護衛艦 あけぼの。 海上自衛隊護衛艦あけぼの アメリカ強襲揚陸艦アメリカと共同訓練 | ガジェット通信 GetNews

海上自衛隊護衛艦あけぼの アメリカ強襲揚陸艦アメリカと共同訓練(2020年4月15日)|BIGLOBEニュース

護衛艦 あけぼの

アメリカ海軍は2020年4月14日(現地時間)、東シナ海において強襲揚陸艦アメリカ(LHA-6)が、海上自衛隊の護衛艦あけぼの(DD-108)と共同訓練を4月9日~11日に実施したと発表しました。 あけぼのとアメリカが共同訓練を行うのは初めてのことです。 第1護衛隊群第5護衛隊に所属する護衛艦あけぼのは、佐世保を母港とするむらさめ型護衛艦の8番艦。 2019年には、4月30日から7月10日にかけて、平成31年度インド太平洋方面派遣訓練部隊(IPD19)の一員として、同じ第1護衛隊群の護衛艦いずも(DDH-183/第1護衛隊)、護衛艦むらさめ(DD-101/第1護衛隊)とともにブルネイ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ベトナムを訪問し、当地の海軍と共同訓練を通じて相互理解を深めています。 強襲揚陸艦アメリカは2019年12月、ワスプに代わって第7遠征打撃群(ESG-7)第11水陸両用部隊(佐世保)に配置されたアメリカ級強襲揚陸艦のタイプシップ。 2020年2月下旬から3月初めにかけては、タイで実施された多国籍共同訓練「コブラゴールド20」に参加していました。 あけぼのとアメリカは編隊航行訓練のほか、アメリカ海軍の吸油艦ジョン・エリクソン(T-AO-194)を交えての洋上給油訓練も実施。 日米双方における柔軟な運用能力の構築を行いました。 日米の艦船による共同訓練は、4月2日にも護衛艦てるづき(DD-116)と沿海域戦闘艦ガブリエル・ギフォーズ(LCS-10)がアンダマン海で実施したばかり。 第7遠征打撃群司令官のフレッド・W・カッハー少将は「先週のガブリエル・ギフォーズとてるづきに続き、また日本の友らとともに航行できてワクワクしています。 COVID-19の世界的流行という困難な時期ではありますが、これらの訓練は世界でも重要なこの地域で、アメリカとその同盟国が一体となって進んでいくという面において、非常に重要なことなのです」と、今回の2週連続で実施された日米共同訓練についてコメントしています。 中国の活発化する海洋進出や、再度不安定化しつつある中東情勢など、インド太平洋地域の平和と安定は日米双方の安全保障において重要な関心事。 新型コロナウイルスの感染拡大防止にも気を使いつつ、訓練は続けられます。 <出典・引用> Image:U. Navy (咲村珠樹) 関連記事リンク(外部サイト).

次の

護衛艦隊

護衛艦 あけぼの

皆さんは海上自衛隊の秘伝のカレーをご存知だろうか? 海自のおいしいカレーレシピはひとつだけではなく、艦艇や基地によって異なっている。 それをひとつにまとめた書籍『海上自衛隊のめちゃうまカレーレシピ 48』は2012年7月12日に発売される。 それに先立ってレシピの一部を入手したので、その出来栄えをお伝えしたい。 記者(佐藤記者)がチャレンジしたのは、だ。 味の決め手はパインと桃、それにブルーベリージャム。 手軽にめちゃめちゃうまいカレーが完成したぞッ! レシピの詳細については、発売前に明かすことができないのだが、ヒントをお伝えすると、牛肉を炒めて色目がついた段階で、みじん切りにしたパイン(パイン缶少量)を入れる。 そして、仕上げの煮込みを行う直前に桃(桃缶少量)とブルーベリージャムを入れる。 肉の臭みが取れるだけでなく、ほど良い甘味・酸味が加わって、奥深い味わいが楽しめるのだ。 ちなみにこの書籍には、以下の艦艇・基地のレシピが掲載される予定である。 護衛艦うみぎり「うみぎり風季節のカレー」 護衛艦ひゅうが「ひゅうが特製ビーフカレー」 護衛艦はるさめ「深煎りスパイシーカレー」 護衛艦たかなみ「たかなみ特製カレー」 護衛艦せとゆき「ごくうまビーフカレー」 護衛艦やまゆき「牛すじ煮込みカレー」 護衛艦おおよど「熟成ポークカレー」 護衛艦とね「とね特製キーマカレー」 護衛艦しまかぜ「しまかぜカレー」 護衛艦きりしま「きりしま風海自カレー」 掃海艦はちじょう「はちじょう特製とろ~りチーズカレー」 掃海艦あいしま「あいしま特製大人のカレーライス」 掃海管制艦さくしま「牛脂が決め手のさくしまビーフカレー」 砕氷艦しらせ「しらせ特製シーフードカレー」 横須賀潜水艦基地隊「横須賀海自カレー」 ……など、合計48種類のカレーレシピが用意されている。 そのすべてが魅力的でおいしそう。 可能なら全部作りたいと思ってしまうほどだ。 カレー好き、カレー作り好きを自負する人はぜひともチェックして頂きたい。 作らなくても、本を見ているだけでも楽しくなるぞッ! レポート: Photo:Rocketnews24.

次の

海上自衛隊護衛艦あけぼの アメリカ強襲揚陸艦アメリカと共同訓練 | ガジェット通信 GetNews

護衛艦 あけぼの

に参加中の「あけぼの」 基本情報 建造所 東京第1工場 運用者 艦種 級名 建造費 630億4,550万円 母港 所属 第5護衛隊 艦歴 発注 起工 進水 就役 要目 4,550 6,100トン 151m 最大幅 17. 4m 深さ 10. 9m 5. の8番艦。 艦名は「東の空が次第に白んでいく頃」(曙)に由来し、この名を受け継ぐ日本の艦艇としては旧海軍の「」、「」、護衛艦「」に続き4代目。 艦歴 [編集 ] 「あけぼの」は、に基づく平成9年度計画4,400トン型護衛艦2237号艦として、で発注され、東京第1工場で1999年10月29日に起工、2000年9月25日に進水、2002年3月19日に就役し、第4護衛隊群第4護衛隊に編入されに配備された。 、に基づき、護衛艦「」、「」と共にインド洋に派遣。 に帰国した。 からの間、護衛艦「」、「」とともに米国派遣訓練に参加。 、護衛隊改編により第1護衛隊に編入された。 、に基づき、補給艦「」と共にインド洋に派遣。 、呉に帰港した。 から16日までを親善訪問したフリゲート「」と交歓し、16日及び17日には房総半島沖で護衛艦「」とともに「ニューカッスル」と共同訓練を実施した。 その後、「あたご」とから14日まで・に寄港し、にエスカイモルト湾で実施された創立100周年記念国際観艦式に参加。 にはに入港し、からまでハワイ周辺海域で実施されたに参加した。 に真珠湾を出港後は「あたご」と分離し、からまでの沖で実施された多国間海上共同訓練「カカドゥ10」に、第32飛行隊の2機と共に参加した。 に発生したによるに対し、される。 同年、編成替えにより第5護衛隊に編入され、定係港も呉からに転籍。 にとして護衛艦「」と共にソマリア沖へ向けて出航 、任務を終了し、同年、佐世保に帰港した。 9月11日~28日には日本列島南方海域で、やからなるアメリカ艦隊との共同訓練を実施(僚艦「」「」と約一週間ごとに交代)。 3月25日、第30次派遣海賊対処行動水上部隊としてソマリア沖・アデン湾に向けて佐世保から出港した。 同年9月まで任務に従事し、帰国途上のにはのクアンタン港に寄港、21日には「」、「ガニヤン」と親善訓練を実施した。 また、にのに寄港、にと合同訓練を行う予定。 また、中村譲介司令は歓迎式典で「日本とフィリピンの絆がより強くなることを期待している」と英語で話した。 同年、第30次隊としての活動を終え、佐世保に帰港した。 6月、護衛艦「」と「」が参加している平成31年度方面派遣訓練に追加で参加することとされた。 派遣中にインド太平洋地域の各国海軍等との共同訓練等を実施する。 第1護衛隊群第5護衛隊に所属し、定係港は佐世保である。 歴代艦長 [編集 ] 歴代艦長(特記ない限り) 代 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考 1 向井一馬 2002. 19 - 2003. 27 22期 あけぼの艤装員長 副長 2 山口彰二 2003. 28 - 2004. 19 防大22期 司令部幕僚 情報業務群司令部幕僚 3 村田頼重 2004. 20 - 2006. 7 防大25期 海上幕僚監部防衛部運用課 阪神基地隊 4 鍋田智雄 2006. 8 - 2008. 19 防大26期 司令部幕僚 艦長 2008. 1 昇任 5 松田弘毅 2008. 20 - 2010. 4 ・ 35期幹候 副長 防衛部運用支援課 6 西村正之 2010. 5 - 2010. 1 防大26期 司令部幕僚 在任中くも膜下出血で倒れ 2010年11月1日殉職 7 澤口和彦 2010. 2 - 2012. 22 作戦情報支援隊作戦情報第1科長 東京業務隊付 8 本山勝善 2012. 23 - 2014. 8 防大34期 司令部幕僚 艤装員 9 大日方孝行 2014. 9 - 2015. 6 防大36期 運用部運用第2課 10 稲葉忠之 2015. 7 - 2016. 10 海上幕僚監部人事教育部厚生課 海上幕僚監部防衛部防衛課 11 波江野裕一 2016. 11 - 2018. 18 主任教官 運用長 12 竹下文人 2018. 19 - 2020. 18 横須賀地方総監部管理部総務課長 勤務 2020. 1 1等海佐昇任 13 2020. 19 - その他 [編集 ] 本艦の建造後、石川島播磨重工業東京第1工場が閉鎖されたため、同工場で建造された最後の自衛艦となった。 なお、先代の「あけぼの」は同工場で最初に建造された自衛艦にあたる。 脚注 [編集 ]• 統合幕僚監部2009年3月5日• 米原子力空母と海自護衛艦訓練『』朝刊2017年9月23日• 2018年9月29日閲覧。 2018年10月16日閲覧。 参考文献 [編集 ]• 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)• 『 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)• 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号) 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の