽しんでいたことができず、気分の落ち込みが激しかったという。 「3密」(密閉・密集・密接)を避けるため、京都府内の多くのカフェで開催見送りが続く。 「家に閉じこもり、人と会う刺激がなくなると、認知症の人は意欲や積極性を失い、症状も悪化することがある」。 「コロナ前」は長岡京市で月2回カフェを開催していた医師の野々下靖子さん(85)は懸念する。 気を抜く機会がなくなる家族の負担も気に掛ける。 京都市左京区で「認知症カフェ いきいき」を運営するヘルパーらは3月、2人だけで自宅を訪れて会話を楽しむ「訪問型カフェ」を試みた。 しかし翌月は感染がさらに広がり、訪問も断念。 今度はマスクを手作りして贈ることを企画した。 メッセージや飴を同封し、本人と家族の計13人分を今月上旬に郵送した。 同区の市岩倉地域包括支援センターなど「にこにこ・オレンジカフェ・いわくら」の実行委員会は、「3密にならずに活動できる」として、カフェのような交流を目的とする農園の開設を早めた。 5月上旬、この農園に貴美江さんの姿があった。 カフェの運営メンバーら十数人と一緒に、腐葉土を混ぜ込んだ畑に水をまいた。 「土いじりをしたことはなかったけど、すごく爽快ね」と目を細めた。 夏にはキュウリやトマトが実る。 伊藤俊彦さん(76)=宇治市=は妻の元子さん(74)と一緒に、カフェの参加者や診断を受けて間もない人や家族からの相談に応じていた。 取り組みを通じて親しくなった人たちと、つらさを分かち合った。 「この先に楽しいことが待っているはず。 今はお互いに我慢しましょう」。 伊藤さん夫妻は同じ境遇の人たちに電話を掛け、近況を伝え合った。 電話口から「心強い」「励まされた」と声が返ってきた。 京都府の緊急事態宣言は解除されたが、状況は厳しいままだ。 俊彦さんは今後を見据える。 「今は連絡先を知っている人に限られるが、さらに呼び掛け、テレビ電話など顔を見ながら話をできる仕組みづくりも考えたい」.

次の

認知症について/京都府ホームページ

京都市 認知症

認知症について 1 認知症ケアは高齢者介護の中心的課題 現在、全国の要介護認定者の 2人に1人について認知症の影響。 その数は 約150万人。 2 認知症とは WHO(世界保健機関)の定義 いったん発達した知能が、様々な原因で持続的に低下した状態( 年をとってもの忘れがひどくなり、生活に支障が出ること)。 認知症とは、通常、慢性あるいは進行性の脳の疾患によって生じ、記憶、思考、見当識、概念、理解、計算、学習、言語、判断など多数の高次脳機能の障害からなる症候群である。 ごく普通に社会生活を送ってきた人が、主に老年期に慢性の脳機能障害に陥り、判断能力等が異常に低下して社会生活に支障をきたす「 認知(知能)障害」です。 3 認知症の症状 認知症の症状は様々ですが、大きく3つのタイプに分けられます。 症状の出方は、現在の生活環境、過去の生活歴、性格等によって個人差があり、認知症のレベルによっても違いがあります。 A 知的能力の低下(認知症の「中心症状」)• もの忘れ(健忘)• 時間や場所、人がわからない(見当識障害)• 言葉、知識、判断力の低下(思考・認知障害) B 心の症状と行動の障害• 不安で落ち着かない• 憂うつで元気がない• もの盗られ妄想• もの集め• 夜間に騒ぐ• 異食、暴力、弄便 C 日常生活能力の低下(できて当たり前のことができなくなる)• 料理ができない• 掃除や洗濯ができない• 電話がかけられない• 湯沸かし器やテレビのリモコンが使えない• お金の計算ができない• 道に迷う 認知症は、中心症状とよばれるAの症状が進行するにつれ、BやCの症状が次第に強くなっていく傾向がみられます。 中心症状の進行をくい止めることが本人の不安や、日常生活での混乱を最小化することにつながります。 今のところ根本的に治すことは困難ですが、初期段階からの投薬により進行が抑えられたり、介護の仕方によって症状改善の可能性があります。 症状に気づいたら早めに医療機関で診てもらうことが大切です。 4 認知症の種類 認知症の原因疾患の多くは、「 脳血管性認知症」と「 アルツハイマー型認知症」の2つです。 脳血管性認知症 脳梗塞(脳の血管が詰まる)や脳出血(血管が破れて出血した状態)など脳に栄養が行かなくなって起こる認知症。 適切な急性期治療を行い、早めにリハビリテーションを受けると回復していく可能性があります。 アルツハイマー型認知症 脳細胞が変性したり消失した結果、脳が萎縮して起こる認知症。 アルツハイマー病では、神経伝達物質のアセチルコリンの分泌が減ってくることから、アセチルコリンを増やす薬が開発されています。 原因をなくすことはできませんが、軽症~中等症の場合に進行を遅くすることができます。 5 「認知症かな」と思ったら• 認知症の初期段階ではなかなか気づきにくいもの。 以下の「 早期発見のポイント」に少しでも当てはまると思ったら、• 早めに専門外来のある病院(精神科、神経内科、脳神経外科、老年病科等)や老人性痴呆診断センターなどの専門医療機関で受診。 初期のうちに治療や介護のプランを考えていくことにより、認知症の進行をくい止め、家族の介護の負担を軽減。 認知症の原因や状態によっては、日常生活に支障のない程度まで回復。 認知症では 早期発見・早期治療が最も重要 「認知症」早期発見のポイント 1 何回も同じことをたずねたり言ったりする 2 よく知っている人の名前を覚えていない 3 自分の住所や電話番号を覚えていない 4 周りの状況、ものごとの善悪などの理解や判断ができない 5 計算やお金の勘定ができない 6 日付(今日は何月何日か)がわからない 7 場所の見当がつかない(道に迷ったりする) 8 簡単な事柄や質問の意味がわからない 9 普通に会話ができない(話が通じない) 10 好きなことをやらなくなった 6 認知症を防ぐために 認知症を防ぐためには、早期発見を心がけるとともに、普段の生活から予防することが必要です。 ポイントは「 健康なからだ」と「 脳を使う生活」です。 脳血管性認知症 脳卒中や動脈硬化など生活習慣病を予防しましょう。 アルツハイマー型認知症 脳の機能をしっかり使って、脳の神経機能を維持しましょう。 中でも認知症になりかけの時に低下する機能を意識的に使い、鍛えることが重要です。 生活習慣を正しく保つ• バランスのとれた食事(塩分控えめ、魚・野菜中心の献立に)• 適度に運動• いろいろなことに興味をもつ(読む、書く、ゲームをする、新しいことに挑戦を)• 考えをまとめて表現• 人に頼らない生活(自分でお金の管理や計画の運営を)• 家族や友人と楽しく会話• 積極的に活動し、明るく楽しく生活 認知症高齢者の介護については、こちらの「認知症高齢者に関する相談窓口」までご相談ください。 認知症に対応できるかかりつけ医 認知症は早期に対応することにより、治療が可能であったり、進行を遅らせたりすることができます。 認知症かなと思ったら早めに医療機関で診てもらうことが大切です。 京都府では、高齢者が日頃から受診する医師を対象に、認知症診断の知識や家族からの相談に対応する能力等の向上を図るため、「かかりつけ医認知症対応力向上研修」を実施しています。 上記研修の 京都市以外)を公表しますので、参考にしてください。 なお、京都市分についてはを参考にしてください。 認知症介護情報等 認知症介護情報ネットワーク(厚生労働省補助事業) 認知症介護研究・研修センターが運営しています。 介護情報の最前線のトピックスや最新の研究報告、研修会やセミナーの案内や厚生労働省・法令・通知情報等認知症介護の最新情報をご覧いただけます。 この中で、冊子が掲載されています。 4月には「認知症になっても安心して暮らせる町づくり100人会議」の発起人会が行われ、「認知症になってもだいじょうぶ町づくり」キャンペーン等さまざまな取り組みが行われることとなりました。 キャンペーンは、国際長寿センター、認知症介護研究・研修東京センター、社団法人認知症の人と家族の会、厚生労働省による協働事務局によって運営されます。 お問い合わせ先 京都府健康福祉部 高齢者支援課 〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町(京都府庁第1号館4階) 電話 075-414-4570・075-414-4568 ファックス 075-414-4572 Eメール.

次の

【京都市】認知症対応デイサービスの一覧|LIFULL介護(旧HOME’S介護)で検索

京都市 認知症

先日、9月21日は世界アルツハイマーデーで、京都でも記念講演会が開催されました。 また現在、京都府では認知症に関する取り組みを強化しています。 認知症と聞いても多くの人はピンと来ないかもしれません。 認知症は高齢者が罹るもので30代、40代の自分には関係なく、罹患する可能性そのものが小さいものだと感じているかもしれません。 しかし、年々認知症になる人の数は増えています。 内閣府の統計によると、65歳以上の認知症患者数は2012年には462万人(7人に1人)だったのが、2025年には約700万人(5人に1人)になると見込まれています。 京都府内に限定しても2015年には7. 5万人だったのが、2025年には9. 9万人に増えると見込まれています。 また18歳から64歳までの若年性認知症に関しては、厚生労働省の調査によると現在人口10万人あたりの人数は47. 6人もいます。 特に男性が57. 8人と女性の36. 7人よりも20人も多い状況です。 このような数字を見ると、多くの人が今後認知症になる可能性があり、また自分ではなく身近な人(親や子ども、職場の同僚など)が認知症になる場合もあります。 だからこそ、今普通に生活できる状態の時に認知症に関する知識を身につけておく必要があります。 今回は京都府の認知症に対する取り組みをご紹介します。 もし、自分が認知症ではないかと疑っている場合や身近な人が認知症症状が出ている場合は近くの認知症関連施設に相談に行きましょう。 京都認知症総合センター(仮称)が2018年の春に宇治市にオープン 認知症になると生活は一変します。 病院など医療機関にお世話になることも増えますし、在宅生活を送る場合はデイサービスなどの支援を受ける必要があります。 また症状が重い場合は施設に入所することにもなります。 さらに認知症患者だけでなく周囲の人たちの悩みやストレスも増え精神的なケアが必要になる場合もあります。 従来はこのような関連施設がバラバラに存在していたのですが、これら関連施設を一箇所にまとめワンストップで提供していくのが、2018年春に宇治市にできる「京都認知症総合センター(仮称)」です。 ではこのセンターはどのような機能を擁しているのでしょうか。 訪問診療・看護• 認知症相談• 常設の認知症カフェ• 認知症デイサービス• 短期入所• 特別養護老人ホーム• 認知症対応型グループホーム このように認知症初期から中・重度期、そして看取りまでをこのセンター内で全て賄うことができます。 認知症は生活・対人環境の変化によって発症する可能性が高いようです(これを「リロケーションダメージ」という)。 つまり、認知症になったからといって生活環境を変えることは返って症状を悪化させる要因になるため、住み慣れた街でケアしていくことが大切なんだとか。 だから、このようなワンストップで対応できるセンターが必要なんですね。 京都府内の認知症関連施設 京都認知症総合センターはとりあえず宇治市だけに設置するようですが、実は京都府内にはここ以外にも認知症関連施設があります。 何か認知症に関して困っていることや悩んでいることがあれば、まずは近所の関連施設に相談に行きましょう。 コールセンター 京都府認知症コールセンター• 0120-294-677• 月曜日〜金曜日、10:00〜15:00 京都府若年性認知症コールセンター• 0120-134-807• 月曜日〜金曜日、10:00〜15:00 ポータルサイト きょうと認知症あんしんナビ 京都府内の認知症関連施設・サービスの案内のほか、京都府内で開催されている関連セミナーの情報も掲載されています。 コールセンターに電話をかける前に、まずはこのポータルサイトで情報収集したほうがよいと思います。 認知症カフェ 認知症に関して悩みや困ったことがある場合に、専門家に気軽に相談したり、地域の人たちと交流ができる場です。 「きょうと認知症あんしんナビ」に京都府内140ヶ所の認知症カフェが掲載されていますので、ご近所のカフェを見つけてご利用ください。 認知症疾患医療センター 地域医療機関や介護事業所と連携しながら、認知症の診断や治療、専門医療相談を行っています(要予約)。 京都府立医科大学付属病院(京都市上京区) 京都府立医科大学付属北部医療センター(与謝野町) 国立病院機構 舞鶴医療センター(舞鶴市) 京都中部総合医療センター(南丹市) 西山病院(長岡京市) 京都府立洛南病院(宇治市) 宇治おうばく病院(宇治市) 京都山城総合医療センター(木津川市) 今回は京都府の認知症に関する取り組みをご紹介しましたが、少しは認知症に興味を持っていただけましたでしょうか。 認知症は生活習慣病と大きく関連し、食事や運動、環境によってある程度予防・改善することができるんだとか。 認知症にならないように普段の生活を気にすることが一番大切なんですね。 また、身近な人が認知症になった時のことを考えて、認知症サポーターになることもオススメします。 これは一般の方でも受講が可能で、認知症に関する知識と認知症患者への接し方が学べます。 「京都 認知症サポーター」で検索すれば、情報が取得できますので興味のある方はぜひ調べてみてください。

次の