イーサリアム ニュース。 「イーサリアム2.0の開発は順調」ヴィタリック氏=Consensus 2020

イーサリアム(ETH)の今後、2020年にどうなるのか?

イーサリアム ニュース

イーサリアム (Ethereum) 基本情報 特徴 イーサリアム(Ethereum)とは、ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)により考案され、2014年に販売が開始された仮想通貨(暗号通貨)。 アルトコイン(altcoin)と呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨の中でも代表的なものに数えられている。 イーサリアムの特徴は、分散型アプリケーション(DApps:Decentralized Applications)やスマートコントラクト(Smart Contract)を動かすためのプラットフォームとして、オープンソースで開発が進んでいるプロジェクトである点にある。 発行上限 上限なし 承認方式 Proof of Work 開始日 2015年7月30日 中央機関 なし 提唱者 オフィシャルサイトURL ホワイトペーパーURL 公式TwitterURL イーサリアム(Ethereum)に関する最新ニュース イーサリアム(Ethereum)に関する最新ニュースを知りたい場合は、こちらのページ「」を参照のこと。 また、必要に応じて、イーサリアム(Ethereum)のやも参照のこと。 イーサリアム(Ethereum)の購入単位・最低購入額 イーサリアム(Ethereum)の購入単位は「ETH」。 読み方は、「イーサ」。 最低購入金額については、ビットフライヤー(bitFlyer)では、0. 00000001ETH()、コインチェック(Coincheck)では、500円相当分のETH ()、DMM BItcoin(DMM ビットコイン)では、0. 01ETH()となっている。 CoinDesk Japanでは、金融庁に認可された国内ので購入することをおすすめしている。 具体的には、下記の通りである。 参考: TAOTAO(タオタオ) TAOTAOを運営するTaoTao株式会社は、国内を代表するIT企業の一角を占めるZホールディングス(ZHD)のグループ会社。 001BTC イーサリアム(Ethereum)の価格・レート・チャートを確認する方法 ビットフライヤー(bitFlyer)でイーサリアム(Ethereum)の価格・チャートを確認 ビットフライヤー(bitFlyer)でイーサリアム(Ethereum)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「」を参照のこと。 コインチェック(Coincheck)でイーサリアム(Ethereum)の価格・レート・チャートを確認 コインチェック(Coincheck)でイーサリアム(Ethereum)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「」を参照のこと。 DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)でイーサリアム(Ethereum)の価格・レート・チャートを確認 DMM Bitcoin(DMM Bitcoin)でイーサリアム(Ethereum)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「」を参照のこと。 GMOコインでイーサリアム(Ethereum)の価格・レート・チャートを確認 GMOコインでイーサリアム(Ethereum)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「」を参照のこと。 bitbank(ビットバンク)でイーサリアム(Ethereum)の価格・レート・チャートを確認 bitbankでイーサリアム(Ethereum)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「」を参照のこと。 イーサリアム(Ethereum):今後の価格形成・将来性を考える際の論点 イーサリアム(Ethereum)価格や今後の将来性を考える上で、論点となり得る要素を記載する。 イーサリアムを活用した分散型アプリケーションの増加 1つ目の論点は、イーサリアムを活用した分散型アプリケーションの増加である。 イーサリアム(Ethereum)を活用したが増加し、イーサ(ETH)が利用できるプラットフォームが増えれば、長期的には価格形成に対してポジティブな影響をもたらす可能性がある 開発者コミュニティによる仕様のアップデート 2つ目の論点は、開発者コミュニティによる仕様のアップデートである。 イーサリアムでは、2020年第二四半期を目処に、「」と呼ばれる大型アップデートが行われることが見込まれており、イーサリアム価格の変動要因となる可能性がある。 参考: 半減期の到来 3つ目の論点は、半減期の到来である。 ビットコインの半減期が2020年5月頃に控えており、その影響を受ける形で、イーサリアム(Ethereum)価格の変動が起こる可能性がある。 ちなみに、一部の市場観測筋は、2012年と2016年のビットコインの過去2回の半減期は、ビットコイン価格の大幅な上昇の要因になったと述べており、ドイツのバイエルン州立銀行は、2020年の半減期はビットコイン価格を9万ドルまで押し上げる可能性があると予測している。 ビットコインの半減期が2020年5月頃に控えており、その影響を受ける形で、イーサリアム価格の変動が起こる可能性がある。 世界各国の規制強化の動き 4つ目の論点は、世界各国の規制強化の動きである。 過去の記録を見る限りでは、中国、日本、米国などで仮想通貨に対する規制強化の動きがあれば、それに伴って、イーサリアム(Ethereum)価格が下落するケースが存在する。 仮想通貨を用いた詐欺やマネーロンダリングを未然に防止し、健全なマーケット環境を形成する上では、規制は必要不可欠なものであるが、短期的には、規制強化の動きは仮想通貨の価格下落をもたらす可能性がある。 反対に、規制緩和のニュース等があれば、仮想通貨価格の上昇に伴って、イーサリアム(Ethereum)価格も上昇する可能性がある。 イーサリアムETFの認可状況 5つ目の論点は、イーサリアムETFの認可状況である。 イーサリアムETFの認可状況が、イーサリアム価格に影響を与える可能性がある。 イーサリアムとスマートコントラクト スマートコントラクトは、取引契約を人の手を介さず、自動化してスムーズに行うための仕組み。 契約の情報を分散型ネットワークのブロックチェーンに記録することで、改ざんが困難になることから、高い汎用性が期待されている。 イーサリアムとトークン イーサリアムのプラットフォーム上で、新たなトークン(token)を発行することが可能であり、トークン販売により資金調達を行うICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)の多くがイーサリアム上で行われたことで注目を集めた。 イーサリアム上で使われる通貨はETH(イーサ)と呼ばれ、発行上限は現在のところ設けられていない。 プロジェクトが調達した資金は、非営利団体のイーサリアム財団により管理されている。 イーサリアムの仕組み 採掘(マイニング:mining)によってブロックが生成される度に報酬としてETHが生成される。 イーサリアムのプラットフォーム上で作成されたアプリの取引データ処理を行う度にETHは消費される。 イーサリアムのアプリを動かす燃料のイメージからガス(Gas)と呼ばれる。

次の

イーサリアムの特徴

イーサリアム ニュース

アップデートから見るイーサリアムのこれからと今後 イーサリアムの開発者であるヴィタリック・ブテリンはビットコインをはじめとするプロジェクトに携わる中で、特定の問題だけを解決するプロジェクトではなく、さまざまな課題を解決するために分散型システムを開発可能にするプラットフォームを作るというアイディアを考えつくに至ったと語っています。 ここでは、イーサリアムのアップデートの内容に触れながら、これまでイーサリアムがどのように開発されてきて、今後どのように開発が進んでいくかについて見ていきましょう。 イーサリアムの5つのアップデート・開発段階と特徴 開発段階は、スマートコントラクトの実装、コンセンサスアルゴリズムであるPoW(Proof of Work)のPoS(Proof of Steak)への移行が主な目的として設定されています。 以下で詳しく見ていきましょう。 Olympic(オリンピック):2015年5月• Frontier(フロンティア):2015年7月30日• Homestead(ホームステッド):2016年3月14日• Metropolis(メトロポリス):2017年10月16日• Serenity(セレニティ) Olympic(オリンピック):2015年5月 オリンピックはイーサリアムのブロックチェーンの限界を検証する目的でリリースされました。 スパム取引が実行された際にネットワークがどのように維持されるのかを確認するために、4つのカテゴリーで検証が行われ、それぞれに検証に応じた報酬も設定されました。 トランザクションの動作確認• 仮想マシンの動作確認• マイニングの動作確認• 一般的に想定される混乱の確認 Frontier(フロンティア):2015年7月30日 フロンティアはイーサリアムを安定的に稼働させるためにバグを修正するプレリリース期間としてローンチされました。 そのため、フロンティアではジェネシスブロックが生成されイーサの交換やマイニングを行うことが可能となりましが、ユーザーのトランザクションは処理せずにセキュリティを高く保つ仕様となっていました。 また、ユーザーはイーサの交換や利用にあたってすべてを自己責任で行う注意喚起もされ、まさにイーサリアムを本格稼働させる前のテストフェーズでした。 Homestead(ホームステッド):2016年3月14日 ホームステッドではフロンティアで発見されたネットワーク上の問題やバグの修正、プロトコルの変更が実行された結果、イーサリアムが本格的に始動しました。 ホームステッドでは、TheDAO事件の対応としてのハードフォークやDoS攻撃対策など、ブロックチェーンを安定的に稼働させるためのセキュリティに関するマイナーアップデートが実施されました。 Metropolis(メトロポリス):2017年10月16日〜 メトロポリスは「Byzantium(ビザンチウム)」と「Constantinople(コンスタンティノープル)」の2つのハードフォークが実施される開発段階です。 2018年7月現在、ビザンチウムだけが実装されており、イーサリアムブログによるとコンスタンティノープルは2018年中に実施するとしています。 匿名性の向上とマイニング報酬の調整をする「ビザンチウム」 ビザンチウムではゼロ知識証明を利用したzk-SNARKs技術の導入やマイニング報酬の減少を実施しました。 イーサリアムの特徴でもあるスマートコントラクトは、ブロックチェーン上でトランザクションなどの情報が公開されており、プライバシーの問題が指摘されていました。 これに対し、zk-SNARKsによってこの透明性の問題を解決するとしています。 マイニング報酬の減少については、単純にブロック報酬を減少させる半減期を設定する他、ディフィカルティボムの調整が実施されました。 マイニング時間を短縮するプロジェクト「コンスタンティノープル」 コンスタンティノープルは詳細が未定であるものの、コンセンサスアルゴリズムをPoSに移行する準備段階としてCasperを導入する予定とされています。 CasperFFGはPoWとPoSのハイブリッドのコンセンサスアルゴリズムで、トランザクションを従来通りPoWで処理する傍らで100ブロックに1ブロックをPoSで検証する仕組みとなっています。 Serenity(セレニティ) セレニティではPoSへの移行が完了することが予定されています。 また、スケーラビリティ問題を解決するためにSharding Method(シャーディングメソッド)の検証が実施されています。 イーサリアムではDApssの普及によるスケーラビリティ問題が浮き彫りとなっており、現在でもレイヤー2. 0を活用したRaiden Network(ライデンネットワーク)やサイドチェーンを活用したPlasma(プラズマ)などの開発が進んでいます。 オンチェーンでスループットを向上させるシャーディングとサイドチェーン シャーディングはトランザクションの検証作業をバリデーターのグループごとに分け、並列して実効する仕組みです。 シャーディングの導入により検証効率が大幅に改善されると言われています。 サイドチェーンはメインチェーンとは別に側鎖としてブロックチェーンを構築する技術です。 イーサリアムにおいてプラズマと呼ばれるサイドチェーンは階層構造をもつサイドチェーンで、メインチェーンの負荷を軽減することでスケーラビリティの改善を図ります。 現在ではプラズマの問題を解決するPlasma Cash(プラズマキャッシュ)と呼ばれる概念も提唱されており、現在進行系で開発が進んでいます。 オフチェーンでスループットを向上させるライデンネットワーク ライデンネットワークは、オフチェーンで複数トランザクションを処理し最後のトランザクションのみをブロックチェーンで処理する技術です。 ビットコインのライトニングネットワークとの違いは、ビットコインが送金のみのトランザクションを処理するのに対し、イーサリアムはスマートコントラクトをはじめとするさまざまな処理を必要とする点にあります。 【参照URL】 【参照記事】 【参照記事】 【参照記事】 【参照記事】 イーサリアムの仕組み・特徴に関する記事の一覧を見る.

次の

イーサリアム(ETH)の今後の将来性──買い方・購入方法・おすすめの仮想通貨取引所・価格・チャート・最新ニュース

イーサリアム ニュース

ETH2. 0のロードマップに関係者が言及 仮想通貨取引所OKExが共同開催を行ったAMA(Ask Me Anything:なんでも聞いて)にて、イーサリアムコミュニティのリーダーおよび開発者が参加。 ETH1. 0とETH2. 0の違いや、ETH2. 0ローンチまでのロードマップなどを語った。 今回のAMAには、ETH2. 早ければ11月か AMAで、イーサリアム2. 0がローンチされるためには、大きく分けて以下の二つ要素を満たす必要があると説明された。 ETH2クライエント全てがv0. 1に対応する• デポジットコントラクトの実装 これらの実装時期が明確にならないことから、正確なローンチ日を明示することはできないが、Schoedonによればすべてが順調に進んだ場合、ローンチ日は11月頃になるのではないかとの見解を示している。 クライエントの進捗状況 Schoedon曰く、ETH2. 0がローンチされるには、最新のバージョンであるv0. 1に対応したクライエントがリリースされる必要があるのだが、現在、5つあるクライエントのうち、同バージョンに対応したものは、Prysmatic Labsがリリースするクライエント1つしか存在していないとの現状だ。 その他4クライエントは、同バージョンの対応に取り組んでいる最中だという。 Prysmatic Labsが開発を行った、v0. 1のマルチクライエントテストネットのローンチは今月の終わりを予定し、仮に同テストがうまくいった場合は、メインネットと同様の状況下で、パブリックマルチクライエントテストネットのローンチが行われる計画だ。 さらに、このテストも軌道に乗れば、7月に最終パブリックテストが実施されるとしている。 このパブリックテストで安定的な稼働が2〜3ヵ月間程度持続した場合、ここでメインネットのローンチに向けた取り組みを開始できるとの順番。 デポジットコントラクトの進捗状況 前述した通り、ETH2. 0のローンチには、現在のイーサリアムチェーンに、デポジットコントラクトを設ける必要がある。 このデポジットコントラクトはETH2. 0へデポジットを行うために、必要不可欠なものだ。 Schoedonの話によれば、このデポジットコントラクトの設計は完全には定義されておらず、機能の完成は8月の終わりから9月の中頃になるだろうと目安を示している。 ETH2. 0のマイルストーン ETH2. 0をローンチするまでの日程に関して、Schoedonは以下のような提案を行っている。

次の