垂水区 呼吸器内科。 神戸市垂水区の呼吸器内科/呼吸器科の病院・クリニック 10件 【病院なび】

医療法人社団谷山内科クリニック(兵庫県兵庫県神戸市垂水区霞ケ丘7丁目1

垂水区 呼吸器内科

当院は患者さまにとっての 「ゲートキーパー」でありたいと考えています。 その意味は、体調がすぐれない原因を探り、そのまま当院で改善していくものもあれば、他の診療科へ紹介することもある、その 選別をする「かかりつけ医」としてご利用いただきたいということです。 元々、私は心臓血管外科医として勤務してまいりました。 そこで経験した数々の手術の中で、関連した合併症についても学ぶことができ、長く循環器・呼吸器の領域で研鑽を積むことができました。 心臓に疾患を持つ多くの患者さまに触れ、その症例を経験する中で、長期間の誤った生活習慣によって発病に至ることの多さを知り、 予防の重要性を痛感してまいりました。 そこでそれらの経験を生かし、 内科治療・外科治療、そして 予防医学(運動と栄養、ストレスマネージメントを含めたデトックス)という 三本柱による医療を実現し、地域医療に最善の努力をしていきたいと考えております。 岐阜大学医学部卒業• 岐阜大学附属病院• 国立療養所豊橋東病院(現豊橋医療センター)• 国立東静病院(現静岡医療センター)• 総合青山病院 明舞中央病院など勤務 対象患者• 高血圧• 不整脈• 虚血性心疾患• その他循環器一般• 睡眠無呼吸症候群• ペースメーカー• 心臓手術術後• 下肢静脈瘤• 慢性閉塞性動脈硬化症• 肺気腫• 慢性閉塞性肺障害など 上記疾患を伴う内科一般 専門外来• むくみ外来(下肢静脈瘤、心不全など)• いびき外来(睡眠時無呼吸症候群)• 生活習慣病外来(高血圧、高脂血症、糖尿病)• セカンドオピニオン(主に循環器領域) 資格・役職• 医学博士、日本心臓リハビリテーション学会評議員 指導医・専門医• 循環器専門医• 外科専門医• 日本外科学会認定医• 日本胸部外科学会認定医• 日本抗加齢医学会専門医• 日本心臓リハビリテーション指導士• 日本医師会認定健康スポーツ医• 国際外科学会フェロー 連携医療機関• 神戸市立市民中央病院• 西神戸医療センター• 神戸液済会病院• 明石市立市民病院• 明石医療センター• 明舞中央病院など.

次の

神戸市垂水区川原の内科 内科すぎおクリニック

垂水区 呼吸器内科

小児科• 皮膚科• 婦人科• 産婦人科• 耳鼻いんこう科• 整形外科• アレルギー科• 泌尿器科• 肛門外科• 胃腸内科• 気管食道内科• 胸部外科• 形成外科• 血液内科• 呼吸器内科• 呼吸器外科• 心療内科• 消化器内科• 脳神経内科• 心臓血管外科• 消化器外科• 小児外科• 循環器内科• 腎臓内科• 精神科• 糖尿病内科• 内分泌内科• 乳腺外科• 脳神経外科• 美容外科• ペインクリニック内科• 放射線科• 麻酔科• リハビリテーション科• リウマチ科• 老年内科• ,Ltd. googletagmanager. html?

次の

神戸市垂水区舞子台の内科・循環器科 藤原内科・循環器科

垂水区 呼吸器内科

一般内科土曜日の第1・3・5週は衣笠医師、第2・4・5週は矢谷医師が担当させて頂きます。 一般内科火曜日の午後の診察は16:00までとさせて頂きます。 赤字は女性医師の診察です。 舞子台病院内科は、内科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、神経内科を標榜しています。 糖尿病、高血圧、感冒、肺炎、胃腸症状などの内科全般を総合的に診るのはもちろんのこと、さらに消化器内科では、肝炎のインターフェロン治療、肝硬変の治療、潰瘍性大腸炎、クローン病、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療、ピロリ菌除菌など、呼吸器内科では閉塞性肺疾患、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群などの専門分野の治療、循環器内科では狭心症、心筋梗塞、不整脈の治療、神経 内科ではパーキンソン病、末梢神経障害などの治療を行います。 現在大学病院、センター病院などに通院している方で、通院に負担がある方は、当院で治療できる内容も多いですので、当院内科医師またはスタッフまでぜひご相談ください。 循環器内科 一般に呼吸器の病気として以下の疾患に遭遇する事が多いかと思います。 夜間から朝方に激しい咳と痰で呼吸困難に陥るような発作が出る気管支喘息• 長年の喫煙により肺気腫や慢性気管支炎と呼ばれるタバコ肺の状態• 細菌やウイルスなどの病原体感染による肺炎や気管支炎• 血痰などの自覚症状がある場合から胸部検診で偶然に見つかる肺癌• 原因不明、職業性から膠原病などに関連した肺繊維症・間質性肺炎• 慢性的な呼吸不全のため動くと息が切れるため自宅で酸素を吸入している状態• 昼間の眠気と夜間のいびきを特徴とした睡眠時無呼吸症候群 みなさんの中で、すでに医師の診察を受けたのに病気そのものが悪化したというケースがよくあると思います。 その原因としては患者さん自身がそんなに自分の体が悪いはずがないと病気を受け入れなかったり、医師との相性不良や毎日の服薬が面倒と言う理由などで治療を中断したり自己終了をしてしまっていることが多いのかと思います。 最近では医療費が高いという理由で癌治療を中断してしまうケースも多いと聞きます。 また、退職や離職に伴い定期的な健康診断を受けなくなり、たまたま撮影したレントゲンでびっくりするような肺癌が見つかりすでに進行癌で余命1年以内という患者さんを経験するケースも非常に多いです。 肺癌そのものを完全に治すことが出来るのは肺の局所に限局した早期の病期に限られます。 しかし、残念ながらリンパ節や他臓器に転移した進行癌で見つかることが圧倒的に多いためどうしても予後が悪くなります。 日本の内科の医師で胃腸や肝臓などを診る消化器専門医がざっと1万5千人、心臓を診る循環器専門医がざっと1万人、そして我々呼吸器専門医はわずか3千人という分布にあると言われています。 病気としては消化器疾患・循環器疾患・呼吸器疾患の比率がほぼ同等にある中で各疾患の専門医の比率にこれだけ大差があることは地域間での呼吸器疾患診療に大きな格差を生じる状態を招くことは逃れられないのかもしれません。 診療を通じて看護師・薬剤師・理学療法士ならびに病院スタッフと協力し合い高い理想を掲げ、患者さんの健康と笑顔の輪が広がる地域の拠点病院にしていきたいと思います。 神経内科.

次の