ポケモン オニゴーリ。 【ポケモン剣盾】【剣盾S1シングル】 8世代版オニゴーリ運ゲー構築【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】オニゴーリの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン オニゴーリ

オニゴーリ がんめんポケモン ぜんこくNo. 362 ホウエンNo. 180 高さ 1. 5m 重さ• 256. 5kg• けたぐり威力120 タイプ• タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 42で『ユキワラシ』から進化• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• なし 主な入手方法 ORAS• なし 生息地 XY• なし 主な入手方法 XY• なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 毎ターン終了時、『こうげき』『ぼうぎょ』『とくこう』『とくぼう』『すばやさ』『回避率』『命中率』いずれかのランクが2段階上がり、別のランクが1段階下がる。 基本 こおり 特殊 40 100 25 相手全体が対象。 基本 ノーマル 変化 - 100 30 相手全体が対象。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 基本 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 基本 こおり 特殊 - 30 5 相手を『ひんし』状態にする。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 5 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 14 こおり 特殊 55 95 15 相手全体が対象。 連続で使うと失敗しやすくなる。 37 こおり 特殊 60 90 10 必ず急所に当たる。 この技は『みず』タイプにも効果抜群になる。 48 こおり 特殊 110 70 5 相手全体が対象。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 54 こおり 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『あられ』にする。 61 こおり 特殊 - 30 5 相手を『ひんし』状態にする。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 基本 ノーマル 変化 - 100 30 相手全体が対象。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 基本 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 基本 こおり 特殊 - 30 5 相手を『ひんし』状態にする。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 4 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 13 こおり 特殊 55 95 15 相手全体が対象。 連続で使うと失敗しやすくなる。 40 こおり 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『あられ』にする。 51 こおり 特殊 110 70 5 相手全体が対象。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 59 こおり 特殊 - 30 5 相手を『ひんし』状態にする。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 7 こおり 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『あられ』にする。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 12 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 技. 14 こおり 特殊 110 70 5 相手全体が対象。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 15 ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 16 エスパー 変化 - - 30 5ターンの間、相手の特殊攻撃のダメージを半分にする。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 20 ノーマル 変化 - - 25 5ターンの間、状態異常にならなくなる。 交代しても効果は続く。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 26 じめん 物理 100 100 10 自分以外全員が対象。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 41 あく 変化 - 100 15 使用後、相手は同じ技を連続で出せなくなる。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 64 ノーマル 物理 250 100 5 自分以外全員が対象。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 66 あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 68 ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 70 ノーマル 変化 - 100 20 相手の命中率を1段階下げる。 74 はがね 物理 - 100 5 相手より『すばやさ』が低いほど威力が高くなる。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 78 じめん 物理 60 100 20 自分以外全員が対象。 79 こおり 特殊 60 90 10 必ず急所に当たる。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 遺伝 じめん 変化 - - 20 使用後、相手はポケモンを交代する度にダメージを受ける。 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンはダメージを受けない。 遺伝 いわ 物理 30 90 20 外れるまで5ターン連続で攻撃し、攻撃が当たる度に威力が倍増する 最大480。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 遺伝 ノーマル 特殊 50 100 10 天気が『ひざしがつよい』の時は『ほのお』タイプ、『あめ』の時は『みず』タイプ、『あられ』の時は『こおり』タイプ、『すなあらし』の時は『いわ』タイプになり、威力が2倍になる。 遺伝 あく 変化 - 100 20 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 遺伝 ノーマル 変化 - - 5 『ゴースト』タイプではない相手は逃げたり、交代できなくなる。 自分が場を離れると効果は消える。 遺伝 あく 変化 - 100 10 相手と自分が持っている道具を入れ替える。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 遺伝 こおり 物理 60 100 10 そのターンに相手の技のダメージを受けると威力が2倍になる。 必ず後攻になる 優先度:-4。 遺伝 ゴースト 特殊 65 100 10 相手が状態異常の時、威力が2倍になる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ORAS ノーマル 特殊 50 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ゴースト 変化 - 100 10 相手の最後に使った技のPPを4減らす。 ORAS こおり 特殊 55 95 15 相手全体が対象。 ORAS ノーマル 変化 - - 5 『ゴースト』タイプではない相手は逃げたり、交代できなくなる。 自分が場を離れると効果は消える。 過去作でしか覚えられない技.

次の

オニゴーリ|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモン オニゴーリ

使用者 harada 戦績 シングルバトルマスターボール級 最高298位 最終817位 構築経緯 自分は発売から1週間はストーリー、次の1週間で育成環境を整えて厳選、12月から対戦という計画を立てていました。 パーティーを考えたときに8世代でもオニゴーリがそれほど弱体化されていないと聞いたので、それを軸にして作ってみたいと思うようになったのがきっかけです。 オニゴーリを使うためには麻痺撒きが重要なのでへびにらみが使えるサダイジャ、特性いたずらごころででんじはが使えるオーロンゲを採用し、上手く起点が作れたときに抜き性能の高いギャラドス、高い素早さから攻撃できるドラパルト、相性補完としてフェアリーを受けられ鋼にも打点のあるウィンディを採用し、パーティーが完成しました。 調整はH16n-1,Aぶっぱ、B,D余り、S無振りバンギ抜きですが、最初からこの型を使っていたわけではないのでもっと耐久に振るべきだったかなと思ってます。 最初はちからのハチマキを持たせてトリックの部分がちょうはつでしたが、ダイジェットやすなかきドリュウズに展開された後でも立て直せるようにこうこうのしっぽトリックに変更し、役割対象を機能停止にすることができました。 使い方が難しいですが、上手く起点を作って後続に繋げられたかなと思います。 オニゴーリ 持ち物 たべのこし 特性 ムラっけ 性格 おくびょう H172C84S252 技 フリーズドライ じしん みがわり まもる 8世代にも害悪ポケモンが降臨しました。 今作の変更によりムラっけで回避と命中が上がらなくなりました。 回避率が上がらなくなったのでぜったいれいどの試行回数が稼げないと判断し、鋼や炎に打点があるようにじしんを採用しました。 戦い方は前作と同じでみがまもでターン数を稼いでから攻めるパターンです。 使っていて感じたメリットは• 受けポケモンがヌオーやドヒドイデが中心なのでそれらに強いこと• 相手はオニゴーリを倒すことに集中するのでダイマックスを切ってくれる• 麻痺にしないと勝てない相手もいますが、まだ活躍できると思いました。 ギャラドス 持ち物 ソクノのみ 特性 じしんかじょう 性格 ようき H4A252S252 技 たきのぼり とびはねる パワーウィップ ちょうはつ ダイジェットでの抜きエースです。 メガシンカが没収されても強いです。 水ロトムなどの水タイプに対抗するためにパワーウィップを採用しました。 ダイジェットで素早さを上げて相手を倒すとじしんかじょうで攻撃が上がるので流れを一気に引き寄せることができます。 サダイジャやオーロンゲなどで起点を作った後にダイマックスして攻めるというのが基本的な使い方です。 ギャラドスで一気に決めたときは気持ちよかったです。 ドラパルト 持ち物 とつげきチョッキ 特性 いかく 性格 ようき A252D4S252 技 フレアドライブ インファイト じゃれつく しんそく パーティーの補完枠として採用しました。 ASベースですが、チョッキを持たせた理由はオニゴーリ対策としてニンフィアが必ず選出されるのでその受け出し回数を増やすためです。 最初はギャラドス意識でじゃれつくの枠がワイルドボルトで性格もいじっぱりでしたが、ギャラドスは他で止めることができ、ドラパルトやサザンドラの打点が欲しかったのでじゃれつくに変更し、ドリュウズの上から行動できるように最速にしました。 ドリュウズに上からフレアドライブを打って自滅することで、ダイロックの起点にならないのは優秀でした。 オニゴーリに炎技を打たれることや、アーマーガアにいかくを跳ね返されることを考えると特性はもらいびでもいいような気もしてきたのでこれから考えてみようかなと思いました。 少し威力は下がりますがダイナックルで火力を上げながら攻撃できるのは強かったです。 サダイジャとオーロンゲの2体用意できたところがよかったと思います。 ・相手に先にダイマックスを消費させる 8世代はダイマックスが特に重要な要素で、相手のダイマックスを先に枯らすことが重要です。 オニゴーリのみがまもをはじめ、オーロンゲのこうこうのしっぽトリック、とびはねるやゴーストダイブなど、こちらのダイマックスを使わずに枯らすことができるのは強かったです。 ただタイミングの見極めやプレイングはかなり重要になります。 ・麻痺にできなかった場合がきつい ラム持ちや交代で上手く防いできた相手にはよく負けました。 選出の段階で色々シミュレーションを行っていく必要があると思いました。 他の1体は攻める試合にしたければギャラドスかドラパルト、サイクルで勝負所を伺うならウィンディという感じです。 ドラパルトを選んだ場合は先発に出したときも時々ありました。 オニゴーリが倒されたら負けですが、麻痺撒きが2体いると相手のダイマックスに対応できるというメリットがありました。 順番はそのときによりますが、このパターンで選出した場合はウィンディが刺さっていることが多かった感じでした。 最後に 最後まで読んでいただきありがとうございました。 マスターボール級に到達したときバグでも1位になったときには驚きましたが、上位の方で勝負できたことはよかったと思います。 次のシーズンの構築は考えていませんが、3桁順位で安定して戦えるようにしていきたいです。 執筆者 harada ポケモンの全ソフトを同じ縛り条件でプレイし、難易度を比較するという企画をブログで投稿してます!7世代最高レート2000 S15。 剣盾S1最終817位.

次の

オニゴーリ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン オニゴーリ

オニゴーリ Onigohri 英語名 Glalie 362 — 172 207 - - - - - - 180 247 - - 119 - 324 - - 145 - 080 - - 分類 がんめんポケモン 1. 5m 256. 5kg 灰 メガオニゴーリ 2. 1m 350. 2kg 20サイクル• 第三世代: 5376歩• 第四世代: 5355歩• 第四世代以前: 187• 第五・第六世代: 168• 第七世代: 168• メガシンカ: 203• ポケモン徹底攻略• オニゴーリとはのNo. 362のポケモンのこと。 初登場は。 メガオニゴーリについてもここで述べる。 Lv42で• を持たせた状態でで メガオニゴーリ• くうきちゅうの すいぶんを こおらせて じゆうな かたちに かえる のうりょくを もつ ポケモン。 漢字 岩の 体を 氷の よろいで かためた。 空気中の 水分を 凍らせて 自由な 形に 変える 能力を 持つ ポケモン。 、 こおりを じざいに あつかう ちからを もつ。 えものを いっしゅんで こおらせて うごけなく なった ところを おいしく いただくのだ。 漢字 氷を 自在に 扱う 力を 持つ。 獲物を 一瞬で 凍らせて 動けなく なった ところを 美味しく 頂くのだ。 くうきちゅうの すいぶんを しゅんかんてきに こおらせる ちからを もつため オニゴーリの まわりには ダイヤモンドダストが はっせいする。 、 ほのおでも とけない こおりの からだ。 くうきちゅうの すいぶんを いっしゅんで こおらせてしまう。 漢字 炎でも 溶けない 氷の 体。 空気中の 水分を 一瞬で 凍らせてしまう。 、 くうきちゅうの すいぶんを こおらせ こおりの そうこうで からだを つつみこみ みを まもっている。 漢字 空気中の 水分を 凍らせ 氷の 装甲で 体を 包み込み 身を 守っている。 、、 くうきちゅうの すいぶんを いっしゅんで こおらせることで えものが にげられないように する。 漢字 空気中の 水分を 一瞬で 凍らせることで 獲物が 逃げられないように する。 、、 くうきちゅうの すいぶんを いっしゅんで こおらせる ちからで えものを れいとうして しまう。 漢字 空気中の 水分を 一瞬で 凍らせる 力で 獲物を 冷凍して しまう。 とうちょう まぢかに ゆきやまで そうなんした とざんかの むねんが いわに とりつき うまれたと いう。 漢字 登頂 間近に 雪山で 遭難した 登山家の 無念が 岩に 取りつき 生まれたと いう。 メガオニゴーリ かじょうな メガシンカ エネルギーが くちから あふれ アゴが くだけた。 つねに ふぶきを はいている。 漢字 過剰な メガシンカ エネルギーが 口から あふれ アゴが 砕けた。 常に 吹雪を 吐いている。 おおきな くちから はく れいきで えものは いっしゅんで カチコチ。 そのまま バリバリ いただくのだ。 漢字 大きな 口から 吐く 冷気で 獲物は 一瞬で カチコチ。 そのまま バリバリ 頂くのだ。 メガオニゴーリ くちの なかに えものを ほうりこみ しゅんじに こおらせるが アゴが はずれているので たべられない。 漢字 口の 中に 獲物を 放り込み 瞬時に 凍らせるが アゴが 外れているので 食べられない。 えものを こおらせ まるかじり。 だけど こうぶつは バニプッチなどの もともと こおっている ポケモンだ。 漢字 獲物を 凍らせ 丸かじり。 だけど 好物は バニプッチなどの もともと 凍っている ポケモンだ。 メガオニゴーリ くだけた くちから すさまじい れいきを はくと あたり いったいは ホワイトアウトに おちいってしまう。 漢字 砕けた 口から 凄まじい 冷気を 吐くと あたり 一帯は ホワイトアウトに 陥ってしまう。 さほど かたくない いわがほんたい。 くうきちゅうの すいぶんを こおらせ こおりの そうこうを みにまとう。 漢字 さほど 硬くない 岩が本体。 空気中の 水分を 凍らせ 氷の 装甲を 身にまとう。 メガオニゴーリ メガシンカの パワーが つよすぎて アゴが くだけてしまった。 うまく エサを くえずに いらだっている。 漢字 メガシンカの パワーが 強すぎて アゴが 砕けてしまった。 うまく エサを 食えずに 苛立っている。 種族値 第3世代以降 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 80 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 42 をレベルアップさせる。 42 をレベルアップさせる。 42 をレベルアップさせる。 OR・AS S・M Lv. 45-48 S Lv. 42-45 M Lv. 42 をレベルアップさせる。 US・UM Lv. で特性にが追加された。 の数値が、と完全に一致している。 だとでは隠れ特性のユキワラシとオニゴーリは出現しない。 の隠れ特性は出現するので、そこからタマゴを孵して進化させる必要がある。 アニメにおけるオニゴーリ• のポケモン。 ではの捕獲を狙う密猟者の手持ちとして登場している。 マンガにおけるオニゴーリ ポケモンカードにおけるオニゴーリ• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 オニゴーリ 鬼、氷 Glalie Glacier 氷河 、Goalie ゴーリー Firnontor Oniglali 얼음귀신 冰鬼护 Glalie 英語に同じ 関連項目.

次の