セブン ドリーマーズ シャフト。 【SEVEN DREAMERS】オートクチュールゴルフシャフトのセブンドリーマーズから究極のしなりモデル “matrix_arc”が登場!|ゴルフサプリ

今までのシャフトでは追いつけない技術のシャフトメーカー参入 seven dreamers『セブンドリーマーズ シャフト』|コラム オーダーメイドゴルフクラブ&修理 トラディショナルスポーツ 東京・新橋

セブン ドリーマーズ シャフト

今までにない制法でシャフトを作るメーカーが出現しました。 私が23年前アメリカで、オートクレーブ製法(高圧ガマ)を使い制作したシャフト(シャフト名・GALES =ゲイルス=)がありました。 それ以来オートクレーブでシャフト製法でシャフト作ることはなかったと思います。 この機械は基本的に軍事用に必要なとてもコアな機械です。 高い圧力で圧縮してカーボンンの積層密度を高め、丈夫で高密度のカーボン製品を制作する物です。 2月に行われた「ゴルフフェアで一躍話題になったシャフトメーカーです。 (販売価格1200万のシャフトの展示でも話題になっていました。 ) 早速、芝公園にある直営のラボに行ってきました。 すると・・クラブ研究をしている私も圧倒的な技術に驚きました! 正直ゴルフ業界で、この5年間刺激になるような革新的な発展は見られなかったので少し興奮しました。 オートクレーブ製法で格段に進化したシャフトがそこにあり、懐かしさと進化にワクワクしました。 めったに興味を示さない私ですが、セブンドリーマーズの技術担当とシャフトに付いて色々話ができいい加減なゴルフ業界に一筋の光を見た気がしました。 (研究員=学者でした。 ) 宇宙船かぐや・ハヤブサ・イプシロンなどの宇宙船を手掛けた方で、カーボンの最高峰研究員でしたのですごく勉強になりました。 ゴルフ業界も目先の販売目的だけでクラブを売る時代が終わり、本来良い道具を開発して機能でしのぎを削る、良い意味での戦国時代に突入してきた気がします。 セブンドリーマーズのシャフトに興味があればご連絡下さい。 すぐにでもスイング解析しましょう・・・・冷やかしでもいいでーす。 03-3506-8351まで測定希望の方電話下さい。 私がお供して、当社のお客様のスイング解析して最高のクラブ製作いたします。 太田嗣人 トラディショナルスポーツ 代表取締役.

次の

マスコミで時代の寵児扱いの有名ベンチャーが破産…売上ほぼゼロ、トンデモナイ実態

セブン ドリーマーズ シャフト

セブンドリーマーズのHPより 開発ベンチャーのseven dreamers laboratories(東京都港区、以下、 セブンドリーマーズ)が4月23日、東京地裁に 破産を申し立て、手続き開始が決定された。 負債額は22億5200万円。 同社は全自動洗濯物折り畳み機「ランドロイド」を開発していたことで知られ、パナソニックや大和ハウス工業など錚々たる株主が名を連ねた。 テレビなどでもたびたび取り上げられていた国内屈指の有名ベンチャーだった。 セブンドリーマーズを率いた阪根信一氏は1971年生まれ。 甲南大学を卒業後、米デラウェア大学に留学、2000年に実父の勇氏が経営する樹脂部品製造会社、アイ.エス.テイ(滋賀県大津市)に入社した。 勇氏は住友電気工業を脱サラして起業、材料開発の分野で一定の地歩を築いた人物。 その血を受け継ぐ信一氏も起業家精神に溢れていたようで、家業には飽き足らず14年7月にセブンドリーマーズを立ち上げることとなった。 セブンドリーマーズが手掛けたのはゴルフシャフト、いびき予防の鼻腔チューブ「ナステント」、そして前述したランドロイドの3本柱。 とりわけ注目されたのが阪根氏の妻の一言が開発のきっかけになったというランドロイドで、パナソニックや大和ハウスが出資に応じたのもその有望性に着目してのことだった。 ほかにもセブンドリーマーズには東京大学系ベンチャーキャピタルや米系投資ファンドKKRの創始者らが期待を寄せ、惜しみなくシードマネーを投じた。 資金調達額は設立3年で100億円の大台に達したほどで、これほどカネを集めたベンチャーは国内でそうそう見当たらない。 「彼については学生時代から知っていて、最初はおとなしい人間かと思ったけど、(セブンドリーマーズ立ち上げ後は)違いましたね。 どちらかと言うとエキセントリックで下の人間はみんなヒーヒー言ってました。 夜中の2時、3時に電話があったりね」 阪根氏を知る関係者がそう話すように、セブンドリーマーズが3本柱の事業化に急ピッチで取り組んだのは間違いない。 経営陣にはソニー子会社で社長を務めた地引剛史氏ら大手企業出身者が居並び、阪根氏を支えた。 早くから海外展開を見据え、フランス、米国、中国に現地法人を設立してもいる。

次の

セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズが自己破産|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

セブン ドリーマーズ シャフト

ドライバーが、なぜセットの中で最も軟らかいシャフトなのか? という疑問。 では、キャディバッグに入っているウェッジとドライバー、どちらのシャフトが硬い? と問われたらどうだろうか? 答え。 ヘッドスピード的には、ドライバーの方が圧倒的に速いが、シャフト硬さの指標となる振動数を測ってみると、一般的なウェッジの振動数は、350cpm程度。 ドライバー(SR相当)は、250cpm程度となる。 シャフトは硬いほど細かく震えるため、振動数の数値は大きくなる。 つまり、速く振るドライバーよりも、コントロールショットで使うウェッジの方が断然硬い! のが、現在主流のゴルフクラブの在り方なのである。 これっておかしくない!? と、一部のゴルフ好きの間で密かな実験が進められている。 テーマとしては、ドライバーとウェッジのシャフト硬度を揃えてみたらどうだろうということ。 もちろん、ドライバーのシャフト硬度をググッと上げていく方向での取り組みだ。 独自のオートクレーブ製法によって研磨工程なく、無塗装で精密シャフトを作れるセブンドリーマーズ。 塗装の有無は軽量化にも大きな影響を与える この考え方は、シャフトメーカーの「セブンドリーマーズ」でも取り入れられており、同社ではフィッティング結果によっては、シャフト硬度350cpm以上のドライバーシャフトをオーダーメイドすることも珍しくないという。 硬度350cpmは、前述したとおり一般的なウェッジ相当の振動数である。 さらにFSP社では「NORM(ノーム)」という、同じく硬度350cpm以上となるウッドシャフトを限定的に2017年秋から発売している。 現在のところ、販売店舗を限定して展開されているFSPの「NORM(ノーム)」 超軽量ならば、女性でも硬さXシャフトが意外と打ててしまう。 簡単にいうと、長く、軟らかいシャフトを、短く、硬いシャフトに代えてみると同重量のヘッドならば、後者の方が圧倒的に軽く感じやすくなる。 この軽さは人によっては、振りやすさとなるようである。 そして、これも人によるが、硬い方が自分のタイミングでインパクトを作りやすくなる。 クラブに自分を合わせる努力がいらなくなるといえばいいだろうか。 先日も、フジクラシャフトの「プラチナム・スピーダー」を使って女性用の実験クラブを作ってみた。 シャフトの硬度は4X表記で、振動数270cpm(43. 75インチ/先端カット1インチ)である。 振動数270cpmは、一般的なウェッジの振動数と比べるとまったく軟らかい。 つまり、硬度Xだが、この実験においては男性用とはいえず、むしろ女性用としてピッタリの予感がしたのである。 女性用のドライバーシャフト(硬度L)の振動数は、230cpm以下が普通。 振動数270cpmでも異次元の硬さになる。 ちなみにシャフトの重さは51. 5グラム。 軽量でしっかり硬い、いわゆる「軽・硬」仕様だ。 素材革新、技術の進歩によって、硬い=重いは常識ではなくなり、女性でも硬いシャフトが試せるようになっている。 それが今なのだ。 高弾性90トンカーボンを全長に使い、硬度Xで51. 5グラムと超軽量のフジクラ「プラチナム スピーダー」。 本来は長尺に向いているが、実験クラブではあえて短尺で使用 さて、試打結果はどうだったか? 体験者はまだまだ少ないものの、打った女性ゴルファーの評価はすこぶる高い。 「軽くて振りやすい」「当たりやすい」というのがポジティブ意見の筆頭だが、これについて一般女性ゴルファーへのレッスン経験も豊富なプロゴルファー中井学はこういう。 「この結果はとくに驚くべきことではありません。 私自身、レッスンの一環として女性ゴルファーに男性用Rシャフトのクラブを打ってもらうこともありますが、総じてミート率が上がり、軟らかい女性用のLやAシャフトより安定した好結果が出ます。 振りにくいなどというネガティブな反応もないですよ」(中井) さらなる飛びを追い求めた結果、ドライバーのシャフトは長く、軽く、しなり、そして大きく動くようになっていった。 それもゴルファーニーズを満たす一つの道であると思う。 しかし、それではなんとなくうまく打てない、と感じているゴルファーも増えているように感じる。 ならば、短く、軽く、硬い方向に進んでみるのも一つの道ではないか。 ドライバーをキャディバッグの中で浮いた存在にしない。 そうすることで見えてくる世界、開けていく道があると思う。 新しい道作りが、密かに始まっている!?

次の