かごめかごめ ヘブライ 語。 「かごめかごめ」に込められたヘブライ語のメッセージ

日ユ同祖論信憑性はどの程度なのでしょうか。言語が似ている、歌をヘブラ...

かごめかごめ ヘブライ 語

youtube. I've posted videos of various other topics, so please take a look. If you like it, please like it and subscribe to the channel! Posted on April 14, 2019 "The Japanese and Hebrew are too similar... Hebrew in that Japanese song too!? " It is a revised version of the above video. When tracing the roots of the Japanese people, it is inevitable that the relationship between Japan and ancient Israel cannot be avoided. In fact, there are many traces of Hebrew in Japan. Like Kagome Kagome, Sakura Sakura, Kimigayo, etc. Even the songs that have come to Japan can be understood in Hebrew. What is the other meaning of the song? com.

次の

「かごめかごめ」の真相にせまる Part I ヘブライ語で書かれていた「カゴメの歌」

かごめかごめ ヘブライ 語

昨日は、関西に描かれた巨大な「六芒星」と「逆五芒星」の意味、そして「かごめかごめ」の歌詞の意味についてお話をしました。 昨日の記事は以下のリンクになります。 )意味が隠されているということが分かっています。 そのため、昨日の記事を書いた後、日本語の意味だけでなく、ヘブライ語の意味もきちんと解釈すべきではないかとのメールを何人かの方からいただきました。 なぜなら、日本語とヘブライ語は「陰」と「陽」になっているから、というわけです。 こうなると、私のブログが何かしらオカルトめいたものになってしまいそうで、ちょっと嫌だなとは思ったのですが、よくよく考えてみると、私たちの敵は悪魔崇拝者であり、彼らこそがこの世にオカルト思想をまき散らした張本人です。 したがって、彼らの裏を暴くためには、どうしてもオカルトめいた部分を追求することも欠かせません。 それに、政治や経済には興味がなくても、こういったオカルト的な部分から裏社会の陰謀に興味を持つようになる人も出てくるだろうとも思いましたので、とりあえず今日はこの「かごめかごめ」のヘブライ語の意味を解釈してみようと思います。 「かごめかごめ」をヘブライ語に訳すと以下のようになります。 ———————————— かごめかごめ 「カゴ・メー カゴ・メー」 (誰が守る) かごの中の鳥は 「カグ・ノェ・ナカノ・トリー」(硬く安置された物を取り出せ) いついつでやる 「イツィ・イツィ・ディ・ユゥー」(契約の箱に納められた) 夜明けの晩に 「ヤー・アカ・バユティー」(神譜を取り、代わるお守りを作った) 鶴と亀がすべった 「ツル・カメ・スーベシダ」(未開の地に水を沢山引いて) 後ろの正面だ~れ 「ウシラツ・ショーメン・ダラー」(水を貯め、その地を統治せよ!) ———————————— 『誰が守る? 誰が守る? 堅く安置された物を取り出せ 契約の箱に封じ納められた 神器を取り出せ 神譜をとり 代わるお守りを作った 未開の地に 水をたくさん引いて 水を貯め その地を統治せよ』 ———————————— 確かに、一見すると、何やら意味深なことが書かれているような感じがしますが、私のように聖書を沢山読んだ人間からすると、単にふざけたことが書かれている歌詞だなとしか思えません。 なのに、生半可な聖書の知識でこの歌詞を無理やり解こうとして、何やら訳の分からない複雑な解釈をしている方がネットでは沢山見受けられます。 しかも、この歌詞から何か肯定的な意味合いを汲み取ろうとまでしています。 はっきりと言わせてもらえば、この歌詞には何ら肯定的な意味など込められていません。 ここにあるのはただ神様ヤハウェに対する冒涜です。 それ以外の何物でもありません。 そりゃあそうでしょう。 この歌詞を書いたのは悪魔崇拝者なのですから。 ただ、悪魔崇拝者たちも、神様への冒涜であると誰にでもすぐに分かるような歌詞を書くことはしなかったようです。 そんなことをしたら、誰にもこの歌を歌ってもらえなくなると思ったからでしょう。 だから一見して、神様を讃える歌であるかのような歌詞を作ったのだと思います。 それが彼らの常套手段です。 バチカンにいる悪魔崇拝者たちも、自分たちが神様を敬っているかのように何百年と装ってきたわけですし……。 それでは、この歌詞を解釈していきます。 まず「堅く安置された物を取り出せ 契約の箱に封じ納められた 神器を取り出せ」の部分です。 「堅く安置された物」も「契約の箱に封じ込められた神器」も、ともにモーセが神様から授かった「十戒」のことを表していると思います。 それ以外には考えられません。 「十戒」とは十の戒めのことです。 この「十戒」を刻んだ石版が、契約の箱(いわゆる失われたアークのこと)の中に収められていたのです。 神様ヤハウェがそうするよう命じたのです。 「神譜」というのも、恐らくこの「十戒」のことを表すのでしょう。 ですから、「堅く安置された物を取り出せ 契約の箱に封じ納められた 神器を取り出せ 神譜をとり 代わるお守りを作った」という歌詞の意味はこうなります。 契約の箱から「十戒」の石版を取り出せ、代わりにお守りを作ったから、そのお守りを契約の箱の中に収めよう。 まともなユダヤ教徒からすれば、これは狂気の沙汰としか思えないでしょうね。 「十戒」こそユダヤ教徒たちにとって何よりも重要なものであり、その代わりのものを作って契約の箱の中に収める、などということは絶対にあってはならないことです。 というより、最初からそんなことをしようとすら考えつかないでしょう。 この時点で、この歌詞がいかにおかしな歌詞であるかが分かります。 では、代わりのお守りとは何なのか。 モーセがイスラエル民族をエジプトから脱出させたとき、モーセはシナイ山で神様から「十戒」を授かりました。 しかし、モーセがシナイ山にこもっている間に、イスラエルの民衆たちは金の子牛の象を作り、拝んでいました。 これまで何度も話してきました通り、偶像を作って拝むという行為は、神様ヤハウェから見れば最大の反逆行為にあたります。 しかし、イスラエルの民衆の中には、このときすでに沢山の悪魔崇拝者たちが混ざっていたため、このような冒涜行為を堂々とやって楽しんだわけでしょう。 したがって、この「代わるお守り」とは、「金の子牛の像」のことを表していると考えられます。 これだけ見ても、この歌詞が神様への冒涜だと分かります。 しかも、さらにここには「未開の地に 水をたくさん引いて 水を貯め その地を統治せよ」と書かれてあります。 聖書を何も知らない人は、一見すると、何かとても良いことが書かれてあるように思うでしょう。 しかし、この「水」もまたくせ者なのです。 モーセは、イスラエルの民衆が金の子牛を拝んでいるのを見て怒り、金の子牛を燃やし、それを粉々に粉砕して水に混ぜ、イスラエルの民衆に飲ませた、と聖書に書かれてあります。 以下、旧約聖書の「出エジプト記」から転載します。 「モーセが宿営に近づくと、子牛と踊りとを見たので、彼は怒りに燃え、手からかの板を投げうち、これを山のふもとで砕いた。 また彼らが造った子牛を取って火に焼き、こなごなに砕き、これを水の上にまいて、イスラエルの人々に飲ませた」(出エジプト記32章19〜20節) この「水」はある意味、神の怒りと言ってよいものです。 したがって、神の怒りを民衆に飲ませた、ということは、民たちが神の裁きを受けたということを意味します。 そして、「かごめかごめ」の中では、この神の怒りを表す「水」を未開の地にたくさん引いて貯めよ、とあります。 これはつまり、この地に神の怒りをたくさん招くようにせよ、ということを意味します。 したがって、この「かごめかごめ」歌詞全体からは、こんな意味が浮かびあがってきます。 『誰が守る? 誰が守る? 守れるわけがないだろう。 さあ、堅く安置された十戒の石版を取り出せ。 契約の箱に封じ納められた十戒の石版を取り出せ。 代わりに金の子牛を作ったから、これを契約の箱に入れよう。 そして、この未開の地に神の怒りを招くように、神の怒りをたくさん溜め込むように、この地を統治してやれ』 さらに分かりやすく意訳してみます。 『神様の掟なんか早く捨ててしまえ。 そんなものより偶像だ。 偶像を作って、神の怒りを招いてやれ。 バカな未開人どもの地に神の怒りをたくさん溜め込むよう誘導しながら、この地を統治してやるのだ。 』 このように、「かごめかごめ」の歌詞には何の善意もありません。 善意を汲み取ろうとするだけ無駄です。 中には、この「かごめかごめ」の歌詞の中に、失われたアーク(契約の箱)の隠し場所が示されていると言う人もいますが、まさかそんなわけがないでしょうが。 どうしてユダヤ人たちがわざわざそんなものを日本に運び込んだりしますか。 仮に百歩譲って、失われたアークが日本に隠されているのだとしても、それが私たち日本人にとって何の意味があるというのでしょう。 箱は箱です。 ただの箱です。 それが見つかったからといって、我々日本人に何か良いことが起きるわけでもありません。 第一、この契約の箱は、ユダヤ教徒にとってのみ尊いものであって、同じ聖書を信じるキリスト教徒にとってすら何の意味もないものです。 ましてや、聖書を何も知らない、読んだこともない日本人にとって、一体どんな意味があるというのでしょうか。 にもかかわらず、日ユ同祖論を論じる人の中には、この失われたアークが日本で見つかったら何か凄いことが起きるかのように話す人がいます。 全くもって愚の骨頂です。 昨日もお話しましたが、そんな神秘思想まがいものに私たちは騙されてはいけません。 私はこれまで聖書は素晴らしい本だと何度も薦めてきましたが、そのため、私が何かしら神秘思想のようなものを持っているのではないかと勘違いしている人がいるかも知れません。 しかし、はっきりと言います。 私はこの世のどんな人よりも現実主義者です。 確かに聖書の中には、不思議な奇跡の話がたくさん出てきます。 そして、この世のクリスチャンの多くが、そのような奇跡が実際に起きたと信じています。 しかし、私はそのような聖書の中の奇跡はすべて本当に起きたものではなく、何かしら解釈を必要とするものであると考えています。 というのも、イエス・キリスト自身、聖書はすべて比喩で書かれているとはっきりと言っているからです。 例えばこんな風に。 「わたしはこれらのことを比喩で話したが、もはや比喩では話さないで、あからさまに、父のことをあなたがたに話してきかせる時が来るであろう。 」(ヨハネによる福音書16章25節) 聖書は言ってみれば封印の書です。 わざと意味が分からないように全てが比喩で書かれてあるのです。 だから、とても難解なのです。 しかし、私はその難解さに惹かれて聖書を読むようになりました。 今現在、起こりえない奇跡は、二千年前にも起きるわけがありません。 今の時代も、過去の時代も、自然万物の法則に変わりはないからです。 そもそも、宗教というものは本来、何か奇跡が起きることを期待して信じるものではなく、人間の徳を高めるために信じるものです。 そこをはき違えるようになったのは、やはり悪魔崇拝者たちがそのように宗教の意味をねじ曲げてしまったからでしょう。 人の徳を高めるためではなく、何らかのご利益のために宗教を信じるように彼らは誘導してきたのです。 カルトがこの世に沢山誕生するようになったのも、やはりそういった背景から来ているのだと思います。 現在のキリスト教も、悪魔崇拝者たちによってその教理がことごとく破壊されてしまったため、絶対に起こりえない奇跡まで本当に起きたと言って、無理やり信じさせようとします。 そのため、キリスト教の教えそのものは実に素晴らしいものでありながら、聖書をまがいものだと思って勘違いし、捨ててしまう人が絶えないのです。 私のブログを読んで、聖書に興味をお持ちになった方も多いようですので、一応、聖書を読む際にはこの点に注意してください。 この世の聖書の解釈本の中にも、聖書の奇跡をそのまま信じて書かれたようなものがたくさん出回っていますが、そういったものにも要注意です。 聖書だけに限らず、この世に出回っている神秘思想、超現実的な話にも気を付けなければいけません。 そこには何かしら隠された裏社会の意図があります。 特にこの日ユ同祖論に関して、何かしら良い意味をこめて話をする人には要注意です。 もしかしたら裏社会の連中は、今後、日本礼賛、天皇礼賛キャンペーンを張っていくために、この日ユ同祖論なるものを引き合いに出してくるかも知れません。 そうして、日本人は実は神様から選ばれた民だった、天皇もまた神様に選ばれた尊い方である、などと宣伝していくかも知れませんし、実際にそのようなことが書かれたブログがネット上では既にあちこちで目に入ります。 ネットでそのようなプロパガンダを流し、それが世間にやや浸透したところで、テレビで「ネットでこんなことが騒がれている」などと報じ、全国民に日ユ同祖論を知らしめ、日本人は神様に選ばれた選民であるとの思想を植え付けようというつもりなのかも知れません。 なんとなく、彼らのそんな意図が透けて見えてきます。 確かに、そういうブログを幾つも作っておけば、いずれそのうちの一つや二つが大きな旋風を巻き起こすかも知れませんからね。 要するに「数打ちゃ当たる」というわけです。 そのため、私のブログにも、それに類したコメントを書く工作員が次々と現れるわけでしょう。 とにかく、日ユ同祖論をまるで日本人にとって良いことであるかのように言う人には要注意です。 以下のリンクを読んでいただけば、それがいかにデタラメであるかが分かっていただけると思います。 しかも、彼らはそこに必ずといっていいほど神秘思想を織り交ぜます。 現実的にそれらを分析すると、そこには裏社会の悪意しかないことがバレてしまうので、わざと「ガイアの周期が何たら」などと小難しい神秘思想を織り交ぜながら、人工地震やリーマンショックなどを、まるで良きことの訪れであるかのように人々を惑わそうとするわけです。 何度も言ってきました通り、阪神大地震もリーマンショックもすべては裏社会の工作によるものです。 それらは自然現象ではなく、人為的に生み出された災いなのです。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 そうしたときにのみ、私たちはこの世の本当の真実を知ることができるのです。 RAPTさん、今日もすごいわね。 私たちは、せっかく目覚めたのですから、とことん目覚めたほうがいいのです。 目覚めたところで、弱い自分に出会って、つい、何かにすがりたい思いにかられるのだと、 思います。 そうしたときに、この日ユ同祖論など、あるいは他の占い師などの未来予想などに、 心を奪われてしまうのでしょう。 せっかく目覚めたのに、また騙されてしまっては、もったいないですね。 騙しの世界に生きている、世の中コマーシャルに満ちている。 そう思って、検証を続けるべき です。 真実がわかってからが、本当の人間になる、第一歩が始まったところです。 難しいこともありません。 ただ本当のことのみを、探索する旅に出ただけのことです。 お聞きしていいですか? 私はプーチンファンということもあり またソ連時代の迫害の時の人々の様子を本で読み ロシア正教に興味をもっています。 悪魔からあれほど嫌われたということは ロシア正教には悪魔が入らなかったとかってに感じているのですが いかがでしょうか。 また処女懐妊など 私はあり得るなどと思ってしまうのですが それはやはり とてもおかしいとらえ方でしょうか。 また神道からすでに悪魔であったなら 日本という国は悪魔の歴史が長く あるいは悪魔が造った国なのか という かなりの悲惨な気持ちもあり なぜ 悪魔の国に生まれたのか(笑)と やはり劣等感に満たされます。 お気持ちの向いたときに 言葉を聞かせてくださいますように。 ロシア正教はまだバチカンよりも悪魔崇拝書による影響は少ないかも知れませんが、もしキリスト教を学びたいのであれば、何もどこかの宗派にこだわる必要はないのではないかと思います。 聖書がキリスト教の聖典なのですから、聖書から必要なものを学べばいいと思います。 そうすれば、この宗派は大丈夫だろうかとビクビクすることもありませんし。 また、日本だけが悪魔崇拝者によって作られたわけではありません。 この世界のほとんど全ての国が彼らの影響下にあります。 しかし、だからといって、悪魔が万能なわけではありません。 もし彼らが万能であれば、とっくの昔にこの世界は悪だけがはびこる世界になっていたでしょう。 そうならなかったのは、やはり悪魔よりも神の力が強かったからとも言えるでしょうし、人類の多くが良心を捨てなかったからとも言えます。 恐らくこれからも悪魔はこの世界を完全に支配することはできないでしょう。 ですから、劣等感を抱く必要は全くないと思います。 raptさんのサイトは多くの人が見ますから、 もしかして、と断っていいますが、 今回の衆議院選挙で、自民党が負けると思われます。 それももしかしたら、計算のうちで、今度は富士山が爆発噴火に なるかもしれないですね。 阪神大震災の時は村山氏が首相でした。 救助も妨害されました。 東大震災は民主党で、菅首相も妨害されました。 今度は、板垣氏によると、世界のファミリーはこのような人を 希望していますと、書いてありました。 それも操作でしょう。 自民党が勝っても爆発する可能性もあります。 しかし、2度もあったことですから、3度目もあると私は 思っていますよ。 相手は、悪魔ですから。 まだ、日本人をめちゃめちゃにするつもりでしょう。 このことを、皆が知ることが一番大切だと思っています。 むろん何事もないことを、祈っています。 何かのご利益お信じて祈る、言われてみれば神道ってそうですよね。 神社ってお賽銭入れるんですから(笑) 前提が逆ですよね。 例えば「いいことすればいいことあるかもよ」という教えだって、はなから「いいことある」の部分を期待して信じる人間は決してその教えを信じていようと、いいことはしない、というかできるわけがないだろうし、いいことも起こらないでしょうね。 あくまで「いいことをする」ということを人間にとって大切だと教えるのが前提だったはずですね。 それに、いいことが起こるにしたって、そのいいことをした結果、それによっていいことが起きるのですから、そもそも奇跡ではなく、因果なのですからね。 まあ、考えてみれば「いいことすれば、いいことあるかも」という言い方自体、「いいことある」を期待させるよう誘導しているように思えてもきますがね。 人気記事• - 715,880 views• - 513,286 views• - 433,278 views• - 376,466 views• - 373,187 views• - 371,034 views• - 327,707 views• - 315,516 views• - 310,694 views• - 307,919 views• - 289,701 views• - 273,898 views• - 255,874 views• - 254,881 views• - 253,960 views• - 253,347 views• - 246,289 views• - 244,473 views• - 237,236 views• - 234,784 views.

次の

「かごめかごめ」の真相にせまる Part II 四国の剣山が歌の舞台である理由

かごめかごめ ヘブライ 語

【都市伝説】かごめかごめの歌詞の意味と怖い話の由来についてを調査 2018. 20 明日の佐々木 幼いころ、誰もが一度は歌って遊んだことがあるでしょう「かごめかごめ」という童謡。 かごめかごめ~という歌詞から始まるこの歌は、座っている1人の周りを、手を繋いだ数人でぐるぐると回りながら歌うという遊び方で親しまれていますね。 しかし、何気なく歌っているこの「かごめかごめ」の歌詞には、隠されたある意味や由来、都市伝説の怖い話などがあるのをご存知でしょうか? 今回は、その「かごめかごめ」という童謡の隠された意味や由来、思わずぞっとしてしまう都市伝説の怖い話について調査してみましたので、是非ご覧ください! 流産してしまったお母さんの恨みの話 あるところに、お腹の中に赤ちゃんを身ごもったお母さんがいました。 (歌詞中の「籠の中の鳥」が、赤ちゃんを表している。 ) いつ生まれてくるのかな…と、お母さんは赤ちゃんが産まれてくる日を楽しみにしていました。 (「いついつ出会う」という歌詞から読み取れる感情) しかし、ある夜のこと。 安産を願うために神社を訪れ、帰ろうと階段を下っていたところ、誰かに背中を押されて転んでしまい、お腹の子を流産することになってしまったのです。 (「夜明けの晩に、鶴と亀が滑った」の歌詞から読み取れる状況) 大切な子供を失う事になってしまったお母さんは、背中を押した人の事が許せず、犯人は誰なのか探している。 (歌詞の「後ろの正面だあれ」には、お母さんの怒りの感情が含まれている事が伺える。 ) という、怖い話があります。 この話は、 子供を失ったお母さんの怒りの話という事ですが、実際に流産となり、生まれてくることが出来なあった赤ちゃんが犯人を探しているという説もあります。 確かに怖い話ですが、恐ろしさを感じる反面、見方によっては少し悲しいお話にも感じますね。 ・・・でも、やっぱり怖いですが。 かごめかごめをすると、怪奇現象が起こる!? このように、思わずぞっとしてしまう様な怖い話がある「かごめかごめ」ですが、 この歌を歌いながら遊んでいる怪奇現象が起こるという都市伝説も! それは、最後の歌詞「後ろの正面だあれ」を歌い終えると、円の中に座った人が、先ほどご紹介した怖い話に出てくる流産になった赤ちゃんに、背中を叩かれるというものだそうです。 また、そもそも この円になってぐるぐる回るという行為自体にも、霊を呼び寄せる意味があるようです。 地域によって歌詞が違う理由 今回ご紹介した童謡「かごめかごめ」ですが、地域によって歌詞が異なっている事がわかりました。 例えば、「いついつ出会う」が「いついつ出やる」だったり、「夜明けの晩に」が「夜明けの番人」だったり。 歌詞が異なるので、もちろん語られる都市伝説も内容が変わってきます。 同じ有名な童謡なのに、なぜんこんな事が起こってしまうのか? 実は、それに関する有力な説があったのです! 「かごめかごめ」の歌詞は不自然!? かごめかごめの歌詞をよく思い出してみて下さい。 全体的に、歌詞を見ただけでは内容がいまいち掴みづらいですよね。 また最後の歌詞「後ろの正面だあれ」も、不自然です。 「後ろ」と言っている時点で「正面」ではありませんよね? 「後ろの正面」なんていう言葉は、日本語的に不自然なのです。 地域によって歌詞が違うのは、元々日本語の歌ではないから!? 実は、 元々この「かごめかごめ」は、日本語の歌詞ではないという説も浮上しているのです。 と言うのも、この歌は元々ヘブライ語の歌詞だったという説があります。 「かごめ」という言葉も、囲む、守るというような意味を持つヘブライ語の「カゴー」と、誰なのか、何なのかという意味を持つヘブライ語の「ミー」という言葉が合わさって出来たものだと言われています。 このように、すべてヘブライ語で構成された歌詞を、日本語で語呂合わせしたのが、昨今に知られている「かごめかごめ」の歌詞なのです。 このことから、地域や地方によって、多少の歌詞の違いが生まれていったのでしょう。 この説が正しければ、「後ろの正面」なんて言葉が出てくるのも、腑に落ちるような気がしますね。 因みに「後ろの正面」は、「フーシャー」と「ショーメム」というヘブライ語を日本語に語呂合わせしたものだと考えられているようです。 まとめ かごめという言葉自体にも様々な意味や由来があることや、「かごめかごめ」の一連の歌詞を通して語られている都市伝説の怖い話、そして実はヘブライ語の歌だったという説などについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 少し怖くなってしまいましたか? しかし、ヘブライ語の説に関しては驚きでしたね。 私はこの説が一番しっくりときました。 ちなみに、私が幼いころは「後ろの少年だあれ」と歌っていましたが、調べたところこの歌詞に関する都市伝説などはありませんでした。 このように、歌っていたのは私たちだけだったのでしょうか。 また、この歌に関しては歌うと呪われるなどと言った話はあまり聞きませんが、実際にこの歌を歌って遊ぶ際に行う、円になってぐるぐると回る行為には霊をおびき寄せる意味合いがあるとのことでしたね。 とは言っても、みなさんは既に「かごめかごめ」で遊んだ経験があると思いますので、恐らく大丈夫だとは思いますが…念のため、頭に入れておきましょうね。

次の