ワイモバイルに乗り換える。 ワイモバイルからauに乗り換え! auオンラインショップでMNPをするための手順とは|スマホラボブログ

ワイモバイル(Y!mobile)へ乗り換えるのはありか?

ワイモバイルに乗り換える

ワイモバイルからauに乗り換える際の注意点について こちらでは、ワイモバイルからauに乗り換える際にかかる費用について見ていきましょう。 意外と乗り換え費用のことを考えていない人も多くいます。 そのため、乗り換えたくても予想外の出費で諦めるケースもあるようです。 そうならないためにも、しっかり乗り換え費用について把握しておきましょう。 どんな費用が必要になるのか 「MNP転出手数料」「契約事務手数料」「契約解除料」「端末の残債」が必要になります。 乗り換えの際、端末の残債が3万円残っていた場合は全額支払わないといけません。 分割で支払っていた場合などは、一気に負担が大きくなるので注意してください。 MNP転出手数料は3,000円、契約事務手数料は3,000円、契約解除料は1万円前後となります。 契約事務手数料については、キャリアのキャンペーンで無料になる場合もあるようです。 春など新規客が多くなる時期などは、契約事務手数料を無料にする場合が多いので、MNP乗り換えを検討している人は少しでも金銭的負担が軽減できる時期を選びましょう。 契約解除料には注意 キャリアによっては2年縛りがあります。 そのため、2年以内に解約をすると契約解除料が発生してしまうのです。 2年より後であっても、更新月以外であれば契約解除料が発生してしまうので気をつけましょう。 auオンラインショップでMNP乗り換えをする手順 auオンラインショップから、MNP乗り換えをする手順は比較的簡単です。 携帯電話の申し込みをした後に、受付や登録完了の連絡が来るのを待つだけです。 出荷連絡が来たら、データ移行方法の確認を行います。 その後に申し込みをした携帯電話が届き、利用開始の手続きをして終了です。 乗り換えはどの時期がお得になるのか auのプラン料金は月末が締日ですが、ワイモバイルは日割りとなります。 そのため、月中から月末での乗り換えがおすすめされています。 ワイモバイルに契約する場合は、月末に近い方が安くなりますが、auに乗り換える場合は早めに契約した方がお得と言えます。 ワイモバイルは日割り計算なので、auへの乗り換えが遅くなればなるほどワイモバイル側に支払う金額が大きくなってしまうのです。 スポンサーリンク 逆に、auは月初めでも月末でも費用は変わりません。 そのため、早めに契約した方がお得感が出るのです。 MNP予約番号の入手方法について MNP予約番号はショップに赴く場合と、電話で入手する場合の2種類があります。 ショップに行くと予約番号がかかれた紙を渡されますが、電話の場合は自分でメモを取らないといけません。 そのため、聞き逃しや聞き間違いの可能性があるので気をつけましょう。 ただ、気をつけたいことは「有効期限」です。 MNP予約番号は有効期限があるので気をつけてください。 ただし、auオンラインショップで手続きをする場合は「有効期限が10日以上残っている」必要があるので気をつけましょう。 そのため、予約番号を発行したらなるべく早めに手続きを済ませるようにしましょう。 オンラインショップで手続きしたら端末はどれくらいで届く? キャリアによって異なりますが、基本的には3日前後で届くと言われています。 端末が届く日数については異なりますが、1週間以内には届くことが多いようです。 そのため、1週間以上かかる場合は問い合わせた方が良いと思われます。 ただし、時期によっては長めにかかる場合があることも覚えておきましょう。 auの魅力について auと言えば、やはり注目されているのは「三太郎」でしょう。 有名芸能人を使用したCMは、他キャリアのお父さん犬以上に人気を集めています。 CMのバリエーションも増えて、キャンペーンなども積極的に行っているのでワイモバイルだけではなく、他キャリアから乗り換える人も少なくありません。 料金だけを見れば、ワイモバイルの方が圧倒的に安いです。 料金重視の人は、auよりもワイモバイルの方がおすすめされています。 しかし、なぜワイモバイルからauに乗り換える人が多いのでしょうか。 それは、auに魅力が多いからです。 auにはau WALLETがあります。 プリペイドカードやクレジットカードを簡単に作ることができるのです。 au WALLETプリペイドカードには、ポイントが溜まる、クレジットカード決済ができる、クレジットカードよりも悪用リスクが少ないというさまざまなメリットがあります。 auを使うならば、au WALLETでポイントも溜まっていき、料金決済などにも使えます。 安易には言えませんが、auユーザーであれば審査は簡単だと言われているのでおすすめです。 スポンサーリンク auは好感度が高い auがおすすめされている理由として、好感度の高さにも定評があります。 CMの頻度が高いことからも、スポンサーになっている番組なども多くあるのです。 多くの番組や視聴者から好感度が高いということは、利用しやすさにも繋がります。 飲食店とコラボをして、1杯無料なども行っていることがあります。 auユーザーならではの魅力やメリットが多いのも特徴のひとつです。 好感度の高さを重視して選ぶ人は少ないかもしれません。 しかし、好感度の高さは企業の信頼度や安心感につながるのです。 近年はインターネット社会でもあり、信頼度が低くなることでユーザー離れが酷くなります。 そのため、キャリアを選ぶ際のポイントに高感度や信頼度を選ぶ人も少なからず存在します。 インターネットと店舗はどっちで契約するべき? インターネットと店舗、どちらで契約してもメリットがあります。 店舗で契約する場合は分からないところはすぐ聞けるという最大のメリットがあります。 実際に端末を自分の目で見られるのもメリットのひとつと言えます。 ただ、大勢の人がいる場合は待ち時間の長さ、不必要なオプションの勧誘などのデメリットがあるのです。 他にも、余分な頭金が発生するのもデメリットと言えるでしょう。 auオンラインショップで手続きをするメリットは、オンラインショップならではのキャンペーンがあることです。 毎回行っているわけではありませんが、比較的キャンペーン開催されているので多少の割引効果があります。 他にも、24時間いつでも申し込みができるので自分の都合に合わせられるのもメリットでしょう。 不要なオプションに加入しなくてもいいのですが、自分で利用開始の手続きをしなければいけないのはデメリットと言えるでしょう。 ワイモバイルからauに乗り換えよう ワイモバイルからauに乗り換える人は少なくありません。 auが良いから、ということだけではなくそれぞれのキャリアにメリットがあります。 auの方にメリットを感じる人が多くいるというだけなのです。 料金だけであれば、ワイモバイルの方がおすすめなので「自分の使い方」でキャリアは選びましょう。 auに乗り換える場合は、オンラインショップから行った方がお得なキャンペーンなどが開催されています。 自分の使い方を明確にしてから、乗り換えを検討してください。

次の

ワイモバイルから乗り換えるならおすすめはこの3社だ!【2020最新】

ワイモバイルに乗り換える

運転免許証• 日本国パスポート• マイナンバーカード• 健康保険証+補助書類• 住民基本台帳カード(QRコード付)• 身体障がい者手帳• 療育手帳• 精神障がい者手帳 ドコモからワイモバイルに乗り換えるために必要な本人確認書類として、これらが使用できます。 公式サイトに明記されている書類以外の利用は問い合わせが必要とのことなので、念のために確認しましょう。 ちなみに健康保険証の場合は補助書類が必要となります。 クレジットカードまたは住民票などの住所確認書類を用意しましょう。 ステップ2:ドコモで「MNP予約番号」を取得する 次に、ドコモで「MNP予約番号」を取得しましょう。 この番号を取得することでワイモバイルでもドコモと同じ電話番号を使うことができ、ワイモバイルにの利用開始とともにドコモは解約となります。 ショップで発行する• ドコモコールセンターに電話して発行する• My docomoで発行する 予約番号を取得する方法は上記の3つです。 ショップやドコモコールセンターの場合は、スタッフと直接話して予約番号を取得することができます。 スタッフに伝える時は しっかりと「予約番号が欲しい」と伝えましょう。 最終的にドコモを解約するからといって「解約したい」と伝えてしまうと、その場でドコモの回線を解約してしまい乗り換えができなくなってしまいます。 筆者もショップスタッフとして働いていた時に、「解約したい」と言われてそのまま解約したら、後から予約番号が欲しかったということがわかり、解約をキャンセルするのに時間がかかりました。 まだ新人だった頃のミスではありますが、言葉を鵜呑みにしてしまうスタッフも多いので気をつけましょう。 My docomoでの予約番号取得のやり方 My docomoで予約番号を発行する場合、少しアクセス方法が複雑なので、この章で手順を解説します。 My docomoにアクセス• 下にスクロールして「その他のお手続きはこちらから」を選択• 「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」を選択• 最下部にある「ドコモオンライン手続きトップへ」を選択しPCページへ移動• 「解約お手続き」を選択• 「お手続き内容を確認」と「受付確認メールの送信」にチェックを入れる• 内容を確認し、「手続きを完了する」を選択• 完了 アクセスはスマホやタブレット、PCから可能です。 コールセンターやショップの場合混雑して時間がかかる恐れがあるので、1番素早く取得したいのであればMy docomoを利用するのがおすすめです。 予約番号の有効期限は15日!事前に取得しておこう 予約番号は、必ずしもショップなどで乗り換えが確定した時に取得する必要はありません。 有効期限は15日あるので、前もって用意することが可能です。 前述したように、予約番号の取得方法によっては大変混み合い、時間がかかる恐れがあります。 事前に予約番号を用意しておいた方が契約当日の流れもスムーズになるので、是非用意しておきましょう。 ステップ3:ワイモバイルに申し込む 次に、ワイモバイルに乗り換える手順について解説します。 ワイモバイルに申込から開通までの流れ• ワイモバイルオンラインストアにアクセスする• 購入したい機種のページへ移動• カラーやプラン、オプションなどを選択する• 「ご購入手続きへ」を選択• 必要事項を入力して申し込み内容を送信• 審査完了後、最短翌日にスマホが発送される• スマホを受け取り初期設定と開通手続きを完了させたら終了 オンラインストアで申し込む時は、機種から料金プランまで全て自分で決める必要があります。 とはいっても画面に書いてある通りに進んでいけばいいので、初心者でも問題ありません。 また、ワイモバイルのオンラインストアでは 24時間いつでも申し込みできますし、ショップに行く必要は一切ありません。 日中ショップに行く暇がない人は是非利用してみてください。 ワイモバイルに乗り換えるメリット 画像引用元: ドコモは「通信品質が良い・取り扱っているスマホが多い・サービスが手厚い」など非常に人気のある携帯キャリアです。 では、 ドコモからワイモバイルへ乗り換えるメリットはあるのでしょうか。 この章では、ワイモバイルに乗り換えるメリットについて解説していきます。 ドコモよりワイモバイルのほうが料金が安い ワイモバイルの料金プランは下記の通りです。 ドコモでも従量制プランで、最安値1,980円で使うことができますが、「使ったら使った分だけお金がかかる」というネックがあります。 また、通話定額のオプションをつけるとさらに料金が高くなります。 一方で、ワイモバイルの料金プランは通話もネットもコミコミで定額制なので、 制限を超えたら通信速度が低速化するだけで一切課金されません。 より確実に最安値で利用できるといっても良いでしょう。 スマホの機種代金も安い ワイモバイルで取り扱っているスマホのほとんどは 3万~5万円の格安スマホと呼ばれる機種です。 基本的に24回の分割支払いとなりますが、一括でも購入しやすい価格というのが魅力的です。 ドコモのスマホのほとんどは5万円以上の高額スマホなので、料金プランと機種代金を合算して月額8,000円程度になることも少なくありません。 機種代金を含めたトータルコストで考えても、ワイモバイルはかなりリーズナブルです。 ドコモで使っていたスマホを引き続き使える どのキャリアや格安SIMでも共通していますが、今まで使っていたスマホを引き続き使うことも可能です。 その場合は、 「SIMのみ契約」で乗り換えをする必要があります。 ドコモで使っていたスマホの機種代金が残っている場合も、ワイモバイルでSIMカードだけ契約すれば、• ドコモのスマホを引き続き使う場合の注意点 ドコモのスマホをワイモバイルで使う場合、いくつか注意事項があります。 SIMロック解除が必要• ワイモバイルの動作確認済みスマホのリストに含まれているかどうかチェックする• ドコモのスマホはワイモバイルのサポート対象外なので全て自己責任 ドコモのスマホの SIMロックを事前に解除する必要があります。 また、動作確認済みスマホのリストに自分が今使っている機種が含まれているかも、必ず確認しましょう。 さらにワイモバイルのサポートには一切対応していないので、修理などの保証オプションも利用することができません。 これらのリスクを踏まえた上で、ドコモのスマホを使うようにしてください。 ソフトバンク回線を快適に使える ワイモバイルはソフトバンクの子会社にあたる格安SIMです。 そのため、ワイモバイルではソフトバンクの回線を利用することができます。 どの格安SIMもキャリアの回線を借りて使っていますが、時間帯によって通信速度が遅くなるなどのデメリットがあります。 一方で、ワイモバイルは借りているわけではなく、 回線をソフトバンクと同じように使えます。 そのため、ネットの通信速度は「キャリアを使っていた時と変わらないくらい快適」だともいわれています。 名前はワイモバイルですが、実質ドコモと同じ大手キャリアである ソフトバンクに乗り換えるのと同じ感覚といって良いでしょう。 2年契約・解除料一切なし! 2019年10月1日から、ワイモバイルの料金プランや契約内容がガラリと変わりました。 その中でも大きな変更点が「2年契約と契約解除料の廃止」です。 ワイモバイルには、従来の2年縛りがなくなり、 契約の自由度が一気に高くなりました。 短期間使いたい人• 契約を気にせずに使いたい人 上記のような人にも、ワイモバイルは非常にお得です。 最安値1,480円で使える格安の料金プラン• ドコモのスマホを引き続き使える• ソフトバンク回線をキャリアと同じように快適に使える• 2年契約や解除料は一切ない ドコモからワイモバイルに乗り換える時の注意点 乗り換えの手続き自体はそこまで複雑なものではありませんが、 いくつか注意しなければいけない点があります。 この章では乗り換えの注意事項について解説するので、手続きをする前に知っておきましょう。 乗り換え手続きが完了した時点でドコモのスマホは使えなくなる 契約の手続きが全て完了すると、自動的にドコモが解約されワイモバイルの回線が開通されます。 そのため、ドコモのスマホでは下記のことができなくなります。 ドコモ回線によるネット接続• ドコモのキャリアメールの送受信 一方で、オンラインストアで契約した場合は、ユーザー側で開通手続きをするまで回線が切り替わることはありません。 そのため、 ドコモのスマホが使えなくても問題ないタイミングで手続きするようにしましょう。 データのバックアップやメールアドレスの変更などを事前にしておくことをおすすめします。 ドコモ側で契約解除料やMNP転出手数料などが発生する ワイモバイルに乗り換える場合、ドコモ側でも費用が発生します。 契約解除料:9,500円(2019年10月1日からの新プランは1,000円)• MNP転出手数料:3,000円 ドコモも10月から2年契約が緩和されたので、契約解除料は安くなりました。 しかし、 以前に契約していた人に関しては9,500円の解除料がかかる可能性があります。 (契約内容や状況によって異なります) 予約番号を取得する時に案内があると思うので、しっかり確認しましょう。 ドコモの料金は日割り計算されない ワイモバイルに乗り換えた時点でドコモは自動解約になります。 解約の場合、ドコモでは月額料金の日割り計算はありません。 つまり、いつ解約しても月額料金が満額かかるということになります。 そのため乗り換えするタイミングは、 月末が1番おすすめです。 人気スマホの最新モデルなど取り扱っていない機種が多い ワイモバイルでは、3万円~5万円程度の格安スマホがメインに取り扱いされています。 iPhoneの取り扱いもありますが、1番新しい機種でもiPhone 7と6世代ほど前のモデルです。 GalaxyのスマホやiPhoneの高スペックで最新モデルは、ワイモバイルにはありません。 それらの機種を使いたい人にとっては、ワイモバイルは不向きでしょう。 通信エリアが変わるので場所によって使えなくなる可能性も 通信エリアはドコモからソフトバンクに変わります。 そのため、 今までドコモで繋がっていたエリアで使えなくなる可能性も0ではありません。 使えない可能性は限りなく低いですが、自宅や職場など、よく利用するエリアでちゃんと使えるかどうかしっかり確認しましょう。 乗り換え手続きが終わった時点でドコモのスマホは使えなくなる• ドコモで契約解除料やMNP転出手数料が発生する• 解約時のドコモの料金は日割りされない• GalaxyやiPhoneの最新モデルなど取り扱いされていない機種が多い• 通信エリアがドコモからソフトバンクに変わるので使えなくなる可能性もある• キャンセルは8日以内であれば可能 ワイモバイルは料金も安く通信品質もキャリア並なので、 キャリアからの乗り換え先として非常におすすめです。 ドコモの料金が高いと感じている人は、是非一度乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。 ワイモバイルは初めて格安SIMを利用しようと考えている人にとっても、非常に使いやすい格安SIMです。 これから格安SIMを利用してみようと考えている人も、まずはワイモバイルを試してみることをおすすめします。

次の

ワイモバイルから楽天モバイルへMNPで乗り換える手順と注意点!

ワイモバイルに乗り換える

転出元キャリア:MNP転出手数料• ワイモバイル:契約事務手数料 この2つの費用はキャリアの契約解除料とは全くの別物なので、2年契約の更新月に乗り換えても必ず発生する費用です。 まずはこの2つの費用についてチェックしておきましょう。 MNP転出手数料はキャリアにより異なる 画像引用元: キャリアの電話番号をそのままワイモバイルに乗り換えるには、 MNP転出手数料が必要になります。 各キャリアのMNP転出手数料 プラン提供時期 ドコモ au ソフトバンク 2019年9月まで 2,200円 3,300円 3,300円 2019年10月から 3,300円 auとソフトバンクは、どのプランを利用していてもMNP転出手数料は3,300円です。 一方、ドコモは2019年9月以前の料金プランの場合は2,200円、2019年10月以降の料金プランは3,300円とMNP転出料が変わります。 ドコモユーザーの方でここ最近プラン変更をしていない方は、他キャリアより少し安くMNPできると考えていいでしょう。 ワイモバイルでは契約事務手数料が発生する 画像引用元: キャリアからワイモバイルに乗り換える際、3,300円の契約事務手数料がかかります。 この手数料はMNPの手数料というわけではなく、ワイモバイルを新規契約する際の手数料ですね。 ちなみに、今後利用していく中でワイモバイルで発生する各種手数料は大抵3,300円です。 ワイモバイルの各種手数料 手続き内容 料金 契約事務手数料 3,300円 機種変更手数料 3,300円 MNP転出手数料 3,300円 番号変更手数料 3,300円 SIMロック解除手数料 3,300円 今後機種変更やMNP転出をすることもあるでしょうから、上記の手数料は頭の片隅に置いておいて良いかもしれません。 つまり、キャリアからワイモバイルへ乗り換える際は、上記の 合計6,600円が必要ということです。 お得にワイモバイルへ乗り換えたいならタイミングは重要 ワイモバイルへの乗り換えをお得にするためには、今利用しているキャリアから乗り換えるタイミングも非常に大切です。 この 乗り換えるタイミングを間違えると、利用中のキャリアで契約解除料がかかる可能性があります。 ただ、契約解除料をかけてでも乗り換えた方がお得ということもあります。 ワイモバイルに乗り換える前に、利用中のキャリアの契約解除料はしっかりチェックして乗り換えタイミングを掴みましょう! 各キャリアの契約解除料について ドコモ・au・ソフトバンク共に、利用しているプランによって契約解除料が異なります。 もちろん、どのプランも 契約満了の更新月なら契約解除料はかかりません。 なお、ソフトバンクは2019年9月13日から開始している基本プランで、2年契約自体を廃止しています。 ワイモバイルに乗り換える際は、更新月は必ずチェックしておきましょう! 更新月は契約満了月から3ヶ月間 各キャリアの2年契約は、2年契約が満了した月から3ヶ月間の「更新月」があります。 この更新月なら、先にお伝えした契約解除料をかけずにワイモバイルへ乗り換えができます。 契約解除料1,100円 or 無しで使っている• 月額料金の差が契約解除料よりお得になる これはキャリアの各プランよりも、ワイモバイルの方が月額料金が安くなるためです。 ワイモバイルの料金プラン 項目 スマホプランS スマホプランM スマホプランR 月額料金 2,948円 4,048円 5,148円 データ通信量 4GB 12GB 17GB 詳細 例えば、ドコモで毎月5GB以上のデータ量を利用している方を例に考えてみましょう。 該当するプランはドコモの「ギガホ」とワイモバイルの「スマホベーシックプランM」になります。 それぞれの月額料金を比較すると次の通りです。 5GB以上の月額料金 キャリア 月額料金 ドコモ 6,578円 ワイモバイル 3,278円 差額 3,300円 こうして比較するとドコモの契約解除料が1,100円のプランから乗り換えなら、月額料金の差だけで即回収できますね。 一方、10,450円の契約解除料がかかる場合でも、 更新月が4ヶ月以上先なら乗り換えた方がお得です。 月額料金と更新月までの期間を見て、即乗り換えがお得なのか待った方がお得なのか判断しましょう! ドコモからワイモバイルに乗り換える最適タイミング 画像引用元: ドコモでは解約月のに日割り計算されずに満額請求となります。 したがって ドコモからワイモバイルへの乗り換えは月末がお得です。 また、機種代金の支払いが終わっているかもチェックした方がいいでしょう。 月々サポートが残っていると損する? ドコモは2019年5月末まで、機種代金の負担を軽減する割引「月々サポート」がありました。 月々サポートでは機種代金を分割払いする24ヶ月間に渡り、機種毎に決まった金額を利用料金から割引してくれます。 その結果、実質的に負担する機種代金を大幅に安くしています。 つまり、機種代金を払っている途中でドコモを解約すると、割引なしで残りの機種代金を払わなければいけないという事ですね。 実質価格が1,000円未満の機種でも、月々サポートがなくなると3,000円近いというスマホも結構あります。 今のスマホが購入2年未満なら、ワイモバイルへの乗り換えは機種代金を支払い終わったタイミングの方が良いかもしれません。 ドコモ光を契約している場合:2年契約なので要注意 ワイモバイルへの乗り換えに合わせてドコモ光も乗り換える方は、スマホとは別に ドコモ光にも2年契約がある事に注意しましょう。 更新月の考え方はスマホと同じですが、仮にスマホと同時に申込んだとしても契約期間は開通したタイミングからカウントがスタートします。 つまり、十中八九スマホとは更新月が異なるという事です。 ドコモ光の契約解除料 プラン 契約解除料 戸建て 14,300円 マンション 8,800円 ワイモバイルのおうち割 光セット A は1回線あたり550円割引です。 ドコモスマホがなくてもドコモ光は利用できるので、割引額と更新月までの月数を比較して光回線の乗り換えタイミングを測った方が良いでしょう。 auからワイモバイルに乗り換える最適タイミング 画像引用元: auでは解約月の日割り計算はされませんので、 ワイモバイルへの乗り換えは月末がいいです。 またauではプランによってスマホ代が48回払いになっている可能性があります。 また、戸建てはauひかりの契約解除料や工事費分割払いにも注意が必要です。 機種代金は48回払いの可能性がある auは、今主流になっている端末返却を伴う割引「アップグレードプログラムEX」を2017年7月から開始しています。 今では主流の割引ですが、キャリアの中でもいち早くauが開始した事になります。 アップグレードプログラムEXや後に更新された同様の割引では、48回払いで端末を購入し、2年目以降の機種変更時に端末をauに返却すると以降の支払いが不要になります。 ワイモバイルに乗り換えると残りの機種代金は全て支払う事になるので、機種代金がいくら残っているかはチェックしてから乗り換えた方が良いかもしれません。 auひかりを契約している場合:3年契約の可能性があるので注意! スマホの乗り換えに合わせてauひかりも乗り換える場合は、auひかりの契約期間と工事費分割払いの残債に注意しましょう。 auひかりの契約期間は、戸建てとマンションで異なります。 auひかりの契約解除料 プラン プラン 契約解除料 戸建て ずっとギガ得プラン 3年 16,500円 ギガ得プラン 2年 10,450円 マンション タイプV 0円 タイプG 10,450円 マンションギガ 0円 戸建ては基本的に3年契約で、途中解約の契約解除料も高いですね。 一方、マンションではタイプGは2年契約が必須ですが、タイプVやマンションギガは基本的に2年契約は不要です。 また、工事費の分割払いも 戸建ては60ヶ月(5年)かかります。 さらに、2018年3月以降にauひかり ホームを申し込んだ方は、解約後の撤去工事が必須です。 この撤去工事の費用は 28,800円かかり、工事費の残債も残っていると結構なコストになります。 場合によってはauひかりはそのまま利用した方が良いこともあるので、ネット回線の乗り換えはワイモバイルのおうち割との兼ね合いを考えて決めましょう。 ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える最適タイミング 画像引用元: ソフトバンクでも解約月は日割り計算せず、満額請求となります。 しかしながら締め日が「10日」「20日」「末日」の3種類あります。 締め日をチェックしたうえで乗り換えると無駄がないでしょう。 ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際も、機種代金の分割払い残債に注意が必要です。 機種代金の残債がある可能性がある ソフトバンクは2017年9月から、機種代金が半額になる「半額サポート」を開始しました。 今あるトクするサポート+は、この半額サポートの後継サービスですね。 半額サポートは機種代金を48回払いで契約し、25ヶ月目の機種変更時に端末を返却することで以降の機種代金を免除する割引きです。 つまり、半額サポート開始後に機種変更している方は、 48回払いの機種代金が残っているということ。 ワイモバイルに乗り換えると端末返却での残債免除はできなくなるので、乗り換え前に残りの金額はチェックしておきましょう。 ソフトバンク光を契約している場合:気になくてOK! ソフトバンク光でソフトバンクのセット割引き「おうち割」を利用している方は、そのままワイモバイルも割引きが利用できます。 他キャリアとは違い、 光回線の乗り換えが不用なのは楽でいいですよね。 ただ、NURO光でおうち割を受けている方は、ワイモバイルでは割引きにならないので注意しましょう。 ワイモバイルに乗り換える際のポイント3つ 画像引用元: 続いてワイモバイルに乗り換える際に押さえたいポイントを見ていきましょう。 お得にワイモバイルに乗り換えたい方はぜひチェックしてみてください。 ワイモバイルの基本料金は日割り計算 ワイモバイルを契約した月の利用料金は、利用開始日からの日割計算をしてくれます。 定額制だから月初に契約しないと損と思ってしまう方もいますが、月末の契約でも全く問題ないので安心してください。 オプションは日割り計算にならないものがある ワイモバイルの料金プランは初月の日割り計算がありますが、オプションは一部日割りにならないものがあります。 よく利用されるワイモバイルのオプションだけでも、日割りの有無はわかれます。 故障安心パックプラス以外は後から加入できるので、月末契約の場合は日割りのないオプションの加入は避けた方が良いかもしれません。 現在のキャリアでは解約月の請求は満額 キャリアからワイモバイルへ乗り換える解約月は、キャリアの利用料金は日割りなしの 満額請求になります。 逆に月末での乗り換えなら、ワイモバイルが日割りされるためロスがありません。 お得にワイモバイルに乗り換えるなら、上記を踏まえて月末付近に手続きを行うと良いでしょう。 ワイモバイルに乗り換える際の注意点 ワイモバイルに乗り換える際にはいくつか注意点があります。 最後にワイモバイルに乗り換える際の注意点を確認しましょう。 実店舗では頭金が必要 ワイモバイルへの乗り換えをワイモバイルショップや家電量販店などの店舗で行う場合、頭金がかかるので注意しましょう。 頭金はお店が決める手数料のような物で、大抵は 5,500円が設定されます。 また、お店での手続きはオプションの勧誘やお店独自の提携サービスの紹介など、結構余計な時間がかかります。 一方、を利用すれば、頭金や余計なサービスの案内はありません。 十数分で手続きは終わるので、お得に乗り換えるのらオンラインストアを活用しましょう。 オンラインストアはクレジットカードが必要 ワイモバイルオンラインストアで乗り換える場合、支払い方法の設定はクレジットカードが必要です。 ワイモバイル自体は口座振替も対応していますが、お得に乗り換えるならクレジットカード払いにしましょう。 キャリアと同じ名義で申し込む必要がある ワイモバイルへ乗り換える際の契約者名義は、 キャリアでの名義と一致させる必要があります。 子供用のスマホなど、乗り換えに際して名義を変えたいと考える方が多いのですが、名義変更はMNP予約番号発行前か、乗り換え完了後に行いましょう。 乗り換え時に他の名義で申し込むと、エラーになり進めません。 ワイモバイルに乗り換える際に名義を変えたい方は、MNP予約番号発行前か乗り換え完了後に別途手続きを行いましょう。 キャリアのメールアドレスはなくなる ワイモバイルに乗り換えると、キャリアから提供されていたメールアドレスは無くなります。 最近は「キャリアメールは利用しない」という方も多くなりましたが、各種アカウントにキャリアメールを利用している方はまだ多いようです。 アカウントのメールアドレスが利用できなくなるど、 パスワードを忘れた時や万が一の不正アクセスに遭った時に対処できません。 乗り換えタイミングをチェックして賢く契約しよう! 今回は、キャリアからワイモバイルへお得に乗り換える最適なタイミングについて解説しました。 ワイモバイルへ乗り換える際は、次のタイミングを見定める必要がありました。 キャリアが間も無く更新月という方は少し待って契約解除料なしで乗り換えるのが1番です。 その他に機種代金やネット回線も、それぞれ支払い終わったタイミングが1番お得ですね。 ただ、全てぴったりのタイミングを見つけるのは大変です。 仮に契約解除料や機種代金の残債がある状態でも、ワイモバイルに乗り換えて安くなる分ですぐペイできるなら乗り換えタイミングと見て良いでしょう。 逆に1〜2年経たないとお得にならない状況なら、まだ乗り換えタイミングではありません。 ワイモバイルへの乗り換えを検討している方は、今回の解説を参考に1番お得な乗り換えタイミングを見つけてください!.

次の