大沼 商品 券。 大沼 商品券 500円券

大沼破産、商品券はどうなる? 信販発行券は使用可、大沼発行は還付制度あり

大沼 商品 券

大沼デパート 山形 が自己破産!倒産報道に衝撃! 山形市にある大沼デパートが自己破産を申請。 倒産・閉店したことが報道されると大沼デパートに親しみがあった人に衝撃が走りました。 あまりにも突然の倒産。 あまりにも突然の閉店。 創業300年を超す老舗で、山形県内唯一の百貨店「大沼山形本店」(山形市)が26日の営業を最後に閉店し、同店を経営する大沼(長沢光洋・代表取締役)は27日、山形地裁に自己破産を申請した。 日本百貨店協会によると、全国の県庁所在地で協会加盟の百貨店がなくなったのは、山形市が初めてという。 同店は市の中心街にあるデパートとして、長年県民に親しまれてきたが、郊外型店舗との競争激化やネット通販の拡大などで売り上げが減少。 経営再建を進めていたが、昨秋の消費税率引き上げで業績悪化に拍車がかかり、資金繰りに行き詰まったという。 引用:朝日新聞デジタル 1月26日の営業を最後に、1月27日に自己破産を申請。 1月27日付けで自己破産による倒産。 そして閉店となりました。 大沼デパートが自己破産!倒産した場合の商品券はどうなる? 大沼デパートが自己破産により倒産したとあって、大沼デパートの商品券を持っていた人は、商品券がどうなるのか不安ではないでしょうか。 引用:読売新聞 現在、大沼デパートの商品券は利用が停止されているようです。 大沼デパートの商品券、半額は還付される なんと、 すでに発行していて使用されていない大沼デパートの商品券は5億円分もあるということです。 大沼は4月の新入生向けのランドセルや学生服などの注文を受けている。 顧客に商品を優先的に引き渡せるように管財人に依頼するとしているが、19年2月時点で残高が3億9000万円だった友の会の積立金や、 発行残高が5億円の商品券などについては半額は保全されるが、残りの取り扱いは未定。 債権者説明会は6月に開く予定だ。 引用:日本経済新聞 発行された商品券は、半額は保証されるようですが、残りについてはどうなるかまだ決まっていないようです。 この記事によると、説明会が6月に開かれる予定となっているようなので、商品券を大量に保有している人は、必ず出席したほうがいいですね。

次の

(株)大沼発行の「商品券」、(株)大沼友の会の「積立金」及び「お買物券」の還付申出期限が近づいています — 山形県ホームページ

大沼 商品 券

大沼発行の「商品券」、大沼友の会の「積立金」及び「お買物券」の還付手続はお済ですか? 大沼が発行した「商品券」、大沼友の会会員の「積立金」及び「お買物券」の還付申出期限が近づいています。 還付申請の受付は、郵送のみで、申請先や締め切りが別です。 申出期限までに申出がない場合、還付を受けることができなくなりますので、期限内に必ず手続を行ってください。 【ご注意いただきたいこと】 1 大沼発行の商品券は6月12日(金)、大沼友の会のお買物券などは6月30日(火)が締め切りです。 2 還付申出書類は、郵送のみの受付となります。 「商品券」は東北財務局が、大沼友の会の「積立金」及び「お買物券」は東北経済産業局が受付を行っています。 郵送先が別ですので、お間違いのないように 3 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、山形県内において予定されていた現地受付がすべて中止になりましたのでご注意ください。 4 商品券の還付手続きの案内は、お持ちの方が特定できないため個別に文書は発送されておりません。 申出書は、東北財務局山形財務事務所、県の消費生活センターやお住いの市町村の窓口で配布しています。 5 商品券に「全国百貨店共通商品券」と表示してあっても、株式会社大沼発行のものは使用できません。 還付の手続きが必要です。 6 入院・施設入所の家族が券をお持ちの場合もあります。 ご確認ください。 詳しくは、それぞれの担当にお問い合わせいただくか、下記ホームページをご覧ください。 届いていない場合は、東北経済産業局消費経済課へお問い合わせください。

次の

大沼商品券の還付申請、1日から受け付け 東北財務局|山形新聞

大沼 商品 券

裏面(下)は発行者が同社で問題なく使える(同社提供) 百貨店・大沼(山形市)の破産申請に伴い、相談窓口に商品券に関する問い合わせが殺到している。 大沼発行の商品券は使用停止だが、表面に「大沼」の店名入りでも信販会社発行の商品券は使用可能で、所有者は混乱。 発行機関などは券記載の発行者の確認を呼び掛けている。 一方、大沼発行商品券は自己申告による国の還付制度があり、申告時に商品券原本の提出が求められるため、東北財務局は4月以降の還付手続き開始まで保管を促している。 大沼の破産申請に伴い、大沼商品券(千円券、1万円券=千円券10枚つづり)と、大沼発行の全国百貨店共通商品券(同)、ワイシャツ仕立券は使用停止措置が執られた。 特に百貨店共通商品券は全国の約500店で使えたが、今はどの店でも使えなくなっている。 一方で、「三菱UFJニコス」(東京)が発行し、大沼が取り扱った全国共通商品券ギフトカードは、表面に「大沼」の店名が入っているものの、今も全国のスーパーや百貨店、衣料品店、日用品店など対象店で使用可能だ。 相談窓口には、混乱した所有者から連日問い合わせが相次いでいる。 還付を担当する東北財務局には1月31日までに500件超の相談があり、「朝から夕方まで電話が鳴りやまない状況」(担当者)。 主に「この商品券は使えるか」との内容で、財務局は「相談者は高齢者が多く、不安を解消できるよう努める」とする。 県消費生活センターには31日までに計46件の問い合わせがあった。 他の窓口も含めると計1千件近くに上るとみられる。 大沼発行商品券の未使用残高は昨年9月末時点で5億数千万円。 供託金2億5千万円強から所有者に還付される。 所有者全員が申し出たとすると、手元には全額ではなく半額程度が戻る計算だ。 過去の例では所有していても申し出ない人が多く、実際の還付額は額面の半額を上回る見込み。 手続き開始は4月以降になるといい、財務局は「官報やウェブサイトで知らせるほか、報道機関に協力を求め広く周知する」としている。 所有者を特定できないため、一人一人に通知は届かず、同局は所有者自らが券原本を添えて申し出るように求めている。 還付手続きは60日以上の申告期間が設けられ、東北財務局は郵送や一斉届け出会などでの受け付けも検討している。 問い合わせは金融監督第三課022(721)7079。 友の会買い物券、所有者1割把握できず 大沼と同時に破産申請した大沼友の会に関しては、東北経済産業局が未使用の買い物券と、積立金の還付準備を進めている。 手続き開始は4月頃になる。 経産局は買い物券所有者のうち1割の氏名、住所が把握できておらず、「4月に通知が届かなければ自ら申し出てほしい」としている。 友の会は客の会員が一定額(月5千円か月3千円)を1年間積み立て、満期時に0. 5カ月分を足した合計額分を買い物券として会員に還元してきた。 昨年10月以降は新規募集を停止している。 消費者保護のため、発行済買い物券の未使用残高と積立残高の合計額の半額1億9200万円(基準日の昨年9月末)を法務局などに供託しており、これが還付の原資になる。 友の会から積立者約3800人、買い物券所有者約8500人の会員名簿提出を受け、経産局は4月以降、還付に関する通知を対象者に郵送する。 還付手続きには会員証や積み立て状況が分かる通帳か領収書、買い物券原本が必要だ。 還付は1年後になる見込み。 問い合わせは消費経済課022(221)4917。

次の