ウーバー イーツ 登録。 Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録する名前は本名?配達パートナーと注文者にどう表示されるか解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)店舗登録方法

ウーバー イーツ 登録

ウーバーイーツ配達員とも呼ばれているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはアルバイトのようにシフトもなく、誰でも登録できます。 働きたいときにスマホアプリを起動させれば誰でも簡単に稼げる、今までにない全く新しい自由な働き方です。 ですので、仕事帰りの空いた時間に2~3時間だけとか、仕事が休みの日のランチタイムだけ働くとか可能です。 副業でするには最高のサービスだと思います。 そんなUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録して働くにはどうすればいいのか? Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録するのに必要な書類や詳しい登録方法・手順を、誰でも分かるようにやさしく解説します。 Contents• Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーの登録資格 ウーバーイーツ配達員とも呼ばれているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録できる条件は 18歳以上であれば誰でも登録できます。 18歳以上なので、18歳の誕生日を迎えれば高校生でも働けます。 年齢の上限は特にありませんので、定年退職した方でも健康に問題なければ登録できます。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは普通のバイトのように 履歴書も面接もありません。 大学生のバイト、主婦のパート、サラリーマンの副業など、誰でも気軽に登録でき、働くことができます! なお、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録に 必要なものはスマートフォンです。 SMSの受け取りや電話の発着信をすることもありますので、SMSの受け取りや発着信可能な電話番号があるスマホが必要です。 つまり、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは 最低限スマホを持っている18歳以上の人であれば誰でも簡単に登録できます。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達で登録できる乗り物 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に使用できる乗り物は以下の4種類です。 アカウント作成後、車両を変更したい場合はUber Eatsパートナーセンターに行くか、から変更手続きができます。 Uber Eats ウーバーイーツ は車で配達できる? 実はUber Eats(ウーバーイーツ)は車でも配達できます。 ただし、 事業用登録されている軽自動車か125cc超のバイクに限ります。 事業用登録とは、 軽自動車の場合は黒色のナンバープレート、125cc超のバイクの場合は緑色のナンバープレートのついた車両のことです。 車の場合は、使用できる車種が車検証上の用途が「貨物」となっている軽自動車であれば黒ナンバーとして登録できる車種です。 いわゆるハイゼットカーゴやエブリイのような郵便局やAmazonの荷物を配達している軽貨物車両のことですね。 事業用車両と聞くと登録するのに結構ハードルは高そうに思えますが、意外と簡単に登録できるようです。 最短2日くらいで登録できるみたいです。 ただ、デメリットがあって、任意保険の保険料が自家用車に比べて2倍くらいします。 事業用登録の手続き方法や必要書類についてはが参考になると思います。 ちなみに、 レンタカーや普通の自家用車で配達するのは禁止ですので止めてくださいね。 レストランの人とかにバレてUber Eats(ウーバーイーツ)に報告されたら一発で になります。 レンタル自転車でUber Eatsの配達をすることも可能 自転車・バイクを持っていない方や自宅がUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアから遠い人は、レンタル自転車(シェアサイクル)を借りて稼ぐという方法もあります。 最近は大きな都市ならレンタル自転車があるので、それを借りればUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアに住んでいなくても配達できます。 例えば、東京、大阪、神奈川、広島にはNTTドコモが運営している電動アシスト自転車のレンタサイクル(通称:赤チャリ)があります。 とは、docomoが運営している電動アシスト自転車のシェアサイクルで、好きな場所で借りれて、好きな場所で返すことができるレンタサイクルです。 サイクルポートにある自転車にICカードをタッチすることで誰でも借りることができます。 赤チャリに乗ってUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしている人は結構多いです。 このシェアサイクルですが、お得な法人プランがあり、東京と大阪ではUber Eats(ウーバーイーツ)が紹介してくれます。 料金は月額4,000円で乗り放題です。 登録の流れは、まずは自分で「コミュニティサイクル」に登録し、その後Uber Eats配達パートナー限定プランへの変更依頼のメールを送れば法人プランに変更できます。 docomoシェアサイクル(赤チャリ)の詳しい登録方法はをご覧いただくか、Uber Eatsパートナーセンターに登録しに行ったときに直接スタッフに確認してください。 ちなみに、 売上がトップのUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは赤チャリの人らしいです。 それと、Uber Eats(ウーバーイーツ)ではバイクのレンタルも紹介しています。 という会社から月額16,000円~で配達用の原付バイクがレンタルできます。 Uber Eatsに登録する手順• ひとつずつ解説していきます。 Uber Eatsのアカウントを作成する Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法ですが、まずはこちらの にアクセスしていただいて、メールアドレスを入力してアカウントを作成します。 メールアドレスは何でもいいですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)からメールが届くように、パソコンメールからのメールが受信できるメールアドレスで登録しましょう。 メールアドレスを登録し、「次へ」を押すと、上の画像の右側の画面に移ります。 「名前」「電話番号」「パスワード」、そして 「配達する都市」を記入します。 名前はローマ字で書いてください。 日本語で書いたとしても後で変更できますので、そのまま進んで大丈夫です。 電話番号は SMS認証ができる電話番号を入力してください。 パスワードはUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー用のアプリにログインする際に必要なもので、好きなパスワードを設定してください。 都市は自分が配達するエリアの都市を入力します。 文字を入力するとプルダウンメニューが表示されるので選択してください。 「なんて登録すればいいの?」「正しく入力しないと!」と思うかもしれませんが、Uber Eats登録センター(パートナーセンター)に行ったときにスタッフが正しく登録してくれますので、この辺はアバウトでも大丈夫です。 現在コロナウイルスの影響で、Uber Eatsパートナーセンターが閉鎖しています。 そのため、登録手続きはパートナーセンターに行かずに完了できます。 身分証などの必要書類の確認が取れた後に、メールで案内がきますので、案内に従って登録してください。 登録方法はこちらにも書いていますのでご覧ください。 Uber Eatsの登録に必要な書類をアップロードする 次に身分証などの必要書類とプロフィール写真を撮影してアップロードします。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録に必要な書類ですが、具体的にいうと以下のものが必要です。 乗り物 必要書類 自転車• 身分証明書(パスポート・運転免許証・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・小型船舶操縦免許証のいずれか) 原付バイク• 運転免許証• 自賠責保険証書• ナンバープレートの写真 事業用の軽自動車または125cc~バイク• 運転免許証• 車検証または軽自動車届出済証• 自賠責保険の証明書• 任意保険または共済保険の証明書• 事業用ナンバープレートの写真 ・原付バイクは家族や友人など 他人名義でも問題はありません。 ・ 自賠責に記載されているナンバーと車両のナンバーは一致している必要があります。 身分証をアップロードする Google Chromeやsafariのようなブラウザーを開き、 にアクセスして身分証、プロフィール写真をアップロードします。 バイクや軽自動車で登録する方は 「車両を追加する」から必要書類をアップロードしてください。 プロフィール写真をアップロードする 続いてプロフィール写真のアップロードです。 プロフィールの顔写真は自分の写真を使用してください。 他人の写真を登録するとアカウント停止されます。 写真は自撮りしたもので全然問題はありません。 肩くらいまで写っているもので、帽子・サングラス・マスク着用の写真は不可です。 あわせて読みたい Uber Eatsの配送料の計算方法についてはこちらに書いています。 銀行口座の登録方法は、 して、メニューバーの一番右にある 「銀行口座情報」を選択し、 「追加」をタップします。 銀行口座の詳細な情報を記入するフォームが出てくるので記入してください。 注意したいのは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は海外口座から振り込まれるので登録できない金融機関もあります。 ゆうちょ銀行、信用金庫、ネット銀行は登録できません。 メガバンクの中で おすすめなのは三井住友銀行と三菱UFJ銀行です。 問題はなくスムーズに振り込まれます。 みずほ銀行はセキュリティが厳しくて、毎回受け取りの度に電話確認をしなければいけませんのでおすすめできません。 もちろん大手銀行や地方銀行のようなメガバンク以外でも登録できます。 銀行口座を登録する手順はちょっと長くなってしまうので別記事に書きました。 もし銀行口座の登録でつまずいたら以下の記事をご覧ください。 Uber Eats登録センター パートナーセンター での流れ 身分証などの必要書類をアップロードしたら、各地域にあるUber Eats登録センター(パートナーセンター)に登録しに行きます。 Uber Eats登録センターで何をするかというと、まず銀行口座や身分証の登録に不備がないか確認して、問題がなければ配達の流れや注意事項の説明。 最後に支給される配達用バッグの説明があって終了です。 私はおよそ20分くらいで登録できました。 持ち物は特にありませんが、登録に不備があった場合に備えて、銀行のキャッシュカードと身分証も持っていくと安心です。 現在コロナウイルスの影響で、Uber Eatsパートナーセンターが閉鎖しています。 そのため、登録手続きはパートナーセンターに行かずに完了できます。 身分証などの必要書類の確認が取れた後に、メールで案内がきますので、案内に従って登録してください。 登録方法はこちらにも書いていますのでご覧ください。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達用バッグについて 当日、支給される物は配達用バッグ(通称:ウバッグ)だけです。 以前はスマホのモバイルバッテリーと自転車やバイクのハンドルバーに取り付けるスマホケースも配られたようですが、私が行った時は配っていなかったです。 この配達用バッグですが、登録時には無料で支給されますが、配達開始から4週間にわたり、週に1,000円ずつ収入から控除する形で精算されます。 収入がない週には支払いは発生せず、翌週以降に繰り越されます。 配達用バッグなどの備品を返却すれば、4,000円は返金されます。 つまり、4,000円のデポジット(保証金)ということです。 Uber Eatsパートナーセンター大門の外観 Uber Eats登録センター(Uber Eatsパートナーセンター)に行くのに事前予約の必要はありません。 もし登録方法が分からなくなったり、身分証のアップロードがうまくいかなかったとしても、Uber Eats登録センターに直接行けば、スタッフがプロフィール写真も撮ってくれて登録手続きを手伝ってくれます。 ですので、 登録方法が分からなくなったら迷わずに、身分証と銀行のキャッシュカードを持って、Uber Eats登録センターに直接行くことをおすすめします。 各地域のUber Eats登録センターの場所や営業時間は以下をご覧ください。 登録センター 住所・営業時間 大門(浜松町) 住所:東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル1F 最寄駅:大門駅より徒歩4分 営業時間: 12:00〜19:00(祝日定休) 新宿 住所:東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル3F 最寄駅:新宿駅より徒歩7分 営業時間:月~土 12:00〜19:00 横浜 住所:横浜市中区弁天通4-53-2 DOMONビル4階A 最寄駅:馬車道駅より徒歩4分、関内駅より徒歩7分 営業時間:月・水・土 12:00〜19:00 名古屋 住所:名古屋市中区錦2-16-5 セントレイクレノン錦4階 最寄駅:伏見駅から徒歩1分 営業時間:月〜火、木〜土 12:00〜19:00 大阪 住所: 大阪市中央区伏見町4-2-14 Wakita 藤村御堂筋ビル1F 最寄駅:淀屋橋駅13番出口から徒歩1分 営業:12:00〜19:00(祝日定休) 京都 住所:京都市下京区大坂町383-6 MILLEY烏丸五条ビル2F 最寄駅:五条駅から徒歩1分 営業時間:火〜土 12:00〜19:00 神戸 住所:神戸市中央区元町通2丁目3番2号 ジェムビル2F C-1 JEC日本研修センター 神戸元町 最寄駅:JR・阪神元町駅から徒歩3分 営業時間:木〜土 12:00〜19:00 広島 住所:広島県広島市中区紙屋町2-2-12 信和広島ビル3階 TKP広島本通駅前カンファレンスセンター 最寄駅:本通駅西1出口 徒歩1分 営業時間:火〜土 12:00〜19:00 福岡 住所:福岡市中央区天神1-10-13 天神MMTビル6F TKP天神カンファレンスセンター 最寄駅:天神駅から徒歩1分 営業時間:月〜火、木〜土 12:00〜19:00 仙台 住所:宮城県仙台市青葉区国分町1-4-9 enspace 7F 最寄駅:東西線青葉通一番町駅から徒歩6分 営業時間:月〜土 12:00〜19:00 現在、新型コロナウイルスの影響で、全国のUber Eatsパートナーセンターが閉鎖しています。 そのため、パートナーセンターに行かずに、全ての登録手続きがオンラインで完結できます。 からUberアカウントを作成して、身分証などの必要書類の確認が取れた後に、メールで案内がきますので、案内に従って登録してください。 詳しくはこちらに書いていますのでご覧ください。 その他Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法で分からないことがありましたらこちらの記事をご覧ください。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達の登録まとめ Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録する方法・手順を説明しましたが、ちょっと長くなったので、最後に簡単にまとめます。 Uber Eatsの登録まとめ• 18歳以上であれば誰でも登録できる• 配達で使える乗り物は基本的に自転車か125cc以下の原付バイク• 事業用車両であれば、125cc以上のバイクか軽自動車でも登録可能• ゆうちょ銀行、信用金庫、ネット銀行は登録できない• 現在Uber Eatsパートナーセンターが閉鎖中のため、全てオンラインで登録手続きが完了できる Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはUber Eats登録センターに登録し、配達用バッグを貰ったらもうその日から働くことが可能です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは18歳以上であれば誰でも働けます。 普通のバイトにように面接もありません。 上司もいないしシフトもありません。 自分の好きな時に自由に働けます。 こんな働き方は最高じゃないですか?まさに新しい副業やバイトの形です。 ちなみに、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはいくら稼げるかというと、もちろん報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なりますが、1日働いて、 自転車10,000円、バイク15,000円、配達の達人20,000円が相場です。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)店舗登録方法

ウーバー イーツ 登録

これまでの「出前サービス」では、料理の配達に関しては、「飲食店の従業員」が行うのが、当たり前でした。 それが、「」に関しては、「飲食店の従業員」は配達を行わず、「」と呼ばれる人達が、配達の仕事を委託されて請け負う形で、配達業務をしてくれるため、「」側も、本業の「調理」と「接客」に集中することが出来るようになっているのです。 これが要因で、今まで「出前」や「宅配」をしてこなかった「人気店」や「有名店」も、「」と契約を始める流れが出てきており、既存の出前サービスでは食べられなかった「あの味」も、「」なら「注文する」ことが出来るようになっているのです。 「利用者側」からすると、これが「」にしかない、「大きな魅力」にもなっているのです。 ちなみに、この「」の「」は、「」に雇用されているわけではなく、それぞれが独立した「」となります。 「」が雇っている「」や「正社員」ではありませんので、その点は、勘違いしないようにしてください。 「ウーバーイーツ」の「配達パートナー」配達やり方 「」の「」は、「」であると説明しました。 これが「」の「」の魅力にもなっている要因で、「」の「配達パートナー(配達員)」が、自分の好きな時間で、好きな場所で、稼働することが出来るのは、「企業の雇用された従業員ではない」からなのです。 一般的な「アルバイト」や「パート」などは、「どこかの企業に所属して雇用されている」ため、会社が決めた「就業規則」や「勤務日」「シフト」などに、従って働かなくてはなりません。 しかし、「」の「」に関しては、一般的な「アルバイト」や「正社員」とは異なり、「どこかの企業」に雇用されているわけではないため、「自らの事業の主」という立場で、このように「自由な働き方」が出来るようになっているのです。 ウーバーイーツの配達パートナーの「メリット」• 時間と場所に縛られず自由な働き方ができる• 1週間単位で収入が入ってくる• いつも住んでいる街や、知らない街の魅力を再発見できる• 個人事業主となるため、副業なら会社にバレにくい 「」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」となるため、「確定申告」を自分で行わないと、「脱税」をしてしまうことになってしまいます。 リアルタイムで、吉本興業の芸人さんの「チュートリアルの徳井義実さん」の「所得隠し」と「申告漏れ」のニュースが流れてきましたが、これと同じ状況になってしまうわけです。 「」の「」として登録をして、「個人事業主」になった方は、「給与所得以外」の「所得(収入ー経費)」が、「年間20万円以上」になると「確定申告」の義務が発生しますので、納税が発生する分岐点を、よく理解して、気を付けてください。 ただし、「」となる「メリット」も存在していて、「副業」で「」をしている人の場合、「確定申告」の際に、納税方法に「普通徴収」を選んで選択することが可能です。 これを行うと、「副業」で稼いだ収入に対する「住民税」の支払いを、自ら行うことが出来るようになるため、「本業」の会社に「副業をしたことによる住民税の増加」を、悟られずに済むことができるのです。 つまり、「副業」をしていることが、「本業」の会社にバレることが、ほとんどなくなることになるのです。 「」の「」を「副業」でやっている人にとっては、これは「大きなメリット」になりますよね。 ですから、「本業」で「会社員」をしながら、「副業」として「週末」だけ「」の「」として「配達の仕事」を行い、「お小遣い」を稼いでいる「会社員」の人も、実際に「配達パートナー(配達員)」になってみると、多くいらっしゃるのが分かります。 日本は、これから景気が悪くなっていく気配が漂っているので、「」の人達だけでなく、「会社員」の皆さんも必死です。 「ウーバーイーツ」の「配達パートナー」配達員なり方 ここからは「」の「」のなり方・登録のやり方について、説明していきます。 まず「」の「」の登録方法の「流れ」は、以下の「2ステップ」の「流れ」を踏んでいきます。 「ウーバーイーツ」の「配達パートナー」なり方• オンラインで「配達パートナー募集サイト」から会員登録• サービスエリア内にある「パートナーセンター」で登録説明会に参加 それぞれの「ステップ」について、会員登録方法と、やり方を説明していきます。 「配達パートナー募集サイト」から「会員登録ページ」にアクセスすると、下記のような「登録申請フォーム」が、「会員登録ページ」の画面右側に表示されますので、「メールアドレス」「名(ローマ字)」「姓(ローマ字)」「電話番号」「パスワード」「都市」「招待コード(任意)」を入力して、「次へボタン」をクリックしてください。 「」の「」の「配達の仕事」に登録できる「車両」は、以下の車両となります。 「UberEats(ウーバーイーツ)」に登録できる車両• 「自転車」• 「原付バイク」• 「事業用」の「軽自動車」または「事業用」の「125cc超のバイク」 上記の「種類」の「車両」が、「」の「」の「配達の仕事」に登録できる車両となります。 また「」や「」などは、自分で所有している車両以外にも、レンタルで借りた車両でも、利用することが可能です。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「」によっては、「」と契約している「車両レンタル会社」もあります。 これらの「車両レンタル会社」で「自転車」や「原付バイク」をレンタルすると、通常よりも「安く」レンタルすることが可能です。 「UberEats(ウーバーイーツ)特別プラン」がある「車両レンタル会社」 自分で「自転車」や「原付バイク」を持っていない人は、「UberEats(ウーバーイーツ)」と契約している「車両レンタル会社」の「UberEats(ウーバーイーツ)特別プラン」を利用して、安く車両を借りることが出来ますので、積極的に利用していきましょう。 配達パートナー登録の必要書類 登録車両 自転車 原付バイク 登録に必要な書類 ・身分証明証 ・運転免許証 ・プロフィール写真 無帽で正面を見たもの、顔全体及び肩口まで写っているものを用意してください。 背景に物や影が写っていないものを用意してください。 サングラスやマスクの着用や、運転免許証などをコピーしたものは利用不可となります ・自賠責保険証書 ・ナンバープレートの写真 ・プロフィール写真 軽自動車または125ccバイクを登録したい人 上記の表には載せていないのですが、「軽自動車または125cc以上のバイク」は「事業用車両(ナンバープレートが白色の自家用車は使用不可)」に限り、配達の仕事に利用することが出来ます。 その際の「提出書類」は、「運転免許証」「車検証または軽自動車届出済証」「自賠責保険の証明書」「任意保険または共済保険の証明書」「ナンバープレートの写真」「プロフィール写真」が必要です。 外国籍の人の追加書類 「外国籍」の人が「」の「」に登録する場合は、上記の「必要書類」に加えて、以下の「追加書類」の「どちらか1つ」の、アップロードが必要です。 外国籍の人の追加書類 外国籍の人は「パスポート」か「在留カード」が必要 パスポート 在留カード ・顔写真のあるページ 有効期限内のパスポートの顔写真のあるページの写真をアップロードしてください。 パスポートの有効期限ではなく、資格外活動の許可を示す認証シールに記載されている許可期限を記入してください。 ・在留カードの表面 有効期限内の在留カードの表面の写真をアップロードしてください。 ・ビザのあるページと証印シール 有効期限内のビザのあるページの写真と、証印シールをアップロードしてください。 自身の取得したビザの有効範囲内で、日本国における「就労」が可能であることを確認してください。 在留資格が「留学」または「家族滞在」であることを、確認してください。 アカウント登録時に使用した氏名と、書類上の氏名が一致していることを確認してください。 ・在留カードの裏面 有効期限内の在留カードの裏面の写真をアップロードしてください。 「資格外活動許可欄」において、日本国における就労が可能であることを確認してください。 そこで、オンラインからの「会員登録」に続いて、「作成したアカウント」の「有効化」を行っていきましょう。 では、どうすれば「作成したアカウント」を「有効化する」ことが出来るのでしょうか? 「作成したアカウント」の「有効化」は、「」の「」にある「パートナーセンター(事務所)」で、「登録説明会」に参加して、「アカウント」を有効化してもらうのです。 「会員登録」を行ったら「パートナーセンター」に行き、アカウントを有効化してもらおう 「パートナーセンター」の「登録説明会」に参加する 「」の「パートナーセンター(事務所)」は、にありますので、場所と営業時間をチェックしておきましょう。 「パートナーセンター」への「登録説明会」へは「予約不要」で行くことが出来ます。 所要時間は「約40分前後」で終わりますので、「オンライン」での「アカウント作成」が終わった人は、早めに「パートナーセンター」へ行き、「作成したアカウント」を「有効化」してください。 「パートナーセンター」での「登録説明会」の「流れ」 以下に「」の「」での「アカウント有効化」のステップを、細かく「項目分け」しました。 「」の「パートナーセンター(事務所)」で行われる「登録説明会」の「所要時間」は、「平均40分前後」で終了します。 これが終われば、すぐに「UberEats(ウーバーイーツ)」の「」の「配達の仕事」を開始することが出来ます。 パートナーセンターでの登録説明会の内容• 「」を説明• 「UberEats配達パートナーの業務形態や仕事内容」の説明• 「コミュニティガイドライン」の説明• 「配送料金」についての説明• 「登録に必要な提出書類や写真」の再確認• 「Uber Driverアプリの使い方」についての説明• 「配達用バッグ」の受け渡し• 「配達用バッグ」の使い方の説明• 「配達用バッグ」のデポジットの説明• 「友達紹介キャンペーン」の確認• 「作成したアカウント」の有効化• 「Uber Driverアプリ」の確認• 「最終チェック」 この「パートナーセンター(事務所)」での「登録説明会」で、「作成したアカウントの有効化」だけでなく、「配達の仕事」に使用する「」の配布を受けることが出来ます。 「パートナーセンター(事務所)」での「登録説明会」が終わると、すぐに「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「配達の仕事」を開始することが出来ます。 お疲れ様です。 「ユーザー(注文者)」• 「レストランパートナー(飲食店)」• 「配達パートナー(配達員)」 「ウーバーイーツ」サービスエリア・配達エリアは? 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「ユーザー(注文者)」が「注文」できる「」は、先ほど、紹介した「配達パートナー(配達員)」の「」と同じエリアになります。 この「エリア(地域)」のことを、「」と呼びます。 また「UberEats(ウーバーイーツ)」には「システム自体」の「営業時間」と、掲載している「レストラン(飲食店)」へ「注文」ができる「注文可能時間」という「2つ」の「営業時間」が存在ます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「営業時間」 注意紹介している情報は、2019年10月時点の情報です。 現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。 「ウーバーイーツ」注文方法と仕組み 「UberEats(ウーバーイーツ)」で「注文」をしたい人は、まずは「オンライン」から「ユーザー会員登録」を行いましょう。 「オンライン」で「ユーザー会員登録」を行った人は、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「注文者アプリ」を、インストールしましょう。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「注文者アプリ」を、インストールしたら、以下の手順で、実際に商品を注文してみましょう。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の注文方法.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録する名前は本名?配達パートナーと注文者にどう表示されるか解説!

ウーバー イーツ 登録

これまでの「出前サービス」では、料理の配達に関しては、「飲食店の従業員」が行うのが、当たり前でした。 それが、「」に関しては、「飲食店の従業員」は配達を行わず、「」と呼ばれる人達が、配達の仕事を委託されて請け負う形で、配達業務をしてくれるため、「」側も、本業の「調理」と「接客」に集中することが出来るようになっているのです。 これが要因で、今まで「出前」や「宅配」をしてこなかった「人気店」や「有名店」も、「」と契約を始める流れが出てきており、既存の出前サービスでは食べられなかった「あの味」も、「」なら「注文する」ことが出来るようになっているのです。 「利用者側」からすると、これが「」にしかない、「大きな魅力」にもなっているのです。 ちなみに、この「」の「」は、「」に雇用されているわけではなく、それぞれが独立した「」となります。 「」が雇っている「」や「正社員」ではありませんので、その点は、勘違いしないようにしてください。 「ウーバーイーツ」の「配達パートナー」配達やり方 「」の「」は、「」であると説明しました。 これが「」の「」の魅力にもなっている要因で、「」の「配達パートナー(配達員)」が、自分の好きな時間で、好きな場所で、稼働することが出来るのは、「企業の雇用された従業員ではない」からなのです。 一般的な「アルバイト」や「パート」などは、「どこかの企業に所属して雇用されている」ため、会社が決めた「就業規則」や「勤務日」「シフト」などに、従って働かなくてはなりません。 しかし、「」の「」に関しては、一般的な「アルバイト」や「正社員」とは異なり、「どこかの企業」に雇用されているわけではないため、「自らの事業の主」という立場で、このように「自由な働き方」が出来るようになっているのです。 ウーバーイーツの配達パートナーの「メリット」• 時間と場所に縛られず自由な働き方ができる• 1週間単位で収入が入ってくる• いつも住んでいる街や、知らない街の魅力を再発見できる• 個人事業主となるため、副業なら会社にバレにくい 「」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」となるため、「確定申告」を自分で行わないと、「脱税」をしてしまうことになってしまいます。 リアルタイムで、吉本興業の芸人さんの「チュートリアルの徳井義実さん」の「所得隠し」と「申告漏れ」のニュースが流れてきましたが、これと同じ状況になってしまうわけです。 「」の「」として登録をして、「個人事業主」になった方は、「給与所得以外」の「所得(収入ー経費)」が、「年間20万円以上」になると「確定申告」の義務が発生しますので、納税が発生する分岐点を、よく理解して、気を付けてください。 ただし、「」となる「メリット」も存在していて、「副業」で「」をしている人の場合、「確定申告」の際に、納税方法に「普通徴収」を選んで選択することが可能です。 これを行うと、「副業」で稼いだ収入に対する「住民税」の支払いを、自ら行うことが出来るようになるため、「本業」の会社に「副業をしたことによる住民税の増加」を、悟られずに済むことができるのです。 つまり、「副業」をしていることが、「本業」の会社にバレることが、ほとんどなくなることになるのです。 「」の「」を「副業」でやっている人にとっては、これは「大きなメリット」になりますよね。 ですから、「本業」で「会社員」をしながら、「副業」として「週末」だけ「」の「」として「配達の仕事」を行い、「お小遣い」を稼いでいる「会社員」の人も、実際に「配達パートナー(配達員)」になってみると、多くいらっしゃるのが分かります。 日本は、これから景気が悪くなっていく気配が漂っているので、「」の人達だけでなく、「会社員」の皆さんも必死です。 「ウーバーイーツ」の「配達パートナー」配達員なり方 ここからは「」の「」のなり方・登録のやり方について、説明していきます。 まず「」の「」の登録方法の「流れ」は、以下の「2ステップ」の「流れ」を踏んでいきます。 「ウーバーイーツ」の「配達パートナー」なり方• オンラインで「配達パートナー募集サイト」から会員登録• サービスエリア内にある「パートナーセンター」で登録説明会に参加 それぞれの「ステップ」について、会員登録方法と、やり方を説明していきます。 「配達パートナー募集サイト」から「会員登録ページ」にアクセスすると、下記のような「登録申請フォーム」が、「会員登録ページ」の画面右側に表示されますので、「メールアドレス」「名(ローマ字)」「姓(ローマ字)」「電話番号」「パスワード」「都市」「招待コード(任意)」を入力して、「次へボタン」をクリックしてください。 「」の「」の「配達の仕事」に登録できる「車両」は、以下の車両となります。 「UberEats(ウーバーイーツ)」に登録できる車両• 「自転車」• 「原付バイク」• 「事業用」の「軽自動車」または「事業用」の「125cc超のバイク」 上記の「種類」の「車両」が、「」の「」の「配達の仕事」に登録できる車両となります。 また「」や「」などは、自分で所有している車両以外にも、レンタルで借りた車両でも、利用することが可能です。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「」によっては、「」と契約している「車両レンタル会社」もあります。 これらの「車両レンタル会社」で「自転車」や「原付バイク」をレンタルすると、通常よりも「安く」レンタルすることが可能です。 「UberEats(ウーバーイーツ)特別プラン」がある「車両レンタル会社」 自分で「自転車」や「原付バイク」を持っていない人は、「UberEats(ウーバーイーツ)」と契約している「車両レンタル会社」の「UberEats(ウーバーイーツ)特別プラン」を利用して、安く車両を借りることが出来ますので、積極的に利用していきましょう。 配達パートナー登録の必要書類 登録車両 自転車 原付バイク 登録に必要な書類 ・身分証明証 ・運転免許証 ・プロフィール写真 無帽で正面を見たもの、顔全体及び肩口まで写っているものを用意してください。 背景に物や影が写っていないものを用意してください。 サングラスやマスクの着用や、運転免許証などをコピーしたものは利用不可となります ・自賠責保険証書 ・ナンバープレートの写真 ・プロフィール写真 軽自動車または125ccバイクを登録したい人 上記の表には載せていないのですが、「軽自動車または125cc以上のバイク」は「事業用車両(ナンバープレートが白色の自家用車は使用不可)」に限り、配達の仕事に利用することが出来ます。 その際の「提出書類」は、「運転免許証」「車検証または軽自動車届出済証」「自賠責保険の証明書」「任意保険または共済保険の証明書」「ナンバープレートの写真」「プロフィール写真」が必要です。 外国籍の人の追加書類 「外国籍」の人が「」の「」に登録する場合は、上記の「必要書類」に加えて、以下の「追加書類」の「どちらか1つ」の、アップロードが必要です。 外国籍の人の追加書類 外国籍の人は「パスポート」か「在留カード」が必要 パスポート 在留カード ・顔写真のあるページ 有効期限内のパスポートの顔写真のあるページの写真をアップロードしてください。 パスポートの有効期限ではなく、資格外活動の許可を示す認証シールに記載されている許可期限を記入してください。 ・在留カードの表面 有効期限内の在留カードの表面の写真をアップロードしてください。 ・ビザのあるページと証印シール 有効期限内のビザのあるページの写真と、証印シールをアップロードしてください。 自身の取得したビザの有効範囲内で、日本国における「就労」が可能であることを確認してください。 在留資格が「留学」または「家族滞在」であることを、確認してください。 アカウント登録時に使用した氏名と、書類上の氏名が一致していることを確認してください。 ・在留カードの裏面 有効期限内の在留カードの裏面の写真をアップロードしてください。 「資格外活動許可欄」において、日本国における就労が可能であることを確認してください。 そこで、オンラインからの「会員登録」に続いて、「作成したアカウント」の「有効化」を行っていきましょう。 では、どうすれば「作成したアカウント」を「有効化する」ことが出来るのでしょうか? 「作成したアカウント」の「有効化」は、「」の「」にある「パートナーセンター(事務所)」で、「登録説明会」に参加して、「アカウント」を有効化してもらうのです。 「会員登録」を行ったら「パートナーセンター」に行き、アカウントを有効化してもらおう 「パートナーセンター」の「登録説明会」に参加する 「」の「パートナーセンター(事務所)」は、にありますので、場所と営業時間をチェックしておきましょう。 「パートナーセンター」への「登録説明会」へは「予約不要」で行くことが出来ます。 所要時間は「約40分前後」で終わりますので、「オンライン」での「アカウント作成」が終わった人は、早めに「パートナーセンター」へ行き、「作成したアカウント」を「有効化」してください。 「パートナーセンター」での「登録説明会」の「流れ」 以下に「」の「」での「アカウント有効化」のステップを、細かく「項目分け」しました。 「」の「パートナーセンター(事務所)」で行われる「登録説明会」の「所要時間」は、「平均40分前後」で終了します。 これが終われば、すぐに「UberEats(ウーバーイーツ)」の「」の「配達の仕事」を開始することが出来ます。 パートナーセンターでの登録説明会の内容• 「」を説明• 「UberEats配達パートナーの業務形態や仕事内容」の説明• 「コミュニティガイドライン」の説明• 「配送料金」についての説明• 「登録に必要な提出書類や写真」の再確認• 「Uber Driverアプリの使い方」についての説明• 「配達用バッグ」の受け渡し• 「配達用バッグ」の使い方の説明• 「配達用バッグ」のデポジットの説明• 「友達紹介キャンペーン」の確認• 「作成したアカウント」の有効化• 「Uber Driverアプリ」の確認• 「最終チェック」 この「パートナーセンター(事務所)」での「登録説明会」で、「作成したアカウントの有効化」だけでなく、「配達の仕事」に使用する「」の配布を受けることが出来ます。 「パートナーセンター(事務所)」での「登録説明会」が終わると、すぐに「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「配達の仕事」を開始することが出来ます。 お疲れ様です。 「ユーザー(注文者)」• 「レストランパートナー(飲食店)」• 「配達パートナー(配達員)」 「ウーバーイーツ」サービスエリア・配達エリアは? 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「ユーザー(注文者)」が「注文」できる「」は、先ほど、紹介した「配達パートナー(配達員)」の「」と同じエリアになります。 この「エリア(地域)」のことを、「」と呼びます。 また「UberEats(ウーバーイーツ)」には「システム自体」の「営業時間」と、掲載している「レストラン(飲食店)」へ「注文」ができる「注文可能時間」という「2つ」の「営業時間」が存在ます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「営業時間」 注意紹介している情報は、2019年10月時点の情報です。 現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。 「ウーバーイーツ」注文方法と仕組み 「UberEats(ウーバーイーツ)」で「注文」をしたい人は、まずは「オンライン」から「ユーザー会員登録」を行いましょう。 「オンライン」で「ユーザー会員登録」を行った人は、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「注文者アプリ」を、インストールしましょう。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「注文者アプリ」を、インストールしたら、以下の手順で、実際に商品を注文してみましょう。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の注文方法.

次の