収束 終息 どっち コロナ。 収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

『収束』と『終息』どっちが正しいのか気になったので調べてみた

収束 終息 どっち コロナ

【 収束】 しゅうそく おさまりをつけること。 おさまりがつくこと。 「事態の収束をはかる」 「 終息」とは 完全に終わるという意味。 終結することをいいます。 「 収束」とは事態や状況などが 一定の状態に落ち着くこと。 新型コロナでいえば、感染の状況などを伝えるときに多く使われます。 病気自体が「収束した」という言い方はあまりしないそうです。 つまり、新型コロナを完全制圧した場合は「 終息」を。 新型コロナに関する状況がかなり落ち着いてきた場合には「 収束」ということになります。 終息か収束か? 以上のことから考えると「新型コロナウイルスの問題が早くシュウソクしてほしい」の場合は、 収束・ 終息のどちらもありえるということですね。 ケースに応じて文脈から読み取り、自分で判断する必要がありそうです。 この場合はどっちでしょうか。 感染症の場合は「 終息宣言」を使います。

次の

コロナの「しゅうそく」は、「収束」か「終息」どっち?

収束 終息 どっち コロナ

まず「終息」についてお話しします。 「終」は文字どおり「終わる」という意味ですが、「息」という漢字にも「止<や>む」という意味があります。 つまり「終息」は、似た意味の漢字を2つ重ね合わせて「完全に終わる」という意味になっていると考えることができます。 次に「収束」について説明します。 これは「収まる」「束ねる」ということから、「(状況・事態などが)ある一定の状態に落ち着く」という意味になっています。 ふつう、「(例えば新型肺炎の)問題・感染状況」などについて使うことが多く、「新型肺炎」といった病気自体が「収束する」という言い方(書き方)は、あまりしません(なお、似たことばとして「集束」というものもありますが、これは「光の束が一か所に集まること」を意味する物理学の専門用語です)。 ここから、新型肺炎の「完全制圧」の場合には「終息」、(完全制圧ではないにしても)新型肺炎に関する(社会的)状況などがかなり落ち着いてきた場合には「収束」、ということになります。 「宣言」する場合には一般に「完全制圧」でしょうから、「新型肺炎終息宣言」なのです。 いっぽう次のような場合には、表記としては「終息・収束」のどちらもあり得ます(意味はそれぞれ異なることに注意)。 「A国では感染の広がりがシューソクに向かっている。 「(新型肺炎の問題が)シューソクすればA国を訪問する。 「(新型肺炎の問題が)早くシューソクしてほしい。 」 もうおわかりかと思いますが、「終息」は「完全制圧」であるのに対して、「収束」の場合には、ほぼ事態が収まっていることを意味します。 例えば音声コメントにスーパーをつける場合、その人が「終息」と「収束」のどちらの意味で発言したのか、注意が必要でしょう。 (メディア研究部・放送用語 塩田雄大).

次の

収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

収束 終息 どっち コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大に関連してよく使われる、ともに「しゅうそく」と読む「収束」「終息」の2語。 いずれを使うか、あるいは使い分けるかはほぼ三分されました。 どちらも正しいが、意味には違いも 結論から言うと、例文のような「ウイルス流行の『しゅうそく』を目指す」という形であれば、いずれかを使うことで間違いになるということはまずありません。 個人の判断で、使いたい方を選んで構わないと考えます。 毎日新聞用語集は「悪疫が終息」という用例を載せています。 この例を採用している新聞社・通信社の用語集は多く、「新型肺炎の終息を宣言」のような形で載せている社もあります。 この伝でいくと「終息」が正しいように見えるかもしれませんが、話はそう簡単でもありません。 結局のところ「収束」と「終息」は意味の異なる言葉であって、使い分けが可能だからです。 例えば大辞泉(2版)は「収束」について「分裂・混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 また、収まりをつけること」と言い、「終息」は「物事が終わって、やむこと」と説明します。 ウイルス流行の「収束」と言った場合には、事態は終わらないまでも混乱に収拾がつき、制御可能な状態になることを指すでしょう。 最終的な目標が「終息」であることは当然です。 従って、当座の目標として「収束」を目指し、究極的には「終息」を目指す、という使い方が考えられます。 「意図しておさめる感じを出したい場合」は「収束」、ブームは「終息」ではないか、とも。 「終息する」は自然に下火になって消えてしまう感じでしょうか。 一方で「収束する」は、自動詞・他動詞の両方として使われます。 「事態が収束する」だけでなく「(人が)事態を収束する」という形も取り得るということです。 自動詞のみの「終息する」に比べると、「収束」の方が人為的なニュアンスを帯びます。 政策や指導によって事態をおさめる、おさめよう、という場合には「収束」が選ばれることになるでしょう。 「終息」しても再発することも… 新型コロナウイルスの感染拡大は、東京オリンピックの1年延期を強いるなど、私たちの身の回りにも大きな影響を及ぼしています。 とにかくまずは爆発的な感染を防いで、事態を「収束」に向かわせることが望まれます。 そのうえで患者のいない状態に至り、感染症が「終息」してほしい。 ただし、回答から見られる解説でも触れましたが、コンゴ民主共和国のエボラ出血熱は、2018年7月に同国北西部の赤道州で5月に発生、7月に終息を宣言したものの、8月には同国東部の北キブ州で流行が宣言されています。 「終息」しても再発するというのであれば、それは「終息」なのかどうか。 コロナウイルスの場合も世界中に感染が拡大してしまっている以上、こちらで「終息」したつもりでもあちらでは流行中ということが起きうるでしょう。 3月28日の安倍晋三首相の記者会見でも「感染終息」についての見通しは語られませんでした。 当面はやはり、国内での「収束」を目指す、というのが表現としても中心的なものになりそうです。 (2020年03月31日) 新型コロナウイルスの感染拡大が続きます。 流行のやむことを願うばかりです。 感染症の流行があると、新聞は事態が解決することについて「収束」ないし「終息」の語をよく使います。 毎日新聞の記事データベースを検索すると、今年1月1日~3月7日の記事において、「コロナウイルス」と「収束」が同時に出てきた記事は57件、「コロナウイルス」と「終息」では32件がヒットします。 「収束」は、例えば政府の専門家会議が2月下旬に出した「これから1~2週間が拡大か収束かの瀬戸際となる」とする見解などに出てきます。 「終息」の例は「ワクチンが完成した頃には流行が終息している場合もある」のようなものです。 辞書の説明によると「収束」は「おさまりがつくこと。 おさまりをつけること」(岩波国語辞典8版)で、「終息」は「やむこと。 終わること。 絶えること」(同)。 最終的な解決は「終息」のはずですが、「収束」もよく使われるのは、差し当たり事態を制御可能な状態におさめることが現実的な目標だからでしょう。 新聞・通信社の用語集には「悪疫が終息」といった例を載せているものがありますが、エボラ出血熱のように当局が「終息宣言」を出すはしから流行が再燃するものもあり、簡単に「終息」を使えるものでもないように思います。 状況によって使い分ける言葉だと思いますが、いかがでしょうか。 (2020年03月12日).

次の