カード ローン ブラック リスト 時効。 ブラックリストが消えるまでの期間(ブラックリストの信用回復期間)

ブラックリストから自分の名前を消す方法

カード ローン ブラック リスト 時効

返済してない、未払いだとブラックリストの情報はずっと残り続ける まず結論からいうと、 延滞したお金を返済しない限りブラックリストの情報はそのまま残り続けます。 返済していないというのは、支払いをせずにそのまま放置しているということ。 そのままお金を完済しなければ一生ブラックリストのままです。 すべて払い終えればブラックリストの情報は数年で消える 「でもブラックリストって数年で消えるんじゃないの?」... という人もいるかも知れませんが、それは延滞しているお金をすべて払い終えた後の話。 あとからも説明しますが、 延滞金を完済してから最大5年でブラックリストの情報は消えます。 信用情報とは... ? 個人の「氏名、生年月日、性別、住所、電話番号」などの基本情報、そして「現在の借り入れ額、過去の返済履歴」といったデータを含めた情報のこと。 クレジットカードなどを契約したときに申し込みの内容と履歴がCIC、JICC、KSCといった 『信用情報機関』で保管、更新されます。 主に新規でクレジットカードやローンを審査するときに「この人と契約しても問題ないか」とカード会社やローン会社が判断するために使われます。 自分がブラックかどうかは、信用情報機関のデータを開示すればすぐに分かります。 ここからは、主にクレジットカードの会社が加盟会員になっているCICの情報を元に話を進めていきます。 CICのデータは ネットや窓口で申請すれば開示して見ることが可能(も参照)。 以下は開示した私のデータです。 いろいろと情報量が多いですが、とりあえず画像の赤丸と青丸のところがチェックできれば大丈夫です。 返済状況に「異動」があるとブラックリスト確定 まず、 赤丸は「返済状況」。 クレジットカードやローンの返済データがここに載りますが、 3ヶ月(もしくは61日)以上の延滞をすると金融事故として『異動』と書かれブラックリスト入りです。 CICに加盟しているカード会社やローン会社は、審査のときに申込者のCICデータをチェックします。 この異動情報があるとまず可決しません。 A:請求日までに入金がなかった 自分がブラックかも知れない、あるいはカードの審査になかなか通らないという人は、異動情報が書かれていたり、入金状況のどこかにAのマークが連なって並んでいるはずです。 ブラックリストは最低でも5年間は消えない くり返しますがブラックリストは解除されるまでも長く、 最低でも 5年間は異動情報は消えません。 以下はブラックリストになってから解除されるまでの期間です。 とにかく保有期限が解消するまで待つことです()。 借金の時効まで逃げ切るのはかなり難しい クレジットカードの支払いをズルズルと先延ばしにしてる人の中には「時効まで逃げ切ろう!」... という方もいるかもしれません。 クレジットカードや消費者金融の支払いは5年待てば時効になるので払う必要はなくなります。 しかし時効まで逃げ切るというのはハッキリ言って難しいです。 というのも、借金の時効は以下の理由でそれまでに経過した時間を中断できるから。 つまり時効前から最低でも10年間はブラックリストだということです。 ちゃんと借金の時効を迎えるのが難しくて心身に負担がとても高い上に、結局ブラックになってしまうなら、最初から素直に返しておくほうが得策ではないでしょうか。 クレジットカードや借金の時効についてもっと知りたい!... という人は以下の記事も参考にしてください。 おわりに 以上、延滞したお金が未払いだと一生ブラックリストだよ... という記事でした。 何度も言いますが返済ができるなら早めに対応して、もし金銭的に苦しければ「借金減額シミュレーター」も参考にしながら債務整理も視野に入れておきましょう。 借金の延滞中というのはどうしても余裕が無くなるので、心も体もハードだと思います。 そういった方の参考に少しでもなれば幸いです。

次の

カードローンの返済期限に時効はあるの?

カード ローン ブラック リスト 時効

カードローンの過払い金とは まず、過払い金とは何か、という疑問を解消しておきましょう。 過払い金とは、定められた金額より多くのお金を払ってしまっている状況のことを指します。 また、CMでよく見る「過払い金請求」は、定められた金額より超えてしまった部分の返還を請求することをいいます。 では、どのようなケースが過払い金請求の対象になっているのでしょうか。 簡単に結論から言ってしまえば、「2010年以前に消費者金融キャッシング、クレジットカードキャッシングでお金を借りたことのあるケース」が対象になります。 これらに該当している方は、本来定められた金額よりも多くお金を払ってしまっている可能性があります。 対して、2011年以降にこれらのサービスを利用してお金を借りた人に関しては、過払い金請求の対象になりません。 なぜ2010年が境になっているのかというと、貸金業者を対象とする「貸金業法」の改正があったからです。 貸金業法改正の内容を簡単にまとめると• 総量規制の導入…借入残高が年収の3分の1を超えた場合、新規借入の停止• 上限金利引下げ…従来29. 2%だった法律上の上限金利が、借入額に応じた15%~20%へ引下げ• 貸金業者に対する規制強化…各営業所に、貸金業務取扱主任者資格を持つ者を配置• みなし弁済の廃止 というものでした。 上記のうち、過払い金請求に大きく影響したのは2の内容です。 なぜかというと、貸金業法の改正以前は、現在過払い金に該当している部分も法的にグレーの状態だったからです。 貸金業法が改正されたことにより法的にグレーだった部分は、正式に過払い金請求の対象になったのです。 みなし弁済とは 過払い金について理解する際に必要な知識として、「みなし弁済」があります。 みなし弁済とは旧貸金業法第43条において規定されていた内容です。 旧貸金業法43条では、「債務者が任意に支払った場合、法律で決まっている上限金利を超えていたとしても、法定金利超部分の支払いを有効な債務の弁済とみなす」という内容になっていました。 過払い金による訴訟が表面化した時期に消費者金融は、「債務者は金利を確認した上で借入しているのだからみなし弁済に該当する。 返還は必要ない」と主張したのです。 みなし弁済に該当すれば、上限金利超の金利だったとしても合法になり、既に返済されたお金を過払金として返還する必要はありません。 そのような中、「過払金はみなし弁済ではなく、無効だ」と主張する債務者側と、「みなし弁済なので金銭を返還する必要はない」と主張する消費者金融側との間で、訴訟問題が勃発します。 裁判は最高裁までもつれ込み、結果として「上限超の金利を強制されて支払った場合、特段の事情がない限り無効とする」との判決が下ったのです。 最高裁がこのような判決を下したことで、多くの消費者金融が主張していたみなし弁済は事実上成立不可能になりました。 このような背景から、2010年の貸金業法改正において、みなし弁済は撤廃されました。 ちなみに、最高裁の判決以降、債務者による過払い金請求が消費者金融に殺到したことから各業者は業績が悪化、アイフルに至っては事業再生ADRを申請しました。 他社においても、武富士が上場廃止後事業再生を申請したり、プロミスが上場廃止になったりと、貸金業法改正の影響が消費者金融にとっていかに大きかったかがわかります。 現在では、プロミスは三井住友グループの完全子会社となり、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社になっています。 アイフルに関しては事業再生ADRを申請した後着実に業績を回復させ、現在も子会社になることなく営業を継続しています。 みなし弁済についてご理解いただけたところで、過払い金請求において非常に重要な「グレーゾーン金利」と、過払い金請求における流れをご説明していきます。 参考: グレーゾーン金利と過払い金返還請求 ここでは、過払い金請求におけるグレーゾーン金利について、ご説明しておきます。 グレーゾーン金利とは、出資法の上限金利と利息制限法の上限金利が異なっていたことにより生じた、「利息制限法以上、出資法以下」という間にあたる金利帯のことです。 従来、出資法の上限金利は29. 2%、利息制限法の上限金利は20%となっていました。 つまり、両法の上限金利には、9. 2%の金利差があったということです。 この9. 2%の金利帯は法的にグレーゾーンだったことから、「グレーゾーン金利」と呼ばれていたのです。 過払い金請求の対象は、このグレーゾーン金利部分で借入していたにも関わらず返還請求を行っていない人、ということになります。 では、なぜこのようなグレーゾーン金利が問題になったのかというと、2010年の貸金業法改正以前に多くの消費者金融が、このグレーゾーン金利で営業していたからです。 当時、グレーゾーン金利は「違法でもなく、合法でもない」とされていましたが、多く消費者金融は合法だと判断していました。 当然ですが、20%で貸付するよりも29. 2%で貸付するほうが、消費者金融の利益率は高くなります。 その一方で利用者から見れば、返済不能に陥るリスクが大きくなってしまうということです。 このような背景から多重債務者や自己破産者が急増し、社会問題に発展しました。 加えて、返済不能になった多重債務者が自殺を図ったケースも連日ニュースで報道されました。 先述したみなし弁済における最高裁の裁判も、この時期に起こった出来事です。 結果としてグレーゾーン金利は無効と判断され、消費者金融へ過払い金を請求する利用者が殺到する事態になりました。 2018年1月現在では、事態も収束に向かって落ち着いてきています。 通常、過払い金請求は弁護士を通じて行います。 弁護士は利用者の利用歴に基づいて、「引き直し計算」を行います。 引き直し計算とは、グレーゾーン金利ではなく法定金利で再計算を行うことです。 再計算を行った後、払いすぎていた利息部分を業者に請求します。 ただし注意点として、過払い金請求には時効による期限があります。 過払い金請求の時効は10年ですので、最後の取引から10年以上経過してしまった場合は、請求を行うことができません。 銀行カードローンでは過払い金の問題は発生しない 冒頭で、「2010年以前に消費者金融キャッシング、クレジットカードキャッシングを利用した方が過払い金請求の対象」と触れましたが、銀行は対象にならないのでしょうか。 結論から完結にいうと、銀行にも法定上限金利は適用されますが、そもそも銀行はグレーゾーン金利で営業していなかったのです。 したがって、銀行でお金を借りていた人は法律に則って借入していますので、過払い金請求の対象になりません。 まとめ 過払い金請求における諸問題は、現在では時効によって着実に収束へ向かっています。 万が一、当記事の内容がご自身に該当していて、時効にもなっていないのであれば、あなたも過払い金請求の対象かもしれません。 そのような場合は、弁護士へ相談するようにしましょう。 この記事のポイントを簡単におさらいすると、 【みずほ銀行カードローンについて】• 5%引き下がります。 引き下げ適用後の金利は年1. 【レイクALSAの貸付条件について】• 【レイクALSAの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、利用いただけます。 【融資額】1万円〜500万円【貸付利率(実質年率)】4. 5%〜18. 【利用対象】満20歳〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)【遅延損害金(年率)】20. 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関 日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター 契約には所定の審査があります。 2018年4月現在。

次の

ブラックリストに載ってしまう6つのケースと、掲載されない4つのケースまとめ!延滞や債務整理などのブラックリスト入りする条件はこれだ。

カード ローン ブラック リスト 時効

クレジットカードで借金を作ってしまって返済する事ができないままでいるとどうなるのか、皆さんはご存知でしょうか。 あまり知られていませんが、実はクレジットカードで作ってしまった借金には時効があり、時効援用という制度を利用する事によっていわゆる「踏み倒し」ができてしまうのです。 しかしながら気を付けないといわゆる「ブラックリスト入り」をしてしまったり、クレジットカードを新たに発行したり、ローンを組む際に重要視される信用情報に傷が付いてしまう恐れがあります。 今回はクレジットカードの借金に困った場合はどのように対処すれば良いのか、クレジットカードの借金にまつわる時効の期間や、時効援用を行うメリットとデメリットを詳しく解説していきます。 時効の期間 借金の時効には大きく分けてふたつのケースがあり、貸主によって時効となるまでの期間が異なります。 なお、どちらの場合も最後の取引から経過した期間を指しています。 まずひとつ目は、家族や知人などといった個人からお金を借りたというケースです。 こちらのケースでは、借金の時効は10年となっています。 ふたつ目は、消費者金融やクレジットカード会社などの企業からお金を借りたというケースです。 こちらのケースでは、借金の時効は5年となっています。 時効援用のメリット クレジットカードで作った借金は5年で時効を迎えますが、何もしないで借金を放置しておくだけでは時効とはなりません。 書面にてきちんとした手続きを行う必要があるのです。 それが「時効援用」という制度です。 時効援用は、時効制度を適用する意思を相手方(貸主)に伝える事によって、効果が発生します。 要件さえ満たしていれば相手(貸主)が合意せずとも借金がなくなる事になります。 時効援用を行うメリットとしては、何もしないでいるよりも早くブラックリスト入りの状態から抜け出す事ができるという点です。 借金を滞納すると「滞納」、踏み倒すと「貸倒」という情報が個人信用情報機関に記録され、複数のクレジットカード会社に共有されます。 そのためクレジットカードで借金を滞納したり、踏み倒してしまうといわゆる「ブラックリスト入り」の状態となります。 このまま借金を踏み倒して返済しないまま放置していると、ブラックリストから貸倒の情報は消えません。 しかし、時効援用を行い、その後5年が経過するとブラックリストから貸倒という情報は削除されます。 借金を踏み倒してしまっても5年後には新しくクレジットカードを作りたい、もしくはローンを組みたいといった場合には時効援用は有効な方法と言えるでしょう。 ブラックリスト関連記事 時効援用のデメリット クレジットカードで借金をして返済しなかったという場合、借金の返済期間を過ぎると「延滞」という情報が信用情報機関に記録されます。 この延滞の情報もブラックリストに載ってしまう項目のひとつとなっていて、延滞があると新しいクレジットカードを発行したり、ローンを組むといった事ができなくなってしまいます。 時効援用を行い、クレジットカード会社が「時効により借金が消滅して回収できなかった」という旨を信用情報機関に申告した場合、回収できず損失となったという意味の「貸倒」として情報が記録されてしまいます。 貸倒は金融事故情報となりますので、当面の間は新しくクレジットカードを発行したり、ローンを組んだりという事はできなくなってしまいますので、十分に注意する必要があります。 時効の意思を伝える方法 時効援用を行うためには、所定の手続きを行う必要があります。 手続きといってもそれほど難しいものではなく、内容証明郵便で時効援用通知書を郵送するのみです。 「内容証明郵便」という言葉を聞き慣れないという方も多いかと思いますが、いつどんな内容の文書を誰から誰へと差し出したかという記録を日本郵便が証明してくれる制度です。 内容証明郵便を利用する際の注意点としては、全ての郵便局が対応している訳ではないという点と、文書の謄本が必要となるという点、場合によっては印鑑も必要となるという点です。 最寄りの郵便局が内容証明郵便に対応しているかどうかは予め問い合わせておきましょう。 消滅時効援用通知書の書き方(書式)についてはインターネットで検索すると弁護士事務所のホームページなどで閲覧する事ができます。 重要なのは、しっかりと差し出し日や内容の記録が残る内容証明郵便を利用する事です。 インターネットを検索していると、電話や普通郵便でも時効援用ができると書かれているホームページもありますが、これらの方法では時効援用を行う事はできません。 時効援用の手続きが難しい場合は弁護士に相談 クレジットカードの借金を返済せず、踏み倒したままでいるとクレジットカード会社から内容証明郵便で請求書が送られてくるケースがあります。 この場合、半年間は時効期間が停止してしまいます。 また、クレジットカード会社から裁判を起こされてしまう可能性もゼロとは言い切れません。 このようにトラブルが起きてしまった場合や、時効援用のやり方が分からないといった場合は弁護士に相談してみるという方法があります。 様々なトラブルを解決してきたその道のプロにお願いすれば、クレジットカードで作ってしまった借金の悩みもきっと解消してくれる事でしょう。 クレジットカードで作った借金の時効や、時効援用について弁護士に相談する場合、大きく分けて二通りの方法があります。 まずひとつ目は、時効援用についての相談をして、時効援用通知書を弁護士に代わりに作成してもらう方法です。 請求書や督促状も届いていないという状態であれば、こちらの方法がおすすめです。 書類の作成だけならば比較的かかる費用も抑えられます。 ふたつ目の方法は、時効援用にまつわる様々な確認事項や時効援用通知書の作成などを全て弁護士にお任せする方法です。 ひとつ目の方法に比べると全てをお任せする分、多少費用はかかってしまいますが、不安要素がある場合や手続きの方法が分からないといった場合は全てお任せする方が無難です。 クレジットカード借金関連記事.

次の