大村競艇特徴。 大村競艇場の特徴・傾向を最新データから分析!~競艇(ボートレース)で勝つための予想法~

大村競艇場のレース予想・特徴を公開!アクセス方法やライブ中継も!

大村競艇特徴

2018年9月から「発祥地ナイター」の名称でナイターレースに参入します。 ボートレース発祥地して場内には「ボーレース発祥地記念館」もあります。 大村ボートは天然の生け簀と呼ばれる穏やかな大村湾に面した海水のレース場です。 大村湾からと水門で通じており、潮位の差はあります。 潮位差は1mくらいですが、満潮時の2マークは水面が荒れて逆転も多く見られます。 大村ボートは1コースの強さが際立っています。 2017年11月~2018年4月までの1コースの1着率は68.4%と全国一でした。 「イン日本一」と呼ばれるのも納得です。 1コースが強い理由は2つ。 風と番組です。 風向が一定しないのでスタート勘がつかみにくく、ダッシュ勢が思い切ったスタート勝負に出られないからです。 番組は徹底したA級を優遇します。 初日のドリーム戦の得点が高く設定されており、準優進出戦、準優勝戦でドリーム戦で上位着を取ったレーサーに1号艇が回ってきます。 一般戦の6日間開催で1号艇が4回も巡ってくるレーサーがいるほどです。 シード番組の1Rは1コースの1着率が80%を超えています。 優勝戦の1コースの強さも際立っており、半年間21回あった優勝戦で20回も1コースが勝ちました。 レースが荒れるのは強めの斜め追い風が吹いたときです。 1コースがスタートで立ち遅れることがあり、そのときだけ高配当が飛び出します。 大村競艇の周辺マップ.

次の

大村競艇場の特徴や予想・オッズ情報、ライブ動画やレース結果

大村競艇特徴

2018年9月から「発祥地ナイター」の名称でナイターレースに参入します。 ボートレース発祥地して場内には「ボーレース発祥地記念館」もあります。 大村ボートは天然の生け簀と呼ばれる穏やかな大村湾に面した海水のレース場です。 大村湾からと水門で通じており、潮位の差はあります。 潮位差は1mくらいですが、満潮時の2マークは水面が荒れて逆転も多く見られます。 大村ボートは1コースの強さが際立っています。 2017年11月~2018年4月までの1コースの1着率は68.4%と全国一でした。 「イン日本一」と呼ばれるのも納得です。 1コースが強い理由は2つ。 風と番組です。 風向が一定しないのでスタート勘がつかみにくく、ダッシュ勢が思い切ったスタート勝負に出られないからです。 番組は徹底したA級を優遇します。 初日のドリーム戦の得点が高く設定されており、準優進出戦、準優勝戦でドリーム戦で上位着を取ったレーサーに1号艇が回ってきます。 一般戦の6日間開催で1号艇が4回も巡ってくるレーサーがいるほどです。 シード番組の1Rは1コースの1着率が80%を超えています。 優勝戦の1コースの強さも際立っており、半年間21回あった優勝戦で20回も1コースが勝ちました。 レースが荒れるのは強めの斜め追い風が吹いたときです。 1コースがスタートで立ち遅れることがあり、そのときだけ高配当が飛び出します。 大村競艇の周辺マップ.

次の

ボートレース大村(大村競艇場)の特徴やイベントやアクセス方法など詳細まとめ

大村競艇特徴

コース別成績・決まり手 若松競艇場のコース別成績と決まり手です。 コース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 55. 0 19. 1 8. 8 2 13. 5 24. 7 18. 2 3 13. 0 21. 5 19. 9 4 11. 7 17. 4 21. 0 5 5. 7 11. 8 17. 1 6 1. 5 5. 9 15. 5 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% コース別決まり手 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 1 93. 2 ー ー ー 6. 6 2 ー 19. 4 66. 8 ー 11. 7 3 ー 41. 3 9. 6 34. 3 12. 5 4 ー 44. 5 21. 2 22. 4 11. 4 5 ー 23. 3 3. 3 53. 3 17. 5 6 ー 19. 4 19. 4 35. 5 22. 6 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% コース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 56. 8 18. 3 8. 7 2 15. 7 25. 1 18. 1 3 10. 8 21. 3 21. 5 4 9. 7 17. 1 20. 1 5 5. 1 11. 9 18. 4 6 2. 0 6. 5 13. 8 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% コース別決まり手 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 1 92. 5 0. 0 0. 0 0. 0 7. 2 2 0. 0 17. 1 66. 9 0. 0 14. 9 3 0. 0 41. 6 13. 2 29. 6 13. 2 4 0. 0 44. 8 23. 3 21. 1 9. 5 5 0. 0 17. 2 5. 7 59. 8 17. 2 6 0. 0 12. 8 14. 9 38. 3 27. 7 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% 条件別データ 優勝戦のコース別成績 2016-2019 コース 1着率 2着率 3着率 1 64. 2 11. 7 8. 8 2 13. 9 24. 1 20. 4 3 8. 0 21. 9 19. 0 4 10. 2 22. 6 16. 8 5 2. 2 15. 3 18. 2 6 1. 5 4. 4 16. 8 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% 優勝戦のコース別決まり手 2016-2019 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 1 97. 7 ー ー ー 2. 3 2 ー 21. 1 63. 2 ー 15. 8 3 ー 54. 5 18. 2 18. 2 0. 0 4 ー 42. 9 21. 4 14. 3 21. 4 5 ー 0. 0 0. 0 66. 7 33. 3 6 ー 0. 0 0. 0 0. 0 100. 0 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% 記念レースデータ 記念レースでの成績は、2015~2019年に若松で開催された以下の8節です。 2015 G1 開設63周年記念 全日本覇者決定戦 2016 G1 開設64周年記念 全日本覇者決定戦 2017 SG 第63回 ボートレースメモリアル G1 開設65周年記念 全日本覇者決定戦 2018 SG 第23回 オーシャンカップ G1 開設66周年記念 全日本覇者決定戦 G1 第64回 九州地区選手権競走 2019 G1 開設67周年記念 全日本覇者決定戦 若松SG・G1のコース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 62. 3 16. 8 7. 1 2 14. 1 24. 3 19. 6 3 9. 7 20. 7 20. 3 4 5. 7 20. 3 18. 2 5 6. 4 10. 2 17. 0 6 1. 7 7. 6 17. 9 集計期間:2015年~2019年 若松開催SG・G1 単位:% 若松SG・G1のコース別決まり手 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 1 95. 0 ー ー ー 5. 0 2 ー 17. 3 74. 1 ー 8. 6 3 ー 35. 7 10. 7 39. 3 14. 3 4 ー 30. 3 45. 5 9. 1 15. 2 5 ー 2. 7 10. 8 78. 4 8. 1 6 ー 0. 0 40. 0 10. 0 50. 0 集計期間:2015年~2019年 若松開催SG・G1 単位:% 若松競艇場の特徴・傾向 ボートレース若松 福岡の洞海湾奥側に位置するボートレース若松。 オールナイター開催に加え、SGやG1なども比較的多く開催されているため、売上上位のレース場です。 主な特徴としては、 若松水面図 コースデータより引用 まず、1マークを見てみると、 センターポールからの振りは9mで比較的振り幅が小さくなっています。 これにより、 インの選手が直線を走ってターンができるので、 インコースが有利です。 また、1マークのコース幅・正面岸までの距離が短く、 スリットを越えて1マークまでに艇間が縮まるため、先に回れるインコースが有利なレイアウトです。 そして、2マークは若干狭い程度。 ピットから2マークは126mと長いですが、ピットが小回り防止ブイの後ろに位置しているので近く、 枠なり進入率は平均程度で推移しています。 コース 1 2 3 4 5 6 1枠 97. 8 1. 8 0. 1 0. 0 0. 0 0. 3 2枠 0. 9 88. 1 7. 1 2. 1 1. 0 0. 8 3枠 0. 5 3. 9 84. 3 7. 2 2. 6 1. 3 4枠 0. 3 2. 3 3. 9 77. 5 9. 5 6. 4 5枠 0. 2 2. 0 2. 5 9. 6 72. 8 12. 9 6枠 0. 3 2. 1 2. 2 3. 7 14. 1 77. 6 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% また、デイレースの時間帯は太陽が大時計側にあり、眩しくて見えにくいことがあるようです。 特に冬の時期、アウトの選手に顕著なようなので、アウトの選手がスタートで攻める展開を買う時には考慮しておきたいところです。 水質・潮・風の影響 水質は海水で、潮による水位の変化がある水面です。 潮位差は最大で1. 5m程度で、瀬戸内海に面した徳山や宮島ほどではないですが、 2マーク側から潮が出入りする影響で干満による流れがあります。 干潮から満潮に向かうと、 2マークから1マークに流れる追い潮となり、スタートが難しくなってスリットのバラつきが出ることも。 また、 満潮時には1マークが潮だまりになり、イン有利に働く傾向です。 そして、 満潮から干潮に向かうと逆に流れるため、 向かい風同様にインの加速がつかず、まくりが決まりやすくなる傾向があります。 風の方がレースに与える影響は大きいと思いますが、 大潮、もしくは中潮の時期は展開予想に加味したいところです。 潮の情報はか、出走表でチェックできます。 潮回りを気にせず舟券を買っている人も何割かいると思うので、干潮にまくりを狙ってみたり、大潮で水面が荒れそうな時は、波巧者やコメントで「乗り心地」に言及してる選手を狙ってみるのも面白いかと思います。 満潮と干潮は1日に2回ずつ入れ代わる• 大潮:潮位差が一番大きい• 中潮:大潮と小潮の間の期間• 小潮:潮位差が一番小さい• 長潮:小潮の末期期間• 若潮:長潮の翌日から大潮に向かう期間 風データ 風の影響としては、 水位の高い状態での追い風時に1マーク、向かい風時には2マークが荒れると言われています。 2マークでの逆転も見られ、決まり手「抜き」の比率は高めです。 また、風が強まると「追い潮+追い風」「向かい潮+追い風」など潮の流れと合わさり、スタートがバラつきやすくなります。 以下は、風向きと風速によるコース別成績データです。 海に近い若松では無風は計測されておらず、左横風も少ないため省略しています。 向かい風 向かい風時のコース別成績 2019 コース 1着率 2着率 3着率 1 54. 8 20. 8 9. 0 2 13. 0 27. 2 18. 3 3 13. 0 20. 1 18. 2 4 12. 0 15. 9 23. 4 5 6. 3 13. 2 16. 1 6 1. 5 4. 3 16. 5 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% 向かい風時の風速別1着率 2016-2018 風速 1 2 3 4 5 6 1m 64. 9 10. 6 9. 9 6. 0 6. 0 2. 6 2m 56. 6 14. 0 11. 8 9. 9 6. 6 1. 1 3m 58. 8 13. 6 10. 6 8. 4 5. 4 3. 2 4m 56. 0 13. 3 12. 9 10. 2 5. 6 2. 1 5m以上 45. 9 16. 5 16. 4 12. 3 6. 7 2. 2 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% 風速1mではインの優位性は高く、5m以上で急落しています。 5m以上で上昇値が高いのは2~4コース。 また、 全体的に5・6コースの1着率も上昇しています。 追い風 追い風時のコース別成績 2019 コース 1着率 2着率 3着率 1 53. 5 19. 2 10. 1 2 14. 6 24. 4 18. 6 3 13. 8 21. 9 19. 1 4 12. 6 18. 7 20. 5 5 5. 4 11. 3 16. 5 6 1. 7 6. 1 16. 4 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% 追い風時の風速別1着率 2016-2018 風速 1 2 3 4 5 6 1m 61. 2 15. 8 11. 2 8. 5 3. 3 0. 0 2m 54. 1 15. 9 16. 1 7. 7 4. 4 1. 8 3m 55. 2 17. 8 11. 3 9. 1 4. 8 1. 8 4m 51. 3 18. 2 12. 8 11. 8 4. 7 1. 2 5m以上 50. 6 18. 6 11. 1 12. 7 5. 5 1. 5 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% 追い風ではインが流れるケースも増え、 2コースの「差し」が増加傾向です。 横風 右横風時のコース別成績 2019 コース 1着率 2着率 3着率 1 58. 1 17. 5 6. 0 2 12. 5 24. 1 18. 6 3 12. 1 22. 9 23. 7 4 11. 0 18. 2 20. 4 5 5. 9 10. 8 19. 3 6 1. 3 8. 0 13. 0 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% 右横風時の風速別1着率 2016-2018 風速 1 2 3 4 5 6 1m 62. 7 13. 0 8. 9 8. 7 4. 8 2. 0 2m 60. 0 14. 3 7. 8 11. 1 4. 8 1. 9 3m 50. 8 17. 2 12. 3 12. 3 4. 9 2. 5 4m以上 48. 4 29. 0 12. 9 6. 5 3. 2 0. コース別成績・決まり手分析 若松と他のレース場との比較順位分析です。 24場比較順位 コース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 12位 1位 9位 2 18位 17位 11位 3 7位 11位 18位 4 6位 14位 11位 5 12位 13位 21位 6 15位 14位 4位 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 24場比較順位 決まり手 コース 捲り 差し 捲り差し 抜き 2 22位 14位 ー 2位 3 6位 22位 16位 6位 4 10位 10位 20位 5位 5 9位 23位 19位 2位 6 15位 4位 22位 3位 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 24場比較順位 コース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 7位 11位 15位 2 12位 10位 15位 3 20位 9位 4位 4 21位 22位 16位 5 17位 19位 15位 6 12位 9位 10位 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 24場比較順位 決まり手 コース 捲り 差し 捲り差し 抜き 2 23位 6位 ー 1位 3 7位 12位 20位 7位 4 9位 6位 22位 14位 5 20位 19位 11位 2位 6 21位 7位 20位 2位 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 コース別成績・決まり手分析 1コース 2018年の1着率は平均以上でしたが、2019年データではほぼ平均値まで低下しています。 水面レイアウトはイン有利なので、実力者が集う記念レースでは1着率は平均以上。 1着率が下がったことと「抜き」決着が多いことから、2着率は24場中1位となっています。 インの狙い目は風速1m程度の緩やかな風+満潮時。 2~4mは比較的変化が少なく、 5mを超えると信頼度は低下しています。 1m程度の風 満潮時 以下は、1アタマの占有率と回収率データ。 出目 回収率 占有率 1 — 2 — 3 80. 9 6. 57 -0. 15 1 — 2 — 4 72. 2 5. 11 1 — 2 — 5 79. 6 3. 44 -0. 07 1 — 2 — 6 77. 9 2. 64 -0. 04 1 — 3 — 2 85. 2 5. 22 1 — 3 — 4 69. 1 3. 86 -0. 28 1 — 3 — 5 69. 1 3. 21 1 — 3 — 6 81. 3 2. 19 1 — 4 — 2 64. 1 3. 45 -0. 13 1 — 4 — 3 64. 3 3. 02 1 — 4 — 5 66. 6 2. 00 -0. 08 1 — 4 — 6 68. 5 1. 10 1 — 5 — 2 73. 6 1. 92 -0. 09 1 — 5 — 3 67. 9 2. 41 1 — 5 — 4 58. 8 1. 33 -0. 08 1 — 5 — 6 77. 9 1. 26 1 — 6 — 2 77. 0 1. 14 1 — 6 — 3 76. 1 1. 24 1 — 6 — 4 111. 2 1. 35 1 — 6 — 5 64. 5 1. 36 2コース 2018年は平均値だった1着率が 2019年データでは低下しています。 を見ると、 記念レースでは平均以上の1着率です。 そして、 優勝戦データではトップクラスの1着率で20%を超えています。 2年半分のデータなのでサンプル不足も考えられますが、「2-1」を狙い続けていればプラス収支の結果に。 優勝戦のみの出目データは後日追記します。 では「2-1」の占有率も高く、回収率が高いのは以下の2点。 2ー 1ー 3:99. では1着率の低下に伴い、回収率は低下傾向。 「追い風」時のみに絞ると回収率は上がるので、若松の2コースは狙い目です。 追い風 満潮時 追い潮 「2コースが 差しで1着」時の2着率 コース 確率 2 — 1 65. 3 2 — 3 12. 1 2 — 4 11. 9 2 — 5 6. 5 2 — 6 4. 1 集計期間:2016年~2019年 単位:% 「2コースが まくりで1着」時の2着率 コース 確率 2 — 1 15. 0 2 — 3 33. 3 2 — 4 26. 8 2 — 5 15. 0 2 — 6 9. 8 集計期間:2016年~2019年 単位:% 3コース 2018年は20位だった3コースですが、2019年データでは7位と急上昇しています。 風が強まれば一考したいところですね。 また、2019年4月から始まった企画番組「エイトビート」で1~3コースにA級選手が入ることが多くなったことなど番組の影響もありそうです。 風速4m以上 干潮時 向かい潮 「3コースが まくりで1着」時の2着率 コース 確率 3 — 1 24. 5 3 — 2 20. 4 3 — 4 26. 5 3 — 5 18. 6 3 — 6 10. 2 集計期間:2016年~2019年 単位:% 「3コースが まくり差しで1着」時の2着率 コース 確率 3 — 1 61. 6 3 — 2 15. 1 3 — 4 11. 6 3 — 5 7. 8 3 — 6 4. 0 集計期間:2016年~2019年 単位:% 4コース 3コース同様、4コースも21位 2018 から6位 2019 と上昇しています。 特別高い数字ではないですが、番組マンが意図的にセンターを強くしている可能性もありそうです。 では SG・G1レースの1着率は平均以下、優勝戦では平均以上の成績です。 4m以上の風 干潮時 向かい潮 「4コースが まくりで1着」時の2着率 コース 確率 4 — 1 23. 6 -0. 8 4 — 2 20. 1 4 — 3 10. 2 4 — 5 30. 8 4 — 6 15. 2 集計期間:2016年~2019年 単位:% 「4コースが まくり差しで1着」時の2着率 コース 確率 4 — 1 44. 2 4 — 2 12. 6 4 — 3 24. 3 4 — 5 13. 4 4 — 6 5. 3 集計期間:2016年~2019年 単位:% 5コース 1着率は平均程度 2019 では SG・G1レースの1着率が平均以上で、4コースを上回っています。 決まり手は過半数が「まくり差し」 3・4コースが攻めそうな場合は、5コースまくり差しでの突き抜けを狙いたいですね。 大万舟が押し上げているだけですが、かなり珍しいケースです。 向かい風 干潮時 向かい潮 「5コースが まくりで1着」時の2着率 コース 確率 5 — 1 22. 3 -5. 9 5 — 2 29. 8 5 — 3 18. 1 5 — 4 8. 5 5 — 6 21. 3 集計期間:2016年~2019年 単位:% 「5コースが まくり差しで1着」時の2着率 コース 確率 5 — 1 37. 8 5 — 2 11. 8 5 — 3 16. 5 5 — 4 27. 2 5 — 6 6. 8 集計期間:2016年~2019年 単位:% 6コース 1・2着率は平均よりやや下位、3着率は上位。 水面が荒れやすい若松では、6コースからでも「波巧者」やコメントで「乗り心地」に言及してる選手の舟券絡みも一考したいところです。 向かい風 干潮時 向かい潮 ボートレース若松のモーター 若松のモーター交換時期は12月。 モーター情報はで確認できます。 潮や風に負けない機力があるかどうか、しっかり把握しておきたいですね。 注意点としては、 若松では初下ろしから温水パイプが装着されているため、外される5月頃にモーター相場の変動が起こることもあります。 また、若松はオールナイター開催のため、1Rの15時頃から12Rの20時30分頃までの 気温の変化が大きく、調整が難しいと言われています。 前半レースは気温が高くて回転が上がらないのでインが弱く、 気温が下がるにつれてインが強くなっていく傾向です。 選手コメントや情報紙をチェックしていると、中間整備でパワーアップしたモーターの出現が多い印象です。 中間整備といえば琵琶湖が有名ですが、若松でも低勝率機を掴んだ選手の前検タイムやコメントが良ければ、中間整備情報を確認して裏付けしておきたいところです。 中間整備情報は、出走表2面の上部に記載されています。 番組傾向 若松の企画番組は5・8Rに組まれています。 レース 番組名 番組の概要 5 進入固定戦隊 1号艇にA級・進入固定 8 エイトビート 1号艇にA級。 2・3号艇もA級が多い コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 1 58. 8 23. 1 9. 2 7. 1 1. 7 0. 7 2 25. 7 34. 2 20. 0 14. 9 4. 1 1. 7 3 7. 1 21. 7 22. 8 26. 5 12. 0 10. 8 4 3. 7 11. 5 22. 8 23. 5 22. 9 16. 6 5 2. 7 5. 1 14. 6 16. 3 30. 8 30. 8 6 2. 0 4. 4 10. 5 11. 5 28. 4 39. 3 集計期間:2017年進入固定戦297R 単位:% 5Rの進入固定戦は1号艇がA2級が多く、他にもA級選手が入る傾向があるため、インが特別強い番組ではありません。 2コースの1着率が高くなっているので、状況次第では狙えそうです。 基本的な番組傾向としては、序盤は1号艇がB級、中盤は1号艇にA2級、10~12Rは1号艇にA1級が入り、 レースが進むにつれてインの信頼度が増していく編成です。 季節毎の傾向 季節毎のコース別成績データです。 ボートレース若松オリジナル展示データ測定ポイント より引用 若松ではオリジナル展示タイムが公開されています。 オフィシャルサイトに説明があったので以下引用です。 「1周タイム」はグリーンの部分(バックストレッチ150m直線タイム)の前にあたる赤線部分のタイムをレーザーにより自動計測したものです。 また、「直線タイム」はオレンジの部分で、第1ターンマークを回った後、スタートライン延長線までに要した時間となり、出足の参考となります。 (上図参照) 本システムの導入により、回り足、出足を含めた総合的なタイムを、お客様に提供することが可能になりました。 これまでの展示タイムと1周タイムを併せ、舟券購入の参考にして頂ければと思います。 より引用 潮や風の影響を受ける若松では出足・行き足が重要になるので、特に「直線タイム」は参考にしたいですね。

次の