雪の華歌詞意味。 雪の華【歌詞解釈】中島美嘉 歌詞の意味

「雪の華」歌詞の意味は?|Satomi作詞の他曲も【映画化】

雪の華歌詞意味

駅での別れの風景を歌った歌詞です。 主人公は 見送る側の男性で、旅立つのは女性です。 駅に着いてから、電車が出発したあとまでの見送る男性主人公の心情を鮮やかに描いています。 汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる 季節はずれの雪が降ってる 出典元:なごり雪 歌詞で「君」といったら、 愛する女性と相場が決まっています。 ちなみに「あなた」といったら、 愛する男性です。 この歌詞は 「僕」が主人公で、 「君」への思いを綴っています。 女性は汽車を待っていますが、「僕」は汽車を待っているわけではありません。 それでも時計を気にしている「僕」は、隣の女性との 別れの時間を気にしています。 一緒にいられる、 残された時間を気にしているとも言えます。 タイトルにある雪が冒頭から出てきました。 「季節はずれの雪」=なごり雪と推察されます。 そのことから、季節は冬から春へと変わる頃、春先の時期です。 東京で見る雪はこれが最後ねと さみしそうに君がつぶやく 出典元:なごり雪 女性が、今まで東京にいて、どこかへ旅立つことがわかります。 東京で見る雪は最後ということは、 もう東京へは戻ることはない、ということです。 文脈通りに読むと、 東京の雪が見れなくて寂しそう、と聞こえますが、決して、そういうわけではありません。 むしろ、 寂しい事に雪はほとんど関係ないのです。 しかし、「僕」は雪が見られない事に、 寂しい気持ちを重ねています。 なごり雪も降る時を知り ふざけすぎた季節のあとで 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった 出典元:なごり雪 なごり雪とは、どんな雪でしょうか。 辞書で調べると、「名残の雪」は 「春が来てから降る雪」とされています。 なごり雪は何を知っているのか? 歌詞では、「降る時」を知っている、としているわけですが、 なごり雪は春が来たのを知っている、ということになります。 わざわざなごり雪を擬人化したのには、でも僕は、 春が来ることを考えてなかった、と繋がっていくように思います。 ふざけすぎた季節とは、 学生時代のことでしょう。 動き始めた汽車の窓に顔をつけて 君は何か言おうとしている 君の口びるがさようならと動くことが こわくて下をむいてた 出典元:なごり雪 汽車が来て、女性はとうとう乗車しています。 汽車は、現代の新幹線や電車よりも停車時間が長く、乗りこんでから 別れを惜しむ時間があります。 窓越しで男性と向かい合っています。 向かい合って入るものの、女性の別れの挨拶が 怖くて、男性は女性を見ずに下を向いてしまいます。 この場面で女性が 「さよなら」と言うであろうことは、男性にも聞き手にも想像がつきます。 では、この「さよなら」はどのような意味でしょうか。 別れの挨拶ですが、 物理的に離れる別れもあれば、恋人同士が別れるといった 精神的なお別れもあります。 どちらの別れでも「さよなら」という言葉は使いますが、恋人同士が別れる場合の方が、より印象的な言葉として残ります。 たとえ女性は恋人同士が別れる、という意味で使っていないとしても、この、どちらともとれる「さよなら」という言葉を、女性の口からは聞きたくなかったのではないでしょうか。 別れる寂しさ、悲しさ、切なさなど、様々な感情がありますが、「さよなら」を聞くことに男性は「こわさ」を感じています。 時がゆけば幼い君も 大人になると気づかないまま 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった 出典元:なごり雪 出会った頃の女性は、まだ精神的にも大人になる前でした。 女性というよりも 「女の子」といった感じだったのでしょう。 そして、きっと男性よりも 幼く感じたのでしょう。 その頃は、女性に対して恋心も湧かなかったかもしれません。 ですから、時間を経て、女性としての成長を遂げることも、自分の恋心がこんなに育つことも 想像していなかったのでしょう。 君が去ったホームにのこり 落ちてはとける雪を見ていた 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった 出典元:なごり雪 電車は行ってしまいました。 男性は、降っている雪が地面に落ちて溶けていく様子を駅で眺めています。 この雪と彼女との時間とを重ねているのでしょう。 そして、大人の女性になって綺麗になった彼女のことを考えています。 ホームに取り残されている男性は、彼女の女性としての成長からも、取り残されてしまい、 自分は大人の男性として彼女を迎えることができなかった、という気持ちが見えてきます。 彼女と男性の関係を考察してみましょう。 この歌に出てくる男性と女性の関係です。 仲がよかったことは間違いありません。 「ふざけすぎた季節」「幼い君」というヒントから、出会ったのは学生時代、大人になる前のころだと推察します。 高校生か大学生でしょうか。 学生時代を一緒にすごしましたが、男性と女性は付き合っていたかどうか、と言うと、 両思いながらも、 付き合っていなかった可能性もあります。 主人公は、はじめはふざけあう友人関係だったのが、いつの間にかどんどん大人になっていく女性に惹かれていきました。 どんどんきれいになる彼女に、自分に自信がなかったのか、言い出す前に、彼女の進路が先に決まってしまったのか、思いを伝えることもできず、 友人関係のまま見送っているのかもしれません。 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった サビであるこの部分の歌詞。 言葉を全く変えずに、3回歌の中で出てきます。 「 春」とは、もちろん季節の「春」という意味ですが、それ以外にも意味を持っていると思います。 一般的に「春」は、人生のステージが上がります。 卒業、入学、就職などです。 女性は、もしかしたらお嫁に行ってしまうのではないでしょうか。 そのように考えると、「春」は 結婚へ メタファーと捉えることができます。 もう東京へは戻らない、男性が遠距離恋愛を考えていない、などを鑑みると、そのような状況もありえるのではと思えてきます。 だからこそ男性は、女性が去年よりもずっときれいになったと思えてならないのでしょう。 なごり雪【タイトル考察】 旅立つ女性と見送る男性が、駅に着いてから汽車が出発したあとまでを描いています。 駅についてから見送ったあとまでずっと季節はずれの雪(=なごり雪)が降っています。 この名残の雪と、女性への未練や別れを悲しむ気持ち、名残惜しい気持ちを重ねています。 そして、落ちては溶けてしまう雪と、彼女との儚く感じた時間も重ねています。 なごり雪【データ】 作詞・作曲:伊勢正三 かぐや姫の楽曲。 1974年3月12日、かぐや姫のアルバム『三階建の詩』の収録曲として発表。 オリコンアルバムチャート1位、年間5位。 1975年イルカの歌によるカバーバージョンがシングルとして発売。 大ヒット。 以降、様々なアーティストによりカバーされている。 他の曲の歌詞解釈をもっと読む.

次の

「雪の華」が意味するものとは?名曲をモチーフにした映画も公開!

雪の華歌詞意味

中島美嘉 雪の華 作詞:Satomi 作曲:松本良喜 のびた人陰 かげ を舗道にならべ 夕闇のなかを君と歩いてる 手をつないでいつまでもずっと そばにいれたなら 泣けちゃうくらい 風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に 君と近付ける季節がくる 今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って 眺めているこの瞬間 とき に 幸せがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、君を愛してる 心からそう思った 君がいるとどんなことでも 乗りきれるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ 風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも 僕が笑顔へと変えてあげる 更多更詳盡歌詞 在 舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと 降りやむことを知らずに 僕らの街を染める 誰かのために何かを したいと思えるのが 愛ということを知った もし、君を失ったとしたなら 星になって君を照らすだろう 笑顔も涙に濡れてる夜も いつもいつでもそばにいるよ 今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って 眺めているこの瞬間 とき に 幸せがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、君とずっと このまま一緒にいたい 素直にそう思える この街に降り積もってく 真っ白な雪の華 ふたりの胸にそっと想い出を描くよ これからも君とずっと… [中譯] 不斷延伸的影子 在紅磚道上並列 在深夜與你並肩走著 永遠緊緊牽著手 只要能在你身旁 我就感動得快要哭泣 風兒變得寒冷 有了冬天的味道 這條街也即將到了 能和你接近的季節來臨 今年 最初的雪花 向我倆靠近 在眺望著的這個時間裡 充滿了幸福的喜悅 沒有撒嬌和脆弱 只是 愛你 打從心底愛你 只要有你在 無論發生什麼 都會有可以克服的心情 我祈禱著 這樣的日子一定會直到永遠 風兒吹得窗搖 把夜晚搖醒 無論多麼悲傷的事 我用笑容為你改變 雪花飛舞飄落 在窗外一定 不知何時雪已停 把我們的街道染色 想為某人做些什麼事 原來 這就是愛 如果 我失去了你 我會變成星星照耀你 微笑 或被淚水沾濕的夜晚 我會永遠在你身旁 今年 最初的雪花 向我倆靠近 再眺望著的這個時間裡 充滿了幸福的喜悅 沒有撒嬌和脆弱 只是 想永遠地 就這麼一直一起 我真心地這麼想 在這條街上堆積的 純白雪花 悄悄地在我倆胸口畫上回憶 從今而後也要永遠和你在一起 [羅馬拼音] Nobita kage wo hodou ni narabe Yuuyami no naka wo kimi to aruiteru Te wo tsunaide itsumade mo zutto Soba ni ireta nara Nakechau kurai Kaze ga tsumetaku natte Fuyu no nioi ga shita Sorosoro kono machi ni Kimi to chikazukeru kisetsu ga kuru Kotoshi, saisho no yuki no hana wo Futari yorisotte Nagameteiru kono toki ni Shiawase ga afuredasu Amae toka yowasa janai Tada, kimi wo aishiteru Kokoro kara sou omotta Kimi ga iru to donna koto demo Norikireru you na kimochi ni natteru Konna hibi ga itsumade mo kitto Tsuzuiteku koto wo inotte iru yo Kaze ga mado wo yurashita Yoru wa yuri okoshite Donna kanashii koto mo Boku ga egao e to kaete ageru Maiochite kita yuki no hana ga Mado no soto zutto Furiyamu koto wo shirazu ni Bokura no machi wo someru Dareka no tame ni nanika wo Shitai to omeru no ga Ai to iu koto wo shitta Moshi, kimi wo ushinatta to shita nara Hoshi ni natte kimi wo terasu darou Egao mo namida ni nureteru yoru mo Itsumo itsudemo soba ni iru yo Kotoshi, saisho no yuki no hana wo Futari yorisotte Nagameteiru kono toki ni Shiawase ga afuredasu Amae toka yowasa janai Tada, kimi to zutto Kono mama isshoni itai Sunao ni sou omeru Kono machi ni furitsumotteku Masshiro na yuki no hana Futari no mune ni sotto Omoide wo egaku yo Kore kara mo kimi to zutto... [00:01. 00]中島美嘉 - 雪の華 [00:03. 00]作詞:Satomi [00:13. 32]作曲:松本良喜 [00:20. 15]のびた人陰 かげ を舗道にならべ [00:41. 51]夕闇のなかを君と歩いてる [00:48. 75]手をつないでいつまでもずっと [00:55. 14]そばにいれたなら [00:58. 73]泣けちゃうくらい [01:01. 68]風が冷たくなって [01:09. 71]冬の匂いがした [01:14. 89]そろそろこの街に [01:21. 65]君と近付ける季節がくる [01:29. 82][04:08. 32]今年、最初の雪の華を [01:35. 92][04:17. 53]ふたり寄り添って [01:39. 18][04:20. 82]眺めているこの瞬間 とき に [01:43. 87][04:25. 60]幸せがあふれだす [01:47. 84][04:29. 53]甘えとか弱さじゃない [01:52. 62]ただ、君を愛してる [01:56. 07]心からそう思った [02:01. 64]君がいるとどんなことでも [02:20. 03]乗りきれるような気持ちになってる [02:26. 89]こんな日々がいつまでもきっと [02:33. 40]続いてくことを祈っているよ [02:40. 07]風が窓を揺らした [02:47. 93]夜は揺り起こして [02:53. 01]どんな悲しいことも [02:59. 85]僕が笑顔へと変えてあげる [03:08. 28]舞い落ちてきた雪の華が [03:14. 03]窓の外ずっと [03:17. 37]降りやむことを知らずに [03:22. 26]僕らの街を染める [03:26. 18]誰かのために何かを [03:30. 98]したいと思えるのが [03:34. 71]愛ということを知った [03:40. 14]もし、君を失ったとしたなら [03:48. 68]星になって君を照らすだろう [03:54. 85]笑顔も涙に濡れてる夜も [04:01. 32]いつもいつでもそばにいるよ [04:34. 01]ただ、君とずっと [04:37. 34]このまま一緒にいたい [04:42. 21]素直にそう思える [04:46. 56]この街に降り積もってく [04:50. 60]真っ白な雪の華 [04:54. 92]ふたりの胸にそっと想い出を描くよ [05:02. 10]これからも君とずっと…• 感謝 0. 1 樓 松本雪莉 これは私のお気に入りの日本の歌です。

次の

中島美嘉さんの「雪の華」の歌詞を教えてください!!

雪の華歌詞意味

駅での別れの風景を歌った歌詞です。 主人公は 見送る側の男性で、旅立つのは女性です。 駅に着いてから、電車が出発したあとまでの見送る男性主人公の心情を鮮やかに描いています。 汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる 季節はずれの雪が降ってる 出典元:なごり雪 歌詞で「君」といったら、 愛する女性と相場が決まっています。 ちなみに「あなた」といったら、 愛する男性です。 この歌詞は 「僕」が主人公で、 「君」への思いを綴っています。 女性は汽車を待っていますが、「僕」は汽車を待っているわけではありません。 それでも時計を気にしている「僕」は、隣の女性との 別れの時間を気にしています。 一緒にいられる、 残された時間を気にしているとも言えます。 タイトルにある雪が冒頭から出てきました。 「季節はずれの雪」=なごり雪と推察されます。 そのことから、季節は冬から春へと変わる頃、春先の時期です。 東京で見る雪はこれが最後ねと さみしそうに君がつぶやく 出典元:なごり雪 女性が、今まで東京にいて、どこかへ旅立つことがわかります。 東京で見る雪は最後ということは、 もう東京へは戻ることはない、ということです。 文脈通りに読むと、 東京の雪が見れなくて寂しそう、と聞こえますが、決して、そういうわけではありません。 むしろ、 寂しい事に雪はほとんど関係ないのです。 しかし、「僕」は雪が見られない事に、 寂しい気持ちを重ねています。 なごり雪も降る時を知り ふざけすぎた季節のあとで 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった 出典元:なごり雪 なごり雪とは、どんな雪でしょうか。 辞書で調べると、「名残の雪」は 「春が来てから降る雪」とされています。 なごり雪は何を知っているのか? 歌詞では、「降る時」を知っている、としているわけですが、 なごり雪は春が来たのを知っている、ということになります。 わざわざなごり雪を擬人化したのには、でも僕は、 春が来ることを考えてなかった、と繋がっていくように思います。 ふざけすぎた季節とは、 学生時代のことでしょう。 動き始めた汽車の窓に顔をつけて 君は何か言おうとしている 君の口びるがさようならと動くことが こわくて下をむいてた 出典元:なごり雪 汽車が来て、女性はとうとう乗車しています。 汽車は、現代の新幹線や電車よりも停車時間が長く、乗りこんでから 別れを惜しむ時間があります。 窓越しで男性と向かい合っています。 向かい合って入るものの、女性の別れの挨拶が 怖くて、男性は女性を見ずに下を向いてしまいます。 この場面で女性が 「さよなら」と言うであろうことは、男性にも聞き手にも想像がつきます。 では、この「さよなら」はどのような意味でしょうか。 別れの挨拶ですが、 物理的に離れる別れもあれば、恋人同士が別れるといった 精神的なお別れもあります。 どちらの別れでも「さよなら」という言葉は使いますが、恋人同士が別れる場合の方が、より印象的な言葉として残ります。 たとえ女性は恋人同士が別れる、という意味で使っていないとしても、この、どちらともとれる「さよなら」という言葉を、女性の口からは聞きたくなかったのではないでしょうか。 別れる寂しさ、悲しさ、切なさなど、様々な感情がありますが、「さよなら」を聞くことに男性は「こわさ」を感じています。 時がゆけば幼い君も 大人になると気づかないまま 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった 出典元:なごり雪 出会った頃の女性は、まだ精神的にも大人になる前でした。 女性というよりも 「女の子」といった感じだったのでしょう。 そして、きっと男性よりも 幼く感じたのでしょう。 その頃は、女性に対して恋心も湧かなかったかもしれません。 ですから、時間を経て、女性としての成長を遂げることも、自分の恋心がこんなに育つことも 想像していなかったのでしょう。 君が去ったホームにのこり 落ちてはとける雪を見ていた 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった 出典元:なごり雪 電車は行ってしまいました。 男性は、降っている雪が地面に落ちて溶けていく様子を駅で眺めています。 この雪と彼女との時間とを重ねているのでしょう。 そして、大人の女性になって綺麗になった彼女のことを考えています。 ホームに取り残されている男性は、彼女の女性としての成長からも、取り残されてしまい、 自分は大人の男性として彼女を迎えることができなかった、という気持ちが見えてきます。 彼女と男性の関係を考察してみましょう。 この歌に出てくる男性と女性の関係です。 仲がよかったことは間違いありません。 「ふざけすぎた季節」「幼い君」というヒントから、出会ったのは学生時代、大人になる前のころだと推察します。 高校生か大学生でしょうか。 学生時代を一緒にすごしましたが、男性と女性は付き合っていたかどうか、と言うと、 両思いながらも、 付き合っていなかった可能性もあります。 主人公は、はじめはふざけあう友人関係だったのが、いつの間にかどんどん大人になっていく女性に惹かれていきました。 どんどんきれいになる彼女に、自分に自信がなかったのか、言い出す前に、彼女の進路が先に決まってしまったのか、思いを伝えることもできず、 友人関係のまま見送っているのかもしれません。 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった サビであるこの部分の歌詞。 言葉を全く変えずに、3回歌の中で出てきます。 「 春」とは、もちろん季節の「春」という意味ですが、それ以外にも意味を持っていると思います。 一般的に「春」は、人生のステージが上がります。 卒業、入学、就職などです。 女性は、もしかしたらお嫁に行ってしまうのではないでしょうか。 そのように考えると、「春」は 結婚へ メタファーと捉えることができます。 もう東京へは戻らない、男性が遠距離恋愛を考えていない、などを鑑みると、そのような状況もありえるのではと思えてきます。 だからこそ男性は、女性が去年よりもずっときれいになったと思えてならないのでしょう。 なごり雪【タイトル考察】 旅立つ女性と見送る男性が、駅に着いてから汽車が出発したあとまでを描いています。 駅についてから見送ったあとまでずっと季節はずれの雪(=なごり雪)が降っています。 この名残の雪と、女性への未練や別れを悲しむ気持ち、名残惜しい気持ちを重ねています。 そして、落ちては溶けてしまう雪と、彼女との儚く感じた時間も重ねています。 なごり雪【データ】 作詞・作曲:伊勢正三 かぐや姫の楽曲。 1974年3月12日、かぐや姫のアルバム『三階建の詩』の収録曲として発表。 オリコンアルバムチャート1位、年間5位。 1975年イルカの歌によるカバーバージョンがシングルとして発売。 大ヒット。 以降、様々なアーティストによりカバーされている。 他の曲の歌詞解釈をもっと読む.

次の