アバドン メギド。 メギド日記 1

ステージ43ボス「プロトアバドン」攻略

アバドン メギド

recent 50 2020-06-28• 2020-06-24• 2020-06-07• 2020-05-31• 2020-05-30• 2020-05-27• 2020-05-18• 2020-05-17• 2020-05-02• 2020-05-01• 2020-04-26• 2020-04-24• 2020-04-21• 2020-04-16• 2020-04-03• 2020-04-01• 2020-03-20• 2020-03-09• 2020-03-08• 2020-03-07• 2020-02-29• 2020-02-20• 2020-02-16• 2020-02-15• 2020-02-05• 2020-02-02• 2020-01-08• 2020-01-07• 2020-01-05• 2020-01-03• 2019-12-29• 2019-12-23• 2019-12-13• 2019-12-12• 2019-12-08•

次の

アミー

アバドン メギド

攻略のコツ 前衛のみの編成がおすすめ プロトアバドンは後列に7倍ダメージの強力な奥義を持つため、前衛のみのパーティーがおすすめです。 プロトアバドンは列攻撃のスキルも持つので、列回復や列にスキルダメージ軽減を付与する「ガイアタイマイ」を装備しましょう。 ザガンかブニがいない場合は、オーブ「ヘルヘブン」などで代用しましょう。 ノックバック状態は強制的に後列に移動してしまうため、前衛のキャラも奥義を受けてしまいます。 反撃はかばうの対象にはならないため、耐久力の低いキャラは注意が必要です。 攻撃を伴わない強化解除か、強化解除後に攻撃のどちらかで対策しましょう。 また、後列キャラは奥義を避けられないので、前列のキャラに「イービルアイ」や「パキラ」を装備させるのがおすすめです。 基本的には前衛パーティーがおすすめですが、プロトアバドンの奥義発動前に撃破できるなら後衛メインでも問題ありません。 防御力無視と組み合わせることで、一発撃破も可能です。 スキル• 覚醒スキル• 通常攻撃• 通常攻撃• スキル• スキル• 覚醒スキル• スキル• 覚醒スキル• スキル• 覚醒スキル• スキル• スキル• 覚醒スキル• 覚醒スキル• 覚醒スキル• 覚醒スキル• 覚醒スキル• スキル• スキル• スキル• スキル• 覚醒スキル 覚醒スキル 奥義 奥義 奥義 - 奥義• スキル• 覚醒スキル• シフト前スキル - 火ダメージ オーブ - - 攻略動画 オーブ ストラス ラッシュ の点穴攻撃で敵を倒すパーティです。 ストラス ラッシュ の奥義で点穴結集状態にすると、スキルで点穴100の攻撃を3連続で繰り出せます。 プロトアバドンは低HP時にステータスが上昇するので、スキル追加持ちのキャラやオーブを使って、1ターンの間に仕留めきりましょう。 攻略パーティ アタッカー タンク サポート FREE FREE 前衛 前衛 オーブ 防御力上昇 or 被ダメージ軽減 FREE FREE ストーリー加入キャラ中心の攻略パーティーです。 手持ちに応じて同じ役割のキャラと入れ替えましょう。 自由枠には状態異常治癒、列回復、アタック強化などを行うサポーターの編成がおすすめです。 プロトアバドンのゲージを溜めないよう、チャージフォトンを優先してアスモデウスに振りましょう。

次の

【メギド72】5章

アバドン メギド

10月11日15時から始まるアバラム初ガチャ「響け!いなせでクールな行進曲」に合わせてアバラムの使い方を書きました。 予め書きますが、 私はアバラムを持っていないので推測で書いています。 まだ、 ガチャが始まる前に書いてますからね。 この記事を書いている私はこんなモンモンです。 ソロモン歴1年半• プレイヤーLv97 MAXLv100• 最新章 7章 VH含めクリア済み• 取り巻きを倒した後は素早さを下げる為に奥義を使うか、オーブを使うか、放置するといった感じでしょうかね。 25倍の響撃ダメージ 覚醒スキル ビートショット 敵全体に攻撃力0. 75倍の4連続響撃ダメージただし、味方編成に蓄積されている全ての2ターン音符の継続ターンを-1する +覚醒スキル ビートショット+ 敵全体に攻撃力0. HP:83位• 攻撃力:45位• 防御力:41位• 素早さ:121位 勝算のある使い方 全体攻撃要員 全体攻撃のスペシャリスト アバラムは スキル・覚醒スキル・奥義全て全体攻撃となっているため、それを活用する他ありません。 連発しやすい単発攻撃の全体攻撃 スキルは0. 8-1. 05倍の全体攻撃で、これは同様にスキルで全体攻撃ができる ハルファスと同倍率となっています。 ハルファスとは異なり、使用回数に応じた倍率上昇や地割れ地形効果はありませんが、 大協奏状態では1-1. 25倍の響撃ダメージとなっています。 ハルファスは最大1. 1-1. 35倍なので大協奏状態を維持できるようであれば、ハルファス以上のダメージを出せますね。 連続攻撃の全体攻撃 覚醒スキルは0. 65-0. 6-2. 8倍ダメージと奥義よりも高くなっています。 大協奏状態であれば0. 75-0. 8倍の響撃ダメージ、 合計3-3. 高倍率単発攻撃の全体攻撃 奥義は2-2. 高防御力相手にはこちらの方が軍配が上がります。 前述したようにアタックフォトンをチャージフォトンと同等に覚醒ゲージを増やせるので、連発もしやすいです。 素早さ下げ要員 奥義連発で素早さ0固定にしよう 前述したように 奥義には相手の素早さを0にする効果があります。 アバラムの素早さは低い方ですが、0にすることでアバラム含め全員先に行動することが出来ます。 大協奏状態であれば、 フォトン強化効果により、耐性の無い相手には確実に素早さを0にできますし、持続ターンも伸びて3ターンになります。 注意点 覚醒スキルのディメリット 覚醒スキルは総火力の高いスキルですが、 使用すると2ターン音符が全て-1されてしまいます。 使う順番を間違えると次のターン音符をすべて失ってしまい、大きなパワーダウンに繋がりかねません。 失う以上に音符が増えるスキルを使用するか、ベバルのスキルで1ターン音符を2ターン音符に延長しましょう。 耐久力が低め 防御力は高めですが、 HPが低めです。 自身は防御手段を持っていない為、 オーブや他のメギドでサポートしましょう。 素早さが低い 素早さが全メギド中121位とかなり低い為、 相手の先制を許すのもそうですが、リーダー時に得られるス キル使用時の協奏状態付与効果が基本他の味方全員が行動した後になる為、音符が増える機会を損失していまいます。 少しでも損失したくない場合は、素早さが高めのサタナイルやベバルに協奏状態を付与してもらいましょう。 反撃持ちに注意 オーブを除くとアタック以外全ての 攻撃手段が全体攻撃なので、相手が反撃持ち等の被ダメ時効果があるとかえって不利になります。 大人しくしているかオーブで対応しましょう。 素早さ同率の仕様を意識しよう 敵味方含め素早さが同率のキャラがいると毎ターン行動順が変動する可能性があります。 アバラムで複数の敵を素早さ0にしますと、素早さ0の敵の行動順が毎ターンランダムで変動するといった事態が発生しやすいです。 フォトンを配る前に相手の行動順を確認してからフォトンドリブンしましょう。 アタックフォトンを追加でき、音符も増やせるムルムル等に助けてもらいましょう。 リーダー運用 リーダー想定 リーダー効果で範囲ダメージが増え、スキルフォトン使用で協奏状態にできます。 大協奏状態時のフォトン追加を活かす為、大協奏状態にしやすいPT構築が重要になります。 拘るのでしたら、奥義が列攻撃になる クロケル ラッシュ や奥義が全体攻撃の バルバトス ラッシュ が協奏とも噛み合っていて良いです。 ただ、追加されるのはアタックフォトンなので、そこまでマスエフェクトに拘る必要は無いと思います。 拘るのでしたら、奥義が味方全員にアタックフォトン追加できる協奏効果のある ムルムルや協奏効果はないですが、奥義で味方全員にスキルフォトンを追加できる アンドロマリウスが良いです。 いずれも単純に行動回数が増えて、音符を増やすのに役立ちます。 拘るのでしたら、奥義で自身に列又は全体化できる協奏効果を持つ アスラフィルや協奏効果はないですが、奥義でスキルフォトンを追加できる アンドラスが良いでしょう。 ラッシュ枠同様、拘る必要はないとは思いますが、 候補としては奥義か覚醒スキルが強力なメギドになると思います。 前述したムルムルやアンドロマリウスのようなアタック・スキル追加と組み合わせれば短時間で奥義・覚醒スキルを使用できるでしょう。 アバラムの覚醒スキルを活用するならば、ベバルを採用するのも良いです。 考慮するなら、覚醒スキル・奥義共に強力で音符も増やせる グシオン バースト や覚醒ゲージ上昇と音符を増やせる クロケル バースト あたりが有効です。 お勧めオーブ ダメージUP系オーブ アタッカーなので特攻系オーブや攻撃力上昇系の特性を持つオーブが有効です。 フォトン容量UP系オーブ フォトン追加する際に素早さの低いアバラムはフォトン溢れしやすいです。 ですので、それを考慮してフォトン容量を増やしておくといった手もあります。 現状、該当するのは 「次元獣アナーケン」のみです。 自身へのスキル追加効果もある為、フォトン事故にも対応できます。 ただ、手軽に全体攻撃できるメギド自体少ないので、 協奏以外で使うのも悪くないとは思います。 以上、 カッコイイ好きドラム少年のアバラムでした。 当ブログは オロバス・メタルフィギュア好きのアバラムを応援しています。 サタナイルとの更なる展開を期待しています。

次の