パッタイ 死体。 これであなたも警察官?警察用語まとめ

警察・刑事の業界用語

パッタイ 死体

こんにちは。 18日くらい休みが欲しい。 271日前に行った話です。 脱線したり力尽きたりしなければ、たぶんワット・ポーとワット・アルンと死体博物館ととその他ご飯の話になります。 この日は ワット・ポーからスタートしたのでまずはワット・ポーのことについて書きます。 東南アジア圏の中ではそこそこ鉄道が発達してるですが、それでもワット・ポーに最寄と言える鉄道駅はないので、基本的にバスかかタクシーでのアクセスをする人が多いと思います。 僕たちはタクシーで行きました。 どこからどう行くとかそういうのは他ブログで指南記事を見て下さい。 着いた。 外国人旅行者に「今日はワットポーやってないよ」と嘘をついてお土産屋とかに連れて行こうとする悪人がいるらしく、ちゃんと "WATPHO OPEN EVERYDAY"の表記がありました。 モラルとは… 100バーツ(350円くらい)払って入場券を購入します。 何故か ミネラルウォーターが付いてた。 クッソ蒸し暑いので嬉しい。 ここからは仏像ほかの写真です。 一部を除いてどれもこれもこれでもかってくらい金ぴかでウケますが、ここからが メインです。 このお寺で一番有名な 「あの寝てるやつ」です。 実際に見たことある人なら分かると思うけど、「写真を見る限りめっちゃデカいんだろうなー」とか思ってるのの 数倍くらい現物はデカくて、とにかくヤケクソみたいにデカいです。 寝てるやつの 足の裏です。 (らでん)が細かく入ってて綺麗で見飽きません。 仏教の教えを表現してるとかなんとか聞いたような気がしますが、普段だいたい 美味しいお肉とかそういう事ばかり考えてる僕にはよく分かりませんでした。 ワット・ポーおしまい。 そしてこれはタイのコーラです。 ヘビ?のイラストが可愛いですね。 甘くて辛くて美味しい。 エビばっかり入ってるからちょっと違うかもしれんけど ガパオライス的料理です。 超辛くて美味しかった。 この辺で、タイでは本当に何食っても美味いのではと気付きます。 露店で買った ココナッツジュース。 これは絶望的に青臭くて(そもそもココナッツはそういうものだけど)、飲みながらずっと「 男の子の日かよ」と思ってました。 ワット・ポーからワット・アルンには船で を越えて向かいます。 運賃は4バーツ。 やすい。 川を越えてます。 デカくて古い、日本からの払い下げっぽいタンカーとかが普通に横を通るので、乗船時間超短いけど 「東南アジア感」が感じられてかなり良かった。 また乗りたい。 川を越えたところにあるワット・アルンです。 デカい。 塔の周りを一周して足早に出ました。 雨が降りそうだったので。 死ぬ程どうでもいいけど、これはワット・アルン近くに停まってた車です。 まぁ 悪ふざけですね。 そしてこの後、友人は全然乗り気じゃなかったけど個人的に死ぬほど行きたかった 死体博物館に行きました。 ワット・アルン付近からタクシーで10分くらいです。 着いた。 というか、普通に 病院で降ろされたのでいや何故?と思ったんですが、話を聞くと病院の一角にある研究施設的なアレを死体博物館と呼ぶらしいと分かりました。 事前に調べとけという話をしています。 病院敷地内に日本語で案内があった。 ネット情報によると、来館者は日本人が圧倒的に多いらしいです。 普段死体を見る機会が日本だと極端に少ないからでしょうか? 見つけた。 が、館内は撮影禁止でした。 なんというか、奇形ベビーの標本が多くてキツかったです。 あと、人体の一部をホルマリンに漬けたやつが無限にあった。 それと犯罪者のミイラが思ったよりもミイラで、あたりまえだけど無修正だなと思いました。 再訪はないかな。 死体博物館の後は に向かいます。 またピアー(桟橋)から船に乗っての対岸に渡ります。 渡った。 この写真、THE 東南アジアって感じで良くないですか? このピアーからまでは結構な距離があったんですが、タクシー代をケチってただただ歩きました。 暑いし、そもそも今日既に結構歩いてるしで、今更ながら乗れよと思った。 ニャーン あまりに暑すぎたので途中ので避暑ったらタイではお酒の販売時間に制限があるという学びがありました。 日本語がおかしい看板を横目に見つつ30分弱歩いて、 やっっっと に到着しました。 今更説明も不要かと思いますが、は世界中から が集まる安宿街です。 僕自身はでもなんでもないけど、雰囲気が感じたくて来ました。 ただ、通りに足を踏み入れた瞬間、のおっさんに 「チ〇コ!マ〇コ!」と絶叫されたので「やべー場所に来ちゃったな」と思いました。 以下、やべー場所の写真です。 前評判通り白人が多かった。 典型的な ですね。 あらかた見て回った後、さすがに暑すぎたのでビールを飲んで休憩することにしました。 適当に頼んだビールです。 そしてこれは、 サソリの串焼きはビールと絶望的に合わないという事実を全力で噛みしめながら渋い顔で撮った写真です。 で飲んでるとどこからともなく 昆虫を買って食えという押し売りがやってくるので、試しに昆虫じゃないけどサソリを買ってみました。 結果として ゴミの味がしましたが、知的好奇心は満たされたので良しとします。 とはいえお口直しがしたくなったのでこの後はマックで を食べました。 最高に美味しかったというか、 有楽町でいつも食ってるやつと同じ味がした。 これは話の本筋(そんなものがあるとすればですが)には全然関係ないけどフロア名が軒並み日本の地名なビル 「SHIBUYA」で撮った写真です。 御殿場だけ明らかに浮いてない? 例によって冗長な日記になってるのでそろそろ雑に締めます。 この日の夜は少し奮発して、 「ワンスアポンアタイム」っていう が 毛嫌いしそうな名前の高級料理店で食事をしました。 お店の詳細はとか見てください。 僕はもう疲れたので。 そして翌日は有名なのお店に行った後でサイアムパラゴンっていうショッピングセンター内にある水族館を楽しんで、その後国際空港から日本に帰国するなどしました。 またいつか日記書きます。 さようなら。 gatomoshi.

次の

パッタイの意味を再考察 『あなたの番です』|水城刑事の怪しい点を洗い出してみた

パッタイ 死体

さて、一気にまとめて 警察用語を並べていきます。 あなたはいくつ分かるでしょうか?• 害者(がいしゃ)・・・犯人に被害を受けた人のこと。 被害者の略。 あげる・・・犯人を逮捕すること。 「星をあげる」という風に使う。 がさ入れ・・・家宅捜索をすること。 「がさ」は探すを逆から読んだ時のがさ。 がせ・・・偽物やウソの情報のこと。 鑑取り(かんどり)・・・被疑者や被害者の関係者を探る聞きこみ捜査のこと。 完黙(かんもく)・・・完全黙秘を省略したもの。 取り調べなどで被疑者が何もしゃべらず黙り込んでしまうこと。 緊逮(きんたい)・・・緊急逮捕を省略したもの。 急を要する場合に、逮捕状をとるよりも先に被疑者を逮捕すること。 緊配(きんぱい)・・・緊急配備を省略したもの。 事件が発生した際に多くの警察官に捜査が依頼されます。 げそ・・・足や履物のことで、げそ痕(足跡のこと)のようにして使う。 公妨(こうぼう)・・・公務執行妨害を省略したもの。 警察官を含む公務員の職務の遂行を暴行や脅迫などによって妨げること。 察庁(さつちょう)・・・警察庁のこと。 失尾(しつび)・・・被疑者を追跡中に見失ってしまうこと。 調書(ちょうしょ)・・・調査した内容を記載した書面のこと。 デカ長(でかちょう)・・・巡査部長のこと。 特殊関係人(とくしゅかんけいにん)・・・愛人のこと。 星(ほし)・・・犯人のこと。 目星の略。 前(まえ)・・・前科のこと。 前足(まえあし)・・・犯行前の犯人の行動のこと。 マル被(まるひ)・・・被害者のこと。 マル害(まるがい)・・・加害者のこと。 あかいぬ・・・火事のこと。 あかうま・・・放火のこと。 あかねこ・・・連続放火魔のこと。 母屋(おもや)・・・所轄署からみて、警視庁のこと。 アンパン・・・シンナーのこと。 完落ち(かんおち)・・・被疑者が全面的に自供すること。 敷鑑(しきかん)・・・被害者の知人や友人、家族などを中心に聞き込みを行うこと。 詐欺開け(さぎあけ)・・・来訪者を装って侵入する強盗の手口のこと。 現逮(げんたい)・・・現行犯逮捕のこと。 犯人の身柄の拘束と証拠保全のために犯人をその場で逮捕すること。 ゲロ・・・犯人が自白をすること。 タレ・・・被害届のこと。 タレこみ・・・被害の申告があること。 地取り(じどり)・・・周辺への聞き込み調査のこと。 事件の現場をフロックごとに分けて聞き込み調査をします。 暗箱(あんばこ)・・・警察署の留置所のこと。 押しこみ・・・侵入強盗のこと。 泳がせる・・・あえて逮捕せず、自由に動かせて監視すること。 仮釈(かしゃく)・・・仮釈放のこと。 刑務所での刑期が満了するよりも前に、素行がよい受刑者に対して早めに釈放を許すこと。 簡裁(かんさい)・・・簡易裁判所の略。 警察官が逮捕状を取る時は、逮捕状は簡易裁判所の裁判官に請求しています。 狩り(かり)・・・一斉検挙のこと。 買い物師(かいものし)・・・万引きの常習犯のこと。 初動(しょどう)・・・初動捜査の略。 事件が発生した直後に行われる捜査のこと。 首検(しゅけん)・・・写真や本人を見せて犯人を確認すること。 ひかりもん・・・署長や本部長のこと。 サンズイ・・・汚職事件。 「汚」の文字のサンズイからきています。 ゴンベン・・・詐欺事件。 「詐」の文字のゴンベンからきています。 ウカンムリ・・・窃盗事件。 「窃」の文字のウカンムリからきています。 コロッケ・・・女性の殺人犯のこと。 マル暴(まるぼう)・・・暴力団のこと。 居空き(いあき)・・・被害者が在宅中に金品を奪う侵入窃盗の手口のこと。 ベントウ・・・執行猶予のこと。 モンモン・・・刺青(いれずみ)のこと。 マルB・・・暴力団および暴力団関係者のこと。 いかがでしたでしょうか。 テレビドラマで聞いたことがあるような、初級編の言葉を主にピックアップしましたが、これ以外にもたくさんの警察用語があります。 簡単に用語を省略したものもありますが、シンナーを「アンパン」と言ったり、放火のことを「あかうま」と言ったり、逆に一般人に分からないようにしている警察用語もあるようです。 これらの用語を知っているとドキュメント系の警察密着テレビもより楽しく見ることが出来そうですね。 ただし、一つだけ注意してほしいのが、警察用語を知ったからと言ってむやみやたらに日常生活で使っていると、周囲からあやしますし、警察官から疑いの目で見られてしまいますので要注意です。 知識として頭の中にとどめておきましょう。 Hohoron. comでは他にもいろいろな 言葉の正しい使い方と意味を紹介しています。 どの記事も簡単に分かり易く説明してあるので、すぐにマメ知識として役に立つはずです!•

次の

あなたの番です 特別編11話感想 今回登場した本の紹介とおさらい

パッタイ 死体

あなたの番です 水城刑事の怪しい点 ネタバレを含みますのでご注意ください。 水城刑事が「パッタイ」を使う意味は? パッタイは、タイの屋台などで提供されるライスヌードルを炒めた料理です。 鶏卵や豆腐、果物、魚介類なども一緒に炒めあわせます。 wikipedia. 水城が遺体のことをパッタイと言う理由 水城刑事がパッタイという言葉を使うのは7話目で「 怖いから遺体じゃなくてパッタイと言ってほしい」と捜査本部の会議で伝えたことが始まりです。 さらに、水城は、わざわざパッタイの意味を神谷に説明させているなど、印象が残るシーンとなっています。 その時は「単なるギャグなのかな?」くらいに考えていました。 しかし、この時、会議で話題に上がっていたのが、 口角が上がった状態で殺された被害者の一人である「「児嶋佳世」です。 児嶋佳代の殺人に加担(あるいは実行した)したことによる後ろめたさから、「パッタイ」と呼ぶようになったのではないでしょうか? また、児嶋と同じく、口角が上がった状態で殺された 浮田啓輔の犯人の特徴「 身長170cm、足のサイズ約26. 5cm 」は、ちょうど水城と一致します。 見かけは太っていますが、刑事であれば攻撃防御の訓練は受けており、素人を殺害するのはたやすいのではないでしょうか。 そうなると、 菜奈と赤池夫婦の殺害についても、水城が関わっている可能性があると思います。 殺人事件の可能性をバッサリ否定している点が不自然で、よほどの無能か、明確に捜査を中断させたいかどちらかに見えました。 今までの水城の発言や行動を見る限り無能には思えず、むしろ敵に回したら怖い人物ではないでしょうか? 神谷刑事が予想した犯人を、水城ではなく、翔太に報告しているのはなぜ? 神谷は、水城刑事からこんな男前な言葉をかけられています。 正直、このシーンをみた時は、水城を見直しました。 これだけの殺人事件を解決すれば謹慎処分で収めてもらえるかもしれないぞ。 期待しとけよ。 真相に近づく神谷に気づけるのって やっぱり水城しかいなくない?って思うのは私だけなのか… 神谷の携帯盗聴も 水城ならいつでも仕込むチャンスありそうやし🤔 — Ray Ray 考察 行動分析-BAU- Raychannel1227 そこで気になるのが、殺される直前のバーで、神谷が「 だとして、誰なんだこいつ?」と呟いた人物です。 水城刑事が信用できない何かをつかんだのではないでしょうか? こうなると、前述の男前な水城のセリフも、別の見方をすれば、 神谷に「お前は手を出すな」と忠告しているようにも見えて、うさん臭く感じます。 パッタイの意味を再考察 『あなたの番です』のまとめ この記事では、「パッタイ」の意味を考察し、水城刑事の怪しい点についてご紹介しました。 水城刑事が犯罪に関わっているとしてその動機は不明ですが、刑事という立場上、様々な情報を握れる立場にあることは確かです。 例えば、神谷のスマホを盗聴して位置を把握し、殺害することも簡単に実行できるのではないでしょうか? 刑事だからアリバイを問われることもないので絶対的に有利な立場ですよね。 16話では、水城は翔太とタッグを組んで、神谷の弔い合戦をするかのように見えますが、実は翔太を監視する目的にしか思えません。 水城がシロなのかクロなのか?16話の展開を見て、改めて考察したいと思います。 <あわせて読みたい>.

次の