スナック エンドウ ゆで 時間。 スナップエンドウおいしい茹で方と筋取りのコツや冷凍解凍方法

スナップエンドウ食べ過ぎのお知らせです。

スナック エンドウ ゆで 時間

シャキシャキの歯ごたえが特徴のスナップえんどうは、大人から子どもまで大人気の春野菜。 彩りがきれいなのでお弁当やサラダにも映え、行楽の季節にもってこいです。 でも、筋取りや下茹でなど、「下ごしらえ」がちょっと面倒そう…なんて人もいるのでは? そこで今回はスナップえんどうが格段においしくなる茹で方と、簡単に下処理するコツをご紹介します! *** スナップえんどうの筋取り方法は? 下ごしらえの基本 食卓やお弁当のおかずとしておいしくスナップえんどうを食べるために、絹さやよりも太い「筋」を丁寧に取ってあげましょう。 コツをつかめば、簡単にできちゃいますよ。 〜筋取りの方法〜 1. ヘタが付いていないほうの先端を爪を立てて曲げ折り、そのままスーッと引っ張って短いほうの筋を取る。 続いて、ヘタのある頭も同じように曲げ折り、ゆっくり引っ張って長いほうの筋を取っていく。 シャキッと食感を楽しむための「茹で時間とポイント」 筋を取ったら、次は茹でていきましょう。 この、茹で時間がとっても大事! スナップえんどうはシャキッとした食感が命。 茹ですぎるとおいしさを十分に楽しめなくなってしまう可能性も。 【POINT】 茹で時間は、スナップえんどう10本に対して2分を目安にするといいですよ! 2分茹でたら鍋から取り出し、少し隙間を空けながらザルやバットに並べて冷ます。 【POINT】 これは「陸揚げ」 (おかあげ)といって、10分ほど自然に冷めるまで待つ方法です。 水に浸けて冷ますと水っぽくなりがちな野菜も、この方法なら保存期間が長くなりやすく、お弁当のおかずや作り置きにぴったり!陸揚げする時間がなければ、冷水に1分ほどさらして冷ましましょう。 スナップえんどうをおいしく茹でるポイント 茹でるときのポイントは、適量の塩加減にし、短時間で茹であげること。 適量とは、しょっぱくならずに素材の甘さと旨みを引き出すのに最適な塩加減のこと。 この塩加減で茹でると冷めても味がぼやけず、そのままお弁当に入れてもおいしく食べられます。 また塩には緑色の色素を引き出す作用があるので、茹であがりの色が鮮やかになるんですよ。 塩水が沸騰したら、強火で一気に茹であげましょう。 冷ます時の予熱で火が通るので、通常の温野菜より短めに茹でるのがポイントです。 【POINT】 下ごしらえで取り除いた筋を一緒に入れて茹でると、お湯にスナップえんどうの香りが移って、より香り豊かな仕上がりになるのだとか…。 ぜひやってみたいですね! 下ごしらえと茹でる際のほんのちょっとしたコツで、格段と食べやすく、おいしくなるスナップえんどう。 【関連記事】 【教えてくれた人】 飯泉友紀さん [PROFILE] 訪問調理師。 オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。 キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

次の

スナップエンドウ食べ過ぎのお知らせです。

スナック エンドウ ゆで 時間

スポンサードリンク 電子レンジでスナックエンドウを茹でることが出来る? スナックエンドウまたの名をスナップエンドウは、1970年頃にアメリカからやってきた緑色の可愛らしい野菜です。 日本にやってきた当時はスナップエンドウの名で親しまれていたのですが、日本国内でもスナップエンドウをスナックエンドウという商品名で販売を開始したため、1983年に農林水産省がスナックエンドウとスナップエンドウを統一させ、 現在ではスナップエンドウという商品名で一般流通しています。 現在ではサカタのタネ以外ではスナックエンドウという名を聞くことはありません。 とことで、スナックエンドウはグリーンピースの改良品種だということをご存知ですか? スナックエンドウは豆が大きく成長してもサヤが固くならずに美味しく食べることが出来るようになっています。 そのため、パリッとした食感と甘い風味が特徴の野菜ということでスナックエンドウという名前が付けられたのです。 では、スナックエンドウの美味しい食べ方をご紹介します。 日本でも煮物や炒め物、和え物などでスナックエンドウを使用します。 では、 スナックエンドウの正しい調理方法をご紹介します。 まず、スナックエンドウのサヤ部分のヘタが無い方から弧を描くように張られている内側の筋をヘタ方向へ向かって取り除きます。 次はヘタの方向からサヤの外側に向かって筋を綺麗に取り除きます。 スナックエンドウはこの筋を綺麗に取り除かなければ食べた際に筋が気になって美味しくありません。 しっかり筋を取り除いておきましょう。 スポンサードリンク スナックエンドウの茹で方 通常スナックエンドウは、沸かしたお湯に食塩を少々加え、スナップエンドウを60秒茹でます。 60秒後、ざるに挙げたスナックエンドウをそのまま放置しておくことによって予熱でスナックエンドウがさらに柔らかくなります。 しかし、スナックエンドウのシャキシャキとした歯切れの良さを感じたい場合は、茹でた直後に水に浸すと良いでしょう。 ですが、スナックエンドウを茹でる時間が無い場合は電子レンジを用いると時間短縮が出来るので活用しましょう。 電子レンジでスナックエンドウを茹でる際は、シリコンスチーマーなどのスチームケースを利用すると簡単にスナックエンドウを茹でることが出来ます。 スナックエンドウを電子レンジで茹で方は以下の通りです。 材料 ・スナックエンドウ:20本 ・水:大さじ1. 5杯の水を回しかけます。 R スナックエンドウには、抗酸化作用のあるビタミンCや疲労回復や生活習慣病の予防に効果のあるビタミンB群、貧血を改善させる働きを持つビタミンKなどのビタミン類とカルシウムやカリウムなどのミネラル類が含まれています。 また、お通じの改善に効果を発揮する食物繊維や妊娠中の女性に嬉しい葉酸も含有されおり、とても栄養価値の高い食材と言えます。 また、カロリーは100gあたり43Kcalのためダイエット中の方にお勧めの食材でもあります。 しかし、ビタミンCなどの水溶性の栄養素は茹でると溶け出してしまいます。 ですが、電子レンジで茹でることによって熱や水に弱い栄養素の損失を最小限に留めることが出来ます。 スナックエンドウは4月から7月にかけて旬を迎える食材です。 豊富なビタミンやミネラルを含むスナックエンドウを電子レンジで温めて、たっぷりと含まれている優れた栄養素を体内に吸収しましょう。 スポンサードリンク.

次の

電子レンジでスナックエンドウを茹でることが出来る?

スナック エンドウ ゆで 時間

スナップエンドウとは? スナップエンドウはスナックエンドウとも呼ばれる えんどう豆の一種で、絹さやのようにさやごと食べることができる豆です。 元々は アメリカで作られていた品種で日本には1980年代にやってきました。 当時は スナックえんどうと呼ばれていたそうですが、後に スナップエンドウが統一名称となりました。 その名前の由来はポキッと折れる音が英語で「snap」ということからついたそうです。 鮮やかな緑色をしていて、 サクサクの食感が特徴的で、食べてみるとその甘さに驚く方も多いのではないでしょうか?塩ゆでするだけでも十分一品になる優秀食材です。 スナップエンドウの下処理は? スナップエンドウは さやごと食べる豆ですが、調理をする前に絹さややいんげんと同じように口当たりの悪い すじの部分を取る必要があります。 この筋取りは闇雲に引っ張ったりしても意外と固く上手に取ることができません。 ですが、きちんと手順を踏めば面白いほどにするりと取れます。 photo by 暮らしにいいこと 筋が残ると食べたときに歯に引っかかったりして嫌な食感がのこるので、しっかり取っておきましょう。 茹で時間は1分半と少し歯ごたえがあり、2分だと少し柔らかい感じです。 私は1分半で茹でていますが、おいしいですよ。 茹でた後、水にさらすとシャキシャキの歯ざわりになり、色止めにもなります。 一方、 水にさらさずに置くと熱々を食べれて、旨味も凝縮されていますよ。 お好みで使い分けて下さいね。 お塩の代わりに、 砂糖を一つまみや サラダ油・ごま油を少々入れる方法もあります。 仕上がりが違ってきますので一度試してみてくださいね。 こちらでは、筋のとり方から茹で方までを動画でご紹介しています。 わかりやすいので、是非ご確認ください。 【動画: スナップエンドウの茹で方】 電子レンジでゆでる方法は? スナップエンドウはレンジでも加熱ができます。 ただレンジだと 青臭さ、エグミが残るので個人的にはおすすめしません。 レンジで茹でる(?)方法は、下処理して洗ったスナップエンドウをお皿に並べてふんわりとラップをします。 600wで1分半ほどで出来上がりです。 加熱する量によって加熱時間が異なりますので、調整してみてくださいね。 春はえんどう豆がおいしい季節ですよね。 えんどう豆の 保存方法については、こちらをご覧ください。 それは、 次のようなことが原因となっています。 この時期には他の豆類も旬を迎えるものが多いので店頭で選ぶのが楽しくなりますよね。 豆類の美味しさは鮮度に大きく左右されます。 スナップエンドウも例に漏れず 鮮度が美味しさのポイントになってきますよ。 スナップエンドウの保存法、ご存知ですか?冷凍もできるスナップエンドウの保存方法や栄養と効果効能はこちらをご覧ください。 天ぷらやスープに入れてもおいしいスナップエンドウ、食べ方や調理法は意外とたくさんあります。 今回はスナップエンドウを使った簡単でおいしい2つのレシピをご紹介します。 スナップエンドウとゆで卵のサラダ 卵の黄色とスナップえんどうのグリーンが見た目にも鮮やかで美しく、お弁当の一品としても活躍します。 ゆで時間は 1分弱程です。 お好みで粒マスタードを加えてもおいしいですよ。 噛むとスナップエンドウの旨味がじゅわっと口いっぱいに広がります。 ぜひ、試してみてください。 えんどう豆の保存はさやごとがおすすめです。 えんどう豆の保存はこちらをご覧ください。 ビールのお供に茹でた熱々のスナップエンドウが登場すると春を感じますね。 たくさん準備するときには、家族でテーブルを囲んで一緒に筋取りの下ごしらえしても楽しいかもしれません。 栄養価も高く体にもいいのでぜひ旬の季節には楽しんでください。 スポンサーリンク•

次の