ロレンソ フェロ。 ロレンソ・フェロの年齢や身長は?来日はいつ?インスタ画像も!

ロレンソフェロ インスタやプロフィールや年齢は?身長や彼女やラップ動画や親日家も調査。

ロレンソ フェロ

サイコパスな連続殺害鬼役として見せる表情とは打って変わって、ステージにあがるや優しく微笑みファンに手を振るロレンソは、「皆さん、今日はお越しいただいてありがとうございます。 日本に来れてすごく嬉しいです」と丁寧に挨拶。 初めて訪れた日本の印象を聞かれると、「すごく美しくて、進んでいて、未来にきたような感じ!」と目を輝かせ、「アルゼンチンから30時間かけてきたのですごく疲れましたが(笑)、取材の合間にゲームセンターに行って、UFOキャッチャーで大好きなポケモンのミュウツーのぬいぐるみを取れたし、美味しい和牛とお寿司もいただきました」と、充実した様子で語りました。 歌手としての人気もさることながら、本作のアルゼンチンでの記録的ヒットを経て、一躍スターの仲間入りを果たしたロレンソ。 有名になったことで生活も一変したようで、「(アルゼンチンでは)周りの人が皆自分のことを知っているし、歩いていても写真やサインを求められる」と人気者ゆえの悩みを吐露する一方で、「でも、とてもありがたい事だし自分にとっては良い変化。 高校生になって芸能界に入ったのですが、今まで閉じ込められていた泡の中から飛び出したような気分です」と謙虚に喜びを語ると、会場からは温かい拍手が送られた。 「あと、彼の目のアップを映したシーンが随所にあったんですが、毎回ドキッとしてしまいましたね(笑)」と、同性でありながらロレンソが放つ色気に虜になったと胸の内を明かしました。 神尾さんからの称賛を受け、ロレンソはちらっと神尾にウィンクを交わし、「(演じた)カルリートスをあまり憎んで欲しくないと思っていたので、神尾さんが仰ってくれたこと、すごく嬉しいです!もちろん人を殺してはいけないですが、誰にでも悪い心、暗い部分、危うさがある。 だけど、だからと言って愛が無くなるわけではない。 この映画はそうした繊細な作品なんです」と笑顔でコメント。 ダンスシーンについては、「気に入っていただけて本当に良かった」と胸をなで下ろしつつ、「実は、お父さんが眠っている間に鏡の前でこっそり練習していたんです。 撮影中も恥ずかしくて…、テイク1だけ、監督と二人にしてほしいとお願いました。 あと、『ウィスキー1杯持ってきて!』って(笑)」と照れ笑いを浮かべて撮影中のエピソードを告白。 「でも、色々ダンスを試しながらテイクを重ねているうちに人が増えていって…、最終的には20~30人くらいになっていました」と苦笑するロレンソに対し、神尾が「なんか…濡れ場の撮影みたいですね(笑)リハの時にはいなかったのに、本番ではなぜか人が増えている」とまさかの例えを披露すると、大きな笑いが起こりました。

次の

ロレンソフェロ インスタやプロフィールや年齢は?身長や彼女やラップ動画や親日家も調査。

ロレンソ フェロ

永遠に僕のもの 天使の顔をした殺人犯 のカルリートス役の俳優はロレンソ・フェロ 映画「永遠に僕のもの」に登場するする主役の殺人鬼の名前は カルリートス。 女の子みたいな可愛らしい顔を持つ青年です。 ルールや法律に縛られることのない自由を愛するカルリートスですが、問題は、自由すぎて秩序がないこと。 さらに、自分は「盗み」をやる為に生まれてきたと言っています。 盗みという犯罪や、人を殺すという殺人事件に繰り広げ、最終的に捕まりますが、その見た目の美しさに、世間は魅了されてしまうのです。 そんな美しい顔立ちを持つカルリートスを演じたのは、 ロレンソ・フェロという青年でした。 永遠に僕のもの 天使の顔をした殺人犯 でカルリートス役の俳優ロレンソ・フェロのプロフィール ロレンソ・フェロ(ロレンゾ・フェッロ)は、1998年11月9日生まれで、さそり座の21歳。 アルゼンチンの首都である、ブエノスアイレス生まれのアルゼンチン人です。 身長は163㎝で、2018年にデビューした新生スターです。 ロレンソ・フェロの父親は、ラファエル・フェロというアルゼンチン俳優で、ロレンソ・フェロは若くしてセレブです。 ロレンソ・フェロには、男と女の兄弟が1人ずついます。 ロレンソ・フェロの性格 ロレンソ・フェロはオープンで明るい性格のようです。 お茶目さとかっこよさを兼ね備えたキャラクターが伺えます。 また、とても素敵なルックスを持ちながら、少し影のある様子が、彼から発信される写真や映像に見ることができます。 受賞歴 ロレンソ・フェロは、2018年のハバナ・国際映画祭でベストアクター賞を受賞しています。 また、同年に、フェニックス映画祭では、最優秀男優賞を受賞しています。 今年2019年にも、プラチナム賞などにノミネートされており、今後賞を受賞できるかどうか楽しみですね。 ロレンソ・フェロは歌手 そんなニュースターな俳優ロレンソ・フェロですが、実は歌手として活躍していました。 歌手としての活動名は、「Kiddo Toto」。 Toto、もしくはToto MCというニックネームで親しまれています。 歌のジャンルはなんとラップ。 綺麗な顔からはまたしても意外なジャンルですね。

次の

美少年すぎる!ロレンソフェロの国籍・身長・家族・彼女などプロフィール!来日予定は?

ロレンソ フェロ

サイコパスな連続殺害鬼役として見せる表情とは打って変わって、ステージにあがるや優しく微笑みファンに手を振るロレンソは、「皆さん、今日はお越しいただいてありがとうございます。 日本に来れてすごく嬉しいです」と丁寧に挨拶。 初めて訪れた日本の印象を聞かれると、「すごく美しくて、進んでいて、未来にきたような感じ!」と目を輝かせ、「アルゼンチンから30時間かけてきたのですごく疲れましたが(笑)、取材の合間にゲームセンターに行って、UFOキャッチャーで大好きなポケモンのミュウツーのぬいぐるみを取れたし、美味しい和牛とお寿司もいただきました」と、充実した様子で語りました。 歌手としての人気もさることながら、本作のアルゼンチンでの記録的ヒットを経て、一躍スターの仲間入りを果たしたロレンソ。 有名になったことで生活も一変したようで、「(アルゼンチンでは)周りの人が皆自分のことを知っているし、歩いていても写真やサインを求められる」と人気者ゆえの悩みを吐露する一方で、「でも、とてもありがたい事だし自分にとっては良い変化。 高校生になって芸能界に入ったのですが、今まで閉じ込められていた泡の中から飛び出したような気分です」と謙虚に喜びを語ると、会場からは温かい拍手が送られた。 「あと、彼の目のアップを映したシーンが随所にあったんですが、毎回ドキッとしてしまいましたね(笑)」と、同性でありながらロレンソが放つ色気に虜になったと胸の内を明かしました。 神尾さんからの称賛を受け、ロレンソはちらっと神尾にウィンクを交わし、「(演じた)カルリートスをあまり憎んで欲しくないと思っていたので、神尾さんが仰ってくれたこと、すごく嬉しいです!もちろん人を殺してはいけないですが、誰にでも悪い心、暗い部分、危うさがある。 だけど、だからと言って愛が無くなるわけではない。 この映画はそうした繊細な作品なんです」と笑顔でコメント。 ダンスシーンについては、「気に入っていただけて本当に良かった」と胸をなで下ろしつつ、「実は、お父さんが眠っている間に鏡の前でこっそり練習していたんです。 撮影中も恥ずかしくて…、テイク1だけ、監督と二人にしてほしいとお願いました。 あと、『ウィスキー1杯持ってきて!』って(笑)」と照れ笑いを浮かべて撮影中のエピソードを告白。 「でも、色々ダンスを試しながらテイクを重ねているうちに人が増えていって…、最終的には20~30人くらいになっていました」と苦笑するロレンソに対し、神尾が「なんか…濡れ場の撮影みたいですね(笑)リハの時にはいなかったのに、本番ではなぜか人が増えている」とまさかの例えを披露すると、大きな笑いが起こりました。

次の