おねしょ 外来。 おねしょ外来

夜尿症(おねしょ)で病院を受診するなら何科?原因別の選び方

おねしょ 外来

朝までゆっくり眠れることが大切。 夜尿の治療は「起こさず」が基本です 少し古いデータですが、1980年の幼児健康度調査報告では、夜尿のある子どもは• 2~3歳 51%• 3~4歳 34. 4~5歳 25. 5~6歳 18. 9% です。 この中で、毎日夜尿が見られる子どもは• 2~3歳 13. 3~4歳 5. 4~5歳 3. 5~6歳 2. 6% です。 上のデータからも分かるように、たまに夜尿をしてしまう子供は多く、小学校上がるぐらいまでは夜尿があっても心配はありません。 6歳でもたまに夜尿をしてしまう子が6人に1人いるわけです。 早く治さなくてはと焦りすぎないよう、まずは夜尿について正しく知ることが大切。 以下でわかりやすく解説しましょう。 夜尿症(おねしょ)の原因 夜尿症の多くは病的なものではありません。 大きな問題はなく、機能的なことだと考えられます。 子供の場合、自律神経と尿を抑えるホルモン 抗利尿ホルモン のバランスが悪いために起こりやすいです。 睡眠のリズムや精神的な要素も原因となりえます。 一方で、夜尿症を伴う病的な原因としては、以下のものが考えられます。 てんかんや発達障害、多動症、脊髄の病気など• 膀胱炎などの尿路感染症や腎炎など• 糖尿病や利尿を抑えるホルモンの異常である尿崩症など• 包茎や外陰部の湿疹など 上記の病気が隠れていないか検査することは大切ですが、これらの病気がある場合、夜尿だけでは済みません。 上記の病気の場合は、就寝中だけでなく、昼間でも尿が漏れてしまいます。 夜尿症の検査では、必ず、尿検査を行います。 血尿、蛋白尿、糖尿、尿の比重などをチェックします。 後は、血液検査や脳波の検査を行い、さらに、必要な場合は、造影剤などを使って腎臓から膀胱、尿管までの尿が通る経路を検査します。 夜尿症(おねしょ)の診察・診療科 夜尿を相談する場合、まずはかかりつけの小児科に相談するといいでしょう。 泌尿器科でもいいです。 もし可能なら、夜尿外来を設けている医療機関を受診してみるのもよいでしょう。 医療機関では、まずは病的な問題がないかどうかを検査します。 尿検査は必ず行うので、できれば朝一番の尿を持っていくといいでしょう。 病院に着いてからも排尿して尿検査を受けることが多いです。 次のページでは夜尿症(おねしょ)の治療法について説明します。

次の

夜尿・遺尿外来

おねしょ 外来

小児腎臓専門医による診断 学校検尿で発見される蛋白尿・血尿の多くは症状を伴いません。 しかし、なかには、腎炎やネフローゼ症候群、尿路感染症、先天性腎・尿路奇形などの疾患が含まれており、早期に発見することで早期診断・早期治療につながるものもあります。 詳しい検査を勧められた際は、あまり期間をあけずに受診されることをお勧めします。 小学校入学を控えているのに夜尿がなおらない、夜尿があるので自然学校などの学校行事が不安だ・・・など夜尿でお困りのお子様はぜひご相談ください。 詳細な問診から始まり、尿検査・血液検査・腹部エコーなどの検査を行い、診断・治療を進めていきます。 腎生検などのさらに詳しい検査が必要であると判断した場合や、専門的な治療が必要な症状に対しては、神戸大学医学部附属病院や兵庫県立こども病院などの高次医療機関と連携を取りながら診療を行います。 当院の腎・おねしょ外来は、女性医師が担当していますので、おねしょの相談などが恥ずかしいと感じる女の子でも、気兼ねなくご相談ください。 夜尿(おねしょ) おねしょは、5~6歳で約15%のお子さんにみられ、成長とともに治ることがほとんどです。 ただ、集団生活が始まると、学校行事への不安や自信のなさから、こどもが学校に行きたくないなどの悩みにつながることもあるため、生活指導や必要であれば薬物指導で対処していくことも可能です。 昼間に尿意がないのにおしっこをしてしまう、夜に水分制限をしていてもおねしょが治らないなどの場合は、病気が原因であることも考えられます。 夜間に薄いおしっこが大量に作られる「多尿型」、膀胱の大きさが年齢相当まで育っていない、膨らみ方が不安定で反射的に収縮する「膀胱型」、その二つを併せ持った「混合型」などのタイプに分類されます。 まずは生活指導を行い、必要であれば薬物治療、アラーム療法などを取り入れます。 治療の基本原則は『起こさず、焦らず、怒らず』、お子さんもお母さんも笑顔で毎日を過ごせることが一番です。

次の

夜尿外来

おねしょ 外来

何よりもまずは病院に受診を 「夜尿症はそのうち自然に治るものじゃないの?」 このように考えられていることが大半です。 たしかに、成長とともに夜尿がなくなっていくことは多いです。 しかし、夜尿症状が長期化している子供のケースを見ると、病院を受診せず適切な処置を取っていなかったことが大半だったと報告されています。 そのため、以下の指標(年齢と夜尿回数と頻度)を参考に、病院を受診するかの目安にしてください。 また、小学5年生の6月頃には、泊りがけの野外活動があると思います。 子供には絶対いい思い出にしてもらいたいですよね。 なので、 「野外活動までに夜尿症を治す」 ことを目標に設定して、子供と一緒に治療に始めてみましょう。 症状の程度にもよりますが、夜尿症治療には平均2年かかると言われています。 そのため、小学3年生くらいで夜尿症治療を始めることをおすすめします。 問診と検査で夜尿症タイプ診断 病院を受診するとまず最初に、問診と尿検査が行われます。 「夜尿の頻度」「夜尿の1晩における頻度」「昼間のお漏らしの有無」「生活習慣」「病歴」「両親の夜尿歴」「尿の状態」を元に、子供の夜尿症のタイプと原因が調べられます。 夜尿症のタイプは以下の3つに分けられ、タイプに応じた治療が進められていきます。 多尿型:何らかの原因により、膀胱に容量以上の尿が貯まり、夜尿をする。 膀胱型:尿量は通常だが、膀胱に貯められる尿の容量が少なく、夜尿をする。 混合型:上記の2つの原因が重なって夜尿をする。 周りの子よりも発育が遅めなだけのこともあれば、飲食などの生活習慣に問題となっていることもあります。 または、ホルモンの分泌が原因となっていることもあります。 原因よって行うべき対策が大きく変わるので、経験豊富な専門医に診てもらいましょう。 夜尿症の原因についての詳細はこちらのページをご参考にしてください。 症状に合わせた行動療法を行う 治療の中でも大事なのが、あなたが子供と共に自宅で行う行動療法です。 症状のタイプ別に、以下の生活指導が指示されます。 多尿型 水分摂取量のコントロール 塩分・たんぱく質の過剰摂取に気をつける 夕食の時間帯を早めにする• 膀胱型 排尿我慢訓練 尿道・膀胱括約筋の強化トレーニング• 症状の程度によってはこれらの生活指導をきちっと行うだけで、改善が見られることもあります。 それぞれの具体的な内容についてはこちらのページ『夜尿症の治し方|自宅で行う行動療法』をご参考にしてください。 夜尿症の原因が病気の場合は専門医へ 稀なケースですが、何らかの疾患が原因となり夜尿をしていることもあります。 例えば、以下のような疾患です。 このような場合、該当の疾患の治療を優先しましょう。 薬物療法とは 以下の3つの種類が夜尿症治療薬として代表的です。 抗利尿ホルモン剤:尿を凝縮して量を減らす作用があります。 抗コリン薬:膀胱容量を増大する作用があります。 三環系抗うつ薬:上記の薬剤で効果が現れない時に使用されます。 夜尿症の原因と程度により使い分けられます。 夜尿症は治療薬だけで治ることは期待できないので、あくまで行動療法が治療の主体となって進められていきます。 夜尿症治療に関しての詳細は、こちらのページをご参考にしてください。 しかし、漢方薬の評価に対しては、意見が別れています。 否定的な立場からは、明確的な医学的根拠がないと言われる一方、肯定的な立場からは、以下の漢方薬に効果があると言われています。 とはいえ、行動療法の補完として使われるべきという見方は大枠一致しています。 夜尿アラームとは 夜尿アラームとは、眠る前に以下のように体に設置して、夜尿を知らせる器具です。 夜尿アラーム使用イメージ 成長期の子供の場合、睡眠の妨害は発育に大きな悪影響があります。 子供を夜中に起こしてトイレに行かせるのは言語道断です。 夜尿アラームは、夜尿をしてしまった時だけアラームで起こされるので、睡眠を必要以上に妨害することがありません。 また、少しずつ夜尿量を減らしていき、朝まで眠れるようになると報告されています。 しかし、夜尿患者の症状と生活環境によって向き不向きがあります。 こちらのページをご参考にしてください。

次の