おわた 私用。 やっと全ての所用おわた: epipuの「ふ」

佐野SA元部長「もう殺されるかもしれないから告発するわ、あいつら反社だよ。」

おわた 私用

2020年のアカデミー賞で、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が作品賞を受賞したことは大きな話題となった。 日本映画では2009年に「おくりびと」が外国語映画賞を受賞し、2019年に「万引き家族」が同部門にノミネートさ れたが、近年は全体的に日本映画はぱっとしないという印象かもしれない。 中国メディアの36Krは14日、「日本映 画はピークを過ぎてしまった」とする記事を掲載した。 記事によると、日本映画の「黄金期」は1960年代から70年代にかけてだったという。 任侠映画の加藤泰氏や「座 頭市」シリーズの三隅研次氏、それに、「ウルトラマン」の実相寺昭雄氏などの時代が、たとえアカデミー賞など国際 的な賞を受賞していなくても「日本映画のピークだった」と振り返った。 しかし、1980年代に日本の映画は下り坂に入ったと記事は分析。 例えば時代映画の場合、実力のある監督や俳 優がいなくなってしまい、その後に続く人材が現れなかったと記事は指摘した。 特に俳優は、勝新太郎さんのような 日本刀の似合う「恰幅の良い人」がいなくなり、最近の俳優はどうやっても日本刀が似合わない「さわやかで優しげ な美男美女ばかり」になってしまったとしている。 net 叩かれる事を恐れて意識の高い真面目な奴ばっか出るようになった。 あれなら9cmでもまあ我慢できる。 net 于和偉さんは 先代松本の隠し子疑いレベルなんだよな。 演劇学校に通った奴は違うわ。 net 60才ならギリギリ可能かな。 net 電通のせいだろ 役者の勉強とかしてないもん.

次の

いきなりステーキ「助けて!お前らが全然ステーキ食わないから債務超過で倒産に追い込まれそうなの。なんでお前ら肉食わないの!?」

おわた 私用

株式会社ケイセイ・フーズ社長 岸敏夫氏の犯罪を告発します。 先日、栃木県警佐野警察署に、岸敏夫の犯罪の証拠を提出しました。 「犯罪の証拠」を提出するとともに、その詳細な状況に関して証言をしてきました。 昨年クビになるまで、お金面の流れはすべて知っている方です。 岸敏夫氏は、金融機関を騙し、10億円規模の融資詐欺を行おうと企てました。 Aさんは、岸敏夫氏の命令により、その実務(書面づくり等)を強要されました。 Aさんは、佐野警察署内で、勇気を持って警察に証拠を作成時の話、実際のやり方など、事細かに証言をしてくれました。 ・・・だから、Aさんや詐欺被害者に配慮を続けた結果、今まで告発をすることをためらっておりました。 ただ、私たち佐野SA関係者にとっては、経営危機の発端となりました。 従業員や一部マスコミのみなさんには、すでに音声データを渡してあります。 岸敏夫氏が新規融資凍結になったことを説明。 その説明は、 岸敏夫「ケイセイフーズ経営会議。 議事進行の前に、ひとつ、お話をしておきます。 」 から始まります。 以下、要旨。 実は、午前中に群馬銀行に行った。 そこには、S佐野支店長、ぐんぎんリース職員が居た。 新規の融資は凍結する。 そのかわり、滞納は許す(銀行は許すとは言っていないと後日聞きましたが、岸敏夫は返済を許すと言っている) ケイセイフーズは7月に7000万円の融資を受ける予定でした。 この7000万円をなんとかするため、定期解約、支払いを延期できるものは延期するなど、大変状態に陥っていきます。 これは群馬銀行にとって、苦渋の選択だってのではないかと推測します。 それは警察に証拠を交え、先日、説明済です。 もう破綻からは逃れられない。 ソフトランディングするしかない・・・という認識になりました。 ただ、nexco東日本グループの対応批判がこの告発の趣旨ではありません。 明確にYESです。 地元では有名な話であり、証拠も証言も大量に存在します。 行くときは午後5時ピッタリにピンポンを鳴らさないとか妙なルールがあって、監視カメラも首降ってこっち観てるし、毎月毎月緊張した。 今は加藤さんが俺に近い立場にいるから、気をつけたほうがいい」と、具体的かつ詳細な警告も頂きました。 平池秀光氏(元栃木県議会議長) 古賀誠氏と井上秘書 飯島勲氏(片柳建設の経団連加盟のとき口添えしてもらった。 月額100万円払っていると自慢していた。 首相官邸が顔パスで入れるとか) Aさんはともかく、私自身がその違法な政治献金の受け渡し現場を目撃したわけではありませんが、その他にも大勢、政治家と反社会的勢力の名前が挙がっていました。 ケイセイフーズは200万円担当してもらうから、資金繰りに入れておくように」という指示は、録音も撮れていたはずです(録音データの整理が追い付いていない)。 政治献金で大きくなった」というのが常識のようです。 今私は、数十億円規模の企業グループ、それも反社や政治家と親しくしている経団連加盟の片柳建設グループに盾突いています。 公開されれば、倒産の危機にある犯罪の証拠。 それが私の口さえ封じれば、何とかなるかも知れない・・・そんな状況です。 佐野警察もそう認識しており、十分な配慮とともに、パトロールを毎日複数回、やってくれています。 岸敏夫陣営は、今のところ、私が証拠を握っている事実ほ知らないと思いますが、そろそろ限界です。 バレます。 私は、もうAさんに配慮する余裕がなくなりました。 それどころか、Aさんの身も危なくなっていると感じます。 この告発により、できるだけ多くの世の中の皆様が知ってくれることで、私に手出しできなくなる・・・そう考え、この情報を公にすることにしました。 この情報の拡散を、よろしくお願いいたします。 加藤正樹.

次の

20代のノートPC利用者は約4割、デスクトップPCだと2割以下に【プラネット調べ】

おわた 私用

「いきなりステーキ」を運営するペッパーフードサービス<3053>が債務超過寸前にまで追い込まれています。 2019年12月期第3四半期に19億2200万円の赤字を計上。 その影響で資産の合計額260億円に対して、負債が246億円に迫りました。 純資産14億円という首の皮一枚で債務超過を回避していますが、負債比率は1757%。 600%を超えると早急な経営改善が必要と言われる中、軽く1700%超えるという胃に悪そうな数字に。 通期の純損失は25億300万円の見込みとなっており、さらなる悪化が懸念されています。 いきなりステーキの過剰出店により、退店を加速すれば資産除去債務の特損、放置しても減損に陥るという絶望的な状況に見舞われてしまいました。 高学歴に経営企画をやらせるとまずもって会社を傾かせる。 ゾゾしかり、ユニクロ然り。 慶応をはじめとする駅前立地の高偏差値大学は生徒集めが楽なので入学時は秀才が集結して入ってくれるがカリキュラムがテキトーで卒業する時は全員バカになって卒業する。 企業は学歴ブランドでそういったバカを喜んで採用して企画等の要職につかせる。 で、会社が破壊しつくされる 会社の業績を低下させて相対的に自身の上昇を図る。 こういうカラクリ。 経営企画はやはり高卒現場のたたき上げか大卒なら地方の立地の不便な大学 偏差値は無視 につかせる。 現場と世の中を知っている人材でなければこういう仕事は無理。 駅前入学も有名大ブランドを最大限活用するには営業をやらせて成果報酬を徹底すればそれはそれで活躍してくれる。 要は適材適所。 会社の今の人事評価を真逆にすればいいだけ。 ステーキのけんも駅前入学にまんまとやられたわけだね。

次の