進化の秘宝 ドラクエ11。 【ドラクエ】歴代最強主人公ランキングベスト7!!

【ドラクエライバルズ】進化の秘法の強さ・効果・評価

進化の秘宝 ドラクエ11

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。 今回は、いつもと趣きを変えて、 『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』に登場する宿敵、 大魔王ミルドラースについて語っていきたいと思います。 不遇の魔王、ミルドラース スーパーファミコン版『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』において、大魔王ミルドラースはとても存在感の薄い魔王となってしまっています。 というのも、その名前が明らかになるのは、本当にラストのラストだからです。 主人公の父パパスを殺すなど主人公の前に何度も立ちはだかるゲマ、前作から再登場でとてつもない強さを誇る裏ボスのエスタークの挟まれ、「あれ、なんだっけ。 あの二段階返信する赤い太ったドラゴン」と言われてしまうのが、大魔王ミルドラースでした。 個人的な憶測でしかないのですが、スーパーファミコン版『ドラゴンクエストV』は難産だったと思っていて。 それはおそらく、モンスターを仲間にするといった前代未聞なことをやったことによるゲームバランス調整がとても大変で、作品としての細かいディティールまで精度を磨けなかったのでは?などと考えています。 その結果、ラスボスの存在が希薄になってしまったのではないか、と。 そんな大魔王ミルドラースですが、リメイク版であるプレイステーション2版以降は、どういう魔王であったかという説明が追加されています。 大魔王ミルドラースの正体 ・実は人間だった ・神を超える力を欲して、魔物に転生した ・その方法は、「進化の秘法」と「黄金の腕輪」 ・マスタードラゴンと戦い、魔界に追いやられた ・結界が強くて地上には出られない ・結界を司るエルヘブンの者に扉を開かせようとしていた ・しかし、自力で結界を破れるまでに進化 はい、ここでおさらいです。 前作『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』に出てきた自国の帝王エスタークは、魔族でありながら「進化の秘法」を使ってマスタードラゴンと互角に戦えるだけの力を付けました。 しかし、それでは進化が不完全だったため、マスタードラゴンに敗れ、地下深くで永い眠りにつくことになります。 前作『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』に出てきたデスピサロは、恋人のロザリーを人間に殺された怒りと悲しみによって、「進化の秘法」と、それを完全なものにするために欠かせない「黄金の腕輪」を使って、エスタークを超える完全な進化を遂げることになりました。 しかし、心に残っていた優しさが仇になったのでしょうか。 天空の勇者と導かれし者たちによって滅ぼされてしまいます。 つまり、 ミルドラースは、エスタークが初めに考案し、デスピサロによって完成された「進化の秘法」を使って、もっとも光の陣営にとって大きな脅威となった大魔王ということです。 興味深いのは、彼はもともと人間だったにも関わらず、人造進化によって魔物になってしまったという点でしょう。 しかし、その力はすでに強大で、マスタードラゴンの力をもってしても倒すことはできませんでした。 そのため、魔界に追いやるのが精いっぱいといったところ。 しかし、あれだけ巨大な魔力を持つ存在は、世界の法則によって作られた結果を破って地上に戻ってくることはできません。 これで、事態は解決するはずでした。 ところが、ミルドラースは凶悪な魔物が跋扈する魔界においても進化を続け、ついには、魔界全土を統治。 魔界の王と君臨することとなります。 さらに、進化を続け、ついには自力で結界破りができるまでになるのです。 世界の法則を超越した存在。 それが、大魔王ミルドラースなのです。 ユア・ストーリーのミルドラース 実は、映画版『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のミルドラースは、この原作の設定に則っていることにお気づきでしょうか。 ・「人間」から誕生した ・独自に進化していく存在 ・世界の外にいる ・世界の法則を破る力を持っている 一見すると、唐突感のあるコンピュータウイルスですが、実は、原作のミルドラースの上記4つの要素を抑えており、主人公が対峙するべき驚異の再解釈としては、なかなか面白いんじゃないかと俺は思っています。 今回はこんなところで。 それでは! =注意= この記事に使われているゲーム画面やゲーム音楽の著作権はすべて権利者にあります。 当ブログは権利者の温情によって使わせていただいている立場ですので、権利者から削除要請があった際には迅速に対応いたします。 Similar Posts:.

次の

名作ぞろい! おススメのドラクエ同人ゲーム作品まとめ

進化の秘宝 ドラクエ11

さらに「」によって状態異常に強くしています。 カミュの専用装備には「」がありますが、 「そうてんのトーガ」の方が優秀なので見た目を重視しない方は「そうてんのトーガ」を装備させましょう。 魅力重視の装備にするとシルビアのハッスルダンスの回復量が上がり 300位 回復役も十分にこなせるようになります。 ストーリー終盤、補助役に徹するシルビアは攻撃力は重視しない方向でも問題ないでしょう。 耐性、防御力、攻撃魔力、回復魔力がバランスよく高くなり、さらにオーロラの杖は敵にかかっている良い効果を打ち消す特性をもっているため非常に優秀な装備となっています。 パーティのアタッカー枠となるので 攻撃力重視の装備をさせましょう。 『ドラクエ11S』では真裏ボス撃破後に入手できる「」が胴の最強装備となります。 死んでも何度でも蘇る効果で、いわゆるチート級の防具なので装備しない手はありません。 「ひかりの大剣」装備で 単体火力はマルティナと同等の最強格になります。 HPや防御も高いので、「」で状態異常耐性を整えれば攻守ともに優れた有能なキャラです。

次の

【ドラクエライバルズ】進化の秘法の強さ・効果・評価

進化の秘宝 ドラクエ11

DQ、ドラゴンクエスト。 国民的RPGとしての名をほしいままにし、 数々の名作を生みだしてきた名シリーズだ。 シンプルなゲーム性と主人公視点で世界を旅するワクワク感、 そして ドラゴンボールの鳥山明氏によってデザインされた魅力的なキャラクター達。 ドラクエが好きな人であれば、一度はそのヒロインたちと エッチなことをする妄想をしたことがあるのではないだろうか。 今回は、そんな数多く存在するドラクエ同人作品の中から、 特に同人ゲームのおススメを紹介したい。 原作ではありえなかった魔王軍側主人公のシチュエーションや、 下手な商業ゲームよりも優れたクオリティの名作など ドラクエ同人ゲーは作者の原作に対する深い愛情を感じ取れるものが多い。 初めて同人ゲームを買う人にも胸を張ってすすめられる作品ばかりなので、 ぜひ一度チェックしてほしい。 おススメのドラクエ同人ゲーム作品まとめ 目次• パロゴンクエスト -トロの勇者と運命の花嫁- 注目ポイント:最高クオリティのFC風ドットRPG! パロゴンクエストは人気サークル『さくらぷりん』のFC風ドットRPGだ。 全体を通して RPGのゲームバランスが非常に優れている。 FC風のドット絵も高クオリティなこともあって、商業作品と見間違えるほどだ。 3人のヒロインから一人を選ぶシナリオだが、それ以外にも多くの女性キャラとのエッチなシーンがある。 どれも実用的なものばかりで飽きがこない作りになっている。 また、 2周目以降は強くてニューゲームができたり、新しいエッチシーンが追加されるなどの特典も。 ゲーム性・エロの質、両者を兼ね備えた同人ゲームの中でもトップクラスの傑作だ。 ドラモンクエスト~進化の秘法と生贄の姫たち~ 注目ポイント:モンスターズにハマった人におススメ! ドラモンクエストは『甘辛でいこう』の育成RPG+地域制圧シミュレーションだ。 魔王軍の側に立ち、 ヒロインたちを育てた魔物でやっつけて堕とす同人ゲームならではの展開。 仲間のモンスターは条件によってさまざまに進化させることができ、 モンスターズシリーズにハマった人にはたまらない作品だ。 ヒロインはDQ歴代シリーズから主要キャラがほとんど出演しており、 エッチシーンもボリュームたっぷり。 遊びごたえのある名作同人ゲームで非常におススメの作品だ。 RPGの要素を強くし、 まったく別のストーリーでより深く作り込まれた スーパードラモンクエストも発表されており、こちらも気に入った方はぜひチェックしてほしい。 Fight 注目ポイント:超人気サークルの意欲作! D. Fightは超人気サークル『クリムゾン』の絵にRPG要素を足した夢の同人ゲームだ。 ドラクエシリーズの人気ヒロインたちが魅力的な絵で描かれていることはもちろん、 お約束の展開、 「悔しいけど感じちゃう!」をHバトルでうまく融合させている。 強いヒロインたちをより強い力や触手などの特殊プレイで屈服させる、 征服欲を満たしてくれる名作だ。 さらに別ヒロイン・別シチュエーションのD. FIGHT2も発表されており、 こちらも負けず高クオリティな作品となっている。 ドラゴンアカデミーぷらす 注目ポイント:RPG+育成シミュレーションの名作! ドラゴンアカデミーぷらすは『SPLUSH WAVE』の育成シミュレーション+RPGだ。 冒険者を育てる 学園でヒロインや仲間と交流し、主人公を育成するパートと、 ダンジョンを攻略するパートの要素が良く混ざり合っている。 ありそうでなかったゲームが、圧倒的なクオリティで作り込まれている ドラクエ好きにはたまらない同人ゲームとなっている。 ヒロインとのエッチシーンも多く、 クリア後の追加要素もやりごたえが非常に高い。 ドラゴンアカデミーは無印と2の2種類が出ているが、こちらは無印の追加要素版だ。 こちらが気に入った方は2の追加要素版、ドラゴンアカデミー2プラスも楽しんでほしい。 もし買おうと思ったら、追加要素がないバージョンなどを買わないよう 買う前に「ぷらす」の3文字がついていることを忘れずに確認すると良いだろう。 魔王軍へようこそ 注目ポイント:モンスター育成+経営シミュレーションの傑作シリーズ! 魔王軍へようこそは『ののの通信』の放つモンスター育成と経営シミュレーションを合わせた同人ゲームだ。 タイトル通り、 魔王軍の側に立ちモンスターを育てて世界を征服するストーリーとなっている。 育成と経営、両方のシステムがとてもシンプルだが奥深く作られており ダンジョンを攻略する 普通のRPGに飽きた人はぜひ試してほしい意欲作となっている。 ゲームと女戦士のCG集とセットになったバリューパックもおススメだ。 現在単品でCG集は発売されていないので、迷ったら値段もそれほど大きく変わらないので バリューパックをおススメする。 また、人気作であることの証拠にこのゲームはシリーズが無印から5まで出ている。 5はイベントで配布したばかりなのでまだだが、4まではDLsite. comですぐにダウンロードできるので、 気に入ったら好きなヒロインが出ている続編に挑戦するのも良いだろう。 Dの大冒険Queen 注目ポイント:キャラクター数最多!? 快楽でヒロインたちを堕とす味のある絵のADV! Dの大冒険Queenは味のある画風のサークル『あ』の放つ大ボリュームADVだ。 ヒロインはドラクエ2から9までに加えてダイ大などを含んでおり非常に多い。 ドラクエ同人ゲームの中では最多になるかもしれないほどのエッチシーンが用意されている。 魔王軍の側に立ち、正義のヒロインを勇者たちから寝取りたい。 そんな欲望を持つ人にはぜひおススメの作品だ。 初めは敵として向かい合っていたヒロインたちが、徐々に快楽に屈していく姿は 非常に燃えるシチュエーション。 男は主人公一人しか出てこないのでヒロインたちを独占したい! という人にも安心してすすめられる。 DQ5の3人のヒロインだけを深堀りした、 馬の魔物と寝取られ国王と雌奴隷に堕ちる王妃達も 同じシステムで作られておりこちらも要チェックとなっているぞ。 注目ポイント:触れるアニメ! おてんばアリーナ姫に触手が迫る! こちらはサークル『残酷同盟』の触れるアニメ作品だ。 ただのCG集ではなく、 絵が動き、画面をクリックすることでアリーナ姫にタッチできるようになっている。 しびれクラゲとなったあなたは、おてんば姫のアリーナをその触手で いじめて快楽堕ちさせてしまおう。 絵のクオリティが非常に高く、やや幼く描かれた柔らかな身体は股間に悪い。 触手好き、アリーナ好きにはたまらない一品となっている。 ミネアとマーニャが好きな方は同シリーズのかっしょくしまいがあらわれた! の方も気に入ること間違いなしだろう。 まとめ いかがだっただろうか? ドラクエの同人作品はクオリティが高いものが非常に多く、選ぶのに苦労した。 今回紹介したのは、やはりゲームを原作としたものとして高いゲーム性を持ったもの、 あるいは非常に同人作品として実用性のあるものを多く選んだ。 シリーズは9以降、オンラインの方向へと向かいキャラクターとストーリーで見せるタイプの ドラクエはもう出ないのかもしれない。 しかし、これまでプレイヤーを虜にした作品たちは これからも多くの同人ゲームを生み出していくだろう。 このブログでもそういった新作を見逃さないよう努力していくつもりだ。 そして、皆さんのナイトライフに役立てていただけたら幸いである。 名作ぞろい! おススメのドラクエ同人ゲーム作品まとめ• , , , , , , , , , ,.

次の