イラレ ペンツール。 illustrator ペンツールの使い方illustrator ペンツール入門講座 ペンツールを使ってロゴを作ってみよう

イラレ ペンツールの基本 ベジェ曲線を覚えよう illustrator CC 使い方

イラレ ペンツール

今日のテーマ:ペンツールで作る曲線に沿わす文字デザイン 2つのデザインサンプルを使って横文字と縦文字を曲線に沿わすデザインを解説しています。 ペンツールの基本用語からフォトショとイラレそれぞれで作り方も解説しているのでぜひ最後までご覧ください! ペンツールで作る曲線に沿わす文字デザインサンプル こちらが今回のデザインサンプルです。 ペンツールで曲線を作って文字を沿わしてます! 右上の「フリーランス向け」という文字では図形に沿わしていて、他の文章は特殊な形の本棚に沿わしています。 曲線に沿わす文字はペンツールを使っているのですが、ペンツールで曲線を作るのが苦手な方は イラレにもフォトショにもある曲線ペンツールを使うと簡単に曲線がかけます。 しかしこの曲線ペンツールでしか曲線を作れないとなると、いろんな場面で困るので…通常のペンツールで思い通りに描けることがベストです。 ちなみにペンツールはロゴやオリジナルの図形を作るのにも使います! ここからはペンツールの用語を解説して、そのあとに曲線に文字を沿わす操作方法を解説します。 ペンツールの用語解説! ペンツールに関してはこれらの用語さえ覚えとけばOKです! まず ペンツールで描かれたものをパスと言います。 そしてペンツールで クリックして打った点をアンカーポイントと言います。 最後に 曲線の方向と大きさを決める線をハンドルと言います。 ペンツールで描く直線の作り方 ペンツールを使った直線は簡単でクリックしていくだけです。 つまりアンカーポイントを打っていくだけで完成します。 ペンツールで描く曲線の作り方 曲線を作る時にハンドルが必要になってきます。 ハンドルはアンカーポイントを打つためにクリックし、そのまま離さずに引っ張ることでハンドルが出てきます。 そのハンドルを進行方向に伸ばすイメージです。 このハンドルの使い方は慣れが必要です! ペンツールの基本構成を知って、使い倒そう! 次の章ではいよいよ曲線に沿わす文字の作り方を解説していきます。 フォトショップとイラストレーターのペンツールで作る曲線に沿わす文字の作り方 ここからはフォトショップとイラストレーターのそれぞれで作り方を解説していきます! フォトショップで作る曲線に沿った文字の配置 フォトショではペンツールでパスを作ります。 作ったパスの上にテキストツールで文字を入力。 これで完成です! イラストレーターで作る曲線に沿った文字の配置 イラレでもペンツールで曲線を描きます。 イラレではフォトショップのようにそのままテキストツールではなく、パス上文字ツールを使います。 文字ツールを長押しすると表示される パスの上にパス上文字ツールで入力するとこのような形なります! フォトショップもイラストレーターも簡単にできますよね! このようにペンツールで自由に描くことができれば、 どんな曲線でも文字を沿わすことができます! こちらの記事では楕円形に文字を沿わす方法について 解説しています!.

次の

Illustrator でペンツール、曲線ツール、鉛筆ツールを使用して描画する方法

イラレ ペンツール

こんにちは、デザイナーのTantanです。 ブログ記事「」の続編として、超初心者向けの練習素材を作ってみました。 自分で拾ってきたロゴやイラストをトレースするのもいいですが、超初心者のためにさらに易しい素材になっています。 序盤はヒントとしてハンドルの向きも長さも表示しています。 さらにクリックなのかドラッグなのか、どのショートカットキーを組み合わせるのかを書いています。 ぜひダウンロードして練習にお使いください。 ポイント:直線曲線の切り替え カーブに入るとき、クリックしてからドラッグしてハンドルを出します。 直線と曲線を切り替える方法を覚えましょう。 2.直線と曲線で構成された図形 ポイント:S字カーブ どの程度の間隔でアンカーポイントを打つのか確かめましょう。 ポイント:shiftのタイミング shiftを押したり離したりするタイミングを覚えましょう。 shift+クリック:アンカーポイントを打つ前にshiftを押していると、前のポイントから水平垂直45度の位置に次のポイントを打てます• 3.ほぼ曲線で構成された図形 ポイント:optionでハンドルを折る ドラッグしてハンドルを出した後、optionを押しながらハンドルを持ってドラッグするとハンドルを折ることができます。 もっと練習したい人はこのような雲の形でも練習できます。 4.ほぼ曲線で構成された図形-ヒント無し ポイント:shiftや切り替えをノーヒントで これができれば、自分で同じものを作って練習できます。 自分でやる場合はフォントをアウトライン化するか、お手本にしたいイラストデータを用意します。 そして、ダイレクト選択ツールでパスをクリックしてハンドルを全て表示させます。 それをスクリーンショット(command+shift+option+control+4)でクリップボードに撮影して、アートボードにペーストすれば使えます。 5.複雑な曲線で構成された図形-ヒント無し ハンドルなしバージョンも用意してみましたので、挑戦してください。 ポイント:微調整は後回し ハンドルを見ないで描く場合は、おそらく一発できれいなカーブにはなりません。 ハンドルが長すぎたり足りなかったりするでしょうが、それで大丈夫です。 ハンドルの方向だけ意識して、あまり悩まずに一周描ききりましょう。 描いた後、ダイレクト選択ツールでハンドルを調整しましょう。 6.複雑な曲線で構成された図形-ヒント無し ハンドルなしでイラストのトレースに挑戦しましょう。 ポイント:半分だけ描けばいい 左右対称なので、半分だけ描いて反転コピーしましょう。 最初に中心線を描いて、アンカーポイントを打つガイドにすると反転しやすいです。 ポイント:頭頂と顎はアンカーポイント削除 反転すると頭頂部と顎の中心にアンカーポイントができると思いますが、アンカーポイントが多いとカーブがなめらかになりません。 反転して合体したあとにアンカーポイントを消すと、カーブを整えやすくなります。 ぷちポイント:目の光だけ反転しない 細かいですが、瞳のハイライトは光のあたっている方向にできるので、左右対称にしていません。 7.自由な形 ここまできたらアンカーポイントなしでイラストや写真をトレースするのもいいですが、どうせなら簡単な形でいいので、自由に描いてみるのはどうでしょう。 いくつか簡単に書けそうなお題をあげてみました。 ハートマーク 半分描いて反転しましょう。 半分のままだと全体のバランスがわかりにくいので、反転してくっつけたあとにバランスを調整してもいいです。 へび S字カーブの連続です。 波線はこの例のどちらでも描けますが、カーブの緩急を調整しやすい下の例がおすすめです。 鳥 カモメ、フクロウ、ペンギンなどお好みで。 簡単に描くなら丸い頭と半月型の胴体を組み合わせればヒヨコのような形になります。 壺 波線を描いて反転すれば深く考えなくても壺っぽくなります。 帽子 簡単なのは真横から見たシルクハットとか麦わら帽子とか。 ハンチングやリアルなカウボーイハットは難しそうです。 まとめ• 最初は、アンカーポイントもハンドルもお手本を見ながらトレース• 書きながらショートカットボタンを覚える• 慣れてきたらハンドルを見ずにトレースしてハンドルを自分で調整• そのあとはアンカーポイントも見ずにトレース• トレースに飽きたら簡単な形から自由に描いてみる おつかれさまでした! 関連記事.

次の

イラレのツールバーの表示方法とカスタマイズ【隠れツールも】

イラレ ペンツール

こんにちは、デザイナーのTantanです。 ブログ記事「」の続編として、超初心者向けの練習素材を作ってみました。 自分で拾ってきたロゴやイラストをトレースするのもいいですが、超初心者のためにさらに易しい素材になっています。 序盤はヒントとしてハンドルの向きも長さも表示しています。 さらにクリックなのかドラッグなのか、どのショートカットキーを組み合わせるのかを書いています。 ぜひダウンロードして練習にお使いください。 ポイント:直線曲線の切り替え カーブに入るとき、クリックしてからドラッグしてハンドルを出します。 直線と曲線を切り替える方法を覚えましょう。 2.直線と曲線で構成された図形 ポイント:S字カーブ どの程度の間隔でアンカーポイントを打つのか確かめましょう。 ポイント:shiftのタイミング shiftを押したり離したりするタイミングを覚えましょう。 shift+クリック:アンカーポイントを打つ前にshiftを押していると、前のポイントから水平垂直45度の位置に次のポイントを打てます• 3.ほぼ曲線で構成された図形 ポイント:optionでハンドルを折る ドラッグしてハンドルを出した後、optionを押しながらハンドルを持ってドラッグするとハンドルを折ることができます。 もっと練習したい人はこのような雲の形でも練習できます。 4.ほぼ曲線で構成された図形-ヒント無し ポイント:shiftや切り替えをノーヒントで これができれば、自分で同じものを作って練習できます。 自分でやる場合はフォントをアウトライン化するか、お手本にしたいイラストデータを用意します。 そして、ダイレクト選択ツールでパスをクリックしてハンドルを全て表示させます。 それをスクリーンショット(command+shift+option+control+4)でクリップボードに撮影して、アートボードにペーストすれば使えます。 5.複雑な曲線で構成された図形-ヒント無し ハンドルなしバージョンも用意してみましたので、挑戦してください。 ポイント:微調整は後回し ハンドルを見ないで描く場合は、おそらく一発できれいなカーブにはなりません。 ハンドルが長すぎたり足りなかったりするでしょうが、それで大丈夫です。 ハンドルの方向だけ意識して、あまり悩まずに一周描ききりましょう。 描いた後、ダイレクト選択ツールでハンドルを調整しましょう。 6.複雑な曲線で構成された図形-ヒント無し ハンドルなしでイラストのトレースに挑戦しましょう。 ポイント:半分だけ描けばいい 左右対称なので、半分だけ描いて反転コピーしましょう。 最初に中心線を描いて、アンカーポイントを打つガイドにすると反転しやすいです。 ポイント:頭頂と顎はアンカーポイント削除 反転すると頭頂部と顎の中心にアンカーポイントができると思いますが、アンカーポイントが多いとカーブがなめらかになりません。 反転して合体したあとにアンカーポイントを消すと、カーブを整えやすくなります。 ぷちポイント:目の光だけ反転しない 細かいですが、瞳のハイライトは光のあたっている方向にできるので、左右対称にしていません。 7.自由な形 ここまできたらアンカーポイントなしでイラストや写真をトレースするのもいいですが、どうせなら簡単な形でいいので、自由に描いてみるのはどうでしょう。 いくつか簡単に書けそうなお題をあげてみました。 ハートマーク 半分描いて反転しましょう。 半分のままだと全体のバランスがわかりにくいので、反転してくっつけたあとにバランスを調整してもいいです。 へび S字カーブの連続です。 波線はこの例のどちらでも描けますが、カーブの緩急を調整しやすい下の例がおすすめです。 鳥 カモメ、フクロウ、ペンギンなどお好みで。 簡単に描くなら丸い頭と半月型の胴体を組み合わせればヒヨコのような形になります。 壺 波線を描いて反転すれば深く考えなくても壺っぽくなります。 帽子 簡単なのは真横から見たシルクハットとか麦わら帽子とか。 ハンチングやリアルなカウボーイハットは難しそうです。 まとめ• 最初は、アンカーポイントもハンドルもお手本を見ながらトレース• 書きながらショートカットボタンを覚える• 慣れてきたらハンドルを見ずにトレースしてハンドルを自分で調整• そのあとはアンカーポイントも見ずにトレース• トレースに飽きたら簡単な形から自由に描いてみる おつかれさまでした! 関連記事.

次の