グランド ブダペスト ホテル。 『グランド ブダペスト ホテル』ネタバレ感想。作家ツヴァイクの悲劇。おしゃれだけど毒入りです。

音楽もユニークな『グランド・ブダペスト・ホテル』|Music Sketch|Culture|press.prosperity.com(フィガロジャポン)

グランド ブダペスト ホテル

さて、今回取り上げます『グランド・ブダペスト・ホテル』は、2014年に公開された、ウェス・アンダーソン監督・脚本によるミステリーコメディです。 現在、最新作『犬ヶ島』が全国公開している同監督の作品は、俳優や同業の人々からも支援されるその独特の世界観で、世界中に多くのコアファンを持っています。 インテリアのスタイリングは、主人公の状況やキャラクター、時代背景などを表現するのに重要な要素ですが、この映画はフィクションの世界にリアリティを演出するためというより、監督が創造するイメージを具現化するために、スタッフが 1枚 1枚の絵コンテから、ミニチュアの模型を作り、ロケ地を選定し、セットが製作されているようです。 ということで、本作はインテリアから意味を見出そうとする従来の観方ではなく、それぞれのシーンを映像美として楽しむというのが、正解なのではないでしょうか。 ホテルオーナー ゼロ・ムスタファ(左)と、語り手となる作家 物語は、1985年の語り手である作家(トム・ウィルキンソン)によるイントロダクション、1968年の語り手の作家(ジュード・ロウ)と難民のベルボーイから成り上がったホテルオーナー ゼロ・ムスタファ(F・マーリー・エイブラハム)との食事と回想シーン、そして1932年の映画本編と、3部構成になっています。 時代を分かりやすくするために、画面のアスペクト比を3つに分けていますが、これは1932年の本編映像を正方形に近い比率に導くための順番です。 では何故、正方形に近いアスペクト比にしたのでしょうか? それは、シンメトリー(左右対称)に拘った映像になっていますので、それをより強調するための手法かと思います。 それでは、今回のインテリア・スタイリングは、そのシンメトリーをテーマにして観ていくことにしましょう。 この真っ赤なエレベーターにも秘められた暗示が…。 ホテルコンシェルジェのグスタヴ・H(レイフ・ファインズ)と、ベルボーイになったばかりのゼロ・ムスタファ(トニー・レヴォロリ)との出会い。 ヨーロッパのズブロフカ共和国にあるグランド・ブダペスト・ホテルのサインや置き照明の意匠は、アールヌーボー様式で19世紀初頭の雰囲気が出ています。 ドイツのドレスデンの旧百貨店をロケ利用したホテルは、シンメトリー構造の階段を持ち、長い廊下の赤い絨毯模様とそれに合った天井の額縁模様(ヨーロッパの建築様式では、床・天井のデザインが上下対称となっています)。 赤くした狭い四角の空間のエレベーターボックスに、紫の制服を着た従業員の並び配置。 ビビットな色で画面を構成しコントロールしていることで、これは架空な世界のおとぎ話に近いことを暗示しています。 マダムDの長男ドミトリー(左から2人目)の陰謀で逮捕される事になるグスタヴ・H(右) 殺人容疑で捕まってしまったコンシェルジェのグスタヴ・Hは、第19犯罪者拘留所に入れられてしまいます。 つまり刑務所ですが、四角い画面にシンメトリーを強調するためには、もっとも適した場所です。 縦横が均一な鉄格子、四角い窓、見通しの良い長い廊下、全員ボーダー柄の囚人服、左右対称の三段ベッド、警官対囚人と。 ストーリーとは別に、この映画の画面構図の印象付けという点では、ハイライトのパートです。 物語の展開でも、ベルボーイ(後のホテルオーナー)ゼロ・ムスタファが、グスタヴ・Hから「お前は、何故故郷を出てきたと?」非難めいた質問をされて、故郷のアク・サリ・アル・ジャパットの村々は焼かれ、親、家族は皆射殺されて難民になったことを告白します。 そして、二人は兄弟の誓いと契約をします。 これは、今日のヨーロッパの難民問題を想起させます。 富裕層が集い、誰もが憧れる華やかなホテルだった、かつてのグランド・ブダペスト・ホテル 『グランド・ブダペスト・ホテル』は、1900年代前半のナチスドイツ、旧東ヨーロッパ、オーストリア帝国などを連想させますが、難民問題を抱える現在のヨーロッパとも重なります。 トランプ大統領登場以前に、メキシコ国型の痣を持つヒロインがいることに、今のアメリカに重なる物語にも読み取れてしまうところにも、この作品の深さと予言性を感じます。 その意味では、シンメトリーに徹底的に拘ったコメディタッチのミステリーにしなくては、メッセージ性が強すぎる重たい内容になってしまったのかもしれませんね。 これはインテリア・スタイリングよりも、構図とイメージが優先された特別な作品だと思いますので、是非、あなたもウェス・ワールドを訪れてみてください。

次の

解説・あらすじ

グランド ブダペスト ホテル

1969年テキサス州ヒューストン生まれ。 大学で俳優のオーウェン・ウィルソンと出会い、映画の共同制作を始める。 96年『アンソニーのハッピー・モーテル』で長編監督デビュー。 98年『天才マックスの世界』で批評家の支持を得、01年の『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』は全世界で大ヒットを記録、一躍その名を知らしめた。 その後も発表する作品毎にファンを増やし、最新作の『グランド・ブタペスト・ホテル』は見事ベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた。 これまでに3度のアカデミー賞ノミネートを誇り、全世界で最もユニークで、最も人気を博しているフィルムメイカーの1人である。 FOX '09 ・ '12 ・グランド・ブダペスト・ホテル '13 ウェス・アンダーソン監督の映画は、どのシーンを切り取っても情報量でいっぱいで、驚くほど隅々まで作りこまれている。 それでも不思議なことに、彼の作品の世界観はすんなりと受け入れてしまえる。 キャラクターたちの独特なしぐさや絶妙なニュアンスをもつセリフがしっくりくるのは、決して持ち前のおしゃれさやテンポの良さだけではない。 彼の作り出したキャラクターたちは、まるで私たちの知らないどこかで本当に暮らしているようなイメージを浮かばせる。 偶然性を極力排したように見えるウェス・アンダーソン監督の映画は、全くの作り物であるにもかかわらず、私たちのいる現実よりも、なんて瑞々しいのだろうか。 全編人形を使ったストップモーション・アニメでは、その魅力を存分に堪能することができる。 妻の妊娠をきっかけに盗みをやめ、つつましく生活することを決めたMr. すぐさま行動に移すMr. FOXと巻き込まれていく動物達、そして盗みを許さない人間たちが織り成す物語の速度と爽快感は、ウェス・アンダーソン監督作の中でも随一だ。 生き生きと画面を動き回るキャラクターたちを観ていると、私たちも同じようなエネルギーに満ちてくるだろう。 そして新作では、それをさらに突き詰めている。 ストップモーション・アニメあり、CGありという、今まで培ってきた技術をふんだんにちりばめた今作は、ウェス・アンダーソン監督の集大成といえる作品だ。 かつてのヨーロッパの、架空の国の架空のホテルを舞台に、キャラクターたちのユーモアは切れ味を増す。 けれど、問題を抱えたキャラクターたちがそれでもなんとなく和解しながら幕が下りる今までの作品とは、どこかが違う。 遠い昔、遠い国の輝かしい日々を現在から眺めているような侘しさが、物語の最後に残るのだ。 『グランド・ブダペスト・ホテル』にこれまでにはないスケールの大きさを感じるのは、現代に生きる少女から始まり、彼女が読んでいる小説の作者が、実際に聞いた話の時代にさらにさかのぼるという入り組んだ設定に加えて、今はもう存在しない世界への愛着と、それに対するある種の諦観が描かれているからだと思う。 今回上映する『ファンタスティック Mr. FOX』と『グランド・ブダペスト・ホテル』は監督従来のチャームポイントと新たな決意を確認できる二本立てだ。 独自の路線を突き進む彼の作品から目を離すことができない。 (ジャック) ファンタスティック Mr. FOX FANTASTIC MR. FOXは盗みをしながら暮らしていたが、妻のMrs. FOXとちょっと変わり者の息子アッシュのために、盗みから足を洗い、今は穴暮らしをしながら新聞記者として働く日々。 だが、「もっといい暮らしをしたい!」そんな欲求にかられた彼は、丘の家を購入することに。 しかし丘の向こうには意地の悪い3人の人間の農場主(ビーン、ボギス、バンス)が住んでいた。 それでも憧れの家に引っ越し、人間に近づいたMr. FOXは、野生の本能が目覚めてしまい、人間たちの飼育場から昔のように獲物を盗むことに熱をあげていく。 FOXと土の中で生活する彼らの仲間たちは、野生の本能と誇りをかけ、人間たちと戦い始める! 「チョコレート工場の秘密」で知られるロアルド・ダールが1970年に発表した「すばらしき父さん狐」。 子供の頃に原作を呼んだウェス・アンダーソン監督は、いつかは映画化したいと願い続け、遂に現実となった。 しかも、CGや3Dが主流の今あえてストップモーション・アニメにこだわり、1秒に24コマ撮り(本編87分!)という、時間と手間と愛情をかけて作品を完成させた。 主人公Mr. FOXの声は『オーシャンズ』シリーズから社会派作品まで幅広い演技力でハリウッドのトップにたつジョージ・クルーニーが務めた。 Mrs. FOXには2度のアカデミー賞主演女優賞受賞を誇る、名女優メリル・ストリープ。 さらにはアンダーソン作品常連のジェイソン・シュワルツマン、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソンなど、素晴らしい個性派豪華キャストが人形たちにリアルな息吹を与えている。 彼の究極のおもてなしの秘密は、マダムたちの夜のお相手も辞さない徹底したプロ意識にあった。 ところが、グスタヴの長年のお得意様である伯爵夫人が殺され、遺言で貴重な絵画を贈られたグスタヴが容疑者に! ヨーロッパ大陸を逃避行しながら、愛弟子のベルボーイのゼロと、肉親よりも固い絆を結ぶコンシェルジュの秘密結社の力を借りて、謎に挑むグスタヴ。 今世界中で最も人気のある監督の一人であるウェス・アンダーソンの最新作が完成した。 次々に事件が起こるスリリングな展開なのに、独特なユーモアで至福感に包まれる、アンダーソン監督にしか生み出せない世界観。 公開されるや世界各国で次々と記録を塗り替えるヒットとなり、最高傑作との呼び声も高い。 そんな彼の新作に集まったのは超豪華&個性派スターの面々。 主役のレイフ・ファインズをはじめ、エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴールドブラム、ハーヴェイ・カイテル、ジュード・ロウ、ビル・マーレイ、ティルダ・スウィントン、シアーシャ・ローナン、マチュー・アマルリック、レア・セドゥ等々、国際色豊かなキャストが濃密なキャラクターを演じている。 さらに、そこかしこに仕込まれた映画史へのオマージュ、こだわり抜いた美術や衣装、ドイツ・ドレスデンで撮影された風光明媚な街並みなど、まさにどこから見ても楽しめる、極上のミステリー・エンタテインメントがついに幕を開ける!.

次の

音楽もユニークな『グランド・ブダペスト・ホテル』|Music Sketch|Culture|press.prosperity.com(フィガロジャポン)

グランド ブダペスト ホテル

とある高級ホテルのカリスマ的である初老の男と若いの交友を描いた作品である。 監督・脚本は、主演はが務めた。 や、の4部門などを受賞している。 も受賞した。 ヨーロッパ大陸の東端にあるという仮想の国ズブロフカ共和国が物語の舞台であり 、歴史的なトピックスがパロディとして登場する。 また、時間軸は1932年と1968年、1985年の3つであり これに冒頭及び最後の「現在」を加えると4つ 、1. 33:1、1. 85:1、2. 35:1の3種類のを使い分けることで入れ子構造を表現している。 本作品は、アンダーソンが脚本を書くに当たって影響を受けた「の著作」に献辞が捧げられている。 あらすじ [ ] 一人の女性が、旧ルッツ墓地を訪れ、ズブロフカの偉大な 作家の銅像の前で「グランド・ブダペスト・ホテル」を読み始める。 時は遡り、書斎で作家は語る。 「作家とは無から有を生み出すのではなく、作家と知られると自然と物語が集まる」と。 彼にとって印象深いのは、、ズブロフカ・アルプス麓の町ネベルスバートにある『グランド・ブダペスト・ホテル』で、とある老紳士から聞いた物語だった。 さらに時は遡り1968年8月、当時いわゆる「作家熱」を患い、静養のため、かつては美しかったのであろうが今は古びてくすんだグランド・ブダペスト・ホテルを訪れた作家。 そこで彼はホテルのオーナーで、移民からこの国一番の富豪になった ゼロ・ムスタファと知り合う。 ムスタファ氏はオーナーであるにもかかわらず、ホテル最上階の「グスタヴ・スイート」と名づけられた使用人用のシングルに泊まっており、一人客ばかりの滞在客の中で誰よりも深い孤独感を漂わせていた。 彼の謎めいた素性に興味を持った作家は、ディナーで彼の昔語りを聞くのであった。 またさらに時は遡り、のグランド・ブダペスト・ホテル。 このホテルは所有者が謎とされていたが、名高い: グスタヴ・Hのもとに富裕層が多く集まる、誰もが憧れる華やかなホテルとして営業していた。 戦乱で故国を追われ、各地のホテルで下働きをしてきたゼロがホテルのベルボーイになったのはこの時期であり、またグスタヴから薫陶を受けていた。 そして彼は菓子店メンドルの店員である アガサと出会う。 彼女は勇気と大胆さを併せ持った女性で、また左頬にはメキシコ型の大きな痣があった。 グスタヴは、行き届いたサービスに加え「裕福だが年老いており、不安げで虚栄心が強く軽薄で(性的に)飢えている金髪の」女性客を満足させることで、顧客から熱烈に支持されていた。 その一人である マダムDはあるとき、「グスタヴと二度と会えない気がする」と不安を口にする。 そのご不安は的中し、一ヶ月後の1932年10月19日の新聞にマダムの死亡記事が掲載される。 グスタヴはゼロと共に、列車で急いでマダムの居宅のあるルッツへ向かう。 その途上、軍の検問があり、移民としての旅券しか持たないゼロは拘束されそうになるが、担当した軍人がグスタヴの知り合いだったため、臨時通行証を発行してもらい事無きを得る。 マダムの邸宅ルッツ城で、グスタヴはマダムの死を悲しむ。 邸宅には、マダムの遺産を目当てに大勢の親族が集まっていた。 遺言執行人の弁護士 コヴァックスは、「基本的な遺言に加え、追加や補足が600通以上に及ぶため、基本的に長男の ドミトリーや、その姉妹が相続することになるものの、その他形見分けなどもあり、遺言の執行には時間がかかる」と説明した。 また、その中でも最新の遺言として『ホイトル作の名画「少年と林檎」をグスタヴに遺贈する』とあった。 ドミトリーはグスタヴが母と肉体関係があったことを罵倒して殴る。 ゼロはドミトリーを殴り反撃するが、ゼロもドミトリーの傍らにいた不気味な男、私立探偵を名乗る ジョプリングに殴られる。 グスタヴは「この絵はマダムの所有する美術品の中で唯一価値がある もの」と狂喜し、「少年と林檎」を風の絵画とすり替え、マダムの執事 セルジュの協力を得て持ち出す。 グスタヴは、「少年と林檎」を処分することにし、ゼロの協力への見返りとして、わずかな手数料と死後自分の財産をすべて遺贈するという契約書を作成する(もっとも彼の財産と言っても詩集の他大したものはないのだが)。 しかし、ホテルに戻ったグスタヴは、マダム「殺害」の容疑で逮捕され、第19犯罪者拘留所に収容されてしまう。 全てはドミトリーの陰謀で、彼はジョプリングを使って、次々と関係者を殺害していく。 さらに虚偽の重要証言をしたセルジュは失踪した。 監視塔の中でも優雅にふるまうグスタヴは、収容所の ルートヴィヒらと共に脱獄を計画し、アガサの協力を得て工具を手に入れて脱走する。 そして、ホテル・コンシェルジュのネットワーク「 鍵の秘密結社」の協力を得てゼロと共に逃亡し、山上の修道院でセルジュと再会する。 セルジュは、マダムが殺害された場合のみ有効となる、第2の遺言の存在を告白するが、細部を説明する前にジョプリングに殺害されてしまう。 グスタヴとゼロは、冬季五輪のコース を使ってジョプリングを追跡するが、断崖に追い詰められる。 ゼロは隙をついてジョプリングを崖下に突き落とすが、今度は警察に包囲されてしまう。 からくも包囲を脱出した二人はアガサと合流し、絵画を手にへ逃亡することにした。 アガサは、今は軍隊の兵舎として接収されてしまったホテルへ忍び込み、難なく絵画を手にする。 しかしドミトリーと鉢合わせ、さらに彼女を心配したグスタブとゼロ、勘違いした軍人たちを交えた銃撃戦となる。 窓から脱出しようとしたアガサは転落しかけ、助けに行ったゼロも同じ状況になってしまう。 結果、二人とも一命をとりとめ、さらにその時破れた絵画の包装から、ドミトリーたちが廃棄した第2の遺言書の写しが発見された。 遺言書を預けられていたセルジュが、「少年と林檎」の包装を頼まれた際に、隠していたのだった。 軍人たちの立ち合いの下開かれた第2の遺言により、不動産 彼女が所有していたグランドブダペストホテルそのものを含む 、証券、美術品など全てのマダムの財産がグスタヴに遺贈されることとなった。 かくして遺産を巡る騒動はあっけなく解決し、ホテルは再び優雅さを取り戻し、そしてドミトリーは失踪した。 グスタヴ立ち合いの下、ゼロとアガサは結婚式を挙げ、物語は大団円を迎えた。 しかし、平穏な日々も長くは続かなかった。 戦争の結果、ファシスト達のの前に独立国家としてのズブロフカは消滅した。 占領開始から21日目の11月17日、グスタヴと共にルッツへ向かう列車の中、再びゼロは軍の検問で拘束されそうになる。 今度は臨時通行証も通用せず、さらにゼロを庇おうとしたグスタヴは拘束され、銃殺刑となった。 さらにその後アガサと、ゼロとアガサの息子は、「」であっけなく死去した。 グスタヴの遺産を継承したゼロは、国一番の大富豪となったものの、時点でズブロフカはの中にあり、ゼロの資産は、この古びたホテルを残しされていた。 かくしてゼロの物語は終わり、作家はその後長くヨーロッパに立ち寄ることなく、ゼロの話を小説として出版した後死去。 ルッツ墓地の女性も本を読了した。 作家の書いた魅力的なコンシェルジェと、「鍵の秘密結社」の話を讃えるかのように、作家の銅像の台座には、無数の鍵がぶら下げられているのであった。 ムッシュ・グスタヴ・H - ()• ミスター・ムスタファ - ()• セルジュ・X - ()• ドミトリー - ()• ジョプリング - ()• コヴァックス - ()• ルートヴィヒ - (竹本和正)• 若き日の作家 - (浜田賢二)• ムッシュ・アイヴァン - (外谷勝由)• ヘンケルス - ()• アガサ - ()• ムッシュ・ジャン -• クロチルド - (三浦綾乃)• マダム・D - ()• 作家 -• ムッシュ・チャック -• ゼロ - ()• ムッシュ・マーティン - その他の声の吹き替え 、、 製作 [ ] 本作の主要撮影はとドイツ・チェコ・ポーランド国境沿いのにおいて、2013年1月より開始された。 終了したのは同年3月である。 また、ゴールドブラム、ウィルソン、デフォー、ノートンの4人が写ったセット写真がネットに出回った。 公開 [ ] 2013年10月16日、本作が北米市場において、2014年3月7日に封切られることが発表された。 また、2013年11月には、本作がのオープニング作品として上映されることが発表された。 2014年2月28日にフランスで公開され、過去のウェス・アンダーソン作品の倍以上のオープニング興行収入を記録、1館当たりのアベレージ興行収入でもその週の1位となった。 3月7日に公開されたイギリス、ドイツ、ベルギーでもウェス・アンダーソン作品史上最高のオープニング興収を記録。 アメリカでは1館当たり20万ドルの興行収入を記録し、実写映画オープニング興行収入アベレージの新記録を樹立した。 日本では2014年6月6日に、他全国100スクリーンで公開が開始された。 20歳代から50歳代まで幅広い年齢層の支持を受け、都市部を中心に満席の回が続出した。 6日・7日の二日間で2万8,582人を動員し、興行収入はウェス・アンダーソン作品では歴代ナンバーワンの3,875万3,820円を記録して初登場10位にランクインした。 製作費約2,670万ドルに対し、全世界での興行収入は1億7480万ドルとなっている(北米約5,910万ドル、その他の地域1億1550万ドル)。 評価 [ ] 本作は批評家から高く評価されている。 映画批評集積サイトのには、258件のレビューがあり、批評家支持率は92%、平均点は10点満点で8. 5点となっている。 サイト側による批評家の意見の要約は「一見すると思考的だが、いつものように粋である。 本作によって、ウェス・アンダーソンは奥深い感情の世界を探求するためにもう一度華麗な映像を用いたことがわかる」となっている。 映画監督のは本作を2014年トップ10映画に選出している。 ウェス・アンダーソンの世界 グランド・ブダペスト・ホテル(2016年12月23日、DU BOOKS、) 本作のメイキング本。 限定3000部で発売。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2018年9月12日閲覧。 「」2015年3月下旬号 73頁• Fox Searchlight 2014年1月28日. 2014年2月9日閲覧。 Screen Rant 2012年10月14日. 2014年2月9日閲覧。 YouTube 2014年2月9日. 2014年2月9日閲覧。 Screen Rant 2012年12月27日. 2014年2月9日閲覧。 Collider 2013年3月25日. 2014年2月9日閲覧。 The Playlist 2013年4月2日. 2013年4月5日時点のよりアーカイブ。 2019年12月29日閲覧。 Hollywood Reporter 2013年3月28日. 2014年2月9日閲覧。 Deadline 2007年4月24日. 2014年2月9日閲覧。 JoBlo. com 2013年3月8日. 2014年2月9日閲覧。 Internationale Filmfestspiele Berlin 2013年11月5日. 2013年11月6日時点のよりアーカイブ。 2014年2月9日閲覧。 TimeWarp 2014年3月13日. 2014年3月17日時点のよりアーカイブ。 2019年12月29日閲覧。 シネマトゥディ 2014年6月10日• - (英語)• Rotten Tomatoes. 2014年6月26日閲覧。 Metacritic. 2014年6月26日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年12月5日. 2014年12月5日閲覧。 com. 2014年12月8日. 2014年12月8日閲覧。 com 2014年12月29日. 2015年1月5日閲覧。 クランクイン. 2014年12月21日. 2014年12月21日閲覧。 クランクイン. 2014年12月28日. 2015年1月23日閲覧。 Internationale Filmfestspiele Berlin. 2014年2月16日閲覧。 com 2014年12月2日. 2014年12月3日閲覧。 Chicago Film Critics Association. 2014年12月13日時点のよりアーカイブ。 2019年12月29日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年1月19日. 2015年1月19日閲覧。 CNN 2015年2月22日. 2015年1月10日閲覧。 com 2015年2月2日. 2015年2月3日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年2月3日. 2015年2月4日閲覧。 com 2015年2月16日. 2015年2月17日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年2月22日. 2015年2月23日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年3月9日. 2015年3月11日閲覧。 映画ナタリー. 2016年12月19日. 2016年12月19日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語).

次の