エクセル 凡例 名前変更。 エクセルのグラフの凡例を編集する!

凡例のフォントの種類とサイズを設定する

エクセル 凡例 名前変更

グラフ範囲を後から変更する方法 例えば、 「先月」「今月」を比較するグラフを作成しようとしていたのに、選択範囲に「今月」を入れ忘れて 作成してしまった。 出てきた画面の上部に、現在の選択範囲が表示されるので、 全て消してしまいます。 そして、同じ画面で 新たな範囲を選択してあげましょう。 右下の [OK]を押して確定すると、自動的にグラフが修正後の選択範囲で作成したものに切り替わってくれます。 ちゃんと全部消してから、選択をやり直すことを忘れずに。 後から範囲修正した場合は、タイトルの場所や凡例が自動で表示されないことがあります。 必要であれば後から表示してあげましょう。 グラフ範囲を後から追加する方法 グラフの系列は、個別に追加することもできます。 例は、先ほどと同じ、 「先月」「今月」を比較するグラフを作成しようとしていたのに、「今月」を入れ忘れて 作成してしまった。 「今月」を追加しなければ。 という感じ。 操作方法も途中まではさっきと一緒。 表示された[データソースの選択]画面で [追加]をクリック。 [系列の編集]画面で、追加するデータを選ぶ必要があります。 [系列名]には、追加する系列に 表示する名前が入っているセルを選択します。 [系列値]には、追加したい データ範囲を選択します。 ちなみに、[系列名]の場所は下のように凡例に表示される文字になります。 両方の範囲を選択したら、 [OK]をクリック。 新しい系列が追加されます。 そのまま右下の [OK]をクリックすると、 「今月」のデータがちゃんと追加されました。 グラフの系列を削除する方法 おまけで、追加ではなく削除の方法です。 こちらは簡単。 例えば、下のグラフのオレンジ色の「今月」がいらなかった場合。 そのオレンジ色の系列、どこでも良いので 選択すると、オレンジ色すべての系列が選択されます。 そのまま 「Delete」キーを押すだけ。 系列が削除され、選択範囲も修正されます。 まとめ グラフが想定通り作成されない場合の原因のほとんどは選択範囲だと思われます。 [データソースの選択]画面を上手に利用することで対応しましょう。 また、グラフ作成時の選択範囲に関してはをご覧ください。

次の

グラフの項目名を表中の名称と違う名称に変更する

エクセル 凡例 名前変更

2 手順 グラフの作成 Excelを起動します。 下図の表を作成します。 作成した表 性別 人数 1 846 2 683 表を選択し、ツールリボンの[挿入]タブの[2-D円]グラフをクリックします。 グラフが作成されました。 が、意図したグラフと値が違っています。 グラフを右クリックします。 ポップアップメニューが表示されますので[データの選択]メニューをクリックします。 [データ ソースの選択]ダイアログボックスが表示されます。 "性別"の系列の数値はグラフの値ではないため、左側の[凡例項目]のリストから"性別"をクリックして選択し、[削除]ボタンをクリックして系列から削除します。 下図が削除後のダイアログです。 設定ができたら[OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。 意図した数値のグラフが作成できました。 グラフの項目名を変更する 続いてグラフの項目名を変更します。 グラフの項目名の変更に先立ち、グラフにデータラベルを追加しておきます。 グラフをクリックして選択し右クリックして表示されるポップアップメニューの[データラベルの追加]メニューの[データラベルの追加]を選択します。 グラフをクリックして選択し右クリックし、ポップアップメニューを表示します。 メニューの[データの選択]をクリックします。 [データ ソースの選択]ダイアログが表示されます。 右側の[横 項目 軸ラベル]セクションの[編集]ボタンをクリックします。 下図の[軸ラベル]ダイアログが表示されます。 [軸ラベルの範囲]のテキストボックスにセルの範囲ではなく"男性,女性"と入力します。 入力ができたら[OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。 [データ ソースの選択]ダイアログボックスに戻ります。 [横 項目 軸ラベル]の項目が"1","2"であったものが、"男性","女性"に変わっていることが確認できます。 [OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。 Excelに戻るとグラフの項目が"男性","女性"に変更できています。

次の

Excelのシート名変更のショートカットキー(Windows)|Office Hack

エクセル 凡例 名前変更

Excel2016でグラフの凡例を編集する:エクセルの使い方• Excel2016でグラフの凡例を編集する スポンサードリンク• 下図の縦棒グラフの凡例を例に説明します。 凡例はグラフの上下左右に配置することができます。 また、自由に動かす 移動する こともできます。 不要な場合は非表示にすることもできます。 グラフを選択して、グラフツール リボンを表示します。 グラフツールの[デザイン]タブを選択します。 凡例を なし、右、上、左、下 に設定しました。 凡例をダブルクリックして、書式設定の作業ウィンドウを開き、凡例のオプションで「右上」にチェックを入れると、凡例を右上に配置することができます。 「凡例をグラフに重ねずに表示する」にチェックを入れています。 凡例を任意の位置に動かしたいときは、凡例をクリックしてハンドルを表示します。 凡例の枠線部分にマウスポインタを合わせて、十字矢印の状態でドラッグして、移動することができます。 ハンドルにマウスポインタを合わせて、両矢印の状態でドラッグすると凡例の大きさを変更することができます。 凡例の枠の大きさに合わせて、自動で凡例の各項目が配置されます。 凡例の中の項目は選択して、[Delete]キーを押すと削除することができます。 凡例をクリックして、凡例全体を選択します。 削除する項目をクリックして選択します。 [Delete]キーを押します。 選択していた項目が削除できました。 削除した凡例の一部を復活します。 一旦、凡例をクリアします 非表示にします。 凡例が非表示になりました。 「なし」以外なら「上」でなくてもOKです。 凡例が全項目に復活しました。 グラフツールの[デザイン]タブで、[データの選択]をクリックします。 データソースの選択が表示されます。 凡例項目 系列 に表示されている順番が、グラフの凡例の項目順位なっています。 凡例項目 系列 の一番下に表示されていた「鹿児島支店」wp選択して、[上へ移動]ボタンをクリックして、2番目に表示しました。 グラフの凡例の項目順も2番目になりました。 項目を選択して、[上へ移動]または[下へ移動]ボタンをクリックして、凡例項目の順番を入れ替えると、グラフの項目順も変わります。 なお、 棒グラフの場合は棒の表示順も変更されます。 グラフツールの[デザイン]タブで、[データの選択]をクリックします。 データソースの選択が表示されます。 表示を変更したい凡例項目を選択して、[編集]ボタンをクリックします。 系列名の編集で系列名に表示したい文字列を入力します。 [OK]ボタンをクリックします。 Excelが文字列だけ入力しても自動で補完してくれます。 凡例の項目名が変わりました。 グラフの表示名も変更されました。 グラフの凡例を選択します。 凡例項目の1つだけを選択すると、その項目だけ変更されます。 [ホーム]タブのフォントグループにあるフォントサイズを変更します。 下図は 14Pointに変更しました。 文字サイズを大きくして、凡例の枠に収まらない場合は枠を広げます。 凡例のフォントの色を変更したり、枠内を塗りつぶすことができます。 [ホーム]タブのフォントの色や塗りつぶしの色を使って変更します。 凡例の書式を元に戻すには、グラフツールの[書式]タブで[リセットしてスタイルに合わせる]をクリックします。 グラフの凡例のマーカーは凡例のフォントに応じて大きくなります。 よって文字を大きくするとマーカーも大きくなります。 下図では18Pointに設定しました。 このグラフにダミーのデータを追加します。 ダミーデータを追加します• 凡例の項目を1つずつ選択して、フォントサイズを10Pointにしました。 ダミーだけはそのままにします。 凡例のダミーをダブルクリックして、凡例項目の書式設定を表示します。 凡例項目のオプションで塗りつぶしを「塗りつぶしなし」に設定します。 マーカーが見えなくなりました。 文字のオプションを選択して、文字の塗りつぶしを「塗りつぶしなし」に設定します。 凡例のダミーが見えなくなりました。 棒グラフの間隔が開いていますので、棒の間隔を狭くしたいと思います。 グラフにダミーの棒が見えていませんが、値は4百万ですので、その付近をクリックして、ダミーの系列を選択します。 作業ウィンドウはデータ系列の書式設定に代わります。 系列のオプションで、系列の重なりや要素間の間隔を変更して、系列の棒間隔を変更しました。 凡例の大きさを大きく表示できました。 無理やりですけど・・・ スポンサードリンク ||Excel2016でグラフの凡例を編集する.

次の