夫 は 私 じゃ いけない の。 「あなたも反省しないといけない」。夫が逮捕された加害者家族の女性を追い詰めた警察の一言

「あなたも反省しないといけない」。夫が逮捕された加害者家族の女性を追い詰めた警察の一言

夫 は 私 じゃ いけない の

1度でも夫の浮気がわかったらすぐに離婚という選択をする女性もいれば、本気でなければ許すという女性もいる。 最後に戻ってくるのは自分のところ、それでいいとする人もいるだろう。 ところが、「私が夫を棄てる日のために、今は行動を起こさない」という選択をする女性もいるようだ。 子どもができてから夫はマンションを借りて ジュンコさん(45歳)が結婚したのは、28歳のとき。 8歳年上の職場の先輩と恋に落ちた。 彼はバツイチだったが子どもはいなかった。 結婚してすぐに妊娠、29歳で長女を、31歳で長男をもうけた。 ちょうどそのころ夫の父が亡くなり、東京郊外の夫の実家で義母とともに暮らすことを決める。 「夫の母がいい人なんですよ。 まあ、それでも姑ですから同居してうまくいくかなと思ったんだけど、私も子育てが大変だし、夫は仕事三昧でひとりで煮詰まってしまうので、義母の勧めに乗って一緒に暮らし始めたんです」 義母とはほとんど衝突がなかった。 ジュンコさんの気持ちをいつも慮ってくれ、「私からは手を出さないから、何かあったら手伝ってってはっきり言ってね」というタイプ。 ジュンコさんは自分の母親とはうまくいかなかったので、尊重してくれる義母にはすっかり心を許した。 「本当にすばらしい女性。 ところが夫は、小さな子がふたりいる家がうるさかったのか、あるいは職場まで遠かったのか、会社の近くにワンルームマンションを借りたいと言い出したんです。 帰れないときはカプセルホテルにでも泊まればと言ったんですが、それじゃ落ち着かない、と。 いったん言い出したらきかないタイプだし、義母とも相談して週末は絶対に帰ること、平日も時間があれば帰宅することを条件にしました」 最初は週に1、2回泊まるだけだった夫だが、そのうち平日は帰ってこなくなった。 1時間半以上かかる通勤がつらいのはジュンコさんにも想像ができたし、ぎりぎりながら生活費もきちんと渡してくれていたので、それはそれでしかたがないと受け止めた。 「金曜の夜か土曜の早朝には帰ってきて、子どもたちともじゅうぶんに触れあっていましたから、単身赴任だと思えばいいか、と。 なにより義母がいたので、私は寂しくなかったんです」 近所にスポーツジムができたときは義母と一緒に入会した。 連れだってジムに行くので、本当の母娘と周りに思われたこともある。 バランスがとれていたのだ、すべて。 ところが5年前、義母が急死したときから何かが変わっていった。 姑にも裏切られていた? そのころジュンコさんは週に3回ほどパートに出ていた。 ある日、パート先に電話がかかってきたのだ。 義母がスポーツジムで突然倒れ、救急車で病院に搬送されたということだった。 駆けつけたとき、義母はすでに亡くなっていた。 持病もなかったのに虚血性心疾患で突然死だった。 「あまりのショックに、その後のことはよく覚えてないくらい。 私の支えは義母でしたから、どうしたらいいかわからないほど混乱しました」 四十九日がすみ、ジュンコさんは初めてゆっくりと義母の部屋に入った。 遺品の整理をするにはまだ気持ちが追いついていかなかったが、義母を感じて心を落ち着かせたかったのだ。 「そこで見つけてしまったんです、義母の日記を。 読んだらいけないとは思ったんですが、それでも読まずにはいられなかった。 そして知りました。 夫が元妻とよりを戻していたことを」 義母の日記には「ジュンコさんには申し訳ない」という言葉が何度も出てきた。 夫がワンルームマンションを借りたいと言ったときには、すでに元妻と関係をもっていたのかどうかまではわからないが、夫と元妻との関係は相当長かったようだ。 「前の奥さんとどうして別れたのかと夫に聞いたことがあるんですが、『生活していくうえでの性格の不一致』とだけ言って詳細はわかりませんでした。 義母の日記を読んだ限りでは、どうやら嫁姑の関係は悪かったみたいです。 だけど息子がいつの間にか元妻と関係をもってしまったことを、義母も止めることはできなかったんでしょう」 義母は夫に浮気されている哀れな嫁として自分を見ていたのだろうか。 そう思うと、義母にも裏切られたような気持ちになった。 「頭に血が上って、夫に電話をかけたかったんですが、その日、夫は出張だと聞いていました。 それに夫と話したら自分が何を言い出すか怖くて……。 離婚という二文字は浮かびましたが、あまり現実的ではなかった。 生活を変えたくはなかったんですよね」 それでも次の週末、夫が戻ってきたときは平静ではいられなかった。 夫は義母を失った悲しみと感じたらしい。 「夫が古い指輪を差し出したんです。 『おふくろがいちばん大事にしていた指輪。 何かあったらジュンコにやってくれって言われてたんだ』と。 見覚えがありました。 義母がごくまれにはめていたので。 繊細な装飾のきれいな指輪です。 義母が実母からもらったものらしい。 それを聞いて、私は義母に裏切られたと思っていた気持ちがすうっとなくなりました。 義母は私を苦しめたくなかった。 そのために自分が全部背負ってつらい思いをしていたのではないかと感じたんです」 夫には妹がいる。 海外暮らしが長いのでほとんど帰国しないのだが、義母は実の娘に大事な指輪を遺さず、ジュンコさんに渡したのだ。 ただ、そうなると母親と妻を苦しめている夫への恨みは増大した。 しかしジュンコさんは、夫に、元妻との関係を知っているとは今も言っていない。 「義母の日記は証拠品として私がもっています。 義母が亡くなってから、夫は平日もよく帰ってくるようになりました。 夫と元妻が今も続いているかどうかわからない。 それでも私は夫をもう赤の他人だと思っています」 いつか本格的に夫が戻ってきたら、改めて自分からきちんと夫を棄てる。 もし夫が定年後も元妻と続くならきっちり慰謝料をとって離婚する。 そう決めたのだという。 「義母への思いと夫への気持ちは別。 義母が亡くなって3年たって、ようやくそういう心境になりました。 夫にこれほどまでにバカにされてきたんですから、義母も許してくれるんじゃないかと思うんです」 ジュンコさんは今も義母の部屋をそのままにしてある。 きちんと掃除をし、ときおり義母の部屋で数時間を過ごして偲ぶ。 彼女の心の中で、今も義母は生きているようだ。

次の

夫「好きな人できたから離婚、俺がこの家を出ていく」 私「義両親と同居なのに残るわけない」 夫「じゃあ誰が面倒みるんだ!」

夫 は 私 じゃ いけない の

こんにちは。 まぼです。 今回は産後の夫へのイライラ…いわゆる「ガルガル期」についての記事を書きます。 ちなみに、私は個人的にガルガル期という言葉があまり好きではありません。 ホルモンバランスの乱れとかではなく、 産後慣れない育児に奮闘する中で、実際にたくさんの不安やストレス、そして身体的にも負荷がかかります。 自分が一所懸命に育児と向き合えば向き合うほど、パートナーとの意識のギャップにイライラすることは当然なのではないかと考えています。 それぞれの家庭でそれぞれの人間が様々なトラブルを抱えて精神的な葛藤を抱えている状態を、 「ガルガル期」とひとくくりにされてしまうことにモヤモヤしておりました… 我が家の場合、夫は当たり前に出勤前、ひとりで身支度をしているのに、 私はトイレに行くにも「赤ちゃんを夫に見ててもらう」というワンステップを挟まないといけないことが非常にストレスでした。 そして、夫が出勤すると二人っきりの時間がはじまる… そうなると、トイレに行くタイミングも家事をするタイミングも いよいよ自分の意志だけでは進められない… 孤独と不安と、なかなか進まない家事と、部屋に響く子どもの泣き声と… 毎日その積み重ねでメンタルはボロボロになっていました。 関連記事: そしてそれが爆発するある出来事が起こりました。 産後一ヶ月がたち、お宮参りに行った帰りのことです。 慣れない子連れでの外出に、私たち夫婦は心底疲れておりました。 心に余裕があったなら、 「お互い疲れてるもんね、ちょっと休んでから家事をしよう!」と思えるのですが、 この時期私の心と身体は限界を迎えていました。 そしていま言うべきでないことまで掘り起こし、 くどくどくどくど、夫に不満を述べるように… この時期子どもの泣き声に特に敏感だった私は、夫よりも先に起きて息子をあやしておりました。 …そして起きない夫… 夫の言い分も正しいのですが、 繰り返しますと、この時期私は限界を迎えていました・・・ 「なぜあなたを起こすところまで私がしないといけないの?」 「指示とお膳立てをしないと育児も家事もできないの?」 「そもそも、アンタもう親なんだよ」 こんなちょっとした一言から、 一気に溜めていたモヤモヤが爆発しました。 そうだ、私がずっと抱えていたストレスは 「フェアじゃない」ということだったんだ…と声にして気がつきました。 夫にとっては苦い思い出かもしれませんが、 そもそも覚えてなかったりして・・・ この爆発をきっかけに、夫は積極的に自分の役割を探し、 育児と家事の「自分ができること・自分がすること」を増やすようになりました。 ほかの家庭から見たら当たり前のことかもしれませんが、 夫が行動で示すようになってくれて、私の心は救われました。 いまこうしてお互いを尊重しあい、感謝しあい、 笑顔で過ごせているのは、私の踏ん張りと、夫の頑張りがあったからでしょうね。 産後のイライラは夫婦の危機でもありますが、 そこで夫が示してくれたことにより、 より強い信頼関係が築けたのかな?なんて思います。

次の

夫婦喧嘩の禁句リスト!夫へ言ってはいけないNGな言葉 [夫婦関係] All About

夫 は 私 じゃ いけない の

カテゴリー• 345• 6,021• 2,604• 550• 547• 118• 955• 738• 218• 271• 116• 120• 928• 1,703• 453• 216• 364• 1,339• 2,841• 215• 165• 172• 1,405• 146• 134• 132• 103• 178• 847 夫との関係にひびがはいり、ひびがしっかりした溝になり、川になり、大河になり、海になったここ数年。 こりゃもうダメだなと思っていたので、夫から「離婚したい。 子供が大きくなるまでと我慢した」と言われた時、下の子も4月から中学生。 つらいだろうがなんとか乗り切れるようがんばろう、と思った。 「他に好きな人ができた」 へー、よかったね。 「全財産をキミと子供たちにゆずる」 高校生と中学生。 お金はいくらあってもたりないもんね。 私もこれからバリバリ働らかなきゃ。 「僕はこの家を出て行くから、全てを君たちに残していくから」 ちょっとまて、ごらぁ! ここはお前の親の家だろうが! なんで離婚するのに、義理親と同居しないといけないんじゃ! お前とぎくしゃくした元々の原因はお前の親だろうが!!! 「えー、だって俺たちも新婚時代は2人だけだったじゃん。 めでたく昨日離婚も成立! 3人でがんばるさー! 義理親と元夫がうるさいがシラネ 乙ありがとうです。 頭沸いてんのかと。 家を出るよと最初に言ってしまったので、元夫も意地になってしまい「しまったなー」と思っていたんですが、子供たちが味方になってくれました。 「離婚はショックだけど、従兄弟(トコメコ)の方をパパは私よりかわいがってたし、居るのか居ないのかわかんないパパだった。 それにママを虐めるおじいちゃんとおばあちゃんは、正直あまり好きじゃない。 一緒に住みたくない。 」と言ってくれ、元夫に上手いこと言って不倫相手が誰かつきとめてくれました。 特に娘が元夫に彼女がいることがゆるせなかったようで。 迷惑カケタネ ゴメンヨ・・・ 不倫や家庭を顧みない、義理親と私の調整をしない、子供の約束をやぶりまくり、子供の参観日・運動会がコトメコとバッティングすると、コトメを優先した元夫。 (コトメは離婚して母子家庭) 弁護士さんもこれだけ相手に不利なことが揃ってると楽だと言ってました。 不倫相手にも慰謝料を請求してゲットしたし。 「孫を返せ、この鬼ーー!」と叫んだトメに「あんたには面会権はない!」と怒鳴ったときは、チョット気持ちよかった。 夫も弁護士さんをつけてきたんですが、本当のことを言ってなかったようで。 弁護士さんを交えて4人で話した後、夫の弁護士さんが「これは難しい。 裁判になったらほぼ負けますよ?」と夫を説得してくれたw 不倫子さんからはやく一緒になりたいとプッシュされたこともあり離婚成立。 でも昨日の夜メールがきてました。

次の