ドンドン 打つ べし ナウ。 ドンドン打つべしナウ

【楽天市場】デュエルマスターズ DMR

ドンドン 打つ べし ナウ

を持つ6体目のである。 このの最大の特徴は、をはじめとする他の持ちよりも、比較的簡単にを決められる点だろう。 その条件は、自分のの終わりに「されていること」と「が10枚以上あること」の二つ。 前者は、自分のをできるやを使えばよい。 どちらもわずか1なので使いやすい。 あるいは等で化させて相手のに突撃させるなどの方法がある。 のをにできるとも相性が良い。 ただし、などと違い相手のしかできないため、《iFormulaX》でない方をに戻して消費を抑えるという芸当は不可能。 後者は、やなど、を大量に増やせるを使うのが良い。 古いだとやなどでもいい。 量もバリエーションも豊富にあるため、必要条件を満たすのは思いのほか容易である。 またクリーチャーを大量展開してを唱えれば、《iFormulaX》をタップしつつ手札補充ができる。 その場合はやなど横に並べることが得意なを中心にデッキを組んでやるとよい。 1でを決める具体的な方法の一例は以下。 を10以上用意、にこのと、の3枚を準備• このをし、を• 残ったでを、10をに置きを10枚 この場合、等を使えば10揃えるのはさほど難しくなく、また必要な3枚がにあればすぐに発動できる。 としては決めやすい部類だろう。 ただし、はもちろん、に対するは皆無。 できれば出した中にを決めて勝ってしまいたい。 相手にを渡す場合、持ちであるやなどを隣に立てておきたいところ。 また、を全てことになるやは天敵。 やで守ったりを握っておくという手もある。 当然ながら、確実に勝利するためにはやはり1でを完成させてしまうのが1番である。 大量ができるだとしても、片手間でを狙うのは厳しいため、やはりを組むべきだろう。 や次第ではに喰い込む可能性も十分考えられる、非常に面白いである。 このを使ったは「」を参照。 はとによってを無効化されてしまう。 出されたら以外の方法でするなどして対処したい。 でも大量が可能。 こそ限定されてしまうものの、5、6体が並んでいればでもゲームエンドできる強烈なになりえる。 こののはである。 よって、を迎える段階でこのがに存在し、中に条件を満たした場合はを得られる。 例えば、自分のされた《iFormulaX》がにいる状態でを迎え、などので必要なの量を満たせば、は得られる。 逆に、を迎える時点でこのがにいなかった場合はを得ることができない。 あるを迎えることでするは、そのが始まる段階で、そのがにいなければそもそもしないためである。 などので、中に《iFormulaX》を出してもは得られない。 エンドステップが始まった段階で《iFormulaX》はにいなかったためである。 をよく見ると、名前が「 iFomulaX」になっており、小文字の「r」がない。 他ののを見ると「iFormulaX」となっているため、恐らくはただの脱字だろう。 モデルとなっているのは「フォーミュラカー」。 また、の氏は「CVは玄田哲章さんにお願いしたい」と語っている。 余談だが、玄田哲章氏はでもにおいてアガメムノン役を、「! 」においては役を担当している。 一文字目に小文字の「i」が付いていて二文字目が大文字になっているが、これはアップル社ではよくあるネーミングである。 後述のことも含め、これが由来だろう。 余談だが、apple社のiPhone用の数学アプリとして「iformula pro X」というものが存在する。 また、apple社の元社長である故スティーブ・ジョブズ氏は、にあるようなイノベーターとしてよく取り上げられている。 漫画「ビクトリー」にて、が戦で使用。 でされた際、名前の「X」の前にスペースが付いた。 これはからもはっきり確認できる。 この時のの台詞はの台詞のパロディと思われる。 どちらもに関するを持っているからだろう。 だが、その内容は「いっぱいでよかった」とあまりにも大雑把なものである。 [ ]• 「戦略のイノベーター 革新者 」。 そのふたつ名の通り、偽りの名 iFomula Xはを産み出した。 手札がいっぱいでよかった。 illus. ) 参考 [ ]•

次の

【デュエルマスターズ】大量の手札でEXWIN!『包囲網ダイスフォーミュラ』デッキ解説&デッキレシピ|デネブログ デュエマの速報・環境

ドンドン 打つ べし ナウ

これは毎弾ごとに行なっている、カードキングダム独自のサービスでして、その名も「エックスデッキ」と言います。 (希望されるお客様には店頭のお買い上げでもお渡しいたします。 くわしくはお近くのカードキングダム店頭でお尋ねください) 一定期間中、「買って下さったお客さま」と「ガンスリンガーイベント」以外には非公開!というルールでして、今見ると多少古いデッキに見えるのは否めませんが、当時は十分に面白デッキとして通用した物です。 だが、このレシピはとにかくマナを貯めよう。 10マナ貯まったらコンボスタート。 7マナ使って《iFormulaX》を召喚。 2マナ使って《悪魔の契約》。 その後、その枚数と同じ数のカードを引く。 タップしているマナ9枚を墓地に置き、驚異の2マナ9枚ドロー!! 最後に残った1マナを使って《ドンドン打つべしナウ》。 《iFormulaX》をタップし、水クリーチャーをタップしたので1枚ドロー。 次の自分のターンのはじめまで、相手のクリーチャーが攻撃するたび、 そのクリーチャーは可能であればこのようにしてタップしたクリーチャーを攻撃する。 このようにしてタップしたクリーチャーが水または闇のクリーチャーであれば、カードを1枚引いてもよい。 タップと手札10枚以上、条件を満たしたので特殊勝利だ! もちろん《悪魔の契約》と《ドンドン打つべしナウ》の順番は逆でも問題ない。 また、相手のデッキに除去がなさそうだったり、《ロストソウル》を撃ち込んだりで安全を確認できているなら、7マナの時点で《iFormulaX》を召喚、次のターンに《悪魔の契約》&《ドンドン打つべしナウ》でも問題ない。 また、ゲーム後半の場合、《悪魔の契約》を撃とうとしても、山札枚数が足らずに手札が10枚にならない!という場合もある。 (山札の最後の1枚を引いてしまったらその時点でゲームに敗北だ) そんな時はマナゾーンにこのカードを置こう。 そして、《プリンセス》を含めたマナゾーンのカードを一気に《悪魔の契約》してやろう。 するとまず《プリンセス》の効果が発動、墓地のカード全てを合わせて山札が修復される。 最後に《悪魔の契約》のドロー効果、修復された山札からたっぷりカードが引けるぞ。 このデッキはもちろん《iFormulaX》がキーカード。 なのだが、なぜか《iFormulaX》を引かなくても大丈夫なパターンもある。 惹かなくても大丈夫パターンを覚えておけば、「コンボデッキはキーカードを引けないから苦手!」なんてプレイヤーも安心だぞ。 具体的には、以下のクリーチャーのうち、どちらかを召喚しよう。 その中からコストが4以下の呪文を1枚選び、山札をシャッフルしてからその呪文をコストを支払わずに唱える。 その中からコストが4以下のクロスギアを1枚選び、山札をシャッフルしてからそのクロスギアをコストを支払わずにジェネレートする。 その後、それぞれ、5枚カードを引く。 その後、自分の山札の上から、その破壊されたクリーチャーよりコストが1多いクリーチャーが出るまで、カードをすべてのプレイヤーに見せる。 そのクリーチャーをバトルゾーンに出してもよい。 その後、山札をシャッフルする。 《アマテラス》と《N》はどちらもコスト6。 なので、7コストのクリーチャーが山札からでてくる。 手札がよくない時にはこのコンボを活用してみよう。 さて、実際の動画でのプレイだが、《悪魔の契約》を撃つとき、自然と水を1枚ずつ残し、残りのマナをすべて墓地へ送っている。 (マナに《ドンドン打つべしナウ》と《ドンドン吸い込むナウ》を残して《悪魔の契約》、11枚ドロー中) ながれとしては、この後「《悪魔の契約》の11枚ドローで引いてきた《ドンドン打つべしナウ》を撃ってコンボ完成!」としたい。 なので、《打つべし》用の自然マナを残すのは当然。 ではなぜ水1マナを残すのか? 水1マナも一緒に《悪魔の契約》したほうがドローが増えて良いのでは? その答えがこのカード。 そのあと、自分の手札を1枚、自分のマナゾーンに置く。 たった1コストのマナ回収カード。 しかもマナを1枚置けるので、最終的にマナが減ることも無い。 これにより、「もし《悪魔の契約》で《ドンドン打つべしナウ》が引けなかった場合、かわりに《セイレーン・コンチェルト》でマナの《打つべし》を回収、手札の自然マナを置いて《打つべし》を打ち、コンボ完成」というプランが使えるのだ。

次の

ドンドン打つべしナウ

ドンドン 打つ べし ナウ

さて今回は、「天斬の悪魔龍 ジュランデス」を使って 安くて強いデッキを作ってみました。 天斬の悪魔龍 ジュランデス VR 闇文明 1 クリーチャー:デーモン・コマンド・ドラゴン 24000 ワールド・ブレイカー このクリーチャーは、バトルゾーンにタップして出る。 自分の墓地にあるカードが13枚より少なければ、このクリーチャーはアンタップされない。 このクリーチャーがアンタップする時、自分の墓地にあるカードをすべて山札に加えてシャッフルする。 1マナで、デーモン・コマンド・ドラゴンという種族を持っていることも 魅力的ですが、ワールド・ブレイカーが素晴らしいですね。 デュエマでは初めてのことではないでしょうか。 ですが、墓地に13枚のカードがアンタップ条件となっています。 この能力は、「アンタップされる」能力よりも優先されるもので、 いかなる能力よりも優先して実行されます。 したがって、墓地に13枚以上のカードをそろえる以外攻撃する手段はありません。 この困った能力を逆手に取って、安くて強いデッキを作ってみました。 デッキレシピ 天斬の悪魔龍 ジュランデス[DMR20004] 販売価格: 80円 税込 4枚 320円 キークリーチャーでありメインアタッカー。 偶発と弾幕の要塞[DMX22A21] 販売価格: 10円 税込 4枚 40円 メイン呪文。 墓地が肥えることを期待。 ドンドン打つべしナウ[DMR03029] 販売価格: 20円 税込 4枚 80円 これで鉄壁の防御を。 侵略すら封じるコンボ。 ベイビー・バース[DMX22A53] 販売価格: 5円 税込 4枚 20円 デッキからジュランデスを出し、偶発と弾幕の要塞で落とす枚数を増やす。 リバース・チャージャー[DMR17078] 販売価格: 10円 税込 3枚 30円 墓地からジュランデス持ってきて即召還できるのが強み。 演奏と真剣のLIVE[DMX15018] 販売価格: 20円 税込 2枚 20円 色合わせかつ、小型除去&ドロー。 エマージェンシー・タイフーン[DMR16039] 販売価格: 20円 税込 4枚 80円 2枚、墓地肥やしできるうえに手札調整&とトリガー持ち。 メテオ・チャージャー[DMD27013] 販売価格: 5円 税込 2枚 10円 せっかくアンタップさせてもブロッカーがいては意味ないので。 知識と衰弱のアシスト[DMR10053] 販売価格: 10円 税込 4枚 40円 速攻対策&小型スレイヤー除去&ドロー と最重要。 エナジー・ライト[DMX16063] 販売価格: 25円 税込 2枚 50円 3マナ粋で最適な呪文と言えば。 スパイラル・ゲート[DMX21070] 販売価格: 10円 税込 1枚 10円 破壊不能な相手はこっちで。 超次元エナジー・ホール[DMX08028] 販売価格: 80円 税込 3枚 240円 とどめの「時空のセブ・ランサー」を持ってくる。 超次元の手ブルー・レッドホール[DMR03052] 販売価格: 10円 税込 3枚 30円 ジュランデスをブロック不可に。 超次元ゾーン サンダー・ティーガー[DMR02024] 販売価格: 10円 税込 1枚 10円 相手の小型を除去するサイキック・クリーチャー。 ハイドラ・ギルザウルス[DMR01059] 販売価格: 10円 税込 1枚 10円 侵略クリーチャーに刺さる能力。 時空のガガ・シリウス[DMX05004] 販売価格: 10円 税込 1枚 10円 時空のセブ・ランサーで出す。 ブロックされないサイキック・クリーチャー。 計 1000円 デッキコンセプト さて、相手クリーチャーがいなくても「偶発と弾幕の要塞」を 打つことで、墓地の枚数を増やしましょう。 自分の山札の上から、クリーチャーが出るまでカードを表向きにする。 そのクリーチャーよりパワーの小さいクリーチャーをすべて破壊する。 表向きにしたカードをすべて自分の墓地に置く。 このデッキはジュランデスしかクリーチャーがいませんから、この呪文を打つと、 パワー24000未満のクリーチャーすべてを破壊し、墓地が平均10枚程度はたまります。 この時点で場にジュランデスがいなければ、「リバース・チャージャー」を打ち、 ジュランデスを場に出しましょう。 墓地の枚数が少なければ、 「エマージェンシー・タイフーン」などで枚数調整をしてもいいですね。 リバース・チャージャー C 闇文明 4 呪文 クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。 チャージャー 速攻対策としては「ドンドン打つべしナウ」を4枚投入しています。 ジュランデスが場にいれば、タップしているジュランデスに攻撃しなければならないので、 1ターン稼ぐことができ、さらに1枚ドローもついてきます。 小型のスレイヤーが天敵ですので、それには「知識と衰弱のアシスト」を打ちましょう。 ドンドン打つべしナウ UC 自然文明 1 呪文 S・トリガー バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体、タップする。 次の自分のターンのはじめまで、相手のクリーチャーが攻撃するたび、そのクリーチャーは可能であればこのようにしてタップしたクリーチャーを攻撃する。 このようにしてタップしたクリーチャーが水または闇のクリーチャーであれば、カードを1枚引いてもよい。 S・トリガー バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。 このターン、そのクリーチャーのパワーは-2000される。 (パワー0以下のクリーチャーは破壊される) カードを1枚引く。 ループ覚醒-自分のターンのはじめに、このクリーチャーを《時空のガガ・シリウス》のほうに裏返してもよい。 もっと強くするなら とどめ役は実は、「時空のセブ・ランサー」よりも 相手の対象にならない「変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード」の方が便利です。 安くて強いデッキということで、予算上節約しました。 変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード UC 水文明 7 サイキック・クリーチャー:サイバー・コマンド 5000 このクリーチャーはブロックされない。 バトルゾーンにある自分のクリーチャーを相手が選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。 (ただし、このクリーチャーを攻撃してもよい) ブロッカーが多いと感じたら、ブロック不可&ドローのついてくる 「黄昏地獄拳」もいいかもしれません。 黄昏地獄拳 P 水文明 4 呪文 カードを2枚引く。 バトルゾーンにある「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて持ち主の手札に戻す。 予算はかかりますが「龍素記号Mj リンシャンカイホ」を入れるのもおススメデッキになりますね。 このデッキは呪文が多く墓地に落ちるので、召還しやすいでしょう。 龍素記号Mj リンシャンカイホ VR 水文明 12 クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン 12000 このクリーチャーを召喚する時、自分の墓地にある呪文を好きな数、山札に加えてシャッフルしてもよい。 こうして山札に加えた呪文1枚につき、このクリー チャーの召喚コストを1少なくする。 ただし、コストは1より少なくならない。 T・ブレイカー 自分の水の呪文を唱えた時、バトルゾーンにあるカードを1枚選び、持ち主の手札に戻してもよい。

次の