ぐらんぶる 実写 化。 「賛否両論」実写化映画を見るメリット・デメリット

窮鼠、さんかく窓……2020年BL実写化作品の魅力を、専門家が解説

ぐらんぶる 実写 化

講談社「good!アフタヌーン」にて2014年4月から連載中の大ヒット青春コメディ漫画「ぐらんぶる」が、ワーナー・ブラザース映画により実写映画化されることが決定。 監督は、『ヒロイン失格』「賭ケグルイ」の英勉が務める。 物語は、主人公の北原伊織が大学進学を機に海辺の町に引っ越してくるところから始まる。 叔父が営むダイビングショップ「GRAND BLUE(グランブルー)」に下宿することになった伊織。 きれいな海、かわいい幼なじみ…あこがれのキャンパスライフを前に、期待に胸を膨らませていた伊織を待っていたのは、男だらけのダイビングサークルだった!? 登場シーンの半分が服を着ていないともうわさの原作は、11月22日発売の最新14巻で累計発行部数440万部を突破。 2017年に映画化された「亜人」とならぶ同誌の看板コミックとなっている。 それがついに叶う時が訪れようとしています」と計画通りに実写化が実現した(?)喜びを語りつつ、「協力してくれた関係者の皆様に感謝を、そして出演する被害者の皆様に心からの謝意を送ります」とまさかの謝罪表明も。 また、漫画の吉岡公威は、「美しい海で繰り広げられる爽やかな若者たちの青春」と本当かウソか本作を説明。 最新巻の帯でも「おいおい正気かワーナー・ブラザース!」とツッコミを入れられているが、「いよいよ実写化され、スクリーンで見られるんですね。 本当にドキドキしてます。 色々な意味で。 本当に、色々な意味で!」と含みがある期待を寄せ、井上氏ともども茶目っ気たっぷりに実写化の喜びを語った。 「男子ってバカねっ」って映画を作ろうと思ったんですが… 本作のメガホンを取るのは英勉監督。 今年は、TVシリーズから手掛けてきた「賭ケグルイ」の劇場版でもメガホンをとった。 そんな英監督は撮影を終え、「『男子ってバカねっ』って映画を作ろうと思ったんですが、『男子ってバカ!ほんとバカ!クズ!』って映画になっちゃいました」とコメント。 映画化を予想する一部のファンからすでに「ぐらんぶる映画化説あるの草」「だって脱がないでしょ?」という声もある中で、そのハジけ具合に自信を見せた。 「『ダイビングに賭ける青春と恋と友情。 さあ、最高の海の世界へ』という宣伝が展開されると思いますが、違いますから。 詐欺ですから」と、いつの世も作品をよく見せようとする宣伝に騙されないようにまさかの注意喚起も? 原作の関係者から「本当に大丈夫ですか?」と心配される 今回の映画化にあたり、エグゼクティブプロデューサーの関口大輔氏は、「昨今似たようなテーマの邦画が多いのは、『お客さんが好きなタイプの映画』に傾向があり、そのベストな期待に制作が行われているからでしょう」と前置きした上で、「圧倒的な異物感、圧倒的なバカバカしさ、そして圧倒的に熱苦しい男たち...。 私はこの圧倒的な既視感のなさに心底惚れ込み、リサーチ全盛の時代の今だからこそ、数字では測り切れないこの作品を映画化したいと思いました」と、唯一無二の原作だからこそ映画化に踏み切ったことを告白。 また、「原作の関係者から『本当に大丈夫ですか?』と心配される映画は『ぐらんぶる』くらいです」と笑い交じりにコメント。 メガホンを取った英監督については、「監督は、英さん以外思いつきませんでした。 何の制限もない振り切った演出を任せられる日本人監督は英さんしかいないでしょう」とその手腕に全幅の信頼を寄せる。 今回の解禁では実写化、監督の名前のみが明かされており、キャスト陣をはじめストーリーやスタッフなどもベールに包まれている。 ヒントはダイビングショップ「グランブルー」の前に、パンツ姿とオタTを巻いてたたずむ2人の青年の写真のみ。 無駄にオシャレな外観のショップの前に鍛え上げられたカラダが印象的な1枚。 このハジけた役をいったい誰がスクリーンで演じられるのか? 関口氏は今後発表となるキャストについても、「キャスト陣の発表はこれからとなりますが、ほぼ素っ裸で作品に挑んでいますのでこちらも引き続き楽しみにしていてください」とその振り切った演技に自信のコメントを寄せている。 『ぐらんぶる』は2020年初夏、全国にて公開。 《text:cinemacafe. net》.

次の

実写映画『ぐらんぶる』竜星涼&犬飼貴丈がほぼ全裸でW主演! ビジュアルと初の映像も解禁に

ぐらんぶる 実写 化

2人は今回が初共演となり松村は、映画5作目出演にして本格ラブストーリー初挑戦。 森は、実写映画初のヒロインを務める。 2人は同居中の義姉弟、高槻湊(森)と高槻透(松村)をそれぞれ演じる。 潔癖症の地味系女子大生・湊は、両親の再婚で義理の弟になった同い年の透と同居中。 イケメンの透は、来るもの拒まず、女を取っ替え引っ替えするクール系モテ男。 そんな透の女癖の悪さが原因で長らく迷惑をこうむってきた湊は、同じ大学に通う透に半径2メートル以内に近づかないという念書を書かせ、繋がりを断っている。 ある日、友人の頼みで友達の高校時代の制服を着てギャルメイクで街に出た湊は、偶然にも透と遭遇してしまう…。 「このなんとも愛くるしい物語に携われることを心からうれしく思うと同時に、演じさせていただく高槻透に対して責任感を強く感じています。 透に1日でも早く追いつく事が、僕の先ずすべき課題です」と背筋を正す。 潔癖症の地味系女子大生・湊とJK姿&ギャルメイクで正体を隠し、女子高生・みなとして透に一目惚れされてしまうキャラクターを演じる森はコミカルな役どころに挑戦。 中学生の頃から愛読していたという森は「『大好きな作品に綿密に向き合っている撮影期間がとても楽しそうで今から待ち遠しいです。 ぜひ楽しみに待っていていただければと思います!」と呼びかけている。 また、監督を務めるのは『百瀬、こっちを向いて。 』、『MARS〜ただ、君を愛してる〜』、『暗黒女子』、『映画刀剣乱舞 -継承-』などの作品を手掛ける耶雲哉治。 脚本は、第43回日本アカデミー賞にて優秀脚本賞を受賞した『翔んで埼玉』、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の徳永友一が担当する。 透に1日でも早く追いつく事が、僕の先ずすべき課題です。 この作品は、人間関係こそ馴染みあるものではないかも知れませんが、不器用さやもどかしさは誰しも知っているそのものを描いています。 なにより、登場人物一人一人がなんとも可愛らしく、愛される作品になる力をとても感じています。 人を支えるとは、人を守るとは、人を愛するとはなんなのか。 そのようなことを考えるきっかけにもなると思います。 そしてこの度、森七菜さんと共に主演を務めさせていただけること、 心から嬉しく思います。 愛すべき作品になるよう、キャストの方々、スタッフの方々と共に皆さんの元に届く日を楽しみに、尽力して参ります。 私が高槻湊となって皆様の前に現れる日が訪れるとは、本当に1ミリも想像していませんでした。 あの頃の自分と友達に教えたら、きっと2人とも飛んで喜びます。 もちろん今の私も! 松村北斗さんとは一度音楽番組でご一緒させていただいて以来で、今回お芝居を通してこの作品の魅力を共に伝えていけること楽しみにしています。 これは自分にも起きた幸せなんだと思ってもらえることを目指したいです。 そうやって大好きな作品に綿密に向き合っている撮影期間がとても楽しそうで今から待ち遠しいです。 ぜひ楽しみに待っていていただければと思います! 【耶雲哉治】(監督) 「ちょっとした嘘からはじまる男女二人の物語。 それを松村北斗と森七菜という魅力的な俳優が演じます。 笑える嘘、やさしい嘘、切ない嘘、美しい嘘。 映画の中の様々な嘘を二人はどう演じてくれるのか、監督として二人の主演映画の撮影現場が楽しみでなりません。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

映画『ぐらんぶる』公式サイト。8月7日(金)全国ロードショー

ぐらんぶる 実写 化

予告映像や、主人公・レディの声を演じるテッサ・トンプソン、メインスタッフのインタビュー映像が解禁された。 1955年に公開された、お嬢様犬レディと野良犬トランプの2匹の冒険とラブ・ストーリーを描いたディズニーのアニメーションを、時代を超えて完全実写化する本作。 主人公のレディをはじめとする登場キャラクターを本物の犬たちが演じる。 また、オリジナルアニメーションに登場した名曲たちも、現代的にリメイクされ、完全実写化の世界に彩りを加えている。 プロデューサーを務めるのは、実写版の『ジャングル・ブック』や『プーと大人になった僕』などを手掛けてきたブリガム・テイラー。 主人公のレディ役の声を、マーベル映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』や『アベンジャーズ/エンドゲーム』でもお馴染みのテッサ・トンプソンが務め、オスカー俳優のF・マーリー・エイブラハムや、サム・エリオットといった名優が脇を固めている。 解禁された最新プロモーション映像では、レディとトランプがまだ見ぬ世界へ飛び出だすシーンからスタート。 そして、彼らを取り巻くさまざまな種類の犬たちによる演技の一端が映し出される。 公開されたインタビュー映像では、プロデューサーのブリガムが「犬好きによる犬好きのための映画だ」と話し、「それだけでなく、境遇や考え方が違っても分かり合えることも伝えている」とコメント。 テッサは「たくさんの想像力を加えつつ、1955年製作オリジナルアニメの良さは全部再現されている」と自信をのぞかせ、「童心に帰って、肩の力を抜いて演じることができた」と収録を振り返っている。

次の