チャット アプリ 人気。 無課金で遊べる暇つぶし系チャットアプリはコレ!人気ランキング【最新版】

無課金で遊べる暇つぶし系チャットアプリはコレ!人気ランキング【最新版】

チャット アプリ 人気

おすすめポイント こちらも日本最大のユーザー数を誇るアプリ 都市部だけでなく地方都市でも問題無く出会える 高額アプリの5分の1ぐらいの料金で安心して使える このアプリをおすすめしている人の体験レビュー• この手のアプリでちゃんと合えたのが初めてだったのですごく嬉しいですね! ここは健全なアプリって感じですごく雰囲気がいいです。 初めての人にはお勧めかも!運営さんに感謝です!最初チャット始めたときはいろいろと文章考えてたけど、自然体で思ったことを話するのがチャットだと相手から教わった。 皆合う気満々だし、自分から連絡して実際に遊ぶようになりました!毎日使ってますよ!笑暇な休日はたいていここでチャットしてるかチャット盛り上がって遊ぶかしてますね!• 対応が早い 何かあってもサポートセンターに問い合わせたら解決してくれるのがいいね おすすめポイント 国内最大級の規模と利用者数 サクラや悪質な業者が限りなく少ない 最近のアプリの利用料金半分以下! このアプリをおすすめしている人の体験レビュー• 沢山の出会いの可能性はあり、あとは自分がいかに積極的になるかです。 頑張ります。 尻込みしてアプリを探してばかりだったけど利用してみたら案外会話できるもんだ。 それで仲良くなる事を意識してそれから食事に誘うと案外簡単に行けた。 それで4人目でタイプな子が居て今の彼女。 見極めとかもちろん大事だが動くことがそれ以上に大事だと感じた。 お前らも頑張れ!• 数ある出会い系サイト(アプリ)の中で一番出会える。 いろいろサービスマイルやポイントもあって嬉しい。 アプリの動きもよく快適です! おすすめコメント!• 年上にあまり興味がなかったけど、すごく丁寧に接してくださり、目覚めちゃった。 女の子のは登録してすぐに素敵な男性から連絡が来るのでオススメ!• よくある出会いチャットと違ってすぐに女の子とお喋りできるのがいいですね!!! 寂しいときには誰かとおしゃべりたくなるので。。 初めての人でも簡単に利用出来ると思います!積極的な人が多い感じなので凄く楽しめるかと思います。 新人がどんどん入って来ているようなんですが、こういった擦れてないユーザーが半額となっており至れり尽くせりと感じるのは私だけでしょうか?(笑) 飲み屋さんで会話しながら飲むのも良いですが、自宅で机に座りながら相手とワンツーマンで会話するのもかなり楽しいです。 会話を重ねる事でより親密な関係にもなっていくこともあるかと思います。 まずは難しい事を考えず一番人気のビデオ通話アプリで問題無いかと思います。

次の

無課金で遊べる暇つぶし系チャットアプリはコレ!人気ランキング【最新版】

チャット アプリ 人気

Yay! に居る人の傾向 圧倒的10代率!! 12月30日にアプリを入れて、今日が1月4日で、20人以上とチャットをしてみたのですがほぼ10代でした。 2、3人だけ20代前半がいましたね。 相手が若ければ若いほど、チャットは弾みます。 ネットの出会いにおいては、若い子を狙った方が成功率は上がります。 しかし「Yay! 」には年齢によるチャットの制限があります。 19歳以上は、18歳以上の相手としかチャットができません。 僕的には十分ですけどね。 18歳までとチャットができれば。 18〜22歳までの学生であれば、全然チャットの反応が温かいです。 たまーに冷え切った、単語しか返してくれない人もいますけどねw そんな冷えた子はさっさと切って他の子に行きましょう。 Yay! の使い方や機能について 「Yay! (アイコンや名前などは一応隠しています) 「みんな」のタブが選択されている状態です。 Yay! に投稿された全ての内容が表示されます。 投稿は、右下のプラスマークをタップすると入力画面が出るので、そこにメッセージを入力して投稿すればYay! ユーザーのみんなのトップページに表示されます。 僕は投稿機能は使っていません。 あまり意味がないからです。 投稿機能で僕がしていることは、女の子の投稿に「いいね」をしたり「返信」をしたり、ですね。 しかしこの投稿機能、チャットの返信率を上げたい時に使えるんですよね。 投稿した内容はマイページに残ります。 自分が今興味のあることなどを投稿しておけば、マイページを見にきた相手にアピールできますね。 「VIPユーザー」になるには月500円の課金が必要です。 この検索機能で、 課金をせずに住んでいる都道府県の人を探す方法があります。 それは、「自己紹介」のところに自分が住んでいる県名を入力して検索する方法です。 東京に住んでいるのであれば、「東京」「とうきょう」「Tokyo」「とーきょー」など、を入力して検索すると、自己紹介の欄にそれらを書いている人がヒットしますね。 暗黙のルールとして、みんな書くようになるといいですけどねw トップページの右上の吹き出しのマークからは、チャット一覧のページに行けます。 これ分かりにくいんですよねw(アプリが更新されて、吹き出しマークは下部メニューの真ん中へ移動しました) 僕は近くに住むユーザーを見つけるために「サークル」機能を利用します。 下のタブの左から2番目をタップで「サークル」のページに行けます。 そして自分の住んでいる県名でサークルを検索しましょう。 追記:住んでいる地域が分かるようなサークルは検索に出ないように運営さんが対策したようです。 僕が以前から入っているサークルは変わらず存在するんですが、検索には出ません。 サークルメンバーから紹介を受ければサークルに入れるっぽいですね。 現状、同じ地域に住んでいる人を探すには、さきほど書いた自己紹介検索の方法か、VIPユーザーになるしかないですね。 下のタブの左から3番目は通知です。 「重要」には誰通という通話に誘われた時や、紹介文を書かれた時に通知が来ます。 「反応」にはフォローされた時や、自分の投稿にいいねが来た時に通知が来ます。 「足あと」はプロフィールページを訪れた人が表示されます。 こんな何もしてないプロフィールでも返信は来ます。 プロフ写真も顔は見せていません。 女子受けの良いファッションをした写真ではありますが。 Yay! の年齢確認について 僕の年齢確認は何もせずに完了しました。 学生以外は年齢確認に書類が必要ないのかもしれません。 学生の年齢確認は学生証などを撮って運営に送る必要があるようです。 他のよく分からないSNSアプリとは違って、Yay! はきちんと会社が運営しているSNSなので安心して書類を提出していいと思います。 Yay! を使ってみた感想 住んでいる地域の人を探しにくいというのはネックですが、 10代がここまで多いというのは他のSNSにない特徴です。 逆に20代を見つけにくいので、20代の人を探す場合は「オルカ」と「レモン」、マッチングアプリなどをオススメします。 10代の子たちはチャットの返信がナチュラルというか普通に友達と話すような感じで返してくれる子が多いです。 チャットの始め方は、気になる子がいたら 何かしらの一言をいきなり送っちゃって大丈夫です。 チャットの始め方など、ネットの出会い方についてイマイチ流れが分からない人が結構いるようなのでnoteを書きました! どうせ書くならと思って、 ネットの出会い方について僕の経験や知っていることを全部まとめました。 チャット開始の一言目にはどんなことを書けば返信率が上がるか、などのテクニックも書いています。 ただし、僕の集大成で実際のチャットのスクショも載せているので有料になります。 4ヶ月ほど「Yay! 」を使ってきましたが、 20代以降の人はあまり増えないですね。 「ひま部」と同じ感じで、10代や学生のSNSの雰囲気が強いです。 僕はユーザー検索を使ったり、サークルにいる人の中から、良さげな子を見つけてはチャットを試みるということをまったりと続けていきます。 「Yay! 」だけだと、なかなかチャット相手が増えないので、「オルカ」と「レモン」も並行して利用してます。 Yay! の他に使えるチャットアプリ(もちろん無料) ・オルカ.

次の

LINEはもう古い?浮気に使う他のチャットアプリ

チャット アプリ 人気

メッセージングアプリといえば、日本ではLINEを想像する方が多いのではないでしょうか? モバイル端末で、テキストメッセージのチャットや無料通話が可能です。 グループで使うこともできます。 写真を添付したり、ビデオチャットをしたり、テキスト以外にも楽しめます。 無料もしくは有料のスタンプで、視覚的な感情表現ができるコミュニケーションツールとしても親しまれています。 また、サードパーティーのサービスと連携して、音楽のダウンロードやゲーム、商品の配達依頼やレストランなどの予約、電子決済にも対応するようになりました。 コミュニケーションツールだけでなく、さまざまなビジネスのプラットフォームとして拡大しつつあります。 ところで、メッセージングアプリにはLINE以外にもさまざまな製品があります。 日本では主流のLINEですが、その世界シェアはご存じでしょうか? 早速、世界の月間アクティブユーザー数 (MAU:Monthly Active User)ランキングを見ていきましょう (2019年10月現在、Statistaによる調査)。 ユーザー16億人のWhatsApp、LINEは8位 まず、トップ3を見てみましょう。 シェアトップは「WhatsApp」です。 2019年9月時点で、世界中で16億人ものユーザーを抱えています。 続く第2位は、Facebook Messengerの13億人。 そして第3位は、中国のテンセントが提供する「WeChat(微信:ウィーチャット) 」、ユーザー数11億人と続きます。 つまり、世界2強のメッセージングアプリがFacebookによって運営されていることになります。 首位のWhatsAppとFacebook Messengerの合計で29億人ものユーザーを抱えています。 第4位のQQもWeChat同様、テンセントが提供しているサービスです。 もともと、SNSとして中国で爆発的な人気を得たQQはインスタントメッセンジャーとしても広く普及しました。 一時期、そのユーザー数は10億人を超えていましたが、現在はWeChatにその役割を譲った格好です。 Statiscaの統計では、5億人を超えるメッセージングアプリは4位のQQ Mobileまでとなっています。 これを追うのがSnapchatとSkypeで、それぞれ3億人のユーザーを抱えています。 7位には楽天が買収したViber、続いて8位にようやくLINEが登場します。 日本で圧倒的なシェアを誇るLINEですが、世界的に見ればまだマイナーなアプリといえます。 SMSからBlackBerry、そしてモダンアプリへ ~メッセージングアプリの歴史~ メッセージングアプリの起源は、1992年のSMS発明が発端といえそうです。 その後、AOL、Yahoo! 、MSNなどの大手ポータルサイトが、相次いでチャットのサービスを立ち上げました。 1999年には早くも中国のQQが無料公開で産声を上げています。 その後、Skypeが登場します。 iPhoneの発表される2007年以前に話題を集めていたのが、BlackBerry用のBBM(BlackBerry Messenger)です。 常にメッセージを確認しなければ落ち着かない、そんな中毒者を生むほどの人気を得た人気端末です。 オバマ前大統領が愛用していたことでも話題となったBlackBerryですが、2019年5月31日をもってコンシューマー向けのメッセンジャーサービスを終了しています。 BlackBerryに続いて、WhatsAppやKakao Talkなどがリリースされますが、大きな動きがあったのは2011年です。 Facebookでメッセンジャーが使えるようになったこの年、時を同じくしてLINE、WeChat、Viberが相次いで登場します。 これらのサービスは、日々ユーザー数を増やして拡大していきました。 このように世界中でメッセージングアプリが生まれ、シェア獲得に凌ぎを削った群雄割拠の時代を経て、現在のトレンドは既存アプリの買収といえそうです。 FacebookがWhatsApp、楽天がViberを傘下に収めるなど、ここ最近アプリの買収が盛んに行われています。 すでに高いシェアを持つメッセージングアプリを取り込むことにより、自社ビジネスとのシナジー効果や新規事業拡大による成長を目指しているのです。 アメリア、アジア、ヨーロッパ ~各国で分かれるアプリ事情~ 次に、世界のアプリ事情を見渡してみましょう。 メッセージングアプリの勢力は、アメリカやヨーロッパとアジアで分かれます。 もちろん多言語に対応してグローバルに展開しているアプリがほとんどとはいえ、お国柄があり国際色が豊かです。 4位にはGoogleのMessages、ゲームチャットとして普及しているDiscordが5位に続きます。 2016年時点では、Tango、MessageMe、そしてカナダ生まれのKiKも若者の間でシェアを広げていましたが、トップ10ではKiKが8位につけるにとどまり、トップシェアのFacebook Messengerの寡占化が進んできている印象です。 一方、アジアに目を向けると、日本・タイ・台湾ではLINE、中国ではQQ、韓国ではKakao Talkと傾向が分かれます。 インドネシアのような新興国では、まだスマートフォンの普及途上の地域も少なくありません。 このような地域では、フィーチャーフォンやBlackBerryの利用者が依然として多いことから、WhatsAppやBBMがシェアを伸ばしているのです。 日本トップシェアのLINEは、いまやユーザー数8,000万人を誇り、3人に2人が毎日使うアプリです。 LINE公式アカウントやLINEビジネスコネクト、LINE と、ビジネス向けのサービスも充実させています。 さらにLINEは、2014年より、クレジットカード、コンビニエンスストア、提携銀行と連携したLINE Payを開始。 2016年にはJCBと連携して、LINE Payカードによる電子決済も展開を始めるなど、積極的な事業展開を見せています。 そして昨年には、Yahoo! との統合も発表され、日本国内はもちろん、世界的なユーザー獲得・シェア争いが熾烈となってきています。 中国のQQは、ブログやSNS機能のQ-Zon、アバターのQQ秀などユニークな機能があります。 QQを展開しているテンセントは、2011年に「WeChat(微信)」をリリース。 こちらは、本国中国という1国にして巨大な人口を背景にしてユーザー層を広げています。 ヨーロッパに転じて、EUを引っ張るドイツも見てみましょう。 実は、2014年にWhatsAppがFacebookに買収されたとき、セキュリティやプライバシーの流用を懸念したドイツユーザーが、一気にWhatsApp離れを起こしたことがニュースに取り上げられました。 Facebookに不信感を抱いたユーザーは、スイスのメッセージングアプリThreemaになだれ込むようにして移行。 このため、当時Threemaのユーザー数は24時間で倍増したとも伝えられています。 ロシア生まれのメッセージングアプリもあります。 Telegramです。 2013年創業の後発ではありますが、機密性の高さが評価されています。 メッセージングアプリが世界で爆発的に普及した理由 メッセージングアプリは、もはや人々の生活インフラにまで育っています。 仕事や学校が忙しくても、遠く離れて住んでいても、早朝でも深夜でも昼休みや移動時間でも、アプリひとつで家族や友人とつながることができます。 かつてEメールの登場は、人々のコミュニケーションを大きく変えました。 ただ、Eメールは、いわば手軽に出せ、瞬時に届く手紙や宅配便です。 とはいえ、Eメールの送信には、件名と本文が必要です。 画像やファイルを添付して送ることもできますが、少し煩雑でかしこまったコミュニケーションです。 そのような性格も相まって、ビジネス向きのツールといえます。 それに対して、メッセージングアプリによるテキストチャットは、文字通り、距離も時間も気にせずできる人々の会話そのものです。 チャットは、「おはよう」「大変だね」「よかったね」といった一言で成り立ちます。 メールと異なり、互いのやりとりがひと目でわかり、そこに写真や動画を埋め込むこともできます。 手紙のようなかしこまったやりとりではなく、まさに普段使いの自然なコミュニケーションです。 私たちの生活では、家族や友人との日々のやりとりが大半を占めます。 そんなチャット(会話)を支えるメッセージングアプリが世界で爆発的に広まったのは自然な成り行きと言えます。 メッセージングアプリは、今後どう進化する? 日々のメッセージは、人々の会話そのものです。 メッセージングアプリの強みは、その会話がすべて良質なテキストログとして残る点です。 世界中の人々が行う日常的な会話がすべてデータ化され、IT企業のデータベースに蓄積されているのです。 この資産をいかに活用できるかが、今後のシェア争いの鍵となります。 もちろん、個人のメッセージをベンダーがそのまま利用しようとすれば、社会的な反発を招きかねません。 Googleは、個人向けGmailのメッセージを解析し、内容に関連する広告の表示を行っていましたが、2017年にとりやめました。 一方で、膨大なメッセージを統計的に処理し、ビッグデータとして解析したり、AIの学習データとして利用することは可能です。 こうして、言葉の意図を解釈したり、意味を認識するための対話型AIの開発を進めることができます。 メッセージアプリ上で使う、チャットボットが普及 対話型AIによって進化するのがチャットボットです。 これはユーザー自身をサポートする「パーソナルコンシェルジュ」のような存在と、企業による顧客サポートの双方で、今後ますます活用されていく領域です。 例えば、かつてのチャットボットでは、 ユーザー「12月にヨーロッパへ5泊で旅行に行きたい。 」 ユーザー「去年行ったから、フランス以外で。 」 ボット「予算はどれくらいですか?」 ユーザー「20万円以下で。 」 ボット「以下の3つのプランがオススメです。 いかがでしょう?」 と、このくらいの対話は実現可能です。 以前は自分でGoogle検索し、情報を探してプランを比較、旅行プランを予約していました。 それに代わりに、パーソナルコンシェルジュに頼んで情報を集めてもらったり、旅行代理店のAIオペレーターに相談することもできるようになってくるのです。 このようにメッセージングアプリは、対話というかたちで最もAIと身近に接するインターフェースになっていきます。 さらに、ユーザーの趣味や家族構成などの情報、これまでの対話内容などから、パーソナライズドされた言葉のキャッチボールができるようになってくるでしょう。 今後、メッセージングアプリは、単なるコミュニケーションツールの枠を超え、人々の生活とますます密着した生活インフラになっていきます。 メッセージングアプリが今後どのような機能をもち、進化を遂げていくか、目が離せません。

次の