着物 たたみ 方 簡単。 留袖や襦袢などの着物のたたみ方

【オンライン簡単無料着付け講座】着物初心者さん必見!長襦袢から袋帯二重太鼓の結び方まで 着物の着付けを自分で!簡単無料オンライン講座

着物 たたみ 方 簡単

振袖を脱いだ後の後始末について 成人式の振袖をレンタルした場合でも、自宅で脱いだらお店に返しにいかないといけませんね。 いつまでも着物ハンガーに 干しっぱなしにしていてはいけません。 振袖着物や襦袢のたたみ方を、詳しくご紹介いたします。 【振袖】着物と長襦袢のたたみ方 振袖着物の畳み方は、訪問着や小紋などのお袖の短い着物と基本的には同じですが、袂が長いので狭い場所で、裾側・衿側と上下に分けて たたむのは、慣れないとちょっと大変かもしれません。 できるだけ、着物全体を広げられるくらいの広い場所で、キレイに広げてからたたむのがわかりやすいと思います。 振袖のたたみ方には、「本たたみ」と「夜着(よぎ)たたみ【夜具たたみ】」があります。 夜着たたみは、ふき綿(裾に入れる綿)入りの振袖や花嫁さんの大振袖のような豪華な刺繍の入った着物をたたむ時に使うたたみ方です。 留袖や七五三の着物も「夜着たたみ」することがあります。 一般的な振袖の着物の場合には、「本たたみ」するので良いと思いますが、元々の仕立て上がった際につけられた「たたみあと(折れ線)」がついて いると思いますので、その折り方に従って畳んでください。 振袖の本たたみ 訪問着や小紋など、お袖の短い着物と同じたたみ方です。 着物を汚さないための着付け専用の敷物です。 本来は、 衣装敷きの上でたたんでから「たとう紙」や風呂敷へ移しますが、たとう紙に収めるのなら初めから衣装敷きの上に敷いて、その上でたたむと移動する際に たたんだ着物が崩れるという失敗がありません。 ママやお姉ちゃんの振袖の場合、数年使っている場合には、新しいものに変えてください。 本ページ写真の たとう紙は、もう取り換え時のレベルです。 たとう紙(文庫紙)について 着物のたとう紙について。 たとう紙の種類と取り換え時期の目安など。 裾側・衿側と分けてたたむ方法。 着物を全部広げられない場合でもたためます。 【2】着物の下前側の脇線 脇縫い)を持って、着物の裾を合わせ、キレイにととのえます。 【3】着物の下前側。 衽線あたりに折りアトがあると思うので、その線に沿って衿先のちょっと上あたりまで返します。 衽の縫い目と折りあとが違う場合には、折りあとに従ってください。 【4】着物の上前側。 衿先や衿下・裾線を下前の着物に合わせるように重ねます。 【5】着物の上前の脇縫いをつまみ、下前の脇縫いの上に重ねます。 この時、上前の衽線あたりの折りアトから折るようにし、 下前と上前の裾線や衿下の端をキレイに合わせてください。 【6】着物の上前の脇縫いをつまみ、下前の脇縫いの上に重ねます。 この時、上前の衽線あたりの折りアトから折るようにし、 下前と上前の裾線や衿下の端をキレイに合わせてください。 【7】ここまでキレイに出来ていれば、背中心(背縫い)がまっすぐ出て、着物の下部が長方形にたためているはずです。 着物の左後身頃が表面に出ていますが、手のひらでポンポンと触って、中にシワができていないか?確認しておきましょう。 【8】下部がキレイにできたら、今度は上部。 裾が乱れないようにくるっと巻いて短くしたら、衿側を左ひざ近くまで引き寄せます。 着物を右へずらすような感じです。 【9】上部は、最初に衿をたたみます。 折あとが付いていると思いますので、三角にキレイに折ってください。 返却後、店舗側で衿を外してクリーニングに出すはずですから。 【9-1】衿は、衿付け(縫い目)に沿ってではなく、少し背縫い側に落ちて、三角に折りアトがあると思います。 【9-2】まず下側の衿を折って、上の衿を重ねます。 【9-3】背縫いの頂点(矢印)を意識して、なるべく衿にシワが寄らないように、折り紙を折るような要領で衿をたたみます。 これを三角に取ってたたみ直すと、衿の折山にこんなに差ができました。 衿肩あきから折って、 キレイに衿がたためるのであれば、縫い目で折っても構いません。 【10】下前の衿に合わせて、上前の衿を折って重ねたら、衿の折山と衿先を左右の手でつまんで引っ張るとピンとなります。 もう一度、衣紋の三角部分がキレイに折り込まれているか?を確認してください。 【11】衿をたたみ終わったら、身頃を触ってシワが無いかを確認し、左袖をキレイに広げて、袖付から折り返して重ねます。 【12】たとう紙の長さ(または、折アトに従って)袖を折り上げて、身頃を2つ折りにして重ねます。 袂を左手で押さえておいて、 身頃を返すと袖が乱れにくいです。 【13】右袖をキレイに広げて、写真丸印のところを手で持って、パタンと裏側に袖を返します。 動画を観ていただくとわかりやすいかと思います。 【14】最後に裏へ送った袂を折り上げれば出来上がり。 【15】衿がキレイに畳めているか?へんなシワやたるみはないか?手のひらや指で確認をしてから、たとう紙のひもをかけます。 普段用の着物でしたら、ワタシはそのまま桐箪笥に仕舞ってしまいますが、大事なフォーマル着物の場合には、 「たとう紙」を使って仕舞います。 【1】衿を左手側にして、脇縫いが両端にくるように着物をたたみます。 上前が上に乗るように重ねてください。 【2】衿肩あきの縫い目にそって、衿を内側に折ります。 【3】内側に折った衿肩あきの上に、左右の衿を重ねます。 折山はもともとの折りアトに従ってください。 【4】着物袖付から、袖を前に合わせます。 【5】着物を崩さないように二つ折りにします。 長い物差し等を当てて折ると、キレイに折れるそうです。 【6】さらに着物を二つに折って完成です。 夜着たたみは、きもの枕を挟んでおくと、折りアトが付きにくくなります。 刺繍が擦れたり、金箔が貼りついたりといったことを防ぐために、和紙を巻いたり・挟んだりすると良いです。 夜着たたみは、「たたみ上がり」の幅が広くなりますので、収納場所を選ぶかもしれません。

次の

【オンライン簡単無料着付け講座】着物初心者さん必見!長襦袢から袋帯二重太鼓の結び方まで 着物の着付けを自分で!簡単無料オンライン講座

着物 たたみ 方 簡単

子供の着付けで沢山使う腰ひもですが、綺麗なたたみ方をご存じない方も多いですよね。 適当にたたんでしまうと、次に使う時に紐がしわになり肌に食い込んでしまう事もあるので、綺麗にたたんで保管したいですね。 着物のしまい方 丁寧にたたんだ着物の保管には、たとう紙で包んで桐のタンスが最適ですが、和ダンスや桐のタンスが無くても、プラスチックの収納ケースでも大丈夫です。 プラスチックの収納ケースは風の通りが悪いので、空気の乾燥している日に時々風を通してあげると良いでしょう。 私も時々、お天気の様子を見て引き出しを引くようにしています。 まとめと感想 どれも簡単で、思ったより難しく無かったのではないでしょうか。 子供の着物姿は可愛いですね。 たたむのが億劫で着せる事を躊躇したくないですよね。 ポイントは全て、折り目に沿ってたたむ事や、布の端に折り目を合わせる事です。 たたみ方を覚えて、沢山の思い出を残してみてくださいね。

次の

振袖を着た後はどうすればいいの?簡単なたたみ方から保管方法まで

着物 たたみ 方 簡単

着物や振袖というのは普通に生活している上であまり着る機会は多くはありません。 ですが、晴れの日に着る物としていざ着ると心躍ってしまうものですよね。 普段着ないものだからこそより丁寧に扱い、使った時は丁重な保管の仕方をしましょう。 それを心がけるだけで着物や振袖は長持ちし、また次の着る機会に同じように自分の心を躍らせてくれます。 結婚式やお子さんの入学式、卒業式。 お正月やお祭りなどでも幅広く着られるものですから、たたみ方を意識して出来るだけいい状態を保てるようにしましょう。 簡単な振袖や着物のたたみ方• まず着物についた埃やごみなどを軽くはらいます。 着物はとても繊細なので、優しくブラシなどではらいましょう。 着物を広げ、縫い目に沿って正した後、中心に向かっております。 おくみの縫い目に沿って手前に折り返し、衿を内側に折ります。 おくみ同士、衿同士を他の縫い目がずれないように重ねます。 脇縫い線を揃えながら、両袖も折り重ねます。 袖を袖漬け線から身頃の上に折り返し、更に二つに折り重ねます。 タトウ紙に収めて保管します。 きちんとお手入れしなくてはいけないのは、本体の着物や振袖だけではありません。 肌襦袢は、上に着る着物や振袖とたたみ方が似ていますのでとても簡単にたたむことが出来ます。 見えないからと意識が薄くなってしまいがちな肌襦袢ですが、見えないところこそしっかりと正しいお手入れをし、綺麗に扱いましょう。 振袖(着物)の下に着用する肌襦袢(長襦袢)のたたみ方• 衿を左側にして広げ、左右の脇縫いを折り、上前を上側にたたみます。 下前の脇縫い線を中央まで折ります。 袖は折り目から2センチ内側になるように縦に二つ折りにします。 上前も下前と同じように中央まで折り、袖も内側に二つ折りにします。 端を持ち二つ折りにします。 肌襦袢(長襦袢)のお手入れ方法は簡単です。 ですが、洗濯しただけではとれない汚れがある場合は専門のクリーニングに出しましょう。 専門店では素材に合わせて洗濯方法を変えてくれますので、肌襦袢だけではなく大事な着物や振袖も綺麗にすることが出来ます。 肌襦袢のお手入れ方法• 肌に直接触れるものなので、汗などの湿気を含んでいます。 必ず脱いだ後はすぐに洗濯しましょう。 洗濯機を使う場合は手洗いコースなどの洗いの柔らかなコースを選択します。 手洗いをする場合にはごしごしとこすらず、洗剤を付けながら優しく押すように洗います。 完全に水が落ちなくなるまで絞るのではなく、軽く皺にならない程度に絞り乾かします。 一番にお手入れをしなければならないのは着物や振袖ですが、着るときに使う小物も忘れてはいけません。 特に足袋や半衿は一番上に着る着物などと違って、直接肌に触れるので汗を吸収しやすく、それらはシミや黄ばみの原因になってしまいます。 酷い汚れの場合にはクリーニングに出すのが一番ですが、軽い汚れでも着たその日のうちのお手入れが大事になってきますので、シミや黄ばみの予防としてお手入れはなるべく怠らないようにしましょう。 足袋は履いたその日のうちに洗濯をし、陰干しをした後にアイロンをしましょう。 汚れが酷い場合には、洗剤をつけたブラシなどでこすってから洗濯しましょう。 最近では足袋のカバーもありますので、雨の日などの汚れやすい日にはカバーもおすすめです。 草履を履いた後は風通しの良い場所で陰干しをしましょう。 汚れが酷い場合には、よく乾かした後に絞った布などで汚れを落として乾拭きします。 伸びた鼻緒は、元に戻してくれるアイテムもありますのでそれを使っても良いですね。 首回りのものなので、ファンデーションや口紅の汚れなどつきやすく、ついてしまった場合には、専門のクリーニングに出しましょう。 軽い汚れの場合は、柔らかい布で軽くこすります。 しばらく着ない場合には外しておきましょう。 ショール• ショールは着物と同じく湿気に弱いので、使った後は陰干しをします。 埃やゴミなどをブラシで優しく取ります。 ブラッシングをすることでファーにボリュームも出ます。 収納する際には乾燥剤などを入れた箱に収納しましょう。 房がボサボサになってしまったら、蒸気の出たやかんの口に房を近づけて湯気で湿らせます。 ケトルなどでも構いません。 そして軽く握り、櫛を通すと元通りになります。 その後は陰干しをし、完全に乾いてから房に和紙などを巻いてばらつかないようにして収納します。 いかがでしたでしょうか。 今回は振袖や着物についてのたたみ方、しまい方などを紹介してきました。 着物は高くて着るのにもハードルが高いイメージですが、成人式や初詣など意外と着る機会が多いものなので、その扱い方や片付け方を知っていて損はありません。 最近では母が着ていた振袖の丈などを直して娘がまた着るというリメイクも流行っています。 自分が着ていた着物をまた娘や孫まで着てくれるのはとても嬉しいですよね。 その為にも綺麗なお手入れを欠かさずに、大事に扱い保管しましょう。 一度覚えてしまえばそこまで難しいものではないので、せっかくの良い物ですから、きちんと正しいお手入れと片付け方を覚えて出来るだけ長持ちするようにしたいですね。 他にも着物や振袖を着るのに必須の帯や肌襦袢のしまい方なども紹介いたしましたので、そちらも参考にしてみてください。

次の