プロテイン種類。 ザバスのプロテインの種類&効果!飲むおすすめのタイミングや口コミも紹介

スタミナ抜群の「カゼイン」プロテインとは

プロテイン種類

DNSプロテイン診断 「プロテインを飲んでみたいけど、どれがいいのかわからない・・・」 「自分のトレーニングに合ったプロテインがほしい」 そんな悩みを抱えたウォリアーを、DNSは助けたい。 たったの10秒で、 最適なプロテインを診断しよう。 プロテイン選びには、もう悩まない。 プロテインを摂りたい理由を選んでくれ• 望む方向性を選んでくれ• 君の目的に最も当てはまるものを選んでくれ• 君の目的に最も当てはまるものを選んでくれ• 君の目的に最も当てはまるものを選んでくれ• 君の目的に最も当てはまるものを選んでくれ• 補給したいタイミングを選んでくれ• 補給したいタイミングを選んでくれ• 補給したいタイミングを選んでくれ• 好みの形態を選んでくれ• 好みの形態を選んでくれ• 好みの形態を選んでくれ• 味のタイプを選んでくれ• 味のタイプを選んでくれ• 味のタイプを選んでくれ• 味のタイプを選んでくれ• 君にオススメのプロテインは・・・.

次の

プロテインの種類一覧~ホエイ、ソイ、カゼイン、××タイプなどの違いを解説

プロテイン種類

日本ではたんぱく質を豊富に含むドリンクのことを「プロテインドリンク」と呼ぶこともありますね。 たんぱく質については、厚生労働省が提供している健康情報サイト「e-ヘルスネット」では、次のように説明しています。 たんぱく質は、炭水化物、脂質と共に三大栄養素のひとつです。 筋肉・臓器・皮膚・毛髪などの体構成成分、ホルモン・酵素・抗体などの体調節機能成分、豆・卵・肉・魚などの食品成分として重要であり、生命の維持に欠くことができないものです。 引用: つまり、 プロテインは私たちが生きていく上で必要不可欠な栄養素であることがわかりますね。 病気をしない健康的で丈夫な体を作る役割を果たしているともいえます。 それぞれに特徴をみていきましょう。 「ホエイ」とは何のことでしょうか。 ヨーグルトを思い浮かべてみてください。 ヨーグルトの表面に白い液体が浮かんでいることがありませんか?この液体こそが「ホエイ」なのです。 和名では「乳清」ともいわれ、牛乳から脂肪分や「カゼイン」というたんぱく質のひとつを取り除いた残りの液体のことを指しています。 ホエイプロテインは、体内への吸収がよい動物性たんぱく質として知られています。 牛乳に含まれるたんぱく質の中でも、約80%を占めるのがカゼインプロテインとなっています。 このカゼインプロテインはチーズにも多く含まれているといわれています。 体内へ摂取された後の吸収が、比較的緩やかな動物性たんぱく質です。 大豆が原料のため、植物性たんぱく質と分類されます。 また、「大豆イソフラボン」というポリフェノールも含まれており、女性ホルモンの働きをサポートする作用も働くといわれています。 プロテインの種類により得られる効果、共通して実感できる効果を具体的に見ていきましょう。 プロテイン全般:筋肉を付け、代謝がアップする 3つのプロテインに共通していえることは、筋肉を付けるサポートをし、代謝機能を強化する効果を発揮してくれるところです。 筋肉が鍛えられて代謝がアップすれば、脂肪も燃えやすくなります。 このため、「筋トレをするときにはプロテインを飲む」ということが定番になっているのですね。 ホエイプロテイン:筋肉を強化し、免疫力を高める ホエイプロテインには、筋肉を強化する効果が期待できます。 これはアミノ酸の一種である「BCAA」という成分が関係してきます。 BCAAはアミノ酸の中でも、運動前に摂取すると活力をつけてくれる成分として知られています。 これにより持続力が増すことになるので、より長く筋トレができ、その結果として筋肉が強化されるのです。 免疫力も高めてくれるので、丈夫な体を作ることもできます。 また、 筋肉が分解されるのを防ぐ作用もあります。 カゼインプロテイン:筋肉の分解を防ぎ、継続的に筋肉の回復 カゼインプロテインも、ホエイプロテインと同様に、筋肉が分解されるのを防ぐ役割があります。 また、 カゼインプロテインは、消化と吸収のスピードが緩やかで、体内での蓄積時間が長いため、継続的に筋肉の回復するのに役立ちます。 そのため、持久力が必要な運動などをする人におすすめのプロテインです。 ソイプロテイン:冷え改善やアンチエイジング効果 ソイプロテインには、女性に嬉しい効果がたくさん備わっています。 筋肉を付けるサポートをしたり、鍛えた筋肉量を保ったりするほか、冷え性改善による代謝アップ効果、抗酸化作用によるアンチエイジング効果を期待できるといわれています。 これらの効果は大豆イソフラボンの作用によるものです。 また、 大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きも助けるため、生理痛などの女性特有の症状も和らげ、かつ、お肌トラブルも解決できるようです。 ダイエット効果だけでなく、健康や美容の面でも効果を実感できるのがソイプロテインです。 ご紹介したように3種類のプロテインにはそれぞれの魅力があります。 ダイエットの目的にプロテインを選ぶことから始めましょう。 ダイエット目的でもより筋肉を強化させたい場合は「ホエイプロテイン」か「カゼインプロテイン」、 ダイエットかつ女性らしい体になりたい場合は「ソイプロテイン」といった基準で選ぶことができるでしょう。 プロテインを選ぶ際には、自分の体に合うのか、コスパはどうか、など気にすべき点がいくつかあります。 ここでは、その基準について紹介していきましょう。 しかし、なかには、牛乳でお腹が緩くなるという人もいるでしょう。 このような場合は、 プロテインを水で溶いて飲むのがよいでしょう。 さらに、 プロテインを飲むとお腹の調子が悪くなるという人もいるようです。 これは、牛乳を原料とするホエイプロテインに含まれる成分と体の体質に関係があるようです。 このような場合は、 WPI製法で作られたホエイプロテインを選ぶか、ソイプロテインを選ぶのがよいでしょう。 WPI製法:プロテインを作る方法の1つ。 比較的高濃度のプロテインを作ることができる。 事実として、 プロテインそのものの味は、誰もが美味しいというような味ではありません。 そして、飲みやすくするために、バニラやチョコレート、ストロベリーなどのフレーバーが付いたプロテインが多く出回っています。 プロテインを飲み慣れていないという方は、フレーバーの付いた飲みやすいものから試してみるのがいいでしょう。 プロテインのパッケージをよく見ると「1食あたりたんぱく質含有量20g」などと書かれていることがあります。 厚生労働省が発表している「」によると、1日に18歳以上の女性で1日に50g、男性では1日に60gのたんぱく質の摂取が推奨されています。 仮に、1食あたり20gのたんぱく質が含まれているプロテインを飲むと、1日に推奨されている量の40%のたんぱく質を摂ることができます。 もちろん、たんぱく質推奨量のすべてをプロテインで摂る必要はありません。 しかし、 プロテインを選ぶ際は、1食あたりのたんぱく質含有量をチェックして選ぶのもポイントです。 高いものがいいというわけではありませんが、安くて量が多いものがいいということでもありません。 先ほど紹介した、目的に合っているか、飲み続けられる味か、たんぱく質含有量はどうか、などを含めたうえで、コスパを考えて選びましょう。 それぞれのプロテインのいいところを引き出すためにも、正しい飲み方をマスターしましょう。 ホエイプロテインの飲み方:運動後30分以内に飲む ホエイプロテインは、運動後に飲むのがよいでしょう。 これは、ホエイプロテインの吸収のスピードに関わってきます。 ホエイプロテインは吸収のスピードが早いため、運動して鍛えた筋肉をより強化させるためにも、運動後に飲むのが適切なのです。 運動後30分以内は、栄養の吸収が良くなっている時間帯(ゴールデンタイム)なので、そのタイミングを目安に飲むことをおすすめします。 カゼインプロテインの飲み方:運動した日の寝る前・運動の休息日 ダイエットへの熱が強すぎて、毎日筋トレをしているという人がいますが、それは筋肉にとって決していいこととはいえないのです。 なぜなら、 運動などでダメージを受けた筋肉を修復するために、休息が必要だからです。 筋肉は、運動と休息によって、分解と合成を繰り返し、強く大きくなっていきます。 これを 超回復といいます。 そのため、ハードにトレーニングの後はしっかりと休息日を設けましょう。 休息日だからプロテインを飲んではいけないということはありません。 運動しない日でも、プロテインを飲むことで、筋肉の分解を防ぎ、筋肉量を保つ効果があるので、運動できないときも鍛えた筋肉量は落ちにくくなります。 その点で、カゼインプロテインは、吸収が緩やかなので、長い時間かけて筋肉の修復をすることができると考えられますね。 また、 運動した日の寝る前に飲むのもおすすめです。 体を一旦休めることになるので、その日にダメージを受けた筋肉の修復に役立ちます。 もちろん、ホエイプロテインでも同様のことがいえます。 ソイプロテインの飲み方:置き換えダイエットや間食に ソイプロテインは、ホエイプロテインとカゼインプロテインと比べて腹持ちがいいといわれています。 このため、「置き換えダイエット」に最適です。 1日3食のうち1食をソイプロテインに変えてみましょう。 置き換えることで、1日の摂取カロリーを減らすこともできます。 ただ、即効性を求めて2食置き換えるのは禁物です。 栄養不足になりかねないので、1食のみ置き換えるというルールを守るようにしましょう。 もし 食事制限が苦手な場合は、食前にソイプロテインを飲んでもいいでしょう。 食前に飲めば少し満腹の状態でメインの食事を摂ることになるので、1食の摂取カロリーを減らせると思います。 また、 間食として飲むこともおすすめです。 甘いスイーツやスナック菓子に比べるとカロリーが低くなりますよ。 プロテインの飲み過ぎには注意 ダイエットやしなやかな体づくりに役立ちそうなプロテインですが、 飲み過ぎには注意が必要です。 当たり前ですが、 飲めば筋肉がつく、ダイエットできるというものでもありません。 のちほど、いくつか商品をご紹介しますが、プロテインドリンクにもカロリーはあります。 飲みすぎるとカロリーオーバーになったり、さらに飲んでも運動しないということでは脂肪として蓄積される原因になります。 運動のバランスも考えてプロテインを取り入れてくださいね。 pc-ad-article-content-6 [ ad-cetner ] プロテインの種類別に特徴や目的・飲むタイミング一覧 これまでご紹介した、プロテインの種類や目的・おすすめの飲むタイミングなどについて表にまとめました。 「ホエイプロテイン」も「カゼインプロテイン」も「ソイプロテイン」も、たんぱく質という点では大きく違いがないのですが、少しずつ特徴が異なります。 それぞれの特長を活かして、目的にあったものを選ぶとより効果的にダイエットを進めることができるので、確認してきましょう。 前述したように、目的に合ったプロテインを選べばいいのですが、同じプロテインでもメーカーによって特長が異なります。 このため、どれを飲んだらいいのか判断に迷うところです。 そこでここでは、女性におすすめのプロテインを7つご紹介するので、目的に合わせて選んでみてください。 併せて、実際に飲んだ人の口コミも載せますので、そちらも参考にしてくださいね。 女性におすすめのプロテイン:FASTANA(ファスタナ)[PR] 1食分(14g)あたりの栄養成分 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 51kcal 7. 2g 0. 3g 4. 8g ザバスはプロテインドリンクの代表的なメーカーです。 もともとはアスリート向けのプロテインを開発していましたが、現在は女性向けのプロテインも製造しています。 おすすめは、ソイプロテインである「シェイプ&ビューティ」。 コラーゲンや鉄分といった女性にとって嬉しい栄養素が約15種類も含まれています。 1食あたりのカロリーは51kcal、プロテイン配合量は約7. ミルクティー味でとても飲みやすくなっています。 運動した後、食前や間食代わりに飲むのがおすすめです。 1g 1. 4g 4. 3g 日本でアンダーアーマーを展開している株式会社ドームがアスリート向けに開発している製品「DNS」から、女性向けのプロテイン「ホエイフィットプロテイン」が発売されています。 このホエイフィットプロテインは、その名の通りホエイプロテインを配合し、鉄分とビタミンCも含まれています。 1食あたりのカロリーは約90kcal、プロテイン配合量は約15. 1gです。 味はダブルベリーのほかに、ミルクティーやショコラなどが展開されており、お好みで選ぶことができます。 運動した後に飲むのがおすすめです。 5kcal 7. 85g 0. 69g 5. 24g グリーンスムージーなど数々の美容・ダイエットドリンクを発売しているエンナチュラルシリーズから、プロテイン「植物性プロテインダイエット」が発売されています。 このプロテインはソイプロテインを配合しており、食物繊維も含まれています。 味付けとして使用されているアーモンドには、ビタミンEなど美容に欠かせない成分が含まれています。 1食あたりのカロリーは約48kcal、プロテイン配合量は約7. 85g。 食前や間食として飲んだり、運動後に飲んだりしてもいいでしょう。 1g 1. 5g 22. 4g ココア味 163kcal 21. 1g 1. 9g 20. 1g コーヒー牛乳味 168kcal 20. 9g 1. 8g 21. 1g バナナ味 169kcal 20. 2g 1. 9g 21. 9g ミルクティー味 169kcal 20. 7g 1. 9g 21. 4g CMでお馴染みのDHCプロテインダイエット。 芸能人がこのプロテインを飲んだ公開ダイエットに挑戦して、成功者が続出したことで話題になりました。 このプロテインダイエットは、味付けが豊富なところが人気です。 毎日摂りたいプロテインも1つの味だけでは飽きてしまいがちなので、長く続けられるように開発されているのですね。 1食あたりのカロリーは約160〜170kcal、プロテイン配合量は味の種類によりますが、平均して約20g程です。 ビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノールなど、女性が積極的に摂っていきたい栄養素も豊富に含まれています。 置き換えダイエットに最適です。 またこのプロテインダイエットはドリンクだけでなく、スープやリゾットなど違う種類でも提供されています。 ドリンクだけでは物足りなさを感じたり、1食摂った気分になれなかったりする場合におすすめです。 2kcal 10. 3g 0. 4g 5. 7g ピー味 69. 7kcal 10. 5g 1. 3g 4. 5g グリーンスムージーの人気が高いNatural Healthy Standardからも、プロテインドリンク「スーパーフードプロテイン」が発売されています。 このスーパーフードプロテインの特長は、その名の通り「スーパーフード」のエキスが入っているところです。 味はソイ(フルーツミックス風味)、ピー(カカオミルク風味)の2種類から選ぶことができます。 ソイプロテインを配合しており、加えてスーパーフードの栄養素も一緒に摂れるところが嬉しいですね。 1食あたりのカロリーは約50〜70kcal、プロテイン配合量は約10gです。 運動後、食前や間食代わりに飲むのがおすすめです。 5g 0. 5~1. 0g 4. 5g 栄養補給ゼリー飲料が有名のウイダーでは、プロテイン商品「ウイダープロテイン」も数多く発売されています。 健康維持のため、筋肉強化のためなど、いろいろな目的に合わせたラインナップになっています。 ダイエット目的であれば「ウエイトダウンプロテイン」がおすすめです。 ホエイプロテインでフルーツミックス味となります。 1食あたりのカロリーは平均して約60kcal、プロテイン配合量は平均して約8g。 運動した後、食前や間食代わりに飲むことをおすすめします。 また、もっと飲みやすくしたプロテインとして「ジュースのようにおいしいプロテイン」、「乳酸菌が入ったおいしいプロテイン」、「カカオが入ったおいしいプロテイン」も発売されています。 これらは全てホエイプロテインですが、乳酸菌やカカオポリフェノールも配合されていて、栄養価が高くなっています。 プロテイン初心者におすすめといえます。 07g 0. 54g 1. 美容とダイエットに特化したプロテインを作ったそうです。 このタンパクオトメの最大の特長は、ホエイプロテインとソイプロテインが両方配合されていること。 ビタミン、鉄分、食物繊維などの栄養素も豊富で、筋肉を強化しつつもキレイな体を作りたい人にとって最適のプロテインになっています。 1食あたりのカロリーは約56kcal、プロテイン配合量は約11g。 ほんのりチャイ、ぜいたくベリー、まろやかカカオの3種類の味から選べます。 置き換えダイエットにも向いていますし、運動後に飲んでもいいでしょう。 pc-ad-article-content-8 [ ad-cetner ] 女性におすすめプロテインの比較 ご紹介したプロテインについて、それぞれ比較できるように表にまとめました。 筋肉をつけて痩せやすい体を手に入れたい、美容もサポートできた方がいいなど、目的に合わせてプロテインを選びやすいですね。 プロテインを飲んだからムキムキになるというわけではありません。 普段の食事では十分に取り切れていないたんぱく質を補うためにも、プロテインを活用したいものです。 今まで飲んできた人も、これから飲む人も、自分がどのような体型になりたいかを考え、プロテインを選んでみることをおすすめします。 プロテインを正しく摂って、女性らしい体型を維持できるように頑張りましょう!.

次の

初めてでもわかるプロテインの種類と特徴

プロテイン種類

ザバスとは 「ザバス」とは、サプリメントメーカーの名前ですが、実はザバスパッケージをよく見ると、小さく「meiji」と書いてあります。 そうです、このザバスは実は、 明治製菓のブランド名なのです。 明治製菓が作っていると聞くと何となくそのサプリお菓子みたいな感じがする人もいるので、ザバスと言うブランド名で出しているのです。 恐らく、ザバスのパッケージはほとんどの人が見たことがあるのではないでしょうか。 実はこのザバス、 国内売上げ額No. 1の実績があります。 やはり作っているところが明治製菓なので、販売網がすごいのでしょう。 スーパー、コンビニ、ドラッグストアに顔が効きますからね。 それらのお店に一気に置いてもらうことができたのが勝因かもしれません。 もちろんプロテインの品質も良いものですよ。 関連記事 ・ ザバスのプロテインの特徴3つ ザバスは明治製菓が出しているサプリメントのブランド名ということが分かりましたね。 なので、ザバスは何が良いかと言われると、まず第一に「 味がおいしい」ことが挙げられます。 何と言っても味に関してはお菓子メーカーですから、他のメーカーの追随を許しません。 女性や子供に鍛えてもらっていますから。 もちろんプロテインは味だけおいしくても意味がありません。 サプリメントとしてきちんと栄養補給ができないとダメです。 しかし、ザバスが発売されてからすでに38年が経ちます。 この間どんどん改良が加えられてきて、 15種類以上のプロテインを販売しています。 自分の目的に合った商品を摂ることで、非常に効率よく栄養補給ができるようになっています。 また、改良されたおかげで 水に溶けやすくなり、ダマになりにくいのも特徴です。 プロテインを最初に飲む人なら、まずこのザバスを飲んでおけば間違いないと言えるでしょう。 関連記事 ・ ザバスのプロテインは15種類以上 主な4種類のプロテインを紹介 ザバスのプロテインは先に少し紹介しましたが、15種類以上もあります。 最近では、競技別の商品やハイスペックモデルも発売していますし、究極に味にこだわった「アクアホエイプロテイン」という商品もあります。 主力商品を詳しく見ていきましょう! ハイスペックモデル こちらはハイスペックモデルの一つである、「プロ クリアプロテインホエイ100」になります。 何がハイスペックかというと、とにかく タンパク質の含有量が高いのです。 タンパク質の含有量が高いと、同じ量でもタンパク質を多く摂ることができますし、余分な成分を摂ることなく効率よくタンパク質を摂ることができます。 この商品に関しては 脂質は何と0です。 減量中のアスリートなどには良いでしょう。 ハイスペックモデルには他の商品もあります。 11種類のビタミンや4種類のミネラル、グルタミンペプチドを含んだ「プロ ホエイプロテインGP」や、回復に特化した「プロ リカバリープロテイン」などです。 それぞれ、パワー系の種目を行ったり、疲労を早く回復したいアスリートに良い商品です。 競技別プロテイン こちらは競技別のプロテインで、タイプ1~タイプ3まで分類されています。 それぞれ配合が異なり、その種目にあった配合になっています。 スポーツをやっている人であれば、こちらの商品も良いでしょう。 水専用 こちらは、 スポーツドリンク感覚で飲めるザバス独特のプロテインになります。 この商品を飲むと、今までプロテインを飲んできた人ほどビックリすると思います。 それくらい 飲みやすくておいしいです。 他のプロテインは何となく匂いがあって飲みにくい、という人にピッタリの商品です。 ただし、ちょっと高いのが玉に傷です。 ウェイトコントロール こちらは、 減量したい方のために作られた商品です。 こちらとは逆に、ウェイトを増やすために作られた商品もあります。 どちらを選ぶかは現在の体次第ですが、ウェイトを増やすための商品を晩御飯代わりにして体重を落とすという裏技もあります。 ・ ザバスのプロテインの効果とは ザバスのプロテインに限らずですが、きちんと筋トレをすることを前提とすれば、プロテインを飲むと 筋肉をつけることができます。 これがプロテインを飲んだ時のもっとも期待できる効果でしょう。 プロテインと言うのは日本語に訳すと「タンパク質」です。 タンパク質は体の大部分を作っている原材料のようなものなので、タンパク質が足りないと筋肉は作られないのです。 食事によってタンパク質を十分に摂ることができるなら、プロテインを飲む必要がない人も多いのですが、実はスポーツや運動をするとタンパク質はより必要となるのです。 なので、プロテインはハードに運動をしている人ほど必要になってきます。 また、中学生や高校生の成長期の子供が飲めば、 成長の助けになりますので、身長が伸びる可能性もあります。 (カルシウムなど他の栄養素も必要ですが) 筋肉がついて、身長も伸びる可能性があるのですから、飲まない手はないでしょう。 関連記事 ・ ザバスのおすすめプロテインを紹介 「ザバスのプロテインでもっともおすすめな商品は?」と訊かれた場合、何をおすすめしたらいいでしょうか。 初めてプロテインを飲む、という方に一番おすすめしたいのは、 スタンダード商品の「ホエイプロテイン100」でしょう。 お寿司屋に行ったら、まずは「並」や「たまご」を頼めと言います。 これはスタンダードな商品ほどそのお店の実力が出るからと言われているからです。 そのことはプロテインでも当てはまります。 まずはスタンダードな商品を買ってみて、そのブランドの実力(味や溶けやすいかなど)を確認しましょう。 この時点で全然気に入らなかったら、ザバス自体があまり合わないかもしれません。 また、他のブランドでもプロテインの味や臭いがどうしてもダメと言う人は、 水専用の「アクアホエイプロテイン100」を最初に買っても良いでしょう。 この味がダメと言う人はほとんどいないくらいおいしいプロテインなので、今までプロテインが苦手だと言っていた人でもおすすめです。 プロテインを飲み続けてる、 ヘビーユーザーだと言う人は、ハイスペックモデルもおすすめです。 長く飲んでいる人であれば、他のブランドのプロテインとの効果の違いを実感できるかもしれません。 関連記事 ・ ザバスのプロテインを飲むおすすめのタイミング ザバスのプロテインを飲むタイミングは、 運動後がもっとも最適なタイミングと言えます。 運動後は筋肉が疲労して、ダメージを受けた状態なので、回復のために栄養が必要なのです。 特にタンパク質は回復のためにもっとも必要な栄養素の一つ。 このタイミングでプロテインを飲んであげるのがもっとも良いでしょう。 一般的には運動後30分以内が「ゴールデンタイム」とも言われていて、もっとも効果が高いとされていますので、このタイミングで飲めるように用意しておきましょう。 また、タンパク質は一度に大量に摂っても吸収できる量に限りがあります。 なので、1日のうちで分割して摂ることをおすすめします。 例として 朝、間食の時間、夜(運動の後)の3分割で摂るなどです。 関連記事 ・ ザバスのプロテインの口コミを紹介 ザバスの口コミを見てみると 非常に良いことがわかります。 試しにAmazonや楽天などで口コミをチェックしてみてください。 そもそも、口コミの数が他のブランドのプロテインとまったく異なります。 他のプロテインが売れているものでも数百ですが、ザバスのプロテインはその何倍も口コミの数があります。 このことだけでも売れているプロテインというのはよくわかりますね。 売れている上に更に評価も高いです。 もっとも売れているスタンダードタイプのプロテインを見てみると、4. 3点もあるのです。 (2018年2月時点) これはAmazonを利用したことある人なら恐らく「驚異的な」数字だとわかるはずです。 ほとんどの人が口コミとして書いているのが「 おいしい」ということ。 かなりおいしいのがこれだけでわかります。 そして、ザバスのプロテインの口コミを見ていると、初めてプロテインを購入した人も多いことがわかります。 そのほとんどの人が満点近い評価をつけているので、初めての人にもおすすめであることがわかりますね。 とはいっても、中には味が合わない、という人もちらほらいる模様です。 しかし、味の好みは人それぞれですので、まったくいない方がおかしいでしょう。 関連記事 ・ ザバスのプロテインをよりおいしく飲むコツ ザバスのプロテインは基本的には、水で溶かしてもおいしく飲めるようになっています。 しかし、スタンダードタイプの場合は 牛乳に溶かした方がおいしいと感じる人が多いようです。 ただし、牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなってしまう日本人は一定の割合でいるので、そういう人は水で飲むしかありません。 スタンダードタイプを水で溶かしてマズイ、と感じるのであれば、 水専用の「アクアホエイプロテイン100」がやはりおすすめです。 水で溶かすと「まずい」と言うプロテインの常識を覆す商品です。 これでマズイと思うのであれば、プロテイン自体を飲むことができないのではないかというくらいに全然味が違います。 水でしか飲めないならこの商品で決まりでしょう。 ただし、水専用の「アクアホエイプロテイン100」はかなり価格が高いです。 できれば色々な商品を試して、水でもそこそこは飲める商品を探しておいた方が(体作りを長く続けたいのであれば)良いでしょう。 関連記事 ・ 女性にもプロテイン摂取がおススメな理由とは 女性にも基本的にはプロテインは必要です。 日本人女性はよく「ムキムキになりたくない」なんて言って筋トレを嫌がる傾向にありますが、では単に痩せるだけで綺麗な体になれるのでしょうか? 体は骨や血液等を除けば、基本的に脂肪と筋肉の2つでできています。 筋肉をつけたくないのであれば、脂肪を付けたいのでしょうか? 「それは違う。 筋肉も脂肪も両方要らないの」と言う人もいると思いますが、両方が一緒に減っていけば、同じ体型のままで体が小さくなっていくだけです。 要するに体脂肪率がまったく変わらず、体全体が縮んでいくわけです。 人は筋肉でシェイプ(体の形)を作っていきます。 筋肉がないと引っ込めるところを引っ込めることもできませんし、カッコいい体になることはできません。 カッコイイ体になりたいのであれば、 必要最低限の筋肉は女性でも必要なのです。 このことは体作りにおいて基本となる考えなので、覚えておきましょう。 筋肉は必要な部分だけにつければいいのです。 女性であれば、ヒップ、お腹、二の腕あたりでしょうか。 自分の鍛えたい場所を 適度に鍛えて、プロテインを飲めば理想の体型に近づくことができます。 プロテインを飲まなければ筋肉は育ってくれませんので、単に筋肉痛になるだけです。 要するにプロテインは女性も必要と言えるのです。 関連記事 ・ プロテインを飲む時の注意点 たまにプロテインと筋肉増強剤(ドーピングで引っかかる薬物)を勘違いしている人がいます。 「プロテインって飲んだら筋肉つくんだよね?」と言うような人です。 これはもちろん間違った知識です。 前述したように、プロテインというのは結局のところ「タンパク質」のことです。 タンパク質というのは、肉でも魚でも乳製品からでも摂ることが可能です。 ただ、大量に毎日肉や魚を摂り続けるのは難しいので、代わりにプロテインを飲んでいるだけなのです。 なので、肉や魚を食べているだけで筋肉がつかないように、プロテインを飲んでいるだけで筋肉がつくなんてことはあり得ません。 もし、筋肉が飲むだけでついたとしたら、それは薬でしょう。 プロテインはあくまでも「栄養補助食品」でしかありません。 簡単に言えば「形を変えた食事」なのです。 筋肉を発達させたければ、 運動は必須なのです。 飲んだだけで筋肉つけたいな…なんていうのは非常に危険な考え方です。 そういう考えでいると、筋肉増強剤のような薬物に手を出してしまうことになってしまうかもしれません。 もし、そんな考えが少しでもある方は考えを改める必要があるでしょう。 カッコイイ体に近道はありません。 関連記事 ・ プロテインのダイエット効果とは プロテインを飲むと痩せる、と思っている人もこれは間違った知識です。 あくまでもプロテインは単なるタンパク質です。 肉や魚と同じなのですから、プロテインを摂っただけで痩せるわけがないのです。 これで痩せるなら、肉や魚を食べれば食べるほど痩せるという話になってしまいますよね。 このことからも間違っていることはわかるでしょう。 しかし、こういう勘違いをする人がなぜいるかというと、恐らくですが、「プロテインダイエット」という言葉を聞いたことがあるからではないでしょうか。 「プロテインダイエット」は商品の名前で、これを飲むことで痩せると謳っている商品になります。 しかし、それにはカラクリがあって、この商品は「 食事置き換えダイエット」なのです。 食事をする代わりにプロテインダイエットを飲んでくれ、ということなのです。 プロテインダイエットのカロリーは食事に比べれば当然かなり少ないので、食事の代わりにプロテインダイエットを飲めば食事制限するのと同じことになります。 痩せるかどうかというのは、結局のところトータルカロリーを減らすしかありません。 このプロテインダイエットという商品はそれが無理なくでき、必要最小限の栄養は摂れるというのが売りなのです。 従って、プロテインを飲んだからと言って痩せているわけではありません。 プロテインを飲んだらどんどん痩せていくなら、そもそもボディビルダーが飲んでいるわけがありませんよね。 ちなみにタンパク質というのはダイエット中も必要な栄養素ですから、ダイエット中にプロテインを飲むという考え自体は間違ってはいません。 もちろん、そのプロテインがザバスのプロテインであっても良いわけです。 実際に、 ダイエットに向いているプロテインがザバスから出ていますしね。 関連記事 ・ プロテインは特徴別にタイプが3種類 プロテインには種類がいくつかあります。 もっとも有名で人気のある「ホエイプロテイン」。 これは牛乳から作り出され、 吸収も非常に良いのが特徴です。 「摂ったらすぐに吸収されるプロテイン」と覚えておきましょう。 2つ目はカゼインプロテインです。 こちらも牛乳から作られますが、ホエイプロテインとは特徴がまったく違い、 吸収スピードがかなり遅いです。 吸収が遅いなんてダメなプロテイン…と思う人もいるかもしれませんが、それは全然違います。 吸収が遅いということは 効果が長続きするということ。 寝る前に飲んでおけば成長ホルモンが分泌するタイミングにピッタリと合うのです。 また、腹持ちも良いので、飲んでいればダイエット時に空腹を我慢することが少なくなります。 3つ目はソイプロテイン。 こちらだけは大豆から作られており、女性向けのプロテインと言うことができるでしょう。 なぜなら、大豆のイソフラボンが女性ホルモンと形が非常によく似ているため、 女性ホルモンと似た効果があると言われているからです。 美肌を期待できるとも言われています。 また、こちらも腹持ちが比較的いいので、ダイエット向きです。 それぞれ特徴があるので、自分の目的に合わせて飲むことが大切です。 関連記事 ・ プロテインに価格差がある理由とは プロテインはメーカーによって非常に価格差がありますね。 中には同メーカーでも、非常に大きい価格差があります。 ザバスのプロテインもハイスペックモデルは非常に高いです。 これはメーカーや商品によって、 主に製法の違いによって価格が変わるのです。 製法が変わるとタンパク質の含有量も変わってきます。 タンパク質の含有量を高めるためには複雑な製法を用いないといけないので、価格が高くなるわけです。 タンパク質の含有量が高い方が一概に良い製品だとは言えませんが、日本人の多くは牛乳を飲むとお腹が下ってしまう人が多いでしょう。 それは牛乳に含まれる乳糖が原因なのですが、タンパク質の含有量が高い製品であれば、あるほど乳糖が少ないので、お腹が下る可能性が低くなります。 プロテインを飲んだら毎回下痢になるような人は、タンパク質の含有量が高い商品を飲んだ方が良いでしょう。 毎回下痢になってしまってはせっかく飲んでいるプロテインが無駄になってしまいますから。 あと、各メーカー味に工夫をしているので、 その味を出すために苦労をしているような商品は高いのかもしれません。 関連記事 ・ プロテインを飲む必要が無い人も 結局のところ、プロテインは飲んだ方が良いのでしょうか? 答えは「飲んだ方が良い」と言えます。 しかし、 トレーニングや運動をまったくしない人は飲む必要はありません。 プロテインを飲んだって痩せるわけではないからです。 もし、食事の代わりにプロテインを飲んで痩せたとしても、運動による刺激が筋肉に与えられていないので、体重減少と同時に筋肉も落ちてしまいます。 それでは体重を落とす意味がほとんどありません。 (体脂肪が同じか、むしろ増えることになるので) 筋トレや運動をしている人でも、 食事で十分な量のタンパク質を摂れているという自信のある人は摂る必要はないでしょう。 栄養補給の基本は食事なので、食事で摂れている栄養素はサプリメントで摂る必要はないからです。 このあたりは自分の食生活を振り返る必要があるでしょう。 ただし、タンパク質というのは運動をしている人ほど量が必要になってきます。 運動の強度が上がればタンパク質の必要量も増えるので、運動強度が高いと思ったら、やはりプロテインを飲むことを考えた方が良いでしょう。 ・ザバスのプロテインを飲んで運動をきちんとすれば筋肉が効率よくつく。 ・ザバスのプロテインは15種類以上あり用途によって選ぶことができる。 ・ザバスのプロテインの口コミは非常に良く、ほとんどの人が満点近い評価をつけているので、初めてプロテインを飲む人にもおすすめ。 いかがでしたでしょうか。 今回はザバスのプロテインについて紹介させていただきました。 日本ではもっとも有名なプロテインブランドですし、製造元も明治製菓ということで味もおいしいです。 海外には安いプロテインも多くありますが、それらは日本人に合っていなかったり、中には勝手に変な薬が入っている商品まであります。 買うならやっぱり安心の日本製が良いでしょう。

次の