骨盤 ガードル。 ガードルのおすすめ人気ランキング10選【骨盤サポートタイプも!】

産後のシェイプアップ [美ママ計画]

骨盤 ガードル

便秘も肌荒れも改善しました(20代:Tさん) 以前からお尻周りのブヨブヨが気になっていたので、骨盤ガードルを使ってみることにしました。 骨盤ガードルだと、下半身が細くなると聞いてハイウエストタイプを買ったのですが、最初は締め付け感が結構あり、履いていると食欲も落ちてきたのです。 履き始めて1ヶ月経って、体重を計ったら、5kg近く体重が落ちていました。 ウエストも最初はきつかったのですが、今では丁度良いくらいです。 また、 お尻周りのブヨブヨも少なくなり、お腹のポッコリも減りました。 このまま、骨盤ガードルでもう少し下半身痩せをしたいです。 骨盤ガードルの選び方の5つのポイント 骨盤ガードルの選び方は次の5つのポイントを参考にしてみてください。 つまり、着圧がある程度無いと骨盤ガードルとしての役割を果たさない事になります。 骨盤ガードルを選ぶなら着圧が高いものを選びましょう。 着圧が高いものが良いのですが、サイズが小さくて着圧がキツイと血行不良になり、便秘の原因になってしまう場合もあります。 自分にピッタリのサイズで、緩みが無く、ホールド感があるものを選んでください。 ある程度、着圧がある骨盤ガードルを履くと、 食欲も抑えられますし、ダイエット効果も高くなります。 メリットが大きいので、骨盤ガードルの着圧はあった方が良いでしょう。 しかし、ワンサイズだと自分の体形にピッタリというわけにはいきません。 また、MとLだけというものもありますが、サイズが合えばよいものの、合わなければ、大きすぎたり、小さすぎたりして締め付け過ぎる事もあります。 できれば、3つ以上サイズがある骨盤ガードルを選び、 ピッタリサイズを購入しましょう。 人によっては、骨盤ガードルを使っているうちにサイズダウンする場合もあるので、 サイズが色々あるものを購入しておいた方が便利です。 ・ハイウエストタイプ ・ミディアムタイプ ・ショートタイプ ハイウエストタイプは、ウエストの少し上位から、ひざ上くらいまでの広い範囲をカバーする骨盤ガードルです。 ウエストやお尻、太ももが気になる方は、ハイウエストタイプが良いでしょう。 ミディアムタイプは、ハイウエストタイプよりは上下とも短めになりますが、お尻周りもしっかりホールドできます。 ミディアムタイプは種類も豊富で一番売れている骨盤ガードルです。 ショートタイプはショーツより少しウエスト部分が長めの骨盤ガードルで、太もも部分はカバーできません。 お尻のお肉がはみ出てしまうこともあるので、骨盤ガードルとしてはイマイチです。 自分がどのあたりまでホールドしたいかよく考えてから選んでください。 なぜなら、骨盤ガードルは、 骨盤矯正が『売り』になっているからです。 もしも、骨盤ガードルを欲しいとお考えならば、デザインで決めるより、着圧や効果で選んだ方が正解です。 機能性が高い骨盤ガードルでないと骨盤矯正ができないこともあるので気を付けましょう。 骨盤ガードルの機能性や価格で悩んだら、 実際に使ってみた方の口コミや評判を参考にしてみてください。 使った方でないと判らない感想もありますし、メリットだけではなくデメリットも判るので、自分に合うかどうかも購入前に把握できます。 機能性が高く、価格もお手頃で口コミや評判が良い骨盤ガードルなら良い商品である確率は高くなるでしょう。 骨盤ガードルの選び方まとめ 骨盤ガードルの選び方で一番重要なのは機能性です。 どんなに価格が安くても、着てみたらゆるゆるで着圧がほとんど感じられなければ意味がありません。 しっかりとお尻周りをホールドして、骨盤を正しい位置へ導き、ダイエットや体調改善効果を高める骨盤ガードルがよい商品だということを理解しておきましょう。 また、効果は人それぞれ異なります。 良い商品でも個人差があるので、その骨盤ガードルが合う人もいれば合わない人もいます。 口コミなどで、満足度が高く、評判が良いものが確率的に合う可能性が高いと思った方が良いでしょう。 また、季節によってハイウエストタイプとミディアムタイプを使い分ける人もいます。 冬場はハイウエストタイプでしっかりホールドし、気温が高い時はミディアムタイプという風に骨盤ガードルを利用しても良いでしょう。 骨盤ガードルを実際に試した体験談.

次の

産後の骨盤ガードルの人気&おすすめ12選!選び方と体験談を紹介!|Milly ミリー

骨盤 ガードル

骨盤矯正は、さまざまなところでピックアップされ、流行しています。 その流行とともに、さまざまな骨盤矯正グッズの販売がありますが、 中には、腰を痛めてしまうようなものもあるので、注意が必要です。 確かに骨盤の歪みというのは、便秘や、下半身太り、冷え、O脚など、 女性の悩みを引き起こす原因でもありますが、体を痛めてしまっては、 本末転倒です。 骨盤矯正グッズの正しい知識を知り、ご自身の生活に役立ててみてください。 ガードルのような、腰回りを支えられる下着のようなもので、 それを着用することで、骨盤が矯正するとされている商品です。 しかし、このような体を縛り付ける、窮屈に感じる下着は、 健康に良くありません。 ダイエット目的で着用する人も多いですが、 骨盤矯正はできませんし、痩せることもできません。 ただし、窮屈になりすぎないガードルを付けることは、 意識をお腹、腰回りに移せるので、自らの癖を治すのには有効です。 また、それによって食欲を抑えられる効果を感じられることもあります。 更に、人によっては、骨盤矯正ガードルにて腰痛が起こる人、 腰痛の症状がひどくなってしまう人もいるので注意してください。 これは、腰回りをガードルにて支えてしまうことによって、 血の巡りが悪くなり、冷えや痺れ、痛みが出てしまうというものです。 サポートしてくれるので、最初は楽に感じられるものですし、 お腹回りがスッキリするので、見栄えも良くなると言えますが、 骨盤矯正ベルトや、補正下着を使用するときは注意したいものですね。 また、少々怖いお話となってしまいますが、腰痛のひどい、 50代の女性が、長年骨盤矯正ガードル、補正下着を付けていたところ、 腰の骨同士がぶつかって、徐々に磨り減るようになり、 その症状から、手術せざるを得ないほどまで、悪化してしまったという例もあります。 あくまでも1つの例となりますが、このような状態になってしまっては、 本末転倒ですので、なるべく、骨盤矯正ガードルは使用せず、 毎日の生活の中で、徐々に柔らかくしていくのが良いと言えます。 更に、補正下着などは、腰回りの血行不良だけではなく、 体全体の血行不良を引き起こすことがありますので、 他の部位に症状が出てしまうことも考えられます。 使用する際は、あまり締め付け過ぎるものではないことを確認し、 着用してみてください。 6 7 8 9 10• 最近の記事• カテゴリー• RSSリーダーで購読する.

次の

【体験談】骨盤矯正ダイエットで5キロ痩せた方法!ガードル着用が秘訣

骨盤 ガードル

骨盤矯正ダイエットとは? 骨盤矯正とは、ストレッチや骨盤矯正用のガードル、整体などによって骨盤を正しい位置に戻し、体の歪みを無くしていくものです。 体の歪みがひどいと姿勢が悪くなって、背中やお腹まわりに贅肉がついてしまうことがあります。 そこで、体の歪みをなくして正しい姿勢を取り戻すことで、徐々に贅肉のつきにくい体にすることができるのです。 骨盤矯正ダイエットは、特に出産後の女性たちに人気で、モデルや芸能人が、産後の開いた骨盤を元に戻すために骨盤矯正をしたことが話題になっていますが、出産を経験していない方でも歪みを無くしていくことができます。 骨盤矯正ダイエットのやり方は? 骨盤はすぐに動かすことができないので、地道な努力が必要です。 毎日1セットは 骨盤矯正のストレッチをします。 例えば、夜のお風呂上がりや寝る前に行います。 骨盤矯正のストレッチには、たくさんの種類があり、インストラクターによってストレッチの方法が異なりますが、寝ながらストレッチをするものもあるので、辛く感じることは少ないです。 また、骨盤矯正用のガードルを使用する場合は、毎日着用すると効果が出やすいです。 ガードルをつけると歩くときに正しい姿勢であるくことができるので、骨盤がゆがむのを抑えることができます。 骨盤矯正のストレッチをしても、日々の歩き方や座り方などが悪いままだと、結局、骨盤がゆがんでしまうので、効果は出にくくなります。 整体は、リフレッシュ程度に通うだけでも良いですが、プロの方に骨盤を見ていただくいい機会なので、週に1回通うなどできるだけ小まめに通う方が効果的です。 先生によっては、骨の歪みかたや靴のすり減り方から歩き方や座り方の癖をみてくれる方もいますので、相談してみてください。 自分では気がつかない癖を指摘してくれます。 関連記事 骨盤矯正ダイエットの効果 骨盤矯正は、無理な食事や過剰な運動で痩せるわけではないので、ダイエットの中でも安全に行えるものです。 そもそも、骨盤矯正は、健康な体を作るためにも良い方法です。 体が歪んでいると、片方の足にばかり体重が乗ってしまうことで膝に負担をかけてしまったり、腰に痛みが出てしまうことがありますが、骨盤矯正をすると、それらの症状を軽減して、健康な体を取り戻すことができるのです。 また、骨盤矯正は、様々な運動でダイエットをしたい方にも、一緒に取り組むことをお勧めしたいダイエット方法です。 骨盤が歪んでいては、体をいくら動かしても、一部に負担が出てしまいます。 いくら運動していても、ウエストの贅肉だけ落ちにくかったり、綺麗なボディラインにならなかったりする方は、身体を支えている骨盤を綺麗にしてあげましょう。 筋肉を動かす前に、筋肉のついている骨を正しい位置に戻してあげなければ、運動の効果は出てきません。 美しい骨格が出来上がれば、美しいボディラインを手に入れることができます。 骨盤矯正ダイエットの口コミでの評価 骨盤矯正といえば、ベルトやクッションなどがありますが、何も買わなくても始められます。 実際に骨盤矯正ダイエットに成功した方は、ほとんどお金をかけずにやせることができています。 たとえば、骨盤矯正のストレッチについていえば、ほとんどが身一つでできるものです。 寝ながら脚を曲げるだけだったり、腰をひねるだけだったりするので、道具は使いません。 ストレッチのほかにも、スクワットをして骨盤周りの筋肉を引き締めることで痩せた方もいますし、タオルを使って腰をひねるストレッチをして体が引き締まったという方もいますが、どちらもお金のかからない方法で痩せています。 骨盤矯正ダイエットは、お金はかかりませんが、すぐに効果が出ません。 骨盤は徐々に正しい位置に戻っていくので、長く続けないといけないのです。 地道に続けていくことが苦手な方は、途中で諦めてしまって効果が出なかった、ということもあるようです。 骨盤矯正ダイエットの体験談 私が骨盤矯正ダイエットを始めたのは、ガニ股と腰幅のでかさが気になってからです。 効果を実感できるようになったのは、骨盤矯正を始めて1年ぐらい経ってからでした。 では、どのような骨盤矯正ダイエットをしたのか、具体的なメニューをご紹介します。 まず、夜のお風呂上がりは、ストレッチをしました。 寝転がりながら、脚を折り曲げるものを体がほぐれるまで何度かやりました。 カカトを宙に浮かせて階段に立ち、お尻を引き締めながら腰を大きく回すというものです。 スムーズにできるようになるまで、左右それぞれ20回ぐらいやりました。 そして、寝るとき以外は、 骨盤矯正できるガードルもつけて、骨盤が歪むのを予防しました。 さらに、月に1回ほど通っていたマッサージ店は整体に変えて、プロの方に身体を整えていただくようにしました。 私は、激しい運動は嫌いなのでやりませんでしたが、これらの地味なことを1年ぐらい続けました。 もともと標準体重をキープしていたので、体重はあまり気にしていなかったのですが、 1年後に体重が5キロほど減りました。 運動をしていたら、もっと減っていたかもしれません。 一方、気にしていたボディラインの方は大分変化がありました。 ウエストが細くなってクビレが出来てきたり、腰幅が小さくなってジーンズのサイズがワンサイズ下がったりしました。 また、ダイエット以外では、友人から歩く姿勢が美しくなったと言われるようになったり、腰痛や肩こりが減ったり、といった効果もありました。 現在は、骨盤矯正のストレッチだけ怠けていて、思い立ったらやるぐらいになっているので、だいたい1週間に1回ぐらいしかしていません。 骨盤矯正用のガードルはつけていて気持ちが良いので、今でもほぼ毎日使っています。 骨盤矯正ダイエット中は、食事制限や運動はしていなかったので、ダイエット前後で生活スタイルは変えていないこともあって、リバウンドはしていません。 身体のラインは年々綺麗になっています。 骨盤矯正ダイエットのデメリット 骨盤矯正ダイエットは、劇的に痩せたり、急激に体のラインが美しくなるなどの変化は期待できません。 徐々に体つきが変化していくので、すぐに効果が現れないというのが最大のデメリットです。 もしも効果をあげたければ、他の運動も取り入れたほうが早く痩せられます。 ただし、体は劇的に変わるともとに戻ろうとしますので、急激な効果を求めて過酷なダイエットをするとリバウンドしてしまう可能性が高くなります。 他の運動系ダイエットも並行して行いたい方は、 過酷なダイエットは禁物です。 地道に取り組まれたほうが、後々苦しみません。 地道に続けるのが苦手な方は、テレビを見たり雑誌を見ながらでも良いので、気が向いたときにストレッチをするように心がけて、長く取り組んでみることをおすすめします。 本当は、筋肉や骨格に意識を集中して行ったほうがストレッチの効果が出てくるのですが、やめてしまうと元も子もないので、何かをしながらでもストレッチでも地道に続けていく方がよいです。 骨盤矯正ダイエットのメリット 骨盤矯正ダイエットのメリットは、リバウンドしにくい、お金が大してかからない、楽にできる、という3点です。 ほとんどのストレッチが身一つでできるので、お金をかけなくても取り組むことができます。 私の場合はガードルを購入しましたが、ガードルはただつけておけば良いので、ストレッチに時間をかけられない時でもダイエットを続けられて楽でした。 骨盤矯正ダイエット成功のポイント• 地道にやり続ける• 毎日ストレッチする• たまにプロに身体を調整してもらう スポンサーリンク まとめ 私は運動が苦手だったので、ダラダラと骨盤矯正ダイエットをしていましたが、痩せることができました。 激しい運動は苦手でも、コツコツとストレッチやガードルの装着などを続けていける方であれば、徐々に結果はついてきます。 また、身体を動かすことが好きな方も、骨から身体を美しくするために骨盤矯正を是非取り入れていただきたいです。

次の