ロックブーケ攻略。 【ロマサガRS】素ステ最大値(ステータス上限値)まとめ

スタイル考察 SS佐賀コラボロックブーケ

ロックブーケ攻略

スポンサーリンク みなさまこんにちは!晩酌です。 今回は現在開催中の「ロマンシング・佐賀コラボ ロマンシングフェス」。 目玉の一つであるSSスタイル【イカはお造りが最高!】ロックブーケの性能考察です! 【イカはお造りが最高!】ロックブーケ ロックブーケはロマサガ2で登場したボスキャラ「七英雄」の中の紅一点キャラ。 非常に人気が高く、スタイル数も多いですが、SSスタイルは一年以上追加されておらず、久々の登場となりました! どうやらイカの味を大変気に入ったようで、これから食すためにイカ討伐を狙っているようですw ロックブーケの武器種は杖。 ロールはアタッカー。 水術・陰術適性があります。 技・術構成 3種全て新技! ・ダークパルス みんな大好き低コスト全体攻撃!もちろん私も大好きw 覚醒でひたすら撃てるだけでなく、なんと雷と陰属性の複属性持ち! 陰属性全体攻撃は大分充実してきましたが、雷属性の低コスト全体攻撃使いは他に2000万マドレーンのみです。 雷属性は複数体同時出現するようなザコ敵が弱点として設定されている事例が多く、全体攻撃との相性バツグン! そして、現在はマドレーンは様々なクエストで猛威を振るっておりその有用性は折り紙付きでしょう! このダークパルスは基本は水術扱い。 単属性の場合は水属性の杖を装備させておく必要があります。 しかし、今回のアップデートで複属性持ちの杖が実装されたので水・陰属性を持った杖を持たせるのが主流になるでしょう。 ・黒雷 コチラは複属性持ちの単体攻撃術。 ダークパルスと違って陰術扱いなので、単属性の場合は陰属性の杖を装備する必要があります。 複属性を持っているという点以外は、シンプルな性能。 威力や消費BP等、目を見張るような性能の技ではありません。 ・魅惑イカの怒り 複属性のランダム複数回攻撃!初手から撃つ事は出来ないので、温存しつつの運用になるでしょう。 雷&陰を使い分け・・・というか同時に使えるロックブーケにとっては、最高に相性の良いアビリティでしょう! 持っている技の威力表記自体はそこまでではありませんでしたが、アビリティがぶっ飛んでいるという感じですね。 そして、魅惑の伝染の新アビリティ! 元々プラチナロックブーケもラウンド開始時の魅了付与アビリティを持っていましたが、ランダムで敵1体に付与するというモノ。 今回の佐賀スタイルは全体に付与なので上位互換と言って良いでしょう! 編成しているだけで、自動で振りまいてくれるので、戦闘開始時に勝利が確定する。 なんて事もあるかもしれませんねw スタイル補正値(LV50時) 知力が非常に高いですね!術士アタッカーとしてとても優秀! 注目なのが魅力の補正値が、別スタイルと比べても非常に高いです。 別スタイルでは戦術としてあまり実戦的ではなかった魅了を狙った運用方法が、新戦術として確立されるかも? 成長傾向は及第点。 知力を仕上げたい場合は、正月限定スタイルが必要になります。 敵の属性に合わせ、影しばりか召雷を継承し、火力を確保しながらここぞ!のタイミング(OD等)で高火力の魅惑イカの怒りでダメージを稼ぐという運用。 ・全体攻撃オンリーで延々攻撃可能。 単体運用もこなせる。 ・別スタイルからの継承で様々な役割を使い分けられる。 ・ラウンド開始時全体に魅了付与アビリティ持ち。 イマイチな点 ・初手全体攻撃のみ雷属性が付かない。 ・別スタイルを持っていないと汎用性が下がる。 ・陰・雷に弱点が無いクエストではイマイチ活躍出来ない ロックブーケ総評 ぶっ壊れです!以上!!(解説放棄) 陰・雷いずれかに弱点を持っている敵がいればそれだけで最適解キャラになるほどのスペックを持っており、別スタイルが揃っていれば状態異常付与役としても超優秀。 火力を稼ぎつつのヒーラーとしても使う事が出来るので、連れて行けないクエストを探す方が難しそうですw さらに今回のアップデートから元々のロックブーケの弱点であった陰・雷属性が両立出来ないという弱点が克服され、ほぼ死角はありません。 いかがでしたでしょうか? 初の大型コラボ(?)という事でキャラの性能も一段階上のステージに上がった印象です。 ちょっとインフレの波が心配・・・ 他キャラの性能考察前ですが、今回のガチャはどれも非常に優秀!そのため、余裕があればチャレンジして良いレベルでしょう。

次の

ロマサガ2攻略 七英雄を倒す順番とその理由について

ロックブーケ攻略

詳細: こうなると残りは、クジンシー第二形態、ダンターグ、スービエ、ワグナス、ボクオーンのだけに絞れます。 さらに、クジンシー第二形態は最終皇帝になってからイベントが発生するので後半で倒すのが自然な流れです。 これで残るのは ダンターグ、スービエ、ワグナス、ボクオーン この4名となります。 4人の強さとイベントに関する問題 まず、この4名の七英雄を実力順に並べ替えると• ワグナス=スービエ(第二形態)• ダンターグ(形態はあまり問わず)• ボクオーン こんな感じです。 スービエは第一形態であればHPがあまり高くないこともあって倒しやすいですが、海の主のイベントをスルーしたり、年代ジャンプが多すぎると第二形態になります。 出来れば早めに倒したい七英雄です。 しかし、ボクオーンを倒すことも 意外と重要になります。 サバンナの地上戦艦イベントは帝国大学建設のイベントや軍師加入にも関わるので、最終皇帝のパーティーでコウメイなどの強力な術者が欲しい場合は大学を作って軍師を仲間にする必要があります。 そして ワグナスに関しては各地の占領が必要条件になるので、 最終皇帝の手前、もしくは最終皇帝で倒すことがほとんどになります。 そして、最後にダンターグですが、ダンターグの形態の進化は周辺のダンジョンを攻略すると止める事が可能です。 第四形態まで育つと盾などを装備するので、やや倒しにくいですが、 ナゼールのダンジョン関連は詩人の洞窟以外の「東のダンジョン」「南のダンジョン」と共に早い段階でクリア可能です。 クリアしていればダンターグの遠征も無意味なので、最悪でも第二形態までしか進化しません。 これらを踏まえて並び替えると・・・? おすすめの攻略順序 初期のクジンシーは無視して以下紹介。 1番:ボクオーン ボクオーン自体が弱いこと、逆に言えば放置してもそこまで強敵にはなりませんが、ステップの解放と平定はそこそこシナリオに影響します。 楽に倒す場合は、運河要塞攻略後、早い段階でカンバーランドのイベントを終わらせておきます。 2番:ノエル(和解して平定だけ) 2番にノエルを持ってきましたが、あくまでもこれは和解が前提です。 ロックブーケを先に倒してしまうと和解ルートは消滅するので、テレルテバを解放したらノエルと会って先に和解して放置します。 3番:ロックブーケ ボクオーンを倒して、ノエルと和解した後はロックブーケがおすすめ。 エイルネップの塔には もあるので、技の閃きと「テンプテーション」の見切りは必ずやっておくべきです。 4番:スービエ 第一形態で倒してしまいたい場合は、この辺りでスービエと戦っておく必要があります。 海の主イベントはこなしておけば先に南ロンギットの嵐の報告を受けてからロックブーケを倒すなりして年代ジャンプさせれば沈没船イベントで会えます。 5番:ワグナス このあたりでワグナスへのルートも開けるので、ワグナスの第一形態を目標にして倒すと良いです。 第二形態になるとサイコバインドが非常にキツイですが、第一形態であればほぼ使用しません。 6番:ダンターグ ナゼールのダンジョンを2つクリアしておくことが条件です。 子どもと子ムーのイベントで倒しておきます。 パーティーのレベルと比較するとかなり簡単に倒せる状態になります。 最終皇帝以降 七英雄が残り2体になると強制的に最終皇帝になります。 この時点で残っているのはノエルとクジンシー第二形態です。 ここはイベントの簡単さから言っても先にクジンシーを倒しておくと良いですね。 つまりラストダンジョンに残すのがノエルの第二形態になります。 ワグナスやダンターグと戦う前に合成術などをしっかり開発しておき、ソードバリアさえあれば第二形態のノエルはそこまで脅威ではありません。 逆に、絶対に残してはいけないのはロックブーケです。 通常プレイの場合、ロックブーケを残すとほぼ確実に詰みます。 第二形態のロックブーケは「召雷」を連発する上にテンプテーションの使用頻度も少ないです。 当然、ラスボス七英雄もテンプテーションを使用するので、全員女性パーティーにしなければいけません。 最終皇帝が男だった場合はかなり苦戦します。 どうしても間違って残した場合は、ラスボス手前のロックブーケを何度も倒して最低でも皇帝にテンプテーションを見切らせる必要がありますね。 あとは女性キャラで固めれば技と術さえ完璧であればクリア不可能ではありません。 週間人気記事ランキング• 今回も続けてエンディングから考えるrA9とカムスキー、そして... 600件のビュー• シュタインズゲートシリーズ最新作であるシュタインズゲート・エ... 500件のビュー• モンハンワールドでフレンド一緒に遊んだり、音声チャッ... 400件のビュー• 『人喰いの大鷲トリコ』攻略の目次ペー... 400件のビュー• どうも!過去に5回ほどPS4を昇天させている管理人ですorz... 300件のビュー• 「ニーアオートマタ」には、多数の武器種が存在し組み合... 300件のビュー• この記事では DETROIT BECOME H... 200件のビュー• ロマサガ2では初代ロマンシングサガと同じフリーシナリ... 200件のビュー.

次の

【ロマサガRS】SSロックブーケの評価とスキル おすすめの継承と覚醒

ロックブーケ攻略

七英雄ピックアップガチャ【ロックブーケ】が始まりました。 SSロックブーケ・Sジャンヌは「プラチナガチャ」に追加されました。 ロックブーケガチャの各キャラ評価・感想 SSロックブーケ(+Sロックブーケ) 今回の目玉キャラ。 開幕魅了やマヒ付全体魔法所持、さらに生命の水でヒーラーまでこなす、今までにないタイプ。 生命の水の有用性は こちらの記事で詳述しているので参考にされたい。 エナジーストームはBP10とやや高コストながら威力Cの闇全体攻撃として、知力が育った段階では十分に役に立つと予想。 大召雷は威力Bの全体魔法、しかもマヒ効果を付与する(確率小)。 これがSSロックブーケの最強技なのか?僕はそうは思わない。 なぜならBP14で高コスト、さらに最大覚醒でもBP11と、開幕所持BP10では発動不可の縛りがある。 なかなか使いにくいのではないか。 なんといっても開幕魅了の可能性がある「魅惑の誘い」がロックブーケらしくていい。 しかも魅了された敵は、味方に技を使用するなど戦況を大きく動かす可能性がある。 いままで魅了キャラがいなかっただけに、今後の有用性の検証が待たれる。 知力バフ(大)も強力。 通常攻撃で地道に知力を上げ、溜まったBPで術を発動させれば大ダメージが期待できる。 ただ、SSロックブーケのみでは、単体に対する術がないのが寂しい。 成長スタイルは知力。 体力の初期値が低いため、物理攻撃に弱い部分は留意が必要だ。 ガチャではないが、SSロックブーケを語る上でSロックブーケは外せないので、ここで紹介したい。 「召雷」はBP3なのにマヒ確率(中)の鬼スキル。 覚醒したら毎ターン繰り出せる。 マヒ耐性ない敵相手ならずっと「俺のターン!」が可能になる。 「ゴーストライト」はBP10ながら対象を魅了状態にする可能性があり、威力もCとそこそこ。 ダークスフィアは単体への威力S闇術。 高ダメージを期待するボス戦にはこれかな?最大覚醒でBP10にできるのも〇。 で、どれをSSロックブーケに継承させるか? それとも、SロックブーケにSSロックブーケの技を継承させる? それはアビリティ見て判断してからでも遅くはないね。 撃破時の自身回復と、攻撃時の魅了耐性デバフが特徴。 毒付与はまぁおまけ? これ見る限りはSSロックブーケを主体にするのが良いっぽいなぁ。 魅了デバフはよさげだけど、ぶん殴って魅了耐性下げてそこから改めて魅了して、という恩恵はスピード感に欠ける。 それに開幕魅了がないのはやっぱり寂しいしアドバンテージを欠く気がする・・・。 んで成長スタイルなんだけど「体力」「素早さ」「魅力」上昇型だね。 SSとはうってかわる。 SSで知力みなぎりか、Sでバランスよく育てるか。 これでOKかと。 ロックブーケ使用感 とにかく「召雷」が強い、単体攻撃ながら低コストでダメージもそれなりに高く、麻痺まで起こす。 覚醒でBP2で連発はほんと強すぎる。 育ち切ったら一線級。 「誘惑」も凄い使える。 開幕誘惑のアビリティ。 「打」の10層で待ち構えてるディアブロとか、誘惑耐性ないものだから開幕で無力化し、フルボッコ。 魅了された相手は味方に技をぶっぱなし、単体の場合はなすがまま。 3ターンこれが続くから、勝利確定となる。 発動率はそこまで高くない、2割くらいかな?それでもすんごい使えるぞ、開幕魅了。 そんで生命の水ね、これはいわずもがな、ヒーラーとして活躍するためには必須の術。 低コストで召雷、開幕誘惑でアドバンテージ、さらにヒーラーとしても立ち回れるSSロックブーケは人権といっても言い過ぎじゃない。 そんな感じです。 SSバーバラ BP消費が激しいけど、控えめに言って「強くね?」槍使いでは群を抜く可能性秘めてる感ある。 スウィングは槍全体のスタンあり、双龍破は横一列範囲が優秀。 やばいのは流星衝で、BP12ながら威力Sでしかもマヒ(中)付き。 これだけなら大したことないけど、成長スタイルが腕力と素早さで脳筋、んでアビリティはスタンデバフに開幕スタン、素早さデバフでしょ。 育ったSSバーバラ1体いたら、戦況が安定しそうな予感がひしひし。 なお、SバーバラやAバーバラからお好みの技を継承して、戦術に幅を持たせることもできる。 特筆すべき継承技・術はなかったけどね。 2019年2月4日追記 さっき「継承技がない」って書いたけど訂正します。 エナジースティールを継承させたバーバラさんが強いです。 BP消費少ないのに安定して自分でHP100以上を回復できるゾンビプレーが楽しめます。 おまけにデバフの豊富さや開幕スタンも加わって最強フェンサーの名をほしいままにしそうです。 Sジャンヌ 脳削りに知力デバフ(中)で、敵キャラを一気に阿呆に仕立て上げるキャラ。 先手を取って知力デバフ+大ダメージで魔法系の強敵には活躍してくれそうな予感。 ただ、こんだけSSキャラが豊富な現在で、果たして前線に出るかどうかは微妙なところだ。 今は知力よりも腕力デバフの需要が高いからな。 SSアマゾネスで飛躍する時は来るのだろうか。 ガチャ総評 うーんと、最初は迷った。 ガチャを引くかどうか。 SSロックブーケは回復持ちでしかも魅了持ちという今までにないキャラクターで食指が動かないはずはない。 けど、ヒーラーとしてはすでにSマライアという優秀なキャラクターが第一線を張っているし、ジャブジャブ課金してまでSSロックブーケ取りにいくかこれ?と。 けどなー。 正直、未知数なんだよな。 もしかしたら開幕魅了や魅了スキルがすんごい使えてヤバいよ、ってなるかもしれない。 で、まあ結論なんだけど• 現時点で優秀なヒーラーがいない• ロックブーケが大好き(魅了されている• 魅了スキルに期待している こんな人は頑張ってみたらどう? 僕は「魅了スキルに期待」で、少しだけガチャを引いてみようと思う。 どうしようかな、とりあえず30回は回すか。 ガチャ結果 1回目でSジャンヌ Sジャンヌはえーよwww というわけで仲間入りです。 ロマサガRSは1か月もやるとほとんどの新キャラが出尽くして、外れの場合はこんな具合にピース化しまくる。 悲壮感。 正月で151連しても、振袖カタリナGETできませんでしたから。 SSノエルもそうだけど、七英雄ピックアップガチャは目当てのSS七英雄を引きやすいんじゃないの?? って感じる。 プラチナガチャ行きになるまえに、引きたい人は引いておいた方がいいんじゃないかなー。 魔塔ロックブーケ攻略• 期限は現在のところなし• ノーマル~ベリーハードで構成• Sロックブーケ(本体)はハードのロックブーケを撃破すると入手可 ノーマル~ハードのロックブーケまでは男性でも女性でも関係なくチーム組んで進みましょう。 総戦闘力20000もあれば自動戦闘ですいすい。 (ただし総戦力が10000~15000の場合はノーマルのロックブーケでテンプテーションを受けた場合に全滅の危険性があると予想)。 ハードのロックブーケで主力の男性キャラが魅了されると悲劇が起きることも。 ヘクター魅了からの~ 水鳥剣で壊滅。 ラピストの陣形で余計に被害が拡大という 地獄絵図。 総戦闘力は落ちるけど女性オンリーでPT。 当然、テンプテーションは被害なし。 これで魅了されたら 女性オンリーでハードのロックブーケを撃破し、Sロックブーケを見事獲得できた。 なお、ベリハ攻略は総戦闘力23000~25000くらいでは最終ステージまでトントンと駆け上がれるはず、ただ最終ステージのキノコの木(超音波全体)や魅了されたブラックのブレードロールがさく裂してしまうと、ロックブーケに辿り着く前に全滅もありうる。 女性オンリー、しかも育て上げたキャラクターでベリハの最終ステージに挑んでください。 詳細はリンク先。 で、早い話が新ロックブーケ追加で• 単体スタン(小)• 単体麻痺(中)• 全体魅惑(小) が継承可能になるっつーことです。 単体スタンは置いておくとして、単体麻痺(中)は威力も高いし召雷の上位互換感あるし、全体魅惑はインパクトあるよね。 まーーーーおそらくは【天雷】を継承して使い分けることになるんじゃないかなーと。 以上、ロックブーケ感想! サイト内容の無断転載厳禁 内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 アクセス解析について このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。 クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。 これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。 これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません Adsense 『無料ゲームアプリレビュー』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、をクリックしてください。

次の