肩 ツボ 押し。 四十肩・五十肩に効果的なツボ(つぼ)・マッサージ

ツボは押しすぎに注意!正しい押し方と、代表的なツボの位置と効果を覚えよう。

肩 ツボ 押し

つぼの知識がまったくなくても、つぼを押すと気持ちいいということは知っている方も多いと思います。 ここでは、効果的につぼ(ツボ)押しをするための注意とコツなど、基本的なところを紹介していきます。 肩こりの症状があるときはもちろん、日頃の健康維持や体質改善にも、 つぼ(ツボ)押しを役立ててみましょう。 つぼ(ツボ)押しの効果と注意点 つぼ(ツボ)押しとは? 東洋医学では、人間の体に流れる「気」(エネルギー)が循環するルートを「経絡(けいらく)」と呼びます。 経絡は体中にくまなく分布し、人体の各臓器に対応しています。 内臓に病気が発生すると、その臓器に関係する経絡にも異常がおこります。 その中で特に反応の強いところが 「経穴(けいけつ)」、いわゆる 「つぼ(ツボ)」なのです。 つぼ(ツボ)は、「気」の交換がもっとも盛んな箇所で、神経や血管が多く集まっています。 つぼ ツボ を刺激することで、気のバランスを調整することができ、血行が促進されて新陳代謝が高まり、体の不調は緩和・改善されていきます。 不調のある症状に対して、効果のあるつぼ(ツボ)は、複数あります。 つぼ(ツボ)押しの注意点 1ヶ所のつぼ(ツボ)押しは、 3~6秒くらいがベストです。 同じつぼを1分以上刺激するのはやめましょう。 特に首や頭部へのつぼ(ツボ)押しは、やりすぎないようにした方がいいようです。 また、お年寄りは骨が弱くなっていますので、力を入れすぎたつぼ(ツボ)押しは厳禁です。 服装は ゆったりした衣服を着用して、 体を締め付けるものは外してから、 つぼ ツボ 押しをしましょう。 つぼ(ツボ)押しに不安を感じたら、国家資格を持った専門家に相談するといいでしょう。 注意!こんなとき、つぼ(ツボ)押しはやめましょう• 押す箇所に、熱があったり、炎症がある場合• 押す箇所に、傷ややけどがあるとき• 妊婦さんの腹部や腰部、仙骨部へのつぼ押しは絶対に厳禁• 熱がある場合• 飲酒後• 入浴中・入浴直後 一人で押すときの注意 強く押しすぎないこと、やりすぎないことが大事です。 自分で行なうと、気持ちがいいのでつい何度も何度もやってしまいがちですが、 やりすぎは禁物です。 気持ちを落ち着けてゆっくりと正確にやりましょう。 二人で押すときの注意 つぼ ツボ 押しを受ける人の体勢として、背部をつぼ(ツボ)押しされるときはうつ伏せです。 このとき、胸にクッションを当て、額には枕などを当てておくといいでしょう。 つぼ(ツボ)押しする人は、馬乗りにならずに、横に位置して指圧しましょう。 体重をかけすぎて押してしまうと、肋骨を損傷してしまう可能性もあります。 相手をいたわるように、注意して押しましょう。 つぼ(ツボ)の探し方 体の表面をなでたり触ったりしてみると、 「わずかにへこんでいる」「痛みを感じる」「気持ちよく感じる」というポイントがあるはずです。 そこが つぼ(ツボ)です。 または、「こり」「シコリ」「冷え」などを感じる部分があるかもしれません。 その部分もつぼ ツボ です。 つぼ(ツボ)の位置は、体格によって差があり、同じ人でも体調によって移動する場合もあるようです。 図などで示されている つぼ(ツボ)の位置を参考にして、つぼ(ツボ)周辺を自分の手や指を使って探していきましょう。 つぼ(ツボ)はここにある!• わずかにへこんでいる• 痛みを感じる• 気持ちよく感じる• こりやしこり、冷えを感じる つぼ(ツボ)押しをマスターしよう つぼ(ツボ)を押すときの手の形は、押す場所によって異なりますが、基本は 「親指の腹」です。 他にも、人差し指、中指、手根部なども使います。 つぼ(ツボ)の押し方 押すときは、リラックスしてゆったりとした呼吸を意識して行ないます。 「息を吐きながら」つぼを押し、「息を吸いながら」力を抜く、というリズムで行なうと良いでしょう。 「1、2、3、4」で息を吐きながら押し、「5、6、7、8」で息を吸いながら力を抜きます。 これを 1ヶ所につき5~10回繰り返します。 押すときのイメージとしては、「ジワ~ッ」と「押し込める」ような感じがいいようです。 腕や指先の力ではなく、「体全体の重みを伝える」感じで、痛みの加減をみながら押していきます。 力加減は、指で押してみて「痛いけど気持ちがいい」と感じるくらいの強さが最適です。 あまり強く押しすぎないように注意しましょう。 押し方のコツ• リラックスして呼吸を意識する• 「息をはきながら」つぼを押し、「息を吸いながら」力を抜く• 1ヶ所につき5~10回繰り返す• 腕や指先の力ではなく、「体全体の重みを伝える」ように つぼ ツボ は2つずつ押す つぼ ツボ は、体の正中線上にあるつぼ ツボ を除いては、必ず左右対称に2つずつ存在します。 両方のつぼ ツボ を均等に刺激しましょう。 もみ返しに注意 つぼ(ツボ)押しは、長時間、同じ場所ばかりを押しすぎたり、強く刺激しすぎると、筋肉が炎症をおこして、逆に症状を悪化させてしまうことがあります。 注意して行ないましょう。 肩こりに関連するつぼ(ツボ) 肩こりに効果の高いつぼ(ツボ)の代表を紹介します。 わずかな時間で構いませんので、日々の空き時間を利用してつぼ(ツボ)押しを続けていくと、 血液の流れや気の流れが改善されて、 肩こり解消につながっていくようです。 行なう前に、先に紹介した「つぼ(ツボ)押しの注意点」をよく読みましょう。 合谷(ごうこく) 特に頭痛、肩こり、歯痛、眼の疲れによく効きます。 手の甲側で、人差し指と親指の間、人差し指と親指の骨が合わさる付け根にあります。 風池(ふうち) 頭痛や鼻づまり、耳鳴り、首の痛みに効きます。 後頭部の髪の生え際のくぼみ。 耳の後ろにある、先のとがった骨(乳様突起)の後方のくぼみにあります。 天柱(てんちゅう) 頭痛や肩こり、首の痛みによく効きます。 後頭部、髪の生え際にある太い2本の筋(僧帽筋)の外側にあります。 肩井(けんせい) 肩こりによく効きます。 また、肩こりからくる頭痛や眼の疲れにも効きます。 肩のほぼ中央。 肩先の中心点と首の付け根の真ん中を結んだところ。 乳頭をまっすぐ上に肩上部まで辿ったところです。 臑兪(じゅゆ) 五十肩(四十肩)に効きます。 肩甲骨外端の少し下のくぼみにあります。 後谿(こうけい) 肩の痛みや肩こりに効きます。 手を握ったときに小指側にできるシワの先端にあります。 曲池(きょくち) 肩こり・目の疲れ・肘の痛みに効きます。 肘を曲げたときにできるシワの外側にあります。 手三里(てさんり) 肩こりに効きます。 肘を曲げたときにできるシワから手首に向かって指幅3本分の位置にあります。 外関(がいかん) 肩こりに効きます。 手首の外側。 手首の横ジワ中央から肘に向かって指幅3本分の位置にあります。 頸頂点(けいちょうてん) 肩こり・首のこりに効きます。 人差し指と中指の付け根の間にあります。 「足つぼ(ツボ)」で肩こり解消 足つぼ(ツボ)は、一人でも簡単に押すことができてトライしやすい健康維持法です。 まずは手の親指を使って足裏全体をもみほぐし、足の裏からひざの上までゆっくりとマッサージしてから、 肩こり・頭痛・首痛、目の疲れ解消などの足つぼ(ツボ)を中心に行いましょう。 足つぼ ツボ 刺激は、1日に15分から30分が目安といわれています。 効果があがるように、体温と同じ温度の水分を適度に摂り、体の代謝を良くしていきましょう。 また、足裏を刺激すると血液循環がよくなり、足がポカポカしてきます。 その足を冷やしてしまうと効果は半減してしまいますので、終わった後は保温に気を配るとよいでしょう。 こんなときは、足つぼ(ツボ)押しは控えましょう• 骨折中• 大病にかかっている時• 妊娠中• 脳卒中、脳梗塞の直後• 食後30分間• 酔っている時 足つぼ(ツボ)の基本 足のつぼ ツボ とそれに対応する臓器は、原則として同じ側にあります。 (たとえば、左胸にある心臓のツボは左足に一つだけ。 肺は左右両方にあるので、両足にそれぞれツボがあります) 左側にあるものは左足に、右側にあるものは右足に、と覚えましょう。 ただし、耳と目だけは例外です。 耳や目に効くつぼ ツボ は、左右逆になっています。 耳と目の不調を解消したいときは、反対側の足のつぼ ツボ を押す、と覚えましょう。 頭全体に効果的な足つぼ(ツボ) 親指は頭につながっています。 この親指部分を刺激すると、脳内の血行を促し、首のこりをほぐしていきます。 親指全体をしっかりもみましょう。 肩に効果的な足つぼ(ツボ) 足の人差し指の付け根の下から小指の方向に、首から肩に効くツボが並んでいます。 この部分をよくもんで、 首だけではなく肩にも刺激を与えましょう。 人差し指の方から小指側へ向かって、よく押しもんでいきます。 首(くび)に効果的な足つぼ(ツボ) 足の親指の付け根の部分には、首の骨である頸椎のツボがあります。 この部分を刺激して血行を促し、首の疲れを取りましょう。 四十肩・五十肩に効果的な足つぼ(ツボ) 四十肩・五十肩に効果のある足つぼ ツボ は、四十肩・五十肩点です。 また、肩のゾーンもしっかり刺激すると、血流が促されて症状が軽くなります。 右肩が悪いときには右足を、左肩が悪いときには左足を刺激します。 両目に効果的な足つぼ(ツボ) 目の疲労から来る肩こりには、この 足つぼ(ツボ)がおすすめです。 目のつぼ ツボ は、人差し指と中指の付け根の部分にあります。 左右逆に対応しているので、右目が悪ければ左足を、左目ならば右足を押すようにしましょう。

次の

ツボ押しグッズのおすすめ人気ランキング10選【コリを解消!】

肩 ツボ 押し

自分でツボを押して肩こりを改善できたらいいですよね? 「自分でやって効果が出るのだろうか……」 「なにも知らない素人にできるの?」 「まちがったツボを刺激したら、かえってよくないのでは?」 こんな疑問をもっている人も多いことでしょう。 ツボ療法は東洋医学に根ざしているとはいえ、まったく神経質になることはありません。 ツボ押しは、ツボの探し方と押し方さえマスターすれば、誰でも簡単に行うことができる療法です。 ただし、妊娠中の女性や、次のような状態にある人は、自分でツボ療法を行ってはいけません。 ・激しい運動や飲酒のあと ・入浴や食事の直後 ・高熱があるとき ・出血しているとき ・血圧が非常に高いとき ・医師に安静を命じられているとき ここでは、ツボ療法とはどのようなものかを解説して、「肩こり」と、肩こりに関わりのある「首こり」と「眼精疲労」の症状を改善するツボを紹介します。 目次 1-1 東洋医学から生まれたツボ療法 1-2 世界中で注目されているツボ療法 1-3 ツボ療法の効果 1-4 ツボの探し方のコツ 1-5 ツボの押し方のコツ 肩こりに効くツボ1 大椎(だいつい) 肩こりに効くツボ2 肩井(けいせい) 肩こりに効くツボ3 大杼(だいじょ) 肩こりに効くツボ4 缺盆(けつぼん) 肩こりに効くツボ5 附分(ふぶん) 肩こりに効くツボ6 魄戸(はっこ) 肩こりに効くツボ7 膏肓(こうこう) 肩こりに効くツボ8 巨骨(ここつ) 肩こりに効くツボ9 肩髃(けんぐう) 肩こりに効くツボ10 臂臑(ひじゅ) 首こりに効くツボ1 大椎(だいつい) 首こりに効くツボ2 天柱(てんちゅう) 首こりに効くツボ3 完骨(かんこつ) 首こりに効くツボ4 風池(ふうち) 眼精疲労に効くツボ1 玉枕(ぎょくちん) 眼精疲労に効くツボ2 通天(つうてん) 眼精疲労に効くツボ3 睛明(せいめい) 眼精疲労に効くツボ4 攅竹(さんちく) 眼精疲労に効くツボ5 天柱(てんちゅう) 眼精疲労に効くツボ6 曲差(きょくさ) 1 「ツボ」とはなにか? ツボは「急所」「かんどころ」「要点」といった意味でも使われますが、正式名を「経穴(けいけつ)」といいます。 その経穴を刺激することで、病を治療したり予防したりする「ツボ療法」には、針で刺激を与えたりお灸で温めたりする「鍼灸」と、指で押す「指圧」があります。 西洋医学が普及する以前の日本では、この鍼灸と指圧による治療が一般的なものでした。 現在でも多くの治療院が存在して治療を行っています。 ここでは自分で簡単にできる「指圧」について解説していきます。 1-1 東洋医学から生まれたツボ療法 ツボ療法は、中国で生まれた東洋医学の治療法のひとつです。 中国では2000年前にすでに鍼灸術を施すのに有効なツボが説かれており、日本に伝わったのは約1600年前といわれています。 それ以来、日本でも独自の発展を遂げて、誰にでも親しまれる治療法となりました。 東洋医学では、人間が生きるために必要な3要素を「気、血、水」と考えます。 「気」は生命エネルギー、「血」は血液、「水」は体液全般を意味します。 この3要素が過不足ない量でスムーズに流れていることが健康な状態と考えるのです。 「気」は食べた物や呼吸から取り込んだ「大気」からつくられて、「経絡(けいらく)」と呼ばれる体中に張り巡らされた道を通ります。 「経絡」にはところどころに穴のような「気」の出入り口があって、体の中と外で気のやり取りを行っています。 この「気」の出入り口が「経穴=ツボ」です。 「気」が不足すると体の機能や活力が低下してしまい、「気」の流れが滞ると痛みや不調が起こります。 それは「経路」にある「経穴=ツボ」に反応として現れるのです。 ツボに適度な刺激を与えることにより、「気」の流れをスムーズにして痛みや不調を改善するのが「ツボ療法」なのです。 1-2 世界中で注目されているツボ療法 近年、鍼灸や指圧は世界中で注目を集めており、とくに西洋医学の発信地である欧米で関心が高まっています。 ツボは長年世界中で発展するうちに、数や位置、名称などが多様化してきました。 中国では1000以上のツボが治療に応用されるといいます。 科学的な立場から世界標準となるツボの認識を定めようと考えたWHO(世界保健機関)は、1989年に361個のツボの名称を統一し、2006年にその位置を統一しました。 361個のツボは、体の左右に対となって走る12本と、お腹側と背中側にあって特定の臓器とつながりをもたない2本、合計14本の経絡上に存在します。 ここで解説するのも、その中に数えられているツボです。 1-3 ツボ療法の効果 経絡上のツボを刺激すると気や血の流れが良くなって、つながっている臓器や組織が活発に動くようになり、体の不調が解消されます。 不調を起こしている臓器や組織から離れているツボを刺激して不調が解消されるのは、経絡でつながっているからなのです。 長年の研究により、ツボ療法の効果は筋肉疲労や痛みの緩和、内臓の不調だけでなく、メンタルヘルスや美容など多岐にわたることがわかってきました。 近年は、東洋医学と西洋医学を組み合わせて研究が進む「統合医学」においても、ツボ療法は、人間の体が生まれながらにしてもっている自然治癒力を高めて、体の機能を正常な状態に戻す作用が重視されています。 自律神経の交感神経と副交感神経が正常なバランスにあると、自然治癒力が最大限に発揮されます。 ツボを押すと、刺激を受けたという情報が神経を伝って脳へともたらされ、脳は自律神経の働きを整えようと体中に指令を出すのです。 ツボには交感神経に作用するものと副交感神経に作用するものがありますが、ふたつの自律神経は連動しているので、どちらかの働きを整えるともう一方も正常に働くようになります。 ツボ療法は、継続して行うことによって穏やかに効果が現れ、クスリのような副作用がないので、誰でも安心して行うことができるのも特徴です。 1-4 ツボの探し方のコツ ツボの位置は人によって微妙に違います。 文章やイラストなどで標準の位置を参考にしながら、自分の指で正確な位置を探し当てます。 標準的な位置を参考にしてその近辺を軽く押してみましょう。 痛み、気持ちよさ、響く感じなどの反応がある部分がツボです。 反応があるのは異常のシグナルです。 なにも感じないツボは異常がないということですから、とくに押す必要はありません。 1-5 ツボの押し方のコツ ツボの押し方には次のようなコツがあります。 背中などで自分の手が届かないツボは、ツボ押しグッズを使うのも仕方ありませんが、基本的には指の腹で押すようにしましょう。 痛すぎると筋肉が緊張して逆効果になります。 首や、骨に守られていない目の周りなどのツボは、やさしく押すようにしましょう。 親指と人差し指を使うのが基本で、ときに中指も使います。 長くても1~2分に抑え、むやみに押して皮膚や筋肉などを痛めないようにしましょう。 2 肩こりに効くツボ10選 ここからは実践編として、肩こりに効くツボを症状別に解説していきます。 肩こりの多くは肩周辺の筋肉が緊張して血行不良を起こすことが直接の原因ですが、精神的なストレスやなんらかの病気が原因になっている場合もあります。 また、肩は、腕、鎖骨、肩甲骨の3つの骨が交差していて複雑な構造になっているので、人によって反応するツボに違いが出てきます。 ツボ押しをしている最中に気分が悪くなったり、どこかが痛くなったりしたら、その日は中止にして、また別の日にやってみましょう。 気持よくなることが第一です。 位置を示すために使用している「親指幅1本分」は、ほかの資料で1寸(約3cm)と表示されている寸法と同じです。 自分の親指のおおよその幅を知っておきましょう。 また、お腹側と背中側の中央に伸びる「督脈(とくみゃく)」と「任脈(にんみゃく)」以外の経絡にあるツボは、左右両側にあることを忘れないようにしてください。 ここで紹介するツボは、すべて左右両側にあります。 【位置】 「ぼんのくぼ」の左右中央から外に親指幅1本分 まとめ ツボは押してみてすぐに見つからなくても、その周囲を探ってみると異常があるツボは反応します。 つぼ押しは、冒頭で説明したとおり避けなければいけない状態以外は、いつ行っても問題ありませんが、入浴前や就寝前に行うとより効果的です。 入浴前に行うと筋肉をほぐした状態で体を温めるので、血行改善が促進されます。 就寝前に行えば安眠につながります。 ここで紹介したツボは、一般的な肩こりの改善に関連するわずかなものだけで、全身にはまだまだいろいろなツボがあります。 肩こりにはいろいろな原因が複雑に絡み合っているものも多いので、ここで紹介していないツボが効果を発揮することも多々あるはずです。 ツボ療法に興味をもたれた方は、これをきかっけにぜひ知識を深めてください。 【参考資料】 『症状改善ツボ大全』(成美堂出版・2016年) 『本当によく効く「ツボ」大地図帖』(PHP研究所・2011年) 『自分で押せる!目、肩、腰のツボ』(宝島社・2002年) 「自分を変えてお金も増やしたい」 「好きな事ややりたい事が見つからない」 「経済的にも精神的にも不安をなくしたい」 けど、そのやり方がわからなくて悩んでいませんか? そんな方のために、あなたの人生にお金と自由をもたらす秘訣をプレゼントします! ・本当にやりたい事の見つけ方とは? ・才能、学歴、能力に関係なく成功するには? ・自分が変えて目標を実現するメカニズム ・凡人から脱するための2ステップ戦略とは? ・成功者だけがこっそりやっているコト ・潜在意識をプログラミングする作業 ・年収を10倍にする鍵とは? ・極めて生産性を上げる究極の勉強法 ・最大の収入と安定をもたらすセールス ・お金持ちになりたい人に必要な3つの習性 ・新しい自分を作るプロセスとは? など、ビジネスや経済的成功や人生を変える方法が詰まっています。 2020年6月22日• 2020年6月16日• 2020年6月9日• 2020年6月2日• 2020年5月26日• 2020年5月19日• 2020年5月12日• 2020年5月6日• 2020年4月29日• 2020年4月22日• 2020年4月15日• 2020年4月8日• 2020年4月1日• 2020年3月25日• 2020年3月18日• 2020年3月11日• 2020年3月4日• 2020年2月26日• 2020年2月19日• 2020年2月12日• 2020年2月5日• 2020年1月28日• 2020年1月21日• 2020年1月14日• 2020年1月7日• 2019年12月31日• 2019年12月24日• 2019年12月17日• 2019年12月10日• 2019年12月3日• 2019年11月26日• 2019年11月19日• 2019年11月12日• 2019年11月5日• 2019年10月29日• 2019年10月22日• 2019年10月15日• 2019年10月8日• 2019年10月1日• 2019年9月24日.

次の

肩こりポイント6選~押しのコツも一緒に覚えよう~

肩 ツボ 押し

自分でツボを押して肩こりを改善できたらいいですよね? 「自分でやって効果が出るのだろうか……」 「なにも知らない素人にできるの?」 「まちがったツボを刺激したら、かえってよくないのでは?」 こんな疑問をもっている人も多いことでしょう。 ツボ療法は東洋医学に根ざしているとはいえ、まったく神経質になることはありません。 ツボ押しは、ツボの探し方と押し方さえマスターすれば、誰でも簡単に行うことができる療法です。 ただし、妊娠中の女性や、次のような状態にある人は、自分でツボ療法を行ってはいけません。 ・激しい運動や飲酒のあと ・入浴や食事の直後 ・高熱があるとき ・出血しているとき ・血圧が非常に高いとき ・医師に安静を命じられているとき ここでは、ツボ療法とはどのようなものかを解説して、「肩こり」と、肩こりに関わりのある「首こり」と「眼精疲労」の症状を改善するツボを紹介します。 目次 1-1 東洋医学から生まれたツボ療法 1-2 世界中で注目されているツボ療法 1-3 ツボ療法の効果 1-4 ツボの探し方のコツ 1-5 ツボの押し方のコツ 肩こりに効くツボ1 大椎(だいつい) 肩こりに効くツボ2 肩井(けいせい) 肩こりに効くツボ3 大杼(だいじょ) 肩こりに効くツボ4 缺盆(けつぼん) 肩こりに効くツボ5 附分(ふぶん) 肩こりに効くツボ6 魄戸(はっこ) 肩こりに効くツボ7 膏肓(こうこう) 肩こりに効くツボ8 巨骨(ここつ) 肩こりに効くツボ9 肩髃(けんぐう) 肩こりに効くツボ10 臂臑(ひじゅ) 首こりに効くツボ1 大椎(だいつい) 首こりに効くツボ2 天柱(てんちゅう) 首こりに効くツボ3 完骨(かんこつ) 首こりに効くツボ4 風池(ふうち) 眼精疲労に効くツボ1 玉枕(ぎょくちん) 眼精疲労に効くツボ2 通天(つうてん) 眼精疲労に効くツボ3 睛明(せいめい) 眼精疲労に効くツボ4 攅竹(さんちく) 眼精疲労に効くツボ5 天柱(てんちゅう) 眼精疲労に効くツボ6 曲差(きょくさ) 1 「ツボ」とはなにか? ツボは「急所」「かんどころ」「要点」といった意味でも使われますが、正式名を「経穴(けいけつ)」といいます。 その経穴を刺激することで、病を治療したり予防したりする「ツボ療法」には、針で刺激を与えたりお灸で温めたりする「鍼灸」と、指で押す「指圧」があります。 西洋医学が普及する以前の日本では、この鍼灸と指圧による治療が一般的なものでした。 現在でも多くの治療院が存在して治療を行っています。 ここでは自分で簡単にできる「指圧」について解説していきます。 1-1 東洋医学から生まれたツボ療法 ツボ療法は、中国で生まれた東洋医学の治療法のひとつです。 中国では2000年前にすでに鍼灸術を施すのに有効なツボが説かれており、日本に伝わったのは約1600年前といわれています。 それ以来、日本でも独自の発展を遂げて、誰にでも親しまれる治療法となりました。 東洋医学では、人間が生きるために必要な3要素を「気、血、水」と考えます。 「気」は生命エネルギー、「血」は血液、「水」は体液全般を意味します。 この3要素が過不足ない量でスムーズに流れていることが健康な状態と考えるのです。 「気」は食べた物や呼吸から取り込んだ「大気」からつくられて、「経絡(けいらく)」と呼ばれる体中に張り巡らされた道を通ります。 「経絡」にはところどころに穴のような「気」の出入り口があって、体の中と外で気のやり取りを行っています。 この「気」の出入り口が「経穴=ツボ」です。 「気」が不足すると体の機能や活力が低下してしまい、「気」の流れが滞ると痛みや不調が起こります。 それは「経路」にある「経穴=ツボ」に反応として現れるのです。 ツボに適度な刺激を与えることにより、「気」の流れをスムーズにして痛みや不調を改善するのが「ツボ療法」なのです。 1-2 世界中で注目されているツボ療法 近年、鍼灸や指圧は世界中で注目を集めており、とくに西洋医学の発信地である欧米で関心が高まっています。 ツボは長年世界中で発展するうちに、数や位置、名称などが多様化してきました。 中国では1000以上のツボが治療に応用されるといいます。 科学的な立場から世界標準となるツボの認識を定めようと考えたWHO(世界保健機関)は、1989年に361個のツボの名称を統一し、2006年にその位置を統一しました。 361個のツボは、体の左右に対となって走る12本と、お腹側と背中側にあって特定の臓器とつながりをもたない2本、合計14本の経絡上に存在します。 ここで解説するのも、その中に数えられているツボです。 1-3 ツボ療法の効果 経絡上のツボを刺激すると気や血の流れが良くなって、つながっている臓器や組織が活発に動くようになり、体の不調が解消されます。 不調を起こしている臓器や組織から離れているツボを刺激して不調が解消されるのは、経絡でつながっているからなのです。 長年の研究により、ツボ療法の効果は筋肉疲労や痛みの緩和、内臓の不調だけでなく、メンタルヘルスや美容など多岐にわたることがわかってきました。 近年は、東洋医学と西洋医学を組み合わせて研究が進む「統合医学」においても、ツボ療法は、人間の体が生まれながらにしてもっている自然治癒力を高めて、体の機能を正常な状態に戻す作用が重視されています。 自律神経の交感神経と副交感神経が正常なバランスにあると、自然治癒力が最大限に発揮されます。 ツボを押すと、刺激を受けたという情報が神経を伝って脳へともたらされ、脳は自律神経の働きを整えようと体中に指令を出すのです。 ツボには交感神経に作用するものと副交感神経に作用するものがありますが、ふたつの自律神経は連動しているので、どちらかの働きを整えるともう一方も正常に働くようになります。 ツボ療法は、継続して行うことによって穏やかに効果が現れ、クスリのような副作用がないので、誰でも安心して行うことができるのも特徴です。 1-4 ツボの探し方のコツ ツボの位置は人によって微妙に違います。 文章やイラストなどで標準の位置を参考にしながら、自分の指で正確な位置を探し当てます。 標準的な位置を参考にしてその近辺を軽く押してみましょう。 痛み、気持ちよさ、響く感じなどの反応がある部分がツボです。 反応があるのは異常のシグナルです。 なにも感じないツボは異常がないということですから、とくに押す必要はありません。 1-5 ツボの押し方のコツ ツボの押し方には次のようなコツがあります。 背中などで自分の手が届かないツボは、ツボ押しグッズを使うのも仕方ありませんが、基本的には指の腹で押すようにしましょう。 痛すぎると筋肉が緊張して逆効果になります。 首や、骨に守られていない目の周りなどのツボは、やさしく押すようにしましょう。 親指と人差し指を使うのが基本で、ときに中指も使います。 長くても1~2分に抑え、むやみに押して皮膚や筋肉などを痛めないようにしましょう。 2 肩こりに効くツボ10選 ここからは実践編として、肩こりに効くツボを症状別に解説していきます。 肩こりの多くは肩周辺の筋肉が緊張して血行不良を起こすことが直接の原因ですが、精神的なストレスやなんらかの病気が原因になっている場合もあります。 また、肩は、腕、鎖骨、肩甲骨の3つの骨が交差していて複雑な構造になっているので、人によって反応するツボに違いが出てきます。 ツボ押しをしている最中に気分が悪くなったり、どこかが痛くなったりしたら、その日は中止にして、また別の日にやってみましょう。 気持よくなることが第一です。 位置を示すために使用している「親指幅1本分」は、ほかの資料で1寸(約3cm)と表示されている寸法と同じです。 自分の親指のおおよその幅を知っておきましょう。 また、お腹側と背中側の中央に伸びる「督脈(とくみゃく)」と「任脈(にんみゃく)」以外の経絡にあるツボは、左右両側にあることを忘れないようにしてください。 ここで紹介するツボは、すべて左右両側にあります。 【位置】 「ぼんのくぼ」の左右中央から外に親指幅1本分 まとめ ツボは押してみてすぐに見つからなくても、その周囲を探ってみると異常があるツボは反応します。 つぼ押しは、冒頭で説明したとおり避けなければいけない状態以外は、いつ行っても問題ありませんが、入浴前や就寝前に行うとより効果的です。 入浴前に行うと筋肉をほぐした状態で体を温めるので、血行改善が促進されます。 就寝前に行えば安眠につながります。 ここで紹介したツボは、一般的な肩こりの改善に関連するわずかなものだけで、全身にはまだまだいろいろなツボがあります。 肩こりにはいろいろな原因が複雑に絡み合っているものも多いので、ここで紹介していないツボが効果を発揮することも多々あるはずです。 ツボ療法に興味をもたれた方は、これをきかっけにぜひ知識を深めてください。 【参考資料】 『症状改善ツボ大全』(成美堂出版・2016年) 『本当によく効く「ツボ」大地図帖』(PHP研究所・2011年) 『自分で押せる!目、肩、腰のツボ』(宝島社・2002年) 「自分を変えてお金も増やしたい」 「好きな事ややりたい事が見つからない」 「経済的にも精神的にも不安をなくしたい」 けど、そのやり方がわからなくて悩んでいませんか? そんな方のために、あなたの人生にお金と自由をもたらす秘訣をプレゼントします! ・本当にやりたい事の見つけ方とは? ・才能、学歴、能力に関係なく成功するには? ・自分が変えて目標を実現するメカニズム ・凡人から脱するための2ステップ戦略とは? ・成功者だけがこっそりやっているコト ・潜在意識をプログラミングする作業 ・年収を10倍にする鍵とは? ・極めて生産性を上げる究極の勉強法 ・最大の収入と安定をもたらすセールス ・お金持ちになりたい人に必要な3つの習性 ・新しい自分を作るプロセスとは? など、ビジネスや経済的成功や人生を変える方法が詰まっています。 2020年6月22日• 2020年6月16日• 2020年6月9日• 2020年6月2日• 2020年5月26日• 2020年5月19日• 2020年5月12日• 2020年5月6日• 2020年4月29日• 2020年4月22日• 2020年4月15日• 2020年4月8日• 2020年4月1日• 2020年3月25日• 2020年3月18日• 2020年3月11日• 2020年3月4日• 2020年2月26日• 2020年2月19日• 2020年2月12日• 2020年2月5日• 2020年1月28日• 2020年1月21日• 2020年1月14日• 2020年1月7日• 2019年12月31日• 2019年12月24日• 2019年12月17日• 2019年12月10日• 2019年12月3日• 2019年11月26日• 2019年11月19日• 2019年11月12日• 2019年11月5日• 2019年10月29日• 2019年10月22日• 2019年10月15日• 2019年10月8日• 2019年10月1日• 2019年9月24日.

次の