ブロック中のline。 LINEでブロックされたらどうなる? 確認方法、非表示との違いなど【2020年版】

【LINE】ブロック中のトークは解除すると相手に送信される?

ブロック中のline

トークルームにおけるメッセージの送受信や無料通話の発着信を双方向でできなくなるなど、連絡を取りたくない相手との接触をほとんど断つことができます。 左:iOS版LINEのブロック中の画面 右:Android版LINEのブロック中の画面 しかしここで問題となるのが、人間関係への影響。 ブロックする対象となる相手がリアルの友だちや知り合いであることが多々あるため、ブロックした事実が相手にバレると、いろいろと面倒事が起こりかねません。 そこで以下では、ブロックをする側、される側それぞれどにような現象が起こるのかを解説します。 LINEのブロック機能は人間関係に大きく影響するだけに、その効果をしっかり把握しておくと、いざというとき不安にならずに済むでしょう。 ブロックした側のLINEに起こる現象 appllio. com トークルームでブロックを解除する トークルームを削除してしまった場合は、この方法は利用できません。 ブロックリストからブロック解除しましょう。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE トークルームでブロックを解除する場合は、ブロックしたときと同様の手順でメニュー画面に進み、一番下にある[ブロック解除]ボタンを押せば完了です。 Android版LINEでは、ブロック相手のトークルーム上部に[ブロック解除]が設置されているので、これを押しましょう。 相手にブロックされているか確認する方法 メッセージにずっと既読がつかなかったり、無料通話に応答がなかったりとブロックが疑わしい状態が続いたなら、実際に確認するのが手っ取り早いでしょう。 ここで紹介する「スタンププレゼント」によるブロック確認は、誰でも試しやすく、かつ確実性も高い方法です。 実際に購入する必要はないので、お金もかかりません。 また、メッセージや通知が相手に届くといった痕跡が残らないので、水面下でこっそり調べたい場合にも有効です。 ぜひ試してみてください。 1 「スタンプ情報」画面で[プレゼントする]をタップする LINEの「ホーム」タブからスタンプショップに移動します。 適当にスタンプを選択し、「スタンプ情報」画面で[プレゼントする]ボタンを押してください。 ここで、 相手がおそらく「持っていないであろう」スタンプを選択するのがポイントです。 万が一プレゼントしたものと同じスタンプを相手がすでに持っている場合、ブロックと同様にプレゼントできなくなる現象が起きるため、プレゼントしたときの挙動だけでは断定できなくなります。 2 ブロックされているか確認したい相手を選ぶ 次に、ブロックされているか確認したい相手を選んでタップし、[OK](Androidでは[次へ])を押してください。 3 表示画面の内容を確認する 続く画面で、左上の画像のように[プレゼント購入する]のボタンが表示されていれば、 ブロックされていないといえます。 」と表示されていれば、ブロックされている可能性が高い状況です。 もっとも、贈ったスタンプを相手が偶然所持している場合も同じ文言が表示されます。 何度か挑戦してみて、すべて「プレゼントできません。 」と出てしまったら、ほぼ確実にブロックされていると判断できるでしょう。 ほかにも、協力者を募って複数人トークを作成する方法など、ブロックの確認方法はいくつか存在します。 気になる人は以下の特集を参照ください。 appllio. Q1:ブロック中に相手から届いたメッセージは解除後に既読が付く? A:ブロック解除後、自分が先にメッセージを送信するか、相手が先にメッセージを送信するかで、ブロック中に相手から届いたメッセージの既読表示のされ方が異なります。 ブロック解除後、 相手が先にメッセージを送ってきた場合、そのメッセージを確認した瞬間に、ブロック中に受信したメッセージが一斉に既読になります。 実際にはブロック中に相手から届いたメッセージを確認していませんが、相手側の視点ではいつも通り既読が表示されるため、特段怪しまれる心配はないでしょう。 一方、ブロック解除後、 自分が先にメッセージを送信してしまった場合、ブロック中に受信したメッセージには既読がつきません。 相手側の視点でみてみると、右上の画像のようにブロック中に送信していたメッセージに既読がつかないままなのに、あなたから新規メッセージを受信しているという矛盾した状態になります。 したがって、ブロックを解除した場合は、 相手からメッセージを受信したあとで自分のメッセージを送信するようにしたほうが無難でしょう。 appllio. com Q2:ブロック相手はホーム画面のアイコンや投稿を見られなくなる? A:ブロックした後も、ホーム画面のプロフィール情報はブロック相手に公開されたままになります。 左:ブロックされている相手のホーム画面 右:ブロックされている相手のホーム画面のタイムライン投稿 アイコン(プロフィール画像)・BGM・ひとこと(ステータスメッセージ)・カバー画像(ホーム写真/トプ画)などは見られてしまいます。 ブロック相手には見られたくないかもしれませんが、回避する方法はありません。 そしてホーム画面から閲覧できるタイムライン投稿のうち、「全体公開」に設定した投稿だけはブロック相手も変わらず見られる状態が維持されます。 さらに、LINEのアイコン画像、ステータスメッセージ、プロフィールBGMのいずれかを変更した場合には、ブロック相手の友だちリスト上に緑の点が表示されます。 これらの変更時にストーリーに投稿するオプションが有効になっていると、緑色のリングでストーリー投稿がブロック相手にも通知されます。 Q3:LINE電話の「応答なし」表示とブロックとの関係は? A:「応答なし」が表示されたからといって必ずしもブロックされているとは限りません。 以前は、ブロックされていると疑わしき人物に無料通話をかけて、強制終了メッセージが「応答なし」かどうかをチェックすることで、ブロックを確認する方法がありました。 しかし2020年3月現在、ブロックされている場合の強制終了メッセージは、ブロックされていない場合と同じものが表示されるようになっています。 そのため現在は、 LINE電話を介してブロックされているかどうかを判別することはできません(iOS/Android版問わず)。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE 相手にブロックされている/されていないにかかわらず、発信し続けると一定時間で発信が切れ、iOS版、Android版それぞれ上のような画面が表示されます。 もし相手にブロックされていなかった場合、相手に着信します。 相手側の着信履歴に残るほか、相手が通話に出てしまう可能性があるので注意してください。 appllio. com Q4:相手とのLINE上の関係を完全に断ち切りたい場合はどうする? A:ブロックリストから友だちを削除した上でトークルームも削除すれば、相手とのLINE上での連絡手段は完全に絶たれます。 LINEのブロック機能は、あくまでもLINE上の友だち関係を「一時的」に停止するもの。 前述したようにブロックを解除することで再び連絡を取れるようになります。 そこで、有効なのがブロックリストから相手を「削除」する方法。 ブロック効果が持続した状態で、かつ相手を友だちリストに戻すこともできなくなるため、LINE上の友だち関係を完全に解消できるというわけです。 気になる場合は、トークルームも削除すればさらに完璧に相手の存在を無かったことにできます。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE 方法はかんたん。 Android版LINEは、[編集]をボタンをタップして[削除]を選択するだけです。 友だち削除の効果については、以下の記事に詳しくまとめています。

次の

【LINE】ブロックされた相手にメッセージを送る方法【悪用厳禁】

ブロック中のline

たくさんの友人や家族と楽しくやり取りできるLINEですが、時々「もう交流したくない」と思う相手もいますよね。 繋がったものの気が合わない人や、ムダなトークを頻繁に送ってくる人など、やり取りするたびに心が消耗してしまう相手は、思い切ってブロックしてしまいましょう。 また、自分も誰かにブロックされているのでは……と、不安な気持ちを抱えている人もいると思います。 そこで、今回はLINEのブロックにまつわる情報をまとめてお伝えします。 これを読めばLINEの「ブロック」を攻略できます。 LINEでブロックされたらどうなる? LINEでブロックされた側は、相手にトークを送っても未読のまま、通話はできない、タイムラインは全体公開の投稿しか見えない、という状態になります。 こうした状況から、「もしかしてブロックされた? 」と感じるかもしれませんが、LINEで相手からブロックされているかどうかは自分では確定できない仕組みになっています。 ですが、相手からブロックされているかも、と推測する方法はあります。 自分から通話をかけると、相手が受話しない状況と同じように見えますが、相手にブロックされていると、実際は相手に通話はかかっていません ブロックされたか確認したい LINEでは自分が誰にブロックされているのか、はっきりとわかる方法はありません。 ただし、以下の条件がすべて当てはまるなら、ブロックされている確率はかなり高くなります。 トークを送っても既読にならない• 無料通話やビデオ通話が繋がらない 受話されない• 相手のタイムライン投稿が全体公開のものしか表示されない LINEでブロックされているかを確かめる方法の1つとして、スタンプをプレゼントする方法があります。 相手にブロックされている場合、スタンプはプレゼントできず、LINEで「~はすでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」、または「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示されます。 LINEスタンプをプレゼントするには それでは、LINEスタンプをプレゼントして、ブロックされているか確認する方法を説明します。 iOS端末は、LINEアプリからスタンプをプレゼントできません。 WebブラウザでLINE STOREを表示し、画面左上の三本線をタップして「ログイン」を選び、LINEにログインします。 Android端末は、LINEアプリの「ウォレット」画面から、「スタンプショップ」を開きます。 続いてスタンプを選択し、「プレゼントする」をタップ。 LINEの友だち一覧が表示されるので、ブロックされているか確認したい相手を選びます。 「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示された場合、相手にブロックされている可能性があります。 相手が持ってなさそうなLINEスタンプを選び、「プレゼントする」をタップ• 「~はすでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」、または「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示されたら、相手にブロックされている可能性があります 確認に使うスタンプは、相手が持ってなさそうなスタンプを選びましょう。 発売されたばかりのスタンプや、相手の名前と異なる名前入りスタンプなら、相手が持っている可能性は低くなります。 ブロックしても相手にバレない LINEでブロックしたい相手がいても、「ブロックしたことがバレると相手を怒らせてしまうのでは」と心配する人もいると思います。 できるだけ穏便に済ませたいですよね。 でも、心配することはありません。 LINEでブロックしても、相手には通知されません。 ブロックした側からは、相手からトークや通話が来ても通知されないようになります。 「友だち」画面からも相手の名前が消え、相手との繋がりが消えた状態になります。 ただし、相手とのトークルームは残るので、不快な場合は「トーク」画面でブロックした相手のトークルームを削除しましょう。 また、LINEで相手をブロックしても、自分のプロフィール画像、ホーム画像、ステータスメッセージ、タイムラインの公開投稿、BGMは相手に見られてしまいます。 それを避けたい場合は、LINEアカウントを作り直すしかありません。 ブロックした相手とのトークルームは残りますが、画面左下に「ブロック中」と表示されます。 ブロックしたあとに送られてきたLINEのトークを見ることはできません• LINEプロフィールのホーム画面や、タイムラインへの公開投稿はブロックした相手に見られてしまいます ブロックした相手が同じLINEグループに入っている場合、ブロックした相手が送信したメッセージは今まで通りグループトークに表示されます。 ブロックした人のメッセージを絶対に読みたくない人は、グループを退会しましょう。 同じグループに入っている場合は、ブロックした人のメッセージも表示されます LINEで相手をブロックする方法 LINEで友だちをブロックするには、LINEの「友だち」画面を開きます。 iPhoneの場合はブロックしたい相手を左にスライドして、「ブロック」をタップします。 Androidの場合はブロックしたい友だちを長押しすると、「ブロック」メニューが表示されるので、タップします。 iPhoneのLINE画面。 「友だち」画面でブロックしたい友だちを左にスライドします• 「ブロック」をタップします• LINEのトークルームからも相手をブロックできます。 トークルーム右上にあるメニューをタップし、「ブロック」を選んでください LINEブロックを解除する LINEで一度はブロックしたものの、そのあと相手と和解することもありますよね。 そんなとき、LINEのブロックは解除できます。 LINEの「友だち」画面にある歯車アイコンの「設定」を押し、そこで「友だち」メニューを開くと、「ブロックリスト」があります。 ブロックリストには、今までブロックした相手が保存されています。 LINEの「友だち」画面から「設定」を開き、「友だち」メニューから「ブロックリスト」をタップします ブロックリストをタップして、ブロックを解除したい友だちの「編集」ボタンを選択。 「削除」か「ブロック解除」という選択肢が出てくるので、「ブロック解除」を押せばブロックを解除できます。 ブロック解除するアカウントの「編集」をタップし、「ブロック解除」をタップします• 相手とのトークルームが残っていれば、トークルームからブロック解除もできます。 トークルーム右上のメニューを開き、「ブロック解除」を選択します 「削除」を選ぶと二度とブロック解除できなくなり、あらためてQRコードやLINE IDによる検索など、LINEで「友だち追加」の作業が必要となります。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

Android版LINEでブロックする方法は?解除の仕方は?相手にバレる?

ブロック中のline

たくさんの友人や家族と楽しくやり取りできるLINEですが、時々「もう交流したくない」と思う相手もいますよね。 繋がったものの気が合わない人や、ムダなトークを頻繁に送ってくる人など、やり取りするたびに心が消耗してしまう相手は、思い切ってブロックしてしまいましょう。 また、自分も誰かにブロックされているのでは……と、不安な気持ちを抱えている人もいると思います。 そこで、今回はLINEのブロックにまつわる情報をまとめてお伝えします。 これを読めばLINEの「ブロック」を攻略できます。 LINEでブロックされたらどうなる? LINEでブロックされた側は、相手にトークを送っても未読のまま、通話はできない、タイムラインは全体公開の投稿しか見えない、という状態になります。 こうした状況から、「もしかしてブロックされた? 」と感じるかもしれませんが、LINEで相手からブロックされているかどうかは自分では確定できない仕組みになっています。 ですが、相手からブロックされているかも、と推測する方法はあります。 自分から通話をかけると、相手が受話しない状況と同じように見えますが、相手にブロックされていると、実際は相手に通話はかかっていません ブロックされたか確認したい LINEでは自分が誰にブロックされているのか、はっきりとわかる方法はありません。 ただし、以下の条件がすべて当てはまるなら、ブロックされている確率はかなり高くなります。 トークを送っても既読にならない• 無料通話やビデオ通話が繋がらない 受話されない• 相手のタイムライン投稿が全体公開のものしか表示されない LINEでブロックされているかを確かめる方法の1つとして、スタンプをプレゼントする方法があります。 相手にブロックされている場合、スタンプはプレゼントできず、LINEで「~はすでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」、または「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示されます。 LINEスタンプをプレゼントするには それでは、LINEスタンプをプレゼントして、ブロックされているか確認する方法を説明します。 iOS端末は、LINEアプリからスタンプをプレゼントできません。 WebブラウザでLINE STOREを表示し、画面左上の三本線をタップして「ログイン」を選び、LINEにログインします。 Android端末は、LINEアプリの「ウォレット」画面から、「スタンプショップ」を開きます。 続いてスタンプを選択し、「プレゼントする」をタップ。 LINEの友だち一覧が表示されるので、ブロックされているか確認したい相手を選びます。 「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示された場合、相手にブロックされている可能性があります。 相手が持ってなさそうなLINEスタンプを選び、「プレゼントする」をタップ• 「~はすでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」、または「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示されたら、相手にブロックされている可能性があります 確認に使うスタンプは、相手が持ってなさそうなスタンプを選びましょう。 発売されたばかりのスタンプや、相手の名前と異なる名前入りスタンプなら、相手が持っている可能性は低くなります。 ブロックしても相手にバレない LINEでブロックしたい相手がいても、「ブロックしたことがバレると相手を怒らせてしまうのでは」と心配する人もいると思います。 できるだけ穏便に済ませたいですよね。 でも、心配することはありません。 LINEでブロックしても、相手には通知されません。 ブロックした側からは、相手からトークや通話が来ても通知されないようになります。 「友だち」画面からも相手の名前が消え、相手との繋がりが消えた状態になります。 ただし、相手とのトークルームは残るので、不快な場合は「トーク」画面でブロックした相手のトークルームを削除しましょう。 また、LINEで相手をブロックしても、自分のプロフィール画像、ホーム画像、ステータスメッセージ、タイムラインの公開投稿、BGMは相手に見られてしまいます。 それを避けたい場合は、LINEアカウントを作り直すしかありません。 ブロックした相手とのトークルームは残りますが、画面左下に「ブロック中」と表示されます。 ブロックしたあとに送られてきたLINEのトークを見ることはできません• LINEプロフィールのホーム画面や、タイムラインへの公開投稿はブロックした相手に見られてしまいます ブロックした相手が同じLINEグループに入っている場合、ブロックした相手が送信したメッセージは今まで通りグループトークに表示されます。 ブロックした人のメッセージを絶対に読みたくない人は、グループを退会しましょう。 同じグループに入っている場合は、ブロックした人のメッセージも表示されます LINEで相手をブロックする方法 LINEで友だちをブロックするには、LINEの「友だち」画面を開きます。 iPhoneの場合はブロックしたい相手を左にスライドして、「ブロック」をタップします。 Androidの場合はブロックしたい友だちを長押しすると、「ブロック」メニューが表示されるので、タップします。 iPhoneのLINE画面。 「友だち」画面でブロックしたい友だちを左にスライドします• 「ブロック」をタップします• LINEのトークルームからも相手をブロックできます。 トークルーム右上にあるメニューをタップし、「ブロック」を選んでください LINEブロックを解除する LINEで一度はブロックしたものの、そのあと相手と和解することもありますよね。 そんなとき、LINEのブロックは解除できます。 LINEの「友だち」画面にある歯車アイコンの「設定」を押し、そこで「友だち」メニューを開くと、「ブロックリスト」があります。 ブロックリストには、今までブロックした相手が保存されています。 LINEの「友だち」画面から「設定」を開き、「友だち」メニューから「ブロックリスト」をタップします ブロックリストをタップして、ブロックを解除したい友だちの「編集」ボタンを選択。 「削除」か「ブロック解除」という選択肢が出てくるので、「ブロック解除」を押せばブロックを解除できます。 ブロック解除するアカウントの「編集」をタップし、「ブロック解除」をタップします• 相手とのトークルームが残っていれば、トークルームからブロック解除もできます。 トークルーム右上のメニューを開き、「ブロック解除」を選択します 「削除」を選ぶと二度とブロック解除できなくなり、あらためてQRコードやLINE IDによる検索など、LINEで「友だち追加」の作業が必要となります。 予めご了承ください。 関連記事•

次の