ビデオ テープ デジタル 化。 【VHSをDVDにデジタル化】昔のビデオテープや8ミリをデータ化・ダビング保存する方法

USBビデオキャプチャー VHSテープや8mmビデオテープをダビングしてデジタル化 DVDに保存 ビデオキャプチャー

ビデオ テープ デジタル 化

8ミリビデオで撮った家族の映像、そのままになっていないでしょうか。 もしお持ちなら一刻も早く ビデオテープをデジタル化しないと、カビと劣化で見られなくなります。 いきなり脅かすような言い方ですみません。 私はアナログビデオテープのダビング作業を終えたのですが、カビや磁気テープ劣化による切断などが、数本に起こっていました。 クリーニングと補修でなんとかなる範囲だったので良かったですが、ダビングサービス業者の方に聞くと、どうにもならない 重度のカビテープが、年々増えているそうです。 ビデオテープの映像は、デジタルデータ化して、DVDやパソコンにダビングしておけばそれ以上劣化しません。 とにかく早くコピーしてしまうことが大切です。 そこで、8mmビデオからDVDにダビングする方法を4つまとめました。 いずれも私が試して成功したやり方です。 8mmビデオの特徴とダビング方法 8mmビデオは、ビデオテープ幅が8ミリの家庭用ビデオ規格です。 Hi8 ハイエイト や VIDEO8 ビデオエイト などの名前で呼ばれ、VHSよりもテープが小さくて済むので、 ハンディカムと合わせて普及しました。 1985年にソニーが初の8ミリビデオカメラを発売。 以降2000年ごろまで使われていました。 その後はMiniDVが主流となっていきます。 もうほんと懐かしいですね。 そんな8ミリビデオのダビング方法として、まず大きく2つにわけると、自分でやるのか業者に依頼するのかになります。 そして、自分でやる場合、パソコンを使うのかどうかという選択肢があります。 【自力】パソコンなしでダビングする• 【自力】パソコンを使ってダビングする• 【業者】ダビングサービスに依頼する パソコンに関しては、持っていない、または操作が難しいから使わずにダビングしたいという場合と、パソコン上でデータの管理を一本化したいという場合があるので、どちらが良いとは言えません。 8mmダビングのメリット・デメリットを比較 8mmビデオダビングのやり方について、メリットとデメリットを比較すると、このようになります。 メリット デメリット 自分で PCなし ・本数が多くても費用が一定 ・パソコンの知識不要 ・操作が簡単 ・機材費用がかかる 3万〜5万円程度 ・設定に加え、映像分の作業時間がかかる 自分で PCあり ・本数が多くても費用が一定 ・パソコン上でデータを管理できる ・パソコン本体費用 ・機材費用がかかる 3万円程度 ・パソコンの設定や接続に知識が必要 ・設定に加え、映像分の作業時間がかかる 業者に依頼 ・全部おまかせできる ・プロの仕事で高品質 ・カビ取り、テープ補修などあり 別料金 ・料金がかかる ざっくり1本千円 自分でやるのになんで3万円もかかるんだと思いますよね。 中古品のビデオデッキが高いんです。 なので、ビデオテープが1〜2本しかないならダビングサービスに依頼した方がいいです。 機材を揃える方が高い。 でも、あまりにも 本数が多い場合も、自分でやらない方がいいです。 私は10本を超えたあたりでさじを投げました……。 時間かかりすぎてやってられません。 この先たいして見ない映像ですし、ものすごく時間を無駄にしている気持ちになります。 いや、大事な想い出なんですけども。。 さておき、この記事では 自分でダビングする方法3つと、 ダビングサービスへの依頼について1つをご紹介します。 やり方を迷っている方はこのまま順番に読み進めてください。 さほど長い記事ではないですが、決まっている方は下記をタップ、クリックするとページ内の説明箇所に飛びます。 この方法のメリットは、 安くできること、テレビを使わないこと、パソコンでデータが管理しやすいことです。 スマホに持ち出して、子どものころや若かりし日の映像を人に見せたりできます。 デメリットは、そこそこパソコンに慣れていないと、 つまずいた時に対処できなくなることですね。 「マニュアル通りにやったのに、同じように動かない」ということは、パソコンをいじっているとよくあります。 一定の動作をする家電とは違いますから。 8mmダビングを業者に依頼する ぶっちゃけ、アナログビデオテープからのダビング方法を念入りに調べて、ここが分からない、こっちの方がいいかな?とかやってる間に、ダビングサービスに依頼してしまった方が早いです。 依頼にお金はかかりますが、あれこれ調べる時間、機材を揃えるお金、作業時間 ここがデカすぎる 、失敗のリスクを考えると、専門家がやってくれる ダビングサービスの料金は安いです。 私は全部の方法を試したので断言できます。 各ダビング業者の比較はこちらのダビングサービス比較記事をご覧ください。 VHSのダビングサービス比較ですが、各社8ミリビデオも対応しています。

次の

家のビデオテープが再生できなくなる前に!ビデオをDVDやパソコンに保存して守る、かんたん“デジタル化”のすすめ

ビデオ テープ デジタル 化

実家で発掘した昔のVHSテープの数々 VHSテープを自分でデジタル化するには、当然ながらVHSビデオデッキが必須だ。 手元にない場合は、新品はもう売っていないので中古ショップやオークションサイトなどで利用できそうな機器を探したり、まだ持っている人に借りるという手もある。 ネット上で探してみると、パナソニックやDXアンテナ、船井電機などの製品がいくつか出回っており、安いものは2,000円台で購入できそうだ。 12年モノのレコーダでDVD化。 トラブルも とはいえ、実際にVHSテープのダビングをいくつかやってみると、事はそう簡単ではないことも分かった。 まず、当然ながらVHSテープのダビングは等倍で行なわれるため、結構時間がかかる。 平日はほぼ一日仕事で家を空けるため、編集作業を含めると夜に一本ダビングできるかできないかといった進捗だった。 VHSテープが主流だった頃は、自分や両親が割とまめにラベルを作って貼っていた。 おかげでどのテープに何が録画されているかは、おおよその見当が付く。 そこまでは良かったが、ちゃんとケースに入れていなかったものは保管状況があまり良くなく、中のテープに埃が付着していたりカビのような付いてしまっていたりと、そのままビデオデッキに挿入するのはためらわれるものが意外と見つかった。 ダビングの度にビデオデッキのヘッドクリーニングをするのも、なかなか手間ではある。 付属のリモコンボタンの一部が機能しなくなるトラブルも起きた。 EH70Vは本体のワンタッチボタンを長押しするだけで、テープをフルでHDDやDVDにダビングしてくれるが、一部だけで良い場合や画質変更などの細かい設定をするにはリモコンが必要になる。 この決定ボタンがいつのまにか、押しても何も反応しなくなってしまった。 リモコンだけ中古で探して買い直すのも馬鹿馬鹿しい。 結局、メーカーの保証はなくなるが 十数年前の機種なので別に構わないが 、分解してリモコンの接点にアルミ箔を貼り付けることで解決した。 同じような問題は、他の機器でも起こりうるだろう。 本体だけではダビング作業が進められないビデオデッキの場合は、リモコンが使えないとせっかくの機能が活かせなくなってしまう。 こうして、実家にあったVHSテープ5本を3日掛けてHDDにダビングし、3枚のDVDに移した。 なお、EH70VはVHSからDVDへ直接ダビングもできるが、作業中に一時不安になる動作音がしたのと、不要な映像を消すことも考えていったんHDDに移してからDVD化した。 EH70Vのリモコン。 マルチジョグ中央の「決定」ボタンが効かなくなったが、分解して自力で直した VHSテープのダビングを代行してくれるサービスもあり、インターネットで検索するとビクターや富士フイルム、ヤマダ電機、カメラのキタムラなどがそれぞれ独自に展開している。 サービスによって料金は異なるが、お金を払えば自分でダビングする手間が省けるうえ、埃が入り込んだりカビの影響を受けてしまったテープを綺麗に処理してくれるところもあって、そこに全部頼んでしまえば良さそうに見える。 ただし、これらの代行サービスは基本的に、自分でビデオカメラなどで撮影したホームビデオなどのデジタル化を想定したところが多く、テレビ番組や映画などは自分で録画したものであっても、著作権などの観点から受け付けてもらえないことに注意したい。 VHSを「懐かしのテレビ番組を見返すために残しておきたい」という人は、自力でダビングを試みることになる。 VHSテープの整理は早めに済ませよう 今年で30代に突入した筆者にとって、VHSは思い出のある記録メディアのひとつ。 しかし、2016年に船井電機がビデオデッキ生産完了を発表して以来、新品で買える一般向けの再生機器はほとんどない。 また、磁気テープは保管の仕方に気を遣っていても、経年劣化が進んで映像や画質に著しく影響を及ぼす。 それに、かつて一生懸命録りためた映画の多くは映像配信サービスでいつでもどこでも気軽に観られるので、わざわざVHSテープで残す意味も薄れている。 個人的には、ソフト化されていない一部のアニメやドキュメンタリー、過去のオーケストラ名演などのテレビ番組をバックアップできたら、テープそのものは処分してしまって構わない。 中古市場ではビデオデッキが数多く流通しているが、きちんと動作する「完動品」の入手は、今後さらに難しくなるだろう。 連休など時間のあるときや大掃除の折に、VHSテープで映像を楽しんでいた過去を振り返りつつ、整理に勤しみたい。

次の

ビデオからDVDへダビング 398円。業界最安値に挑戦|想い出ビデオDVDダビング工房 TOP

ビデオ テープ デジタル 化

VHSビデオから動画ファイルを作成 録り溜めしたビデオテープをデジタル化してDVDや動画ファイルとして保存する際、最低限必要なのがビデオデッキとパソコン、そしてキャプチャー。 DVDに焼くならDVD-RW対応のドライブも必須。 普段から視聴しているビデオテープをデジタル化する場合は特に問題はないと思うが、ホコリをかぶっているビデオテープとビデオデッキを引っ張り出してきての作業の場合は、テープの切れ、変形、カビの発生など、テープの保管状態によっては劣化している可能性もあるため、再生前の確認が必要。 また、長期間使用していないビデオデッキは、正常に稼働しない可能性が高いので、不要なビデオテープ等で必ずテスト再生を行う。 劣化したビデオテープを無理に再生すると、テープが破損するだけでなく、ビデオデッキを痛めることになるので、自力で修復できない場合は専門業者に依頼するか、そのビデオテープを諦めるしかない。 また、2016年までは辛うじてDXアンテナ(船井電機)がビデオデッキを生産していたものの、2018年現在でビデオデッキを生産しているメーカーは存在しない。 ちなみに2010年に6,951円で購入したDXアンテナの「Hi-Fiビデオ VTR-100」は現在、Amazonで52,800円の値がついていた。 ビデオテープのデータ取り込み 地デジやブルーレイでHD(High Definition)画質が一般化しているものの、DVDなどのSD(Standard Definition)画質もまだまだ健在。 デジタル録画に対応したD-VHSならブルーレイに匹敵するHD画質を実現しているが、通常のVHSは再生する機器の性能によって画質が大きく左右され、一般的にDVDよりも画質は落ちる。 アナログビデオキャプチャ パソコンとビデオデッキを簡単に接続するにはビデオキャプチャが便利なのだが、このハードウェアもビデオデッキと同様、年々生産されるモデルが減少している。 IOデータの製品もBUFFALOの製品もUSBキャプチャとキャプチャソフトの組み合わせになっているので、別途でキャプチャソフトを用意する必要もなく、手軽にビデオテープをデジタル化できる。 USBキャプチャはビデオデッキ側がRCA端子(ピンプラグ)、パソコン側がUSBになっており、接続は至って簡単。 ケーブルはコンポジット映像信号(黄色のプラグ)の他にS端子での接続も可能になっている。 ビデオデッキとPCをビデオキャプチャで接続し、ビデオキャプチャに付属のアプリをPCで起動すると、動画ファイルへの取り込みができる。 「ビデオテープ to DVD」では、MPEG2・MPEG4・WMVと3種類から選択可能でビットレートなども調整できた。 「ビデオテープ to DVD」はMPEG2ファイルとして、再生されるビデオの映像をキャプチャし、そのファイルを指定した画像形式に再エンコードしていた。 上図の「キャプチャ済みのビデオ」フォルダにエンコード前のファイルが保存され、「COMPUTER」フォルダにエンコード後のフォルダが生成される。 そのためファイル形式にMPEG4を選択しても、MPEG2よりも画質が向上するわけではなく、理論的には再エンコードにより多少なりとも画質は劣化する。 直接DVDへ書き込む場合も同様の処理が行われており、最大ビットレート(9800kbps)でキャプチャしたファイルを、指定したDVDメディアの容量に収まるようビットレートを下げて再エンコードされる。 ビデオテープ to DVD 2010年当時に購入したイーフロンティアの「ビデオテープ to DVD」は、後継の「ビデオテープ to DVD 3 Plus」までリリースされていたが、すでに販売終了。 動作環境もWindows XP~Windows 7までで、イーフロンティアのサイトではWindows10への対応サポートも行われていない。 本製品は販売元がイーフロンティアで、製品そのものは現在コーレルの傘下にあるROXIO製。 サポートを打ち切っているため、ROXIOのサイトには「ビデオテープ to DVD」のページが存在せず、イーフロンティアのサイトには辛うじて製品情報ページがあるものの、ドライバや付属アプリの提供はされておらず、ドライバやアプリが収録された製品付属のDVDを紛失すると面倒なことになる。 ただ、Corelの本家サイトにある「Knowledge Base」にひっそりと「Driver For Easy VHS To DVD 3 Plus Device」の更新用ドライバが公開されていた。 このページは日本語版の「ナレッジベース よくある質問とその回答集 」には無く、言語で日本語を選択すると表示されなくなる隠しページのような存在。 提供されているドライバは「VHS To DVD 3 Plus」のものだが、「ビデオテープ to DVD」でも利用でき、Windows10でも動作する。 残念ながらキャプチャ用のアプリは見当たらなかったので、ビデオテープを動画ファイルとして取り込む場合は「Debut」などのアプリが別途必要になる。 シンプルで使いやすい多機能ビデオキャプチャ Debut はオーストラリアのソフトウェア開発企業「 NCH Software 」が販売している有料のキャプチャソフト。 デスクトップのキャプチャならフリーソフトでもいろいろと […] 画像安定装置(タイムベースコレクタ) テープ本体の劣化は別として、普通に再生できるビデオをより高画質でデジタル化したい場合は、すでに廃番になっている過去の名機を中古で購入するか、既存のビデオデッキに画像安定装置(タイムベースコレクター)を設置する。 画像安定装置はノイズリダクションにより画像をクリアにするのもので、不要な信号を除去するため、副産物的な機能としてVHSのコピーガードだけでなく、地デジ番組のダビング10やコピーワンスという制限も解除されてしまう。 地デジ録画をコピーする際の基礎知識 地上波のデジタル化により、放送されるコンテンツが無劣化で複製可能になったことから、著作権を保護するため、放送されるコンテンツにはコピー制御信号が付加され、更に暗号化(スクランブル)され […] キャプチャしたファイルの編集 ビデオで録画されたテレビ番組はインターレース方式のため、縞模様のようなちらつきが発生する。 この現象はファイルをプログレッシブ化(インターレース解除)することで改善できる。 使用するキャプチャソフトにインターレース解除機能が実装されていれば問題ないが、未実装の場合は動画編集ソフト AviUtl や Avidemux でキャプチャした動画にインターレース解除などのフィルタをかけ、再エンコードすることで元の動画よりも見やすい画質にすることができる。 動画のカット編集が無劣化で行えるオープンソースの無料 動画編集ソフト Avidemux はオープンソースで開発が進められているノンリニア編集の無料動画エディタで、動画のカット編集が無劣化で行えるほか、エフェクトやフィルタ […] インターレースはアナログ放送やビデオで使用されている走査線を奇数と偶数に分けて送信する方式で、デジタル化すると縞々になる。 Avidemuxには複数のインターレース解除フィルタが搭載されており、「KernelDeint」「Libavdecデインターレーサ」「Yadif」「逆テレシネ Decomb」あたりを試すと良いかも。 インターレース解除とは交互に欠けている走査線を補間して表示する技術で、ちらつきを押さえる効果がある。 その他にもノイズ低減やシャープネスなど、好みの画質になるよう、編集後のプレビューを確認しながらフィルタをかける。 上図はフィルタをかけていない状態。 インターレースの縞網様がはっきりと分かる。 インタレース解除を行ったもの。 シャープさが損なわれ画質は甘くなっているが、上図と比較すると見やすくなっている。 複数のフィルタ設定を行ったもの。 随分と見やすい映像になった。 フィルタは「高画質に見せる」だけで、実際に画質そのものが向上するわけではないが、アナログデータのデジタル化には非常に有効。 動画をDVDとして保存する デ ジタル化したファイルをDVDプレーヤーでも再生できる形式にするためにはオーサリング処理が必要で、DVDオーサリングソフトDVDStylerなどを使用する。 無料のDVDオーサリングソフト DVDStylerは動画ファイルをDVDプレーヤーで再生できるようにするDVDオーサリングソフト。 MPEG・H. 264・DiviX・Xvid・FLV・WMVなどメジャーなフォーマットに対 […] ビデオテープの再生と同様、メニューやチャプターなどが必要なく、1つの動画ファイルをDVD化するだけなら、DVD Stylerでの作業は非常に簡単。 素材の動画ファイルを「タイトルセットマネージャー」の領域に追加し、デフォルトで表示されている上図赤枠部分の「メニュー1」をコンテキストメニュー(右クリックメニュー)で削除。 タイトルセットマネージャーの領域に動画ファイルが1つあるだけの状態にして出力すると、DVD挿入後にタイトル1が再生される。 別の方法としてはメニューを削除せずに、メニューのプロパティでプリコマンドに「jump title 1;」を指定する。 後はメニューバーの下にある「DVD作成アイコン」をクリックするだけでISOイメージファイル、またはVOBファイルを格納したフォルダが生成される。 メニューを作成すると市販のDVDっぽくなる。 複数の動画をタイトルセットマネージャーへ追加、それらをメニューへドラッグして、プロパティを開く。 「外観」で予め用意していた画像を指定。 各動画ごとにプリコマンドとポストコマンドを設定して、再生前または再生後の動作を指定する。 更に手をかけるなら、メニューが表示された際に再生されるBGMや、DVD再生時に初回のみ再生されるオープニングムービーを挿入するのもあり。 DVD Stylerは自由度が高い反面、複雑になっているので、もっと手軽にオーサリングを行うなら、有料になるなどの選択肢もある。 関連記事 This website uses cookies so that we can provide you with the best user experience possible. Cookie information is stored in your browser and performs functions such as recognising you when you return to our website and helping our team to understand which sections of the website you find most interesting and useful.

次の