クラウド 同期 itunes。 「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」の違い

「この項目をここで再生するには、iTunesへ移動してクラウド同期をオンにしてください」と表示される原因と解決方法

クラウド 同期 itunes

iTunesは音楽再生・管理ソフトです。 PC パソコン から音楽CSの楽曲を取り込むことができます。 音楽のプレイリストを作成でき、条件にそった曲を自動でリストにするスマートプレイリスト機能といったものも用意されているかなり使い勝手の良いソフトです。 プレイリストをシャッフルすることもできますし、ライブラリ上にある楽曲全てを対象をシャッフルして聞くことも可能となっています。 MP3やAIFF、WAV、AAC、HE-AAC、Apple Lossless形式のオーディオファイルなどを扱い、エンコードすることも可能です。 主にiPhoneとの同期を目的としているiTunesですが、iPhoneとの同期ができないケースが発生しています。 今回はそんなiTunesとiPhoneが同期できない原因やその対処法について解説したいと思います。 iCloudに対するiTunesとiPhoneが同期できない不具合の原因としては、 iCloudミュージックライブラリの設定に問題がある可能性があります。 iCloudミュージックライブラリでは、CDから取り入れた楽曲やApple Musicで利用中の楽曲、iTunes Storeで購入した楽曲など、iPhoneに保存した曲をクラウド上に保存できます。 そして、iCloudを利用している別の端末 iPhoneやMac、Windows のiTunesにて同期ができるようになるのです。 クラウドから音楽データを全端末へ同期できる機能はとても便利ですが、PC パソコン のiTunesとiPhone双方の設定をONにしておく必要があります。 設定のON・OFFしだいでiCloudミュージックライブラリの同期の有無が決まってしまうのです。 iOSを更新する方法についてですが、iOSはiPhoneやMac、Windowsなど、端末によって更新方法が異なります。 iPhoneでOSのバージョン更新が必要な場合、iPhoneの設定アプリに「1」のマークが表示される為分かりやすいです。 iPhoneでOSのバージョン更新を行う場合はこの設定アプリから「一般」を選択します。 その後、「ソフトウェアアップデート」をタップしてみてください。 OSが最新バージョンでない場合、新しいiOSの情報が表示される仕組みとなっています。 その後、 「今すぐインストール」を選択し、iOSをアップデートしてみてください。 なお、MacのOSのバージョンをアップデートしたい場合は下記リンクからOSのアップデートについて確認してみましょう。 なお、iTunesとiPhoneが同期できない不具合の原因としましては、iTunesの同期設定によるものもあります。 iTunesでの同期設定では、オプションとして「音楽やビデオを手動で管理」という項目が存在します。 このiTunesのオプションである「音楽やビデオを手動で管理」にチェックが入っていた場合、iTunesの音楽の同期を手動で管理することになります。 この項目にうっかりチェックを入れてしまっていた場合、iTunesとiPhoneが同期できなくなってしまうということですね。 iTunesでビデオ動画や音楽の同期を手動で行いたい方は、このiTunesのオプションである「音楽やビデオを手動で管理」にチェックを入れて手動で管理すると良いでしょう。 Apple MusicにおけるiTunesとiPhoneが同期できない不具合の対処法としては、 Apple Musicの表示をオフにするという方法があります。 Apple Musicの表示をオフにしたい場合、iPhoneの設定からミュージックをタップしてみてください。 ミュージックページ内に「Apple Musicを表示」という項目がありますので、こちらをオフにします。 Apple Musicをの表示をオフにすると、「For You」と「New」が消え、オススメプレイリストの表示も無くなる仕組みになっています。 その後、ミュージックページ内の項目に「iCloudミュージックライブラリ」が表示されていますので、「iCloudミュージックライブラリ」の項目をオフにしてみてください。 「iCloudミュージックライブラリ」をオフにすると、iCloudに保存されている曲は非表示になります。 とはいえ、iTunesと同期していた楽曲はパソコンに保存されている為、曲が削除されているわけではありませんのでご安心ください。 この段階でミュージックアプリを起動すると、My Musicに変化が起きます。 iTunesにて同期した曲とiTunes Storeで購入した曲のみ表示されるようになります。 続いてiTunesの環境を戻します。 iTunesを開き、設定から一般タブを開きましょう。 「Apple Musicを表示のチェックを外してみてください。 その後、「Apple Musicを隠す」をクリックします。 さて、今回はiTunesとiPhoneが同期できない場合の原因や対処法についてまとめて解説してみました。 いかがだったでしょうか。 iTunesとiPhoneが同期できない原因は様々で、端末の容量やOS、Apple Musicが要因として挙げられましたね。 また、対処法としては手動で同期してみたり再起動してみたり、音楽の同期をやり直すという方法も紹介してみました。 端末の容量が足りないと、いくらiTunesで同期の準備ができていても、端末へデータ転送できないのは当たり前ですよね。 iPhoneに不慣れな方からするとこの容量チェックは中々気付けないところではあります。 ですが、慣れればすぐ容量が足りないからiTunesと同期ができないのかなと気付くことができます。 他にも、iCloudミュージックライブラリの設定の話が出ましたね。 iCloudミュージックライブラリとは、クラウド上で操作するiTunesライブラリのことです。 iCloudミュージックライブラリの設定にはオンオフという設定項目が存在します。 クラウドから音楽の同期を行いたい場合はこのiCloudミュージックライブラリの設定をオンにしておく必要があるわけですね。 iTunesとiPhoneが同期できない場合の対処法は他にもあります。 Wi-Fi経由ではなく、ケーブル接続して手動で同期する方法です。 Wi-Fiはネットワークが不安定な時がありますので、ケーブルの利用は常に候補として準備しておいたほうがよいでしょう。

次の

「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」の違い

クラウド 同期 itunes

同じ症状で悩んでいましたが解決しました。 iphone11pro OS13. iTunes MacOS10. 1時間ほど放置すると終了できた。 これは?と思いiphoneのミュージックでライブラリを見てみると今までグレー表示だった曲がすべてicloudからダウンロード可能の表示に変わっていて 無事全曲ダウンロードできました。 どういう理由でか分かりませんが、PC側の音楽データ(自分でCDからリッピングしたタイトル)をicloudに転送する必要がありそのデータが多いためすごく時間がかかっていたのが原因のようです。 推測ですが、今のiTunesは昔と違いケーブルで繋いだIphoneとMac(PC との直接のデータのやり取りは出来ず(?)Icliud経由の自動同期になっているようなので、今までのケーブル経由から久しぶりにiphoneを新しくしてミュージックを同期するときなどで始めてicloud経由での同期となった場合 このicloudにデータをアップするのに時間を費やすためなかなかiphoneにダウンロードできないことが原因だったようです。 さん、こんにちは。 Apple サポートコミュニティにご投稿いただきありがとうございます。 経験豊富なユーザの皆様から有用な情報が得られるようお手伝いいたします。 次のような詳細内容を含めて状況をご説明いただくと、ほかのユーザの皆様が答えやすくなります。 ・iPhone の機種名、iOS のバージョン。 コンピュータの OS、iTunes のバージョン。 ・の手順で同期しましたか。 また、警告の表示にほかにも情報が記載されている場合、その内容をそのままご記載ください。 ・Apple Music に登録してあり、iPhone とコンピュータで を有効にしていますか。 上記についてご確認くださいますよう、お願いいたします。

次の

iOS&Android端末からクラウドサービスまで、ほぼすべてのデータを一括で管理できる『AnyTrans』が超便利!

クラウド 同期 itunes

iTunesで音楽・曲が同期できない Last update 2019-08-25 13:52:49 最近、iPhoneとパソコンを繋ぎiTunesで同期しているつもりが、曲を転送できなくなってしまいました。 あれこれ設定しているとようやく原因と解決策が判明。 このページでは私がかつてiPhoneとiTunesで音楽が同期できなくなった原因と解決策を紹介しています。 Sponsored Link iPhoneに音楽が転送 同期 出来ない場合の解決策は以下• iCloudミュージックライブラリがオンになっている パソコンとiPhoneを接続し、iTunesを起動。 iPhoneのアイコンをクリックし、「ミュージック」をクリックしてください。 このように表示された場合は、 「iCloudミュージック」がオンになっているのが原因です。 iCloudミュージックライブラリはオンです iPhoneはiCloudミュージックライブラリにアクセスできます Wi-Fiまたはモバイルデータ通信を介して曲をダウンロード及び再生できます。 と表示されて、iTunseで同期できなくなっていました。 iCloudライブラリとは? 、「Apple Music」に加入すると使用できるサービスのことで、 Apple Musicでライブラリ プレイリストなどのこと に追加した曲をiCloud上 つまりネット上 に保存できるサービスですね。 iPhoneの容量が少ない場合、曲をiPhone内に保存せずにネット上からストリーミングで聴けるので、容量の少ないiPhoneにはメリットがあるかもしれません。 iCloudミュージックライブラリをオフにする というわけで今までどおりiPhoneとパソコンをiTunesで同期したい場合は、以下の手順で iCloudミュージックライブラリをオフにすればオッケーです。 iCloudミュージックライブラリをオフにするには 設定を開き、「ミュージック」をタップします。 「iCloudミュージックライブラリ」をオフ 灰色 にします。 オフにするをタップします。 iCloudミュージックライブラリをオフにすると、でダウンロードした曲が削除されます。 パソコンから転送した曲などは削除されません。 また、iCloudミュージックライブラリをオンにすれば、再び削除された曲も復元します。 一度、iPhoneとパソコンをつないでいるケーブルを抜き、再び接続します。 すると、 音楽 ミュージック を同期のチェックボックスが復活しました。 iCloudミュージックライブラリをオフにすると曲が消える!? ここで大事な注意点があります。 「iCloudミュージックライブラリをオフにしたら、パソコンから転送した曲も全て消えてしまった!」という人が増えています。 これには理由があります もちろん復元できます。 Apple Musicを契約したときや、 設定にある「ミュージック」を開き、「iCloudミュージックライブラリ」をオン 黄緑色 にするときに このように「iPhoneにあるミュージックを残しておきたいですか?残す場合、iCloudミュージックライブラリと結合 つまりPCから転送したもともとある曲はそのまま聞ける されます。 削除する場合、すでにiCloudにあるものに置き換えられます。 」という警告が出るのですが、ここで「ミュージックを残す」を 選択しないと、 iPhone内にあるPCから転送した曲がApple Musicの同じ曲と入れ替わります。 同じ曲なのでそのまま聞けますが・・・ 次に「iCloudミュージックライブラリ」をオフにしたり、Apple Musicを解約すると・・・ このような警告がでて、iPhone内にある 「Apple Music」からダウンロードした曲と、PCから転送してApple Musicの曲と置き換わった曲が全て消えます。 曲がすべて消えるとこのように、「音楽をお探しですか?」と表示され、曲がなくなります。 解決策 PCの曲を置き換えない iCloudミュージックライブラリをオンにする時に、「ミュージックを残す」を選択していれば、パソコンから転送した曲は消えません。 Apple Musicに契約している場合 Apple Musicに契約している限り、今まで聞いていた曲はダウンロードできます。 この 「雲」のマークに矢印のアイコンが表示されている場合、 iPhone内には無いがダウロード可能の意味になります。 このアイコンをタップするとダウンロードが開始されます。 少しめんどくさいですが、曲が消えてしまった場合はこのように再びダウンロード可能です。 ただし、その分パケットを消費してしまうので、なるべくWi-Fiを使うようにしてください。 自動ダウンロード なお、「設定」の「ミュージック」にある「自動的にダウンロード」をオンにしておくと、ライブラリに追加した時に自動的にダウンロードされます。 Apple Musicを解約してしまった場合 Apple Musicから解約した場合、Apple Musicからダウンロードした曲自体が聞けなくなります。 また、「iCloudミュージックライブラリ」も自動的にオフになるので、今までどおり、パソコンから曲を転送させてください。 プレイリストが同期されない場合 私の場合、これでもうまく同期できませんでした。 新しい曲が転送されないし、プレイリストも消えてしまいました。 その場合、一度、iPhone上の曲を全て消して、再びパソコンと同期すれば復元します。 iPhone上の曲を削除するには iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続したら、「音楽を同期」のチェックを外します。 警告が出るので、「削除」をクリックします。 iTunesの右下にある「適用」ボタンをクリックすると、同期が始まり、iPhoneに転送した曲が全て消えます。 同期が完了したら、再び「音楽を同期」にチェックを入れ、「適用」をクリックすると、音楽が転送されプレイリストも復活しました。 iTunes Matchが原因だった Apple Musicに加入していないのに再びiTunesとiPhoneで曲が同期できなくなってしまいました。 iOS13にアップデートしたので、それが原因かな?と思ったのですが、いろいろ試してみたらどうも「」が原因と判明。 先日誤って「iTunes Match」に加入(年額3,980円)してしまったのですが、 iTunes Matchに加入すると解約し期限が来るまでiTunesと同期できなくなるっぽい。 以下は「iTunes Match」に加入している場合の同期の仕方を2パターン紹介します。 iTunes Matchとは そもそも「iTunes Match」とは、パソコン内にある曲をネット上に自動でアップロードし、他のパソコンやiPhone、iPadでもネット上から曲をダウンロードして音楽を聴くことが出来る有料サービス。 パソコンを買い替えたり、複数のiPhone・パソコンを持っている人には便利なサービスです。 なのでiTunes Matchに加入している場合は、パソコンのiTunesと曲を同期するというよりは、 ネット上にアップロードした曲と同期する、という感覚になります。 ただし、私の場合誤って契約してしまったのでずっと続けるつもりがなかったので、何とかパソコンのiTunesと同期する方法を探してみました。 後述する方法でアップロードするとダウンロードできるようになります。 ダウンロードが完了すると再生することが出来ます。 iiTunes Matchをオンにしたままパソコンと曲を同期するには どうも「iTunes Match」を契約中は基本的には パソコンとは直接同期が出来ないっぽい。 ではどうするか、というと、1つ目のやり方は、iPhone側の設定で同期をオンにする方法。 iTunes Match契約中の場合、iPhoneの 設定を開きます。 「ミュージック」を開きます。 iTunes Matchを契約していると「ライブラリを同期」という項目が表示されます。 ここをオンにすると、ネットから曲がダウンロードされます。 オンにしようとすると、「iTunes Matchはこのデバイスのミュージックに置き換わります」という警告が出て、「削除して置き換える」か「キャンセル」しか選択できない状態になります。 ここで「削除して置き換える」にした場合、iPhone内にある曲が削除されクラウド上にある曲がダウンロードされて置き換わります。 このダウンロードした曲はiTunes Matchを解約すると聞けなくなる可能性があります。 パソコン側のiTunesでもアップロードされていない曲はこのように点線の雲のアイコンになっています。 しばらく待っていればアップロードされるはずですが、いくら待ってもアップロードされない場合は以下のようにして強制的にアップロードできます。 強制的に曲をアップロードする なかなか曲がアップロードされない場合は、以下のようにして強制的にアップロードできます。 これで再びアップロードが開始されると思います。 アップロードの進行状況はiTunesの検索欄の右側をクリックすると吹き出し状で表示されます。 しばらく経過するとすべての曲がアップロードされ、iPhone側にも自動でダウンロードされているはずです。 iTunes Matchを契約したままPCの曲と同期するには iTunes Matchに契約したまま、直接パソコンの曲と同期したい場合は以下のようにしてiTunesのiTunes MatchをオフにすればOK。 「一般タブ」の「iCloudミュージックライブラリ」のチェックを外します。 iPhoneとパソコンを接続し、iTunesで同期します。 iPhoneにパソコンの曲が転送されました。 iTunesに雲のアイコンが? iTunes Matchに加入すると、iTunesの曲の右側に雲のアイコンが表示される場合があります。 他の曲がアップロードされているなど、何らかの原因でアップロードが待機された状態の曲です。 曲がアップロードされるとこのアイコンは消えます。 ファイルが削除されたかファイルの場所が変更されていることが原因です。 曲をクリックすると、ファイルを探すか聞いてくるので、指示に従って移動したファイルを指定するか、プレイリストから曲名を削除してください。 iTunesがiPhoneを認識しない!? iTunesとiPhoneで曲を同期しようにも、iTunes側でiPhoneを認識してくれない場合があります。 この場合の解決策は、を参考にしてください。 同期セションを開始できなかった場合 このように、「同期セッションを開始できなかったため、iPhone " iPhone"を同期できませんでした」というエラーが表示された場合、いったん、USBケーブルをiPhoneから抜き、もう一度差し込んでから同期してみてください。 関連ページ• ありがとうございます。 無事にiTunesからの同期が完了し、iPhoneにお気に入りのアルバムのジャケットが並んだ時の感動!! ありがとうございました。 同じ現象になり一度全ての曲をiPhoneから削除後に再度同期したのですが、チェックを入れた全ての曲がiPhoneに取り込めません。 容量は充分あります。 また、も参考にしてください。 ありがとうございます。 非常に助かりました。 ありがとうございます! AppleMusic無料体験したからかなあ…。 購入した曲がDLできなかったのですか?あぁ、Apple Muisicでストリーミング的になっていたんですかね。

次の