ポケモン スリップダメージ。 [ソード/シールド対応版公開] ダメージ計算機SM for ポケモン サン/ムーン/ウルトラサン/ウルトラムーン

【ポケモン剣盾】砂パの構築方法と対策【ポケモンソードシールド】

ポケモン スリップダメージ

状態異常とは 状態異常とは、バトル中のポケモンにかかる悪い状態のことです。 具体的には、• ねむり• やけど• こおり を指します。 これらの状態になると、ポケモンのステータス表示が変化します。 状態異常は相手の技によってなる場合が多いのですが、特性や持ち物によって引き起こされることもあります。 「ねむる」のように、自ら状態異常になる技もあります。 野生のポケモンを捕獲するときには、相手を状態異常にすることで捕獲率がアップします。 特に「ねむり」「こおり」にした時の捕獲率は、他より高く設定されています。 状態異常は基本的にはなりたくないものですが、あえて状態異常になることが戦略もあることは、後ほど紹介します。 状態異常の効果 ねむり 数ターンの間、一部の技を除いて使うことができなくなります。 ただし技の選択は毎ターン行い、目が覚めたタイミングでのみ技を使うことができます。 ねむり状態で使える技には、「ねごと」「いびき」があります。 まひ 素早さが半分に低下し、4分の1の確率で技が使えなくなります。 でんきタイプのポケモンは、まひ状態になりません。 どく ターン終了時に最大HPの8分の1のダメージを受けます。 もうどく状態になった場合、1ターン毎にダメージが16分の1、16分の2と増加します。 交代するとカウントがリセットされます。 どくタイプ、はがねタイプのポケモンは、どく状態になりません。 やけど ターン終了時に一定のダメージを受け、物理技のダメージが0. 5倍になります。 ほのおタイプのポケモンは、やけど状態になりません。 こおり 数ターンの間、一部の技を除いて使うことができなくなります。 ただし技の選択は毎ターン行い、解除されたタイミングでのみ技を使うことができます。 こおり状態のときに「ねっとう」などの技を使うと、こおり状態は解除されます。 バトルで状態異常を治す方法 きのみ 状態異常になると戦略が大きく狂うことから、それを回避するためポケモンにきのみを持たせておくことがよくあります。 こんらんも含めてすべての状態異常を回復する「ラムのみ」を持たせることが多いのですが、あえて状態異常を利用したいケースでは、特定の状態異常のみを治すきのみを持たせることもあります。 技・特性 状態異常を回復する技や特性もあります。 例えば「アロマセラピー」は、自分のポケモンすべての状態異常を回復させる効果があります。 こおり状態の相手にほのお技を使うとこおり状態が解除されるなど、自分の技で相手の状態異常を解除することもあります。 特性では「しぜんかいふく」に状態異常の回復効果があります。 状態異常を回避する方法 技・特性 技や特性の効果により、状態異常になることを防ぐことができます。 例えば「ミストフィールド」の状態では、地面にいるポケモンは状態異常にならず、ドラゴンタイプの技のダメージが半減します。 他の状態異常になる 回避とは少し異なりますが、ある状態異常になると、他の状態異常にはなりません。 普通であれば状態異常はデメリットにしかなりませんが、中にはこの仕様を利用する戦略もあります。 例えば特性の「こんじょう」は、状態異常になると攻撃のステータスが1. 5倍になり、やけどの物理ダメージ半減も適用されません。 そのポケモンに自分をやけど状態にする「かえんだま」を持たせると、それ以外の状態異常を受け付けず物理攻撃の威力がアップした状態を作り出すことができるのです。 すべてのポケモンが使える戦略ではなく、また特性を入れ替えられたりして無意味になるリスクもありますが、ひとつの戦い方として頭に入れておくとよいでしょう。

次の

システム・設定

ポケモン スリップダメージ

スマホ対応等、いいかげん時代に追い付いていないので全面的に改装予定です。 本体 v1. 「ひざしがつよい」状態での回復量• みがわりのHP消費量 みがわり人形のHP• ゴツゴツメット、まきびし 2回 ダメージ• どく、やどりぎのタネダメージ• ポイズンヒール回復量• さめはだダメージ• ステルスロック 等倍 ダメージ• たべのこし、アイスボディ等回復量• やけどダメージ• 天候ダメージ• はらだいこ1回でオボン発動• とびひざげり等の失敗反動2回耐え• 4倍のステルスロック2回耐え• じこさいせい等の回復量増加 - 3n• さいせいりょくの回復量最大 - 4n• みがわり4回で残りHP1• みがわり4回使用可能 - 6n-1• ポイズンヒールの回復2回でみがわり1回分のHP回復 - 8n-1• どく、やどりぎのタネ、ステルスロック等持続ダメージ• しめつける状態ダメージ - 10n-1• いのちのたまのダメージ最小 - 16n• たべのこし、アイスボディ等の回復4回でみがわり1回分のHP回復 - 16n-1• ちきゅうなげ等の固定ダメージをより多く耐える 最低ライン - 191以下• ちきゅうなげ等の固定ダメージをみがわりが耐える 概要• HP実数値を入力すると、バトル中に影響するHP割合の適性をチェックします。 範囲外の場合はHP実数値の過不足を表示します。 ついでに割合ダメージの実数値も計算します。 HP調整なんて何か目的がない限りそこまで神経質にやることではないです。 当たり前ですが、挙げてある調整全てを満たすことは不可能です。 一部に Lv50を想定した項目があります。 その他• 最近の更新 v1.

次の

【上級者への登竜門】サイクル戦とは?おすすめポケモンと戦い方の解説【ポケモン剣盾】

ポケモン スリップダメージ

概要 と共に徐々にがしていく(を受け続ける)。 によって、HPが一定値になるまで減るものから、治らなければ スリップダメージが原因で力尽きるというものまで様々だが、バッドステータスを引き起こす関係上決して無視できる状態ではない。 この効果をもたらす代表的なは であるが、当然 毒以外の状態がもたらす場合もある。 例えば、 徐々に溶かされていく、 徐々に蝕まれるや、 による、 熱や炎などで焼かれていくといったものがスリップダメージとなり、治す方法も毒とは異なる治療法が求められることが多い。 「」には、 景気や性質などが「する」「する」という意味も持つため、この名前が採用されたと思われる。 日本国外のゲームでは「Damage on over times」、略して「DOT」と呼ばれている。 日本におけるこの用語が有名になったのはの影響があるとみられる。 にて登場したその名も「スリップ」というこの特殊な状態異常は、前作で初登場して本作で命名されたもの。 特に、一定周期ごとにまとまったダメージが入るのではなく0. 1秒単位などで小刻みにHPが減っていくFF4・FF5・ではかなり油断できない。 しかも作品によっては通常の状態異常回復では治らない。 同じシリーズではなどで毒と同様に一定周期ごとのまとまったダメージになったことなどから、RPG全般における継続ダメージ全体を指して、スリップダメージと呼ばれるようになった。 場合によってはHP以外のパラメータが対象になったり、状態異常ではなく地形経由などの外部要因で継続ダメージが入ることもある。 ダメージとは逆に、ターン経過で回復して行くグッドステータスも定番となっており、「自動回復」「自動再生」などと呼ばれる。

次の